車のお役立ち情報

【個人・車屋】ヘッドライトの黄ばみ・水滴・曇りを取り除く方法をそれぞれ紹介!

  • ヘッドライトを綺麗にしたい方
  • ヘッドライトが汚れた車に乗っている方
  • ヘッドライトの曇りを取り除く方法を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

車にとって、ヘッドライトはかなり重要な部位の1つであります。

ヘッドライトが曇ってしまうと、下記のような影響が出てしまいます。

  • 進行方向を照らすことができない
  • 見た目がカッコ悪くなる
  • 古臭さを感じてしまう

このような影響があります。

そのため、ヘッドライトは常に綺麗な状態にしておく必要があります。

しかし、長年乗っているとどうしてもヘッドライトが曇ってきてしまいます。

しっかり手入れしている方であれば問題ありませんが、なにもせずに乗っていると曇りや水滴などが溜まってしまうのです。

なぜ、そのような状態になってしまうのでしょうか。

今回は、ヘッドライトが曇ってしまう原因や実際にどのようにして綺麗にすればいいのかを紹介していきます。

また、綺麗にした時の費用面の部分にも触れていきます。

これからヘッドライトを綺麗にしようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

ヘッドライト(ヘッドランプ)の水滴(曇り)を取り除く方法

まず初めに、ヘッドライトの水滴を取り除く方法を紹介していきます。

ヘッドライトの曇りを取り除く方法としては、大きく分けて2つあります。

2つほど方法があるので、その人に合った方法で取り除くことができます。

  • 専門業者に依頼をする
  • アイテムを購入し自分で取り除く

専門業者に依頼をする

ヘッドライトの曇りを取り除く方法の1つ目は、専門業者に依頼する方法があります。

この方法が、一番手っ取り早く確実に曇りを取り除くことができます。

この方法のメリットとデメリットは、下記のようになります。

【メリット】

  • 確実に曇りを取り除くことができる
  • 綺麗な状態に仕上げることができる
  • スムーズに作業が進む

【デメリット】

  • 費用が高くつく
  • 車を業者に持っていく必要がある
  • 場合によっては数日預ける必要がある

このような内容があります。

専門業者に曇りの除去を頼むことで、確実に曇りを除去してくれます。

自分で曇りの除去を行ってしまうと、うまく曇りが取れない場合があります。

逆に、ヘッドライトを傷つけてしまうこともあります。

そのような状態になりたくない方は、確実に専門業者に頼む必要があります。

しかし、費用が高くかかるという面を忘れてはいけません。

業者に頼むと当たり前ですが、工賃がかかります。

そこの費用をできるだけ抑えたい方は、この方法はオススメできません。

アイテムを購入し自分で取り除く

続いての内容は、アイテムを購入し自分で取り除く方法になります。

ヘッドライトの曇りは、自分でも取り除くことができます。

自分で取り除く方法のメリット・デメリットは、下記のようになります。

【メリット】

  • 安い費用で取り除ける
  • 自分の時間に合わせて施工できる
  • 車の知識が向上する

【デメリット】

  • 失敗する可能性がある
  • ヘッドライトを傷つける可能性がある
  • アイテムを購入する必要がある

このような内容があります。

メリットとして一番大きいのは、安い費用で取り除くことができるという部分になります。

自分でアイテムを揃えるだけで、本来かかる工賃を節約することができます。

できるだけ安い費用で曇りを取り除きたい方にとっては、非常にオススメの方法になります。

しかし、デメリットの部分も忘れてはいけません。

デメリットとしては、自分で行うと失敗する可能性があるという部分です。

うまく取り除けなかったり、ヘッドライトに傷をつけてしまうということも考えられます。

そういった状況にならないためにも、しっかり知識をつける必要があります。

気になる施工手順や費用については、下記の段落で紹介していきます。

ヘッドライト(ヘッドランプ)の水滴(曇り)を取り除く際の費用感

上記の部分で、ヘッドライトの曇りを取り除く方法を紹介しました。

しかし、それぞれの費用はどのくらいになっているのでしょうか。

この点は、誰もが気になる部分になります。

ヘッドライトの曇りを修正する前に、費用感もしっかりチェックする必要があります。

どのくらいかかるのかをチェックした上で、どちらにするか検討するようにしましょう。

  • 専門業者に対応してもらう場合
  • 自分で対応する場合

専門業者に対応してもらう場合

まず初めに、専門業者に対応してもらう場合の費用感になります。

専門業者に頼むと、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

まずは、専門業者というのは具体的に下記のような業者になります。

  • ディーラー
  • ガソリンスタンド
  • 整備工場
  • カー用品店 

これらの業者で対応してくれます。

費用感については、平均で6,000円〜10,000円となっています。

この価格幅で、工賃については変動します。

特に、ディーラーでは高い傾向にあります。

できるだけ費用を抑えたいけど、確実にヘッドライトを綺麗にしたいと考えている方はガソスタかカー用品店がオススメです。

事前に、電話で相談することでスムーズ対応してくるので、最寄りの店舗に確認するようにしましょう。

自分で対応する場合

次に、自分で対応する場合の費用感になります。

大前提として、自分で対応する場合はまずアイテムを揃える必要があります。

知識がある方であれば、耐水ペーパーやコンパウンドなどをそれぞれ揃えます。

しかし、今回は初心者の方でも簡単な方法を紹介します。

それは、ヘッドライトの黄ばみを取り除くメンテナンスキッドを購入することです。

オススメするメンテナンスキッドは、下記のヘッドライトクリアセットになります。

  • 誰でも購入しやすい価格帯
  • 初心者の方でも難なく施工できる簡単な手順
  • 車に対する知識がなくても手順に沿ってやれば綺麗になる

このようなポイントがあります。

一番は、何と言っても購入しやすい価格帯です。

専門業者に依頼すると、6,000円以上はかかります。

しかし、このメンテナンスキッドを購入すれば約4,000円で済ませることができます。

ここで、2,000円分は浮くので車の洗車代にも回すことができます。

安いのにも関わらず、施工手順は至ってシンプルなのでコスパ良いという口コミも多く寄せられています。

ヘッドライトが黄ばんでいる方や曇っている方にオススメのメンテナンスキッドになります。

ヘッドライト(ヘッドランプ)の水滴(曇り)ができてしまう原因

続いて、ヘッドライトに曇りができてしまう原因を紹介していきます。

ヘッドライトに曇りができてしまう原因は、どのようなことが考えられるのでしょうか。

原因を事前に知っておくことによって、事前に曇りを防ぐこともできます。

しっかり原因を理解した上で、対策するようにしましょう。

  • 紫外線による表面の劣化
  • ヘッドライト部の傷
  • 隙間から異物や水が入り込む
  • バルブの熱による劣化

紫外線による表面の劣化

ヘッドライトが曇る原因の1つ目は、紫外線による表面の劣化になります。

ヘッドライトは、ポリカーボネートと言われる素材でできています。

ポリカーボネートの特徴は、下記のようになります。

  • 耐久性が高い
  • 透明性が高い
  • 熱に丈夫

このような特徴があります。

しかし、デメリットとしては非常に紫外線に弱いという部分です。

紫外線にかなり弱い素材になっているので、時間が経つとヘッドライト表面が劣化してしまいます。

ヘッドライト表面には、紫外線から守るためにコーティングがされています。

そのため、購入して2、3年であればヘッドライトの曇りが発生することはありません。

しかし、5年以上経過するとこのコーティングも効果がなくなってきます。

なくなってきたタイミングで、ヘッドライトが曇り始めてしまいます。

このように段階を踏んで劣化していくので、車の維持方法なんかも重要になります。

ヘッドライト部の傷

ヘッドライト傷

続いての内容は、ヘッドライト部の傷になります。

ヘッドライトの傷も曇りや黄ばみの大きな要因になっています。

ポリカーボネートは、傷にも弱いというデメリットな部分があります。

そのため、少し擦っただけでも薄く傷がついてしまいます。

日常的に、ヘッドライトは様々な場面で傷がついています。

走行中の飛石などの傷や洗車で強く擦ったことでの傷もついてしまいます。

一見遠くから見るとわからなくても、目を凝らして見ると傷がついているということもあります。

そのような傷が、このような小さな傷が蓄積していくことでヘッドライトの劣化に繋がっています。

そのため、日常的に傷をつける恐れもあるので、ヘッドライトの取り扱いは慎重になる必要があります。

隙間から異物や水が入り込む

続いての内容は、隙間から異物や水が入り込むという内容になります。

ヘッドライトの内部に異物や水が入り込むことで、ヘッドライトが曇ってしまうこともあります。

ヘッドライトと車体の間に、隙間がある可能性があります。

その隙間から水や異物が入り込み、ヘッドライトの内部が曇ってしまうということもあります。

内部からの曇りになるので、外側のコーティングや対処をしても元に戻りません。

ヘッドライトの内部に手を加えないと、曇りや黄ばみが解消されない事例になります。

この事例については、自分でやろうとしてもかなり難しいです。

そのまま放置しておくと、どんどん深刻化してしまうので早急にディーラーかカー用品店に見てもらうようにしましょう。

対応方法によっては、ヘッドライト交換になる可能性もあります。

バルブの熱による劣化

続いての要因は、バルブの熱による劣化になります。

長年乗っている車の多くは、この要因が多いという実績があります。

そもそもバルブとは、ヘッドライトに使用されているライトのことになります。

ここを点灯させることによって、ライトが点く仕組みになっています。

バルブが点灯した時の温度は、非常に高温になっています。

ポリカーボネートの耐熱温度が、120℃~130℃と言われています。

この耐熱でも耐えきれなくなってしまい、黄ばみや曇りが発生します。

どうしても熱がこもってしまうのでしょうがない部分もありますが、熱の影響があることも頭に入れておくようにしましょう。

ヘッドライト(ヘッドランプ)の水滴(曇り)を事前に防ぐにはどうしたらいい?

次に、ヘッドライトの曇りを事前に防ぐ方法を紹介していきます。

上記でも記載しているように、曇りや黄ばみを取り除くには費用がかかってきます。

できるだけお金をかけたくない方は、曇りを発生させないことが重要になります。

どういった方法で、曇りや黄ばみを防ぐことができるのでしょうか。

しっかり未然防止をした上で、車を維持するようにしましょう。

  • 紫外線から避けて保管する
  • ヘッドライトに黄ばみ防止コーティングをする
  • ヘッドライトに黄ばみ防止フィルムを貼る
  • こまめに洗車を行う

紫外線から避けて保管する

太陽

曇りや黄ばみを防ぐ方法の1つ目は、紫外線から避けて保管するという内容になります。

上記でも記載しているように、曇りが発生する要因の1つは紫外線になります。

ポリカーボネートは、紫外線に非常に弱いというデメリットがあります。

紫外線に常にあたった状態で保管されていると、数年後必ずヘッドライトが曇ってしまいます。

紫外線から避ける方法としては、下記のような内容があります。

  • カーポートを設置する
  • 車庫を設置する
  • 日陰に車を駐車する
  • 車にカバーをかけて保管する

このような内容があります。

事前にヘッドライトの曇りを防ごうとしている方は、上記のような対策をする必要があります。

カーポートや車庫などがかなり費用もかかってきます。

手軽さで見るとカバーをかけるが一番楽で簡単になるので、早急に対応したい方にとってはオススメです。

ヘッドライトに黄ばみ防止コーティングをする

続いての内容は、ヘッドライトに黄ばみ防止のコーティングをするという内容になります。

紫外線から避けるという方法も1つですが、ヘッドライト自体にコーティングすることも効果的です。

コーティングと聞くと、なんか難しい印象を持っている方が多くいます。

どうしても苦手意識を持ってしまいがちです。

しかし、ヘッドライトのコーティングの場合はかなり簡単です。

そんな簡単に施工できるコーティングが、シュアラスタヘッドライトクリーナーになります。

created by Rinker
¥1,100
(2022/12/07 00:26:38時点 楽天市場調べ-詳細)

  • かなりシンプルな手順で施工可能
  • 施工手順も親切に説明されている
  • 仕上がり具合に大満足

このような特徴があります。

車に詳しくない方でも、簡単に施工することができます。

マイクロファイバーなども付属されているので、十分このセットで施工することができます。

価格的にも非常に安い価格で販売されているので、気軽に施工できるコーティング剤になります。

ヘッドライトに黄ばみ防止フィルムを貼る

続いての内容は、ヘッドライトに黄ばみ防止フィルムを貼るという内容になります。

防止フィルムもかなり効果的な対策になります。

ヘッドライトにフィルムを貼り付けることで、ヘッドライト自体を紫外線から守ることができます。

さらに、フィルムを貼り付けることで自分好みの車にも仕上げることができます。

周りの車と差別化できる上に、黄ばみや曇り防止にも繋がるのでかなりオススメです。

しかし、車を購入した純正のままの状態にしたいと思っている方には向いていません。

カスタム好きの方にかなりオススメする防止策になります。

防止フィルムの1つとして、アイラインフィルムがあります。

こちらも紫外線から守るのに効果的な方法になります。

アイラインフィルムの種類や付け方については、下記の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

↓『アイラインフィルムをつけたままで車検は合格できる!問題のない付け方を紹介!』についての記事はこちら↓

アイラインフィルムをつけたままで車検は合格できる!問題のない付け方を紹介! アイラインフィルムを付けようとしている方 アイラインフィルムを付けて車検を通そうしている方 アイラインフィルムに...

こまめに洗車を行う

洗車

最後の方法は、こまめに洗車を行うという内容になります。

こまめヘッドライト部の洗車を行うのも、曇り防止の1つの方法です。

汚れなどが蓄積することで、曇りや黄ばみが発生する可能性もあります。

そのため、定期的に汚れを除去する必要があります。

しかし、洗車をする上でも注意すべき部分があります。

ヘッドライト部はかなり傷がつきやすい。
⇨慎重に洗車をする必要がある。

この点に注意する必要があります。

ヘッドライト部の傷は、黄ばみや曇りを発生させる要因の1つになります。

確実に要因の部分は1つずつ潰し込む必要があります。

洗車を行う際は、慎重に洗い流すようにしましょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす