スズキ

名探偵コナンに登場する車20選!キャラクターやナンバーも紹介

コナン
  • 名探偵コナンに登場する車を知りたい方
  • 旧車に興味がある方
  • 名探偵コナンに出てくる車の名前を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

誰でも知っているアニメの名探偵コナンには、多くの車が登場します。

あまり注目する方は多くないと思いますが、車好きの方からすれば自然の見てしまう部分になります。

そんな登場してくる車ですが、人によって愛車が異なります。

人によっては、非常にマニアックな車種にも乗っています。

アニメのシーンにも走行シーンというのは、多く出てくるアニメになっています。

そのため、作者としては注目してもらいたい部分の1つになります。

そこで今回は、登場する車を紹介していきます。

その車の特徴や持ち主なども紹介していくので、気になる方は参考にしてください。

黒の組織|コナンに登場する車3選!

車の名前とキャラを見出し3にして、

乗ってるキャラ、車の特徴、車の年代、スペック、現在の値段、レア度を紹介する。

まず初めに、登場する黒の組織の愛車を紹介していきます。

◉黒の組織とは….◉

麻薬の密売や重要人物の暗殺を行なっているとされる犯罪組織である。

黒の組織に属しているキャラクターは、どのような車に乗っているのでしょうか。

  • ポルシェ 356A:ジン
  • ダッジ・バイパー:キャンティ
  • トヨタ チェイサー:キャラソー

ポルシェ 356A:ジン

車種名 356A
乗ってるキャラ ジン
年式 1957年〜
現代の価格 13,000,000円〜

黒の組織のキャラクターが乗っている車の1つ目は、ポルシェの356Aになります。

こちらの車種は、黒の組織のボスの立ち位置にいるジンというキャラクターの愛車になります。

ポルシェの旧車に属する356Aになりますが、現代ではあまり見かけない車種になっています。

現代のポルシェの似ている部分としては、ポルシェならではの丸目ヘッドライトになります。

この部分については、古いモデルでも変わらない部分です。

こちらの車種は、プレミアがついている車種になります。

数十年前の車種でも1,000万円以上の価値のある車になります。

当時の新車価格よりも高騰しており、現代ではかなり希少な車種になっています。

ダッジ・バイパー:キャンティ

 

車種名 バイパー
乗ってるキャラ キャンティ
年式 1995年〜
現代の価格 5,280,000円〜

続いての車種は、ダッジ・バイパーになります。

こちらの車種は、黒の組織仲間の一人であるキャンティが乗っている車になります。

キャラクターの特徴としては、黒の組織1番の凄腕スナイパーとなっています。

こちらのキャラクターが乗っている車種が、初代ダッジバイパーになります。

あまり知られているわけではない車ですが、知る人ぞ知る車になっています。

現代ではあまり見かける頻度は少なくなっています。

それほど珍しい車種ということもあり、かなりマニアックなところを攻めている印象があります。

アメ車好きの方からすれば、興奮すること間違いなしの車種になります。

トヨタ チェイサー:キャラソー

 

車種名 チェイサー
乗ってるキャラ キャラソー
年式 1977年〜
現代の価格 320,000円〜

続いての車種は、トヨタのチェイサーになります。

こちらの車種に乗っている方は、『純黒の悪夢』の映画に出てくるキャラソーになります。

映画では、強奪された車の位置付けになっています。

こちらの車種もあまり知られていない車になります。

メーカーは国産のトヨタになりますが、昔このような車があったこと自体知らない方が多いのではないでしょうか。

トヨタということを聞かなければ、外車の雰囲気もある車です。

作中の中では、マスタングとの迫力あるカーチェイスなどが描かれています。

それほど、走行性に優れた車ということです。

ドライブ好きや早い車に乗りたい方にとっては、魅力的に感じる車種になります。

仲間達|コナンに登場する車17選!

続いて、コナンの仲間のキャラクターが乗っている車を紹介していきます。

コナンの仲間の方々も、非常に魅力的な車に乗っています。

現代では、かなり貴重な車もあります。

  • フォルクスワーゲン ビートル:阿笠博士
  • ジャガー Eタイプ:工藤有希子
  • ミニ・クーパー:妃英理
  • トヨタ プリウス:目暮警部
  • マツダ RX-7:佐藤美和子
  • 日産 スカイライン:高木渉
  • スズキ SX4:白鳥任三郎
  • FIAT 500:千葉和伸
  • シボレー C-1500:赤井秀一
  • メルセデス・ベンツ CLKカブリオレ:ジェイムズ・ブラック
  • プジョー 607:ジョディ・スターリング
  • マツダ RX-7:安室透
  • スバル 360:沖矢昴
  • シトロエン CX:諸伏高明
  • ホンダ インスパイア:上原由衣
  • 日産 スカイラインR34型:風見裕也
  • トヨタ クラウン:毛利小五郎

フォルクスワーゲン ビートル:阿笠博士

車種名 ビートル
乗ってるキャラ 阿笠博士
年式 1967年〜
現代の価格 2,280,000円〜

コナンの仲間達の車種の1つ目は、ビートルになります。

こちらの車種に乗っているのが、阿笠博士になります。

こちらの車種は、アニメの中でも一番出てくる車と言っても過言ではありません。

黄色がトレードマークのビートルが、数多く流れてきています。

現代でもビートルが乗られていますが、この年式のビートルは見かけません。

かなりレトロ感を感じる車種になっており、そこからは可愛らしさも感じる車になります。

価格的にもレトロな車にしては、高額の価格がついています。

現代では、見て楽しむ車として所有する方もいるようです。

ジャガー Eタイプ:工藤有希子

車種名 Eタイプ
乗ってるキャラ 工藤有希子
年式 1961年〜
現代の価格 24,190,000円〜

続いての車種は、ジャガーのEタイプになります。

この車種に乗っているのは、コナンの母親にあたる工藤有希子になります。

アニメに出てくるEタイプを見ると、他の車と差別化されているような印象があります。

かなり高級感のある雰囲気になっており、車好きの方からすると走行シーンに釘付けになってしまいます。

また、こんなかっこいい車に女性が乗っているということで、そこのギャップにもかっこよさを感じます。

こちらの車種もかなり高い金額がついており、現代でも高級車の位置付けになっています。

かなり希少価値の高いレアな車となっています。

ミニ・クーパー:妃英理

車種名 ミニ・クーパー
乗ってるキャラ 妃英理
年式 1992年〜
現代の価格 165,000円〜

続いての車種は、ミニ・クーパーになります。

この車種に乗っているのは、蘭の母親になる妃英理になります。

あまりアニメに出てくる頻度は多くないですが、レトロ感のある車になっています。

ミニ・クーパーであれば、現代でも見かける方も多いのではないでしょうか。

昔のモデルと今のモデルで全然違うという車ではありません。

車全体の形や丸目のヘッドライトなどは、昔から変わらないデザインになっています。

ミニ・クーパーは、誰にでも似合うデザインになっている車です。

そのため、誰が購入しても後悔しない車となっています。

トヨタ プリウス:目暮警部

車種名 プリウス
乗ってるキャラ 目暮警部
年式 2003年〜
現代の価格 1,890,000円〜

続いての車種は、トヨタのプリウスになります。

この車種に乗っているのは、目暮警部になります。

他のキャラクターが乗っている車と比較すると、あまりパッとしない車になります。

この点については、警部だからこそプリウスにしたのではと推測します。

プリウスの中でも、2代目プリウスに乗っています。

デビュー当時は、圧倒的な燃費が魅力的で購入した方も非常に多くいます。

アニメの中では、燃費が良いことでこの車に乗って様々な現場に向かう目暮警部が映っています。

間接的に、どこに出かけても燃費が良いことで、あまりガソリン代がかからないということを伝えていると感じます。

マツダ RX-7:佐藤美和子

車種名 RX-7
乗ってるキャラ 佐藤美和子
年式 1997年〜
現代の価格 2,898,000円〜

続いての車種は、マツダのRX-7になります。

こちらの車種に乗っているのは、刑事として出てくる佐藤美和子になります。

女性の方ではありますが、RX-7というマニアックな車に乗っています。

こちらの車種は、現代かなり価格が高騰している車になります。

あまりの人気ぶりに、中古車ではあまり手に入らないような状態になっています。

また、その人気の影響も受け、盗難される車にもなっています。

国内だけでなく海外でも人気があるのが、RX-7の特徴です。

そのため、所有している方や購入して間もない方は盗難防止もする必要があります。

実際に乗ってみると、かなり満足度の高い車になります。

日産 スカイライン:高木渉

車種名 スカイライン
乗ってるキャラ 高木渉
年式 2000年〜
現代の価格 599,000円〜

続いての車種は、日産のスカイラインになります。

こちらの車種に乗っているのは、目暮警部の部下である高木渉になります。

こちらの車種は、現代も見かける最近の車になっています。

少しレトロさ感じますが、昔と現代のデザインが融合されているような車になっています。

魅力的な部分としては、その走行性にあります。

国産車のセダンならではの俊敏に動く走行性が、コナンの作中でも描かれています。

場面によっては、犯人を追いかけるのに使用されているシーンもあります。

そのような場面から考えられることとして、走行性の高さを実感します。

スズキ SX4:白鳥任三郎

車種名 SX4
乗ってるキャラ 白鳥任三郎
年式 2006年〜
現代の価格 1,491,000円〜

続いての車種は、スズキのSX4になります。

こちらには、警察官の白鳥任三郎が乗っています。

こちらの車種は、現代の言うコンパクトSUVに位置する車になります。

まだ乗っている方もいらっしゃいます。

価格的にも非常に購入しやすく、現代の価格にも当時とあまり差がありません。

非常にコスパ良く乗ることができるコンパクトSUVになります。

コンパクトSUVに乗ることで、実用性に優れていた車に乗ることができます。

車内に荷物を積むことができるのに加えて、狭い道路でも走行することができます。

現代のコンパクトSUV同様に、SX4も実用性の高さを実感します。

FIAT 500:千葉和伸

車種名 500
乗ってるキャラ 千葉和伸
年式 1957年〜
現代の価格 1,980,000円〜

続いての車種は、FIAT 500になります。

こちらの車種に乗っているのは、刑事の千葉和伸になります。

こちらのFIAT500は、現代のモデルと変わりがありません。

イタリア車特有のオシャレさを兼ね備え、女性にも男性にも似合う車となっています。

FIATは、コナンだけでなく他のアニメでも登場する車になっています。

このオシャレな車に刑事が乗っているということで、そこにギャップを感じます。

しかし、そのギャップが魅力に感じる方もいます。

FIAT500は、誰にでも似合うオシャレなイタリア車になります。

シボレー C-1500:赤井秀一

車種名 C-1500
乗ってるキャラ 赤井秀一
年式 1988年〜
現代の価格 990,000円〜

続いての車種は、シボレーのC-1500になります。

こちらの車種に乗っているのは、FBI捜査官の赤井秀一になります。

こちらの車種の存在感は、アニメの中でもかなり魅力的になります。

アメ車ならではの大きなサイズが、赤井さんの強さを表現しているように感じます。

また、現実でもこの車種の存在感はびっくりするほどです。

日本の道路を走行していると、白線をはみ出してしまう道路などがあるほど大きなボディサイズになっています。

この存在感と圧倒的な迫力に魅了され、購入する方も多くいます。

そのため、街で数回ほど見かけたことがある車になります。

メルセデス・ベンツ CLKカブリオレ:ジェイムズ・ブラック

車種名 CLKカブリオレ
乗ってるキャラ ジェイムズ・ブラック
年式 2002年〜
現代の価格 5,565,000円〜

続いての車種は、メルセデス・ベンツのCLKカブリオレになります。

こちらの車種は、FBIのボスのジェイムズ・ブラックが乗っている車です。

FBIのボストいうことで、運転手付きというVIPな対応になっています。

オープンカー仕様になる車ということで、幅広い場面で楽しむことができます。

コナンの作品の中では、唯一のメルセデス・ベンツになっています。

現物同様に、高級感を感じるような見せ方になっています。

ボスや社長のような方が乗る車ということを伝えているかのような印象があります。

プジョー 607:ジョディ・スターリング

車種名 607
乗ってるキャラ ジョディ・スターリング
年式 1999年〜
現代の価格 439,000円〜

続いての車種は、プジョーの607になります。

こちらの車種は、FBIに属しているジョディ・スターリングが乗っています。

セダンタイプの車になっており、国産車とは違った雰囲気のある車になります。

また、作中でもプジョーならではの特徴がよくわかるデザイン性になっています。

プジョーのデザインの特徴は、リアに沿って滑らかに流れている形になります。

国産車にはないデザインで表現しているので、細かい部分まで表現されていると感じます。

マツダ RX-7:安室透

車種名 RX-7
乗ってるキャラ 安室透
年式 1997年〜
現代の価格 2,898,000円〜

続いての車種は、マツダのRX-7になります。

こちらの車種は、上記でも紹介しましたが安室透という方も乗っている車です。

作中には、同じ車に乗っているキャラクターも存在します。

しかし、同じ車種でも色に違いがあります。

そのため、それぞれに魅力を感じるのも事実です。

スバル 360:沖矢昴

車種名 360
乗ってるキャラ 沖矢昴
年式 1960年〜
現代の価格 1,320,000円〜

続いての車種は、スバルの360になります。

こちらの車種に乗っているのは、謎が多い沖矢昴になります。

この車種は、若い方からすれば見たことがない車になります。

丸目のヘッドライトが特徴的であることで、外車と勘違いする方も多いはずです。

しかし、こちらの車種はスバル車になります。

この車は、走行性に優れているということで、走行シーンが多く映っています。

謎が多いキャラクターが乗るからこそ、よりミステリアスな一面を見ることができると感じます。

シトロエン CX:諸伏高明

車種名 CX
乗ってるキャラ 諸伏高明
年式 1985年〜
現代の価格 1,350,000円〜

続いての車種は、シトロエンのCXになります。

こちらの車種に乗っているのは、長野県警の諸伏高明になります。

こちらの方は、現代ではあまり見かけないシトロエンのCXに乗っています。

現代の国内でもあまりシトロエンの車種は、浸透していない印象があります。

そのため、昔の車種となると知っている方も多くはありません。

デザイン的にも昔のシトロエンと現代のシトロエンのデザインは異なります。

人によって好みが分かれる部分でもあります。

コナンのアニメをきっかけに、昔のシトロエンが気になった方は調べてみるのもありですね。

ホンダ インスパイア:上原由衣

車種名 インスパイア
乗ってるキャラ 上原由衣
年式 1992年〜
現代の価格 199,000円〜

続いての車種は、ホンダのインスパイアになります。

こちらの車種に乗っているのは、長野県警の刑事である上原由衣になります。

こちらの車種は、現代もよく走行している車になります。

この車種についても、現代ではよく走行されている車になります。

そのため、そんなに価格が高くなっているという状態でもありません。

あまり出てくる頻度は少ないですが、稀に出てくる車になります。

そのため、出てきた際はラッキーというくらいの位置付けです。

日産 スカイラインR34型:風見裕也

車種名 スカイラインR34型
乗ってるキャラ 風見裕也
年式 2000年〜
現代の価格 599,000円〜

続いての車種は、日産のスカイラインR34型になります。

こちらの車種は、風見裕也が乗っている車になります。

日産のスカイラインは、上記の部分で高木渉が乗っている車でもあります。

モデルは少し異なりますが、車種名としては同じです。

トヨタ クラウン:毛利小五郎

車種名 クラウン
乗ってるキャラ 毛利小五郎
年式 1991年〜
現代の価格 480,000円〜

続いての車種は、トヨタのクラウンになります。

こちらの車種に乗っているは、誰でも知っている毛利小五郎になります。

毛利小五郎の愛車は、トヨタのメイン車と言っても過言ではないクラウンになります。

小五郎さんが運転しているクラウンは、似合っているという口コミも多く寄せられています。

また、1991年〜式ということでレトロさも多少感じることができる車です。

しかし、毛利小五郎の愛車と言っている反面、レンタカーなのではないかという推測もされています。

車のナンバーが、「わ」ナンバーになっているため怪しいという声も寄せられているようです。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす