車のお役立ち情報

100均の車用スマホホルダー10選! 違反になる取り付け位置はフロントガラス!

  • 安いスマホホルダーを探している方
  • 100均のスマホホルダーが気になっている方
  • 安定感のあるスマホホルダーを探している方

今回は、このような方にとっての記事になります。

現代では、スマホはナビの代わりになるほどの進化を遂げています。

昔の車は、カーナビがありませんがスマホがナビ代わりになっているのが現実です。

そのため、車のナビをほとんど使用しないという方も増えてきています。

しかし、スマホをナビ代わりにするには、見やすい位置に配置する必要があります。

何も考えずにスマホを置いてしまうと、重要な時にルートを見ることができません。

また、見えにくい場所に置いてしまうとそれを見ようとして、運転が疎かになることもあります。

そうなってしまうと、大きな事故につながる可能性もあります。

そのような事故を起こさないためにも、しっかり見やすい位置にスマホを配置する必要があります。

そこで使えるのが、車用スマホホルダーになります。

車用スマホホルダーを使用することで、見やすい位置に配置することができます。

今回は、100均で販売されている車用スマホホルダーを紹介します。

100均の車用スマホホルダーを購入することで、コスパ良く実用性の高い商品を手に入れることができます。

コスパの良い商品を探している方は、ぜひ参考にしてください。

↓オススメする100均の車用品についてはこちら↓

100均の車用ドリンクホルダー11選!セリアやダイソー・キャンドゥの商品を紹介 100均のドリンクホルダーを探している方 安いドリンクホルダーが欲しい方 純正のドリンクホルダーは使いにくいと感...
スマホホルダー
100均の車用スマホホルダー・スタンド7選!ダイソー・セリア・キャンドゥ別 安い車用スマホホルダーを探している方 100均でスマホホルダーを購入したい方 コスパの良いスマホホルダーを探して...
100均の車用トランクシートおすすめ8選!汚れ防止になる? トランクシートの購入を検討している方 トランクシートが安く欲しい方 トランクの汚れが気になっている方 ...
フィギュア
車で使える100均のフィギュア用固定シール6選! 車にフィギュアを固定したい方 安いフィギュア用固定シールを探している方 100均のフィギュア用固定シールを探して...
100均
100均の車用網戸を紹介!!どの車種にも使用できる車用フロントドアネット・スライドドアネット!! 車用の網戸を探している方 コスパの良い商品を探している方 ドアからの虫の侵入を防ぎたい方 今回は、この...
ピラーフック
車で使える100均のピラーフック4選!ダイソーやセリアの商品を紹介 車用のピラーフックを探している方 何か引っ掛けるものが欲しい方 車用の便利アイテムを探している方 今回...
充電器
100均の車用充電器7選!ケーブル式やソケット式・USB式を紹介 車用充電器を探している方 安い車用充電器が欲しい方 どの充電器を購入しようか悩んでいる方  今回は、こ...
旅行用
100均の車で使える足置き3選!ダイソー・セリア・キャンドゥで買える商品を紹介! 車内で使える足置きを探している方 コスパの良い足置きを探している方 車内で快適に過ごしたい方 今回は、...

セリア(100均)の車用スマホホルダー2選!

まず初めに、セリアで販売されている車用スマホホルダーを紹介します。

セリアでは、実用性の高いスマホホルダーが多数販売されているので非常におすすめです。

安く車用スマホホルダーを手に入れたい方にとっては、魅力的に感じること間違いありません。

  • スマホホルダー 車用エアコンタイプ
  • スマートホルダー 車用差し込み式

スマホホルダー 車用エアコンタイプ

スマホホルダー 車用エアコンタイプ
  • 取り付け・取り外しが非常に楽
  • 見た目もスタイリッシュになる
  • 場面によっては取り付け位置をすぐに変えられる

セリアで販売されている車用スマホホルダーの1つ目は、スマホホルダー 車用エアコンタイプになります。

こちらのスマホホルダーは、マグネットでスマホを設置する仕組みになっています。

片手でな難なく設置することができるので、いつでも楽に設置することができます。

マグネット式だと、安定性が心配されますが問題ありません。

走行中の振動を受けても、スマホがずれることはありません。

しっかりとスマホのマップを見ることができるので、実用性も高くなります。

また、マグネット式になることで見た目もスタイリッシュになります。

実用性が高い上に、見た目も良いため誰にでもオススメできるスマホホルダーになります。

スマートホルダー 車用差し込み式

スマートホルダー 車用差し込み式
  • 置くだけでスマホの大きさに調整してくれる
  • 滑り止めのクッション付き
  • 自分の好きな角度に調整可能

続いての商品は、スマートホルダー 車用差し込み式になります。

こちらの商品は、かなりスペックの高いスマホホルダーになります。

スマホを置くだけで、スマホの大きさに自動で調節してくれる機能がついています。

このようなスマホホルダーが、100円で手に入れることができるので、非常に魅力的です。

他の商品を探しても、このくらい実用性に優れた商品はありません。

それに加えて、滑り止めクッションも装着されています。

取り付けも楽チンな上に、走行中も落下する心配がありません。

どの視点からでも、満足度の高いスマホホルダーです。

ダイソー(100均)の車用スマホホルダー5選!

続いて、ダイソーで販売されている車用スマホホルダーを紹介します。

ダイソーでは、どのような車用スマホホルダーが販売されているのでしょうか。

  • スマホホルダー(車用)
  • 車載スマホホルダー スライドロックタイプ
  • 車載スマホホルダー クリップタイプ
  • 車用360度回転スマホホルダー
  • 車用スマホホルダー シールタイプ

スマホホルダー(車用)

スマホホルダー(車用)
  • エアコンの吹き出し口に設置するだけ
  • 強力マグネットで安定性がある
  • 誰でも簡単に設置可能

ダイソーで販売されているスマホホルダーの1つ目は、スマホホルダー(車用)になります。

こちらの商品は、エアコンの吹き出し口に設置するタイプになっています。

非常にコンパクトなスマホホルダーになっており、誰でも簡単に設置することができます。

スマホは、マグネットで固定するようになっています。

強力マグネットが備わっていることで、経年劣化も心配する必要がありません。

いつでもどこでも片手で設置することができるスマホホルダーになります。

ダイソーで販売されているスマホホルダーの中でも、非常にシンプルなデザインになっています。

車載スマホホルダー スライドロックタイプ

車載スマホホルダー スライドロックタイプ
  • 走行中の振動を受けてもズレない
  • 幅広いスマホに対応している
  • 片手で取り付けられる

続いての商品は、車載スマホホルダー スライドロックタイプになります。

こちらの商品は、スライドロックタイプのスマホホルダーになります。

左右と下からの合計3点でスマホを押さえることで、走行中でも非常に安定したスマホホルダーになっています。

走行中の振動を受けないことによって、画面のマップや目的地までのルートをすぐに確認することができます。

また、対応しているスマホの種類も多いです。

スマホ幅が、8.8cmまで対応しています。

自分が持っているスマホがどのくらいのサイズになっているかを確認した上で、購入するようにしましょう、

車載スマホホルダー クリップタイプ

車載スマホホルダー クリップタイプ
  • ダッシュボード・サンバイザーに設置可能
  • 運転手の視界を遮らない
  • どんな状況でも取り付けが楽

続いての商品は、車載スマホホルダー クリップタイプになります。

上記で紹介した商品のクリップタイプスマホホルダーになります。

こちらのスマホホルダーは、ダッシュボードだけでなくサンバイザーにも設置することができます。

さまざまな場所に設置することができるのは、商品の特徴の1つです。

人によって、スマホの見やすい位置は異なります。

自分が見やすい場所はどのなのかを探るには、最適なスマホホルダーです。

運転手の視界を遮ることなく、自分好みの場所に設置できるので、実用性の高いスマホホルダーになります。

車用360度回転スマホホルダー

車用360度回転スマホホルダー
  • スマホを360度回転させられる
  • 充電しながら設置できる
  • ダッシュボードに安定して設置できる

続いての商品は、車用360度回転スマホホルダーになります。

こちらのスマホホルダーは、商品名にもあるように360度回転させることができます。

スマホを360度回転させられることによって、自分好みに見やすい配置にすることができます。

また、場面によってスマホの見え方が異なることもあります。

様々な場面でスマホの角度を変えることができるので、その場面に応じて見やすい位置に変更することもできます。

充電しながら設置も可能なので、十分に満足できるスマホホルダーになります。

車用スマホホルダー シールタイプ

車用スマホホルダー シールタイプ
  • 着脱がかなり簡単
  • 車のどこにでも設置することができる
  • 各運転手の目線に合わせることができる

続いての商品は、車用スマホホルダー シールタイプになります。

こちらのスマホホルダーは、シールタイプになっています。

シープタイプになっていることで、車のどこでも設置することができます。

自分が見やすい位置に設置することができるので、かなり魅力的な商品です。

また、シールタイプになっていることで、見た目もかなりスタイリッシュに仕上がります。

スマホを設置すると、シール部が見えなくなります。

まるで、スマホがそのまま付いているのと勘違いするほどになります。

見た目が良い上に、実用性も高いため非常にコスパの良い商品になります。

300円の車用スマホホルダー3選!

100均で販売されている車用スマホホルダーは、何も全て100円というわけではありません。

商品によっては、200円や300円するスマホホルダーもあります。

そこで、参考程度に300円する車用スマホホルダーも紹介していきます。

  • スマホホルダー 車内用
  • スマホホルダー マグネット式
  • 車載用スマホホルダー(エアコン吹き出し口用)

スマホホルダー 車内用

スマホホルダー 車内用
  • 幅広い内装に似合うシンプルなデザイン
  • 吸盤+ゲルパットでしっかり固定
  • 走行中も鮮明にマップを見ることができる

300円のスマホホルダーの1つ目は、スマホホルダー 車内用になります。

こちらのスマホホルダーは、どの内装にも似合うシンプルなデザインになっています。

設置表面は、吸盤+ゲルパットになっています。

そのため、ダッシュボードに一度固定すれば走行中でもずれることはありません。

振動で揺れることもないので、実用性も問題ありません。

また、設置する場所もすぐに変更することができます。

人によって、スマホが見やすい位置は異なります。

スマホホルダーの位置もすぐに変えることができるので、幅広い場面で活躍する商品になります。

スマホホルダー マグネット式

スマホホルダー マグネット式
  • 吸盤パットで取り付けが楽チン
  • 運転手の目線に合わせて角度調節ができる
  • 運転の妨げになることもない

続いての商品は、スマホホルダー マグネット式になります。

こちらの商品も、上記同様に吸盤パットの取り付けになります。

特徴としては、どの角度にでも角度調節することができる部分です。

マグネットでスマホをくっつけ、その首を回せば360度動かすことができます。

そのため、運転手の目線に合わせて角度調節することができます。

また、運転の妨げになる心配もありません。

マグネット式になることで、設置する際も簡単に設置できます。

車載用スマホホルダー(エアコン吹き出し口用)

車載用スマホホルダー(エアコン吹き出し口用)
  • 100円の商品以上に安定性がある
  • ワンタッチで取り付けることができる
  • 自由自在に角度調節が可能

続いての商品は、車載用スマホホルダー(エアコン吹き出し口用)になります。

こちらの商品は、100円のスマホホルダーと比較すると安定性がかなり高いです。

スマホを挟み込む力の部分で、差があります。

また、こちらのスマホホルダーはワンタッチで取り付けることができます。

両手を使用しなくても設置可能になるので、どの場面でも難なくスマホを設置できます。

もちろん、角度調節機能も備わっています。

運転手の見やすい角度もいつでも変えることができるので、幅広い場面で活躍するスマホホルダーになります。

100均以外の車用スマホホルダー3選

楽天アフィはる。100均より丈夫かも的な訴求をしてクリックしてもらう。

次に、100均以外の車用スマホホルダーを紹介していきます。

100均の商品と比較すると、どのような部分に違いがあるのでしょうか。

幅広い視点から、オススメする車用スマホホルダーを見ていきましょう。

  • CASEKOO 車載ホルダーマグネット
  • HONSHOOP MagSafe車載ホルダー
  • Smart Tap(スマートタップ) 車載ホルダースマホスタンド

CASEKOO 車載ホルダーマグネット

  • 業界最強レベルの吸着力
  • 耐久・耐熱に強いテープを採用
  • 幅広い機種に対応している

100均以外の車用スマホホルダーの1つ目は、CASEKOO 車載ホルダーマグネットになります。

こちらの商品の大きな特徴は、最強レベルの吸着力になります。

このスマホホルダーは、ネオジム磁石を採用しています。

そのため、砂利道や雪道などの悪路を走行してもスマホが落下することはありません。

上記のような悪路を走行してしまうと、100均のスマホホルダーは落下する可能性があります。

その点では、差を感じる部分になります。

また、幅広い機種に対応していることで、あまり限定されることもありません。

誰でも気軽に購入することができる車用スマホホルダーになります。

HONSHOOP MagSafe車載ホルダー

HonShoop MagSafe車載ホルダー 15W急速充電 マグネット車用スマホホルダー エアコン吹き出し口クリップ/360°自由回転/安定性 ワンタッチ取り付け簡単/ iPhone 13/13 Pro/13 mini/13 Pro Max/12/12 Pro/12 mini/12 P

  • 100均の商品にはない充電式スマホホルダー
  • 多重安全保護機能が搭載されている
  • 強力な磁気吸着

続いての商品は、HONSHOOP MagSafe車載ホルダーになります。

こちらの商品の特徴は、高速ワイヤレス充電器が備わっている部分になります。

上記の100均の商品を見てもわかるように、充電機能が備わったスマホホルダーは販売されていません。

価格も大きく異なるので、この部分は仕方がない部分になります。

また、100均以上に強力な磁気吸着が備わっています。

100均の商品を使用した後に、MagSafe車載ホルダーを使用すると差は歴然になります。

使い勝手や走行中の安定性の部分で十分に満足したいのであれば、こちらの商品がオススメです。

しかし、知っての通り価格帯は高くなるので事前に確認するようにしましょう。

Smart Tap(スマートタップ) 車載ホルダースマホスタンド

  • つけたい場所につけられる車載ホルダー
  • 角度・長さ調節機能が備わっている
  • 耐久力抜群の強力ゲル吸着

続いての商品は、Smart Tap(スマートタップ) 車載ホルダースマホスタンドになります。

こちらの商品は、楽天の中でも一番人気のスマホホルダーになります。

その特徴の1つは、角度・長さ調節機能が備わっている部分です。

角度調節は、100均の商品にも備わっていました。

しかし、長さの調節機能は備わっていません。

アームの部分の伸縮が自在に調節することができます。

アームの部分が自由に調節することができるので、人によって操作しやすい場所に設置することができます。

また、車種によっても長さを調節することができます。

人や車種によって、スマホホルダーの角度や長さを調節することで使いやすさを向上させることが可能になります。

スマホホルダーの取り付け場所

続いて、スマホホルダーの取り付け場所を紹介していきます。

スマホホルダーの取り付け場所は、主に下記の4箇所がメインになっています。

  • エアコン吹き出し口
  • ダッシュボード
  • サンバイザー

エアコン吹き出し口

エアコン吹き出し口

スマホホルダーの取り付け位置の1つ目は、エアコン吹き出し口になります。

こちらの場所は、基本的な場所になります。

エアコンの吹き出し口に設置することでのメリットは、下記のようになります。

  • 誰でも簡単に設置することができる
  • 簡単に場所を変更することができる
  • 誰が見ても見やすい位置にスマホがくる

このようなメリットがあります。

そのため、初めてスマホホルダーを購入する方は、エアコンの吹き出し口に設置する商品がオススメです。

しかし、エアコンの吹き出し口に設置することで、内装のバランスが悪くなるというデメリットもあります。

人によっては、ハンドル周りやナビ周りのデザインが非常に好みの方がいます。

内装のデザインに惚れ込んで、その車を購入する方もたくさんいらっしゃいます。

そのような方にとっては、あまりエアコンの吹き出し口にものを設置したくないでしょう。

人によっては、購入して後悔する設置場所になります。

ダッシュボード

ダッシュボード

続いての取り付け場所は、ダッシュボードになります。

上記のエアコンの吹き出し口の次に王道な取り付け場所になります。

ダッシュボードに設置することで、非常にスタイリッシュな内装に仕上がります。

しかし、ダッシュボードに設置することに対して、下記のような心配をする方もいます。

  • 「運転の妨げになりそう。。。」
  • 「スマホの画面が確認しにくそう。」
  • 「人によってはスマホの画面を確認できない。」

このような心配事は、設置場所を工夫することで解消することができます。

設置の仕方については工夫する必要がありますが、見やすい場所に設置すれば非常に満足度の高い仕上がりになります。

しかし、ダッシュボードに設置することで、外した際の跡が付く部分は考えなければいけません。

事前に対策を行って、設置することが必要になります。

サンバイザー

サンバイザー

続いての取り付け位置は、サンバイザーになります。

こちらの取り付け場所については、あまり推奨している商品は少ないです。

しかし、サンバイザーに設置することで下記のようなメリットがあります。

  • 顔を上げた状態で画面を確認することができる
  • 運転の妨げになることもない
  • 車の振動が伝わりにくい

このようなメリットがあります。

あまりサンバイザーに設置している方は少ないですが、魅力的な部分が多数あります。

顔を上げながらマップを確認することができるので、運転のしやすさでは一番良い設置場所になります。

しかし、もしも落下した場合はスマホが故障する可能性もあります。

絶対に落下させないためにも、掴む力が強いスマホホルダーを購入する必要があります。

サンバイザーに設置する際は、購入するスマホホルダーもしっかり考えるようにしましょう。

違反になるスマホホルダーの取り付け位置

上記の部分で、スマホホルダーの取り付け位置について紹介してきました。

それ以外の場所にも、取り付けることは可能になります。

しかし、違反となる場所も存在します。

そのような場所に設置した場合、罰金になる可能性もあるのでしっかり抑える必要があります。

スマホホルダーを設置する際は、下記の場所には設置しないようにしましょう。

  • フロントガラス
  • ダッシュボード(制約あり)

フロントガラス

フロントガラス

違反となる取り付け場所の1つ目は、フロントガラスになります。

フロントガラスにスマホホルダー設置する際は、下記の規格が定められています。

フロントガラス上端から縦の長さの20%以内・下端から150mm以内。

この企画を超えてしまうと、違反の対象になってしまいます。

違反した際は、下記のような罰則があります。

  • 違反点数2点加算
  • 大型⇨12,000円 普通⇨9,000円の罰金

このようながあります。

規格としては、かなり難しい範囲でもあります。

確実に違反を避けるのであれば、フロントガラスへの設置はやめた方が良いでしょう。

設置場所が規格内であっても、確認のために止められる可能性もあります。

確認に時間がかかる可能性もあるので、フロントガラスに設置する場合は十分に注意するようにしましょう。

ダッシュボード(制約あり)

ダッシュボード

続いての違反となる設置場所は、ダッシュボードになります。

しかし、ダッシュボードでの違反は制約があります。

普通にダッシュボードに設置するには、問題ありません。

その制約というのは、下記の内容になります。

車両の前方にある高さ1mの円柱が見えなくなるモノの取り付け。

この制約に反する設置場所であれば、上記同様に違反となります。

直接前方視界の技術基準のところで、運転の妨げになるという判断がされるようです。

罰則としては、上記同様になります。

この部分については、何もスマホホルダーだけではありません。

フィギュアや人形などでも同じようなことが言えます。

運転の妨げになるものは全て対象になるので、ダッシュボードに設置する際も注意する必要があります。

タブレットホルダー
100均アイテムでタブレットを車に固定するアイテム6選!自作した固定方法なども紹介! タブレットを車内に設置したい方 コスパの良いタブレット置きを探している方 100均のアイテムが気になっている方...
シガーソケット
100均のシガーソケット用充電器をダイソー・セリア・キャンドゥ別に紹介! 車用のシガーソケット用充電器を探している方 車用の充電器を探している方 100均で実用性の高いアイテムを探してい...
フロアマット
車用100均フロアマットをダイソー・セリア別に紹介!立派な汚れ防止になる 車用のフロアマットを探している方 コスパの良いフロアマットを探している方 100均の商品が気になっている方 ...
ABOUT ME
like-cars
所有車:スズキ ハスラー・レクサス NX300h・トヨタ アルファード レクサスの購入をきっかけにブログを開設。 車をお得に購入するコツや後悔しないための車の買い方などの情報を発信。 車の購入する上で、参考にして頂ければ幸いです。