スズキ

スペーシアで買って後悔する色をノーマル・カスタム・ギア別に紹介!

  • スペーシアの後悔するボディカラーを知りたい方
  • ノーマル・カスタム・ギアそれぞれの後悔するボディカラーを知りたい方
  • スペーシアを購入して後悔したくない方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

車を購入する際に、気をつけなければいけない部分は後悔しないことになります。

車を購入するということは、大金が動くということになります。

そのため、大金を払う買い物で後悔してしまうと、ショックもかなり大きくなってしまいます。

そうならないためにも購入前に、しっかりとした準備をする必要があります。

スズキから展開されているスペーシアには、以下の3つの種類があります。

  • スペーシア
  • スペーシアカスタム
  • スペーシアギア

それぞれの車種で販売されていますが、購入すると後悔するボディカラーはどのカラーになるのでしょうか。

これから購入しようと考えている方は、絶対に後悔したくないという気持ちの方が強いと思います。

今回の記事を参考にして、絶対に後悔しないボディカラーを購入するようにしましょう。

↓『スペーシアを買って後悔することは?人気がない理由はデザインが安っぽい!』についての記事はこちら↓

スペーシア
スペーシアを買って後悔することは?人気がない理由はデザインが安っぽい! スペーシアの購入を検討している方 スペーシアの後悔する部分が気になる方 スペーシアの人気のない理由を知りたい方...

Contents

スペーシアの基本情報

スペーシア
年式 2013年〜
車名 スペーシア
駆動方式 四輪駆動・前輪駆動
装着タイヤ 14インチ
排気量 658cc
最高出力(エンジン)
kW(PS)/r.p.m.
38(52PS)/6,500
最大トルク(エンジン)
N・m(kgf・m)/r.p.m.
60(6.1kg・m)/4,000
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,785mm
車両重量 870kg
価格(税込) 1,380,000円〜
燃費 17.3km/L〜

↓『スペーシアはフルフラットで2人まで車中泊できる!段差をなくすDIY例も』についての記事はこちら↓

車中泊
スペーシアはフルフラットで2人まで車中泊できる!段差をなくすDIY例も スペーシアの購入を考えている方 スペーシアで車中泊をしたい方 スペーシアのシート段差を無くしたい方 今...

スペーシアの買って後悔する不人気色3選

まず初めに、スペーシアを購入して後悔する不人気色を3つ紹介していきます。

  • シフォンアイボリーメタリック
  • ライトブロンズパールメタリック
  • オフブルーメタリック

シフォンアイボリーメタリック

シフォンアイボリーメタリック
  • 可愛さだけが表現されてしまう
  • 男性にとっては似合わないカラー
  • 安っぽく見えてしまう

可愛さだけが表現されてしまう

1つ目の理由は、可愛さだけが表現されているという内容になります。

黄色をベースにデザインされているシフォンアイボリーメタリックは、非常に可愛らしいデザインになっています。

元々スペーシアのデザイン自体可愛らしくデザインされているので、柔らかいカラーになることでさらに可愛くなっています。

可愛らしい車に乗りたい方にとってはおすすめですが、少しでも大人っぽい車に乗りたい方にとってはおすすめできません。

男性にとっては似合わないカラー

続いての内容は、男性にとって似合わないカラーという内容になります。

シフォンアイボリーメタリックの第一印象としては、女性向けのボディカラーであるということです。

そのため、男性にとっては似合わないボディカラーになります。

スペーシアはママ車としても使用されますが、家族の車としても使用されます。

そのため、共用車になることが多い車になります。

その際、男性に似合わないとなると実用性に欠けてしまいます。

家族の車にもあまり適さないボディカラーになります。

安っぽく見えてしまう

続いての内容が、安っぽく見えてしまうという内容になります。

シフォンアイボリーメタリックは、安っぽく見えてしまいます。

その理由は、ボディの劣化になります。

長年乗ることによって、ボディの経年劣化が進んでいきます。

場合によっては、色褪せることもあるので注意する必要があります。

そうなった場合、非常に安っぽく見えてしまうのでボディのメンテナンスが必須になります。

ライトブロンズパールメタリック

ライトブロンズパールメタリック
  • 年齢層が高く見えてしまう
  • ボディカラーから地味さを感じてしまう
  • 中途半端なカラーになっている

年齢層が高く見えてしまう

1つ目の理由は、年齢層が高く見えてしまうという内容になります。

このボディカラーの特徴は、少しピンクがかっている部分になります。

その部分から年齢層が高く見えてしまいます。

一見若々しさを感じがちですが、そんなことはありません。

まるで昔の車のような雰囲気を醸し出しているので、どうしても年齢層が高く見えてしまいがちです。

ボディカラーから地味さを感じてしまう

続いての内容は、ボディカラーから地味さを感じてしまうという内容になります。

派手なボディカラーとは裏腹に地味さを感じてしまいます。

少し抑えめのボディカラーデザインにしたように見えますが、そこから地味さも出てきてしまっているように感じます。

ブロンズなのかピンクなのかといった部分でも、ハッキリしない部分があります。

地味さも部分も年齢層が高く感じてしまう1つの要因と考えます。

中途半端なカラーになっている

続いての内容は、中途半端なカラーになっているという内容になります。

上記でも少し触れていますが、ブロンズなのかピンクなのかわからない部分が中途半端であると指摘を受けている部分になります。

2つの色が混ざり合うことで、良さが出ているボディカラーになっているのですが、みる人によっては中途半端と感じてしまうこともあります。

中途半端な色合いになっていることで、男性に似合うのか女性に似合うのかもわからない状態になっています。

このボディカラーを購入する際は、一度現車を確認する必要があります。

オフブルーメタリック

オフブルーメタリック
  • 目立ちたくない方にとっては不向き
  • ボディカラーの劣化が目立ちやすい
  • 高級感を感じられない

目立ちたくない方にとっては不向き

1つ目の内容は、目立ちたくない方にとっては不向きという内容になります。

目立ちたくない方にとっては、このカラーは向いていません。

薄めのブルーに見えがちですが、現車を確認するともっと明るめのブルーに仕上がっています。

そのため、街中などを走行していると、どこからでも気づいてしまうくらい目立ってしまいます。

車を所有する上で、あまり目立ちたくない方はオフブルーメタリックは選択しないようにしましょう。

ボディカラーの劣化が目立ちやすい

続いての内容は、ボディカラーの劣化が目立ちやすいという内容になります。

明るめのデザインになっていることから、ボディカラー表面の劣化も目立ちやすくなっています。

劣化の仕方としては、表面の色褪せになります。

長年乗ることによって、ボディ表面がだんだん色褪せてしまいます。

これを防ぐためには、ボディ表面のメンテナンスと定期的な洗車を実施するようにしましょう。

これをすることで、長年魅力的なオフブルーに仕上がります。

高級感を感じられない

続いての内容は、高級感を感じられないという内容になります。

オフブルーメタリックは、高級感を感じられません。

どうしても可愛らしい印象を受けてしまうので、高級感を感じたい方にはお勧めできません。

ボディ表面の汚れや劣化によっても高級感を失われることがあります。

少しでも高級感を感じたいのであれば、ボディ表面のメンテナンスをしっかりするようにしましょう。

↓『スペーシアの人気色4選!汚れが気にならない色はどれ?』についての記事はこちら↓

スペーシアの人気色4選!汚れが気にならない色はどれ? スペーシアの購入を検討している方 スペーシアのボディカラーに悩んでいる方 リセールが良いボディカラーに乗りたい方...

スペーシアギアの基本情報

スペーシアギア
年式 2018年〜
車名 スペーシアギア
駆動方式 四輪駆動・前輪駆動
装着タイヤ 14インチ
排気量 658cc
最高出力(エンジン)
kW(PS)/r.p.m.
47(64PS)/6,000
最大トルク(エンジン)
N・m(kgf・m)/r.p.m.
98(10.0kg・m)/3,000
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,800mm
車両重量 890kg
価格(税込) 1,802,900円〜
燃費 17.0km/L〜

スペーシアギアの買って後悔する不人気色3選

続いて、スペーシアギアの買って後悔するボディカラーを紹介していきます。

  • シフォンアイボリーメタリック
  • スチールシルバーメタリック
  • フェニックスレッドパール ガンメタリック2トーンルーフ

シフォンアイボリーメタリック

シフォンアイボリーメタリック
  • ギアのデザインに合ってないカラー
  • 安っぽさが出てきてしまう
  • 男性にとっては近寄り難いカラー

ギアのデザインに合ってないカラー

1つ目の内容は、ギアのデザインには合っていないカラーという部分になります。

スペーシアギアは、メカっぽいデザインになっていることで可愛らしさを一切感じることがありません。

しかし、シフォンアイボリーメタリックにすることで、その可愛らしさが出てきてしまいます。

あくまでアウトドアで使用するような車として開発されているので、スペーシアギアに可愛らしさは似合いません。

スペーシアギアは、かっこよさを感じるボディカラーを選択する必要があります。

安っぽさが出てきてしまう

続いての内容は、安っぽさが出てしまうという内容になります。

シフォンアイボリーメタリックは、柔らかい雰囲気を醸し出してくれるボディカラーです。

しかし、その柔らかさから安っぽさも感じてしまうのです。

スペーシアギアは、かっこよさを表現したい車種になるので、シフォンアイボリーメタリックはあまり似合わないデザインになっています。

男性にとっては近寄り難いカラー

続いての内容は、男性にとっては近寄り難いカラーという部分になります。

上記でも触れていますが、シフォンアイボリーメタリックは可愛らしさを感じてしまいます。

そのため、男性が乗るには少し躊躇してしまいます。

男性の考えとしては、可愛らしさよりもかっこよさを感じたいので、このボディカラーにはあまり魅力を感じません

スチールシルバーメタリック

スチールシルバーメタリック
  • 機械っぽく見えてしまう
  • 若者には似合わないカラー
  • ボディの経年劣化がしやすい

機械っぽく見えてしまう

1つ目の内容は、機械っぽく見えてしまうという部分になります。

元々スペーシアギアのデザインは、メカっぽいデザイン性になっています。

そこにシルバー系のカラーが加わることによって、さらにメカ・機械っぽくなってしまうのです。

元々のデザインが機械っぽくなっているのにも関わらずシルバーを選択してしまうと、後々の部分で後悔してしまう方もたくさんいます。

あくまで車としてみるのであれば、シルバー系は避けないカラーになります。

若者には似合わないカラー

続いての内容は、若者には似合わないカラーという内容になります。

シルバー系は、若い方々には似合わないボディカラーになります。

どの車種でもシルバー系は、年齢層が高いという印象があります。

汚れや傷が目立ちにくいことから、常に綺麗な状態を保てると年齢層が高い方に人気があるのです。

その手軽さに魅力を感じ、シルバー系を選択すると若々しさを失う可能性があります。

ボディの経年劣化がしやすい

続いての内容は、ボディの経年劣化がしやすいという内容になります。

シルベー系は、汚れや傷が目立たないもののボディの劣化は早く進んでしまいます。

ボディが劣化すると、かなり安っぽい車に見えてしまいます。

ボディのメンテナンスをするのであれば問題ないですが、メンテナンスをしないと年々満足度が低下していってしまいます。

フェニックスレッドパール ガンメタリック2トーンルーフ

フェニックスレッドパール ガンメタリック2トーンルーフ
  • 誰が乗るにも派手すぎる
  • ママ車には適さないボディカラー
  • どこを走行しても目立つ

誰が乗るにも派手すぎる

1つ目の内容は、誰が乗るにも派手すぎるという内容になります。

フェニックスレッドパール ガンメタリック2トーンルーフの第一印象は、かなり派手という部分です。

暗めのレッドで構成されていますが、現車を見ると周りよりも際立つような存在感になります。

一見女性の方に似合うと思いますが、その派手さはあまり変わりません。

派手な車に乗りたい方であれば、おすすめできるボディカラーになります。

ママ車には適さないボディカラー

続いての内容は、ママ車には適さないボディカラーという内容になります。

こちらのボディカラーは、ママ車にはあまり適していないように感じます。

それは、上記でも触れている派手さに理由があります。

ママ車として使用するには、全然落ち着かない派手さがあります。

ママ車はもう少し落ち着いた目立たないボディカラーを選択した方が、満足度は非常に高いでしょう。

どこを走行しても目立つ

続いての内容は、どこを走行しても目立ってしまうという部分になります。

見てもらうとわかるように、このボディカラーはどこを走行していても目立ってしまいます。

目立ってしまうことから、ママ車としてもおすすめできないボディカラーです。

スーパーに駐車されている際や街中を走行している際もすぐにわかってしまいます。

あまり周りから見られたくない方は、絶対に避けなければいけないボディカラーになります。

スペーシアカスタムの基本情報

スペーシアカスタム
年式 2013年〜
車名 スペーシアカスタム
駆動方式 四輪駆動・前輪駆動
装着タイヤ 14インチ
排気量 658cc
最高出力(エンジン)
kW(PS)/r.p.m.
47(64PS)/6,000
最大トルク(エンジン)
N・m(kgf・m)/r.p.m.
98(10.0kg・m)/3,000
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,785mm
車両重量 890kg
価格(税込) 1,883,200円〜
燃費 15.2km/L〜

スペーシアカスタムの買って後悔する不人気色3選

続いて、スペーシアカスタムの買って後悔するボディカラーを紹介していきます。

  • スチールシルバーメタリック
  • ムーンライトバイオレットパールメタリック
  • フェニックスレッドパール
  • フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ

スチールシルバーメタリック

スチールシルバーメタリック
  • 年齢層が高く見えてしまう
  • カスタム本来のかっこよさを失っている
  • 若者からのウケが良くない

年齢層が高く見えてしまう

1つ目の内容は、年齢層が高く見えてしまうという内容になります。

シルバー系は、年齢層が高いお爺さんやお婆さんが乗っている印象があります。

昔の方は、非常にシルバー系のボディカラーを好みます。

それは、汚れや傷が目立たないことからボディ正面を綺麗に保ちやすいというメリットがあります。

そのため、どうしても年齢層が高いという印象が染み付いてしまっています。

若い方が購入するには、後悔してしまいそうなカラーになっています。

カスタム本来のかっこよさを失っている

続いての内容は、カスタム本来のかっこよさを失っているという内容になります。

スペーシアカスタムは、スペーシアと比較するとスポーティーなかっこいいデザインになっています。

そのかっこよさをシルバー系になると失ってしまっているように見えてしまいます。

全体的に重い雰囲気になってしまっているので、カスタム本来のかっこよさが失われてしまっています。

若者からのウケが良くない

続いての内容は、若者からのウケが良くないという内容になります。

1つ目の内容と少し被る部分がありますが、どうしても年齢層が高いというイメージが染み付いてしまっている理由があります。

若い方がシルバー系に乗っていると、周りから見てあまり似合わないという印象を受けてしまいます。

そのため、若い方はシルバー系の車にあまり良い印象がありません。

その中でもママ車として使用する方々にとっては、不人気色にランクインするほどのボディカラーです。

ムーンライトバイオレットパールメタリック

ムーンライトバイオレットパールメタリック
  • 若々しさを感じられない
  • 汚れや傷が目立ちやすい
  • 珍しいことで逆に目立ってしまう

若々しさを感じられない

1つ目の内容は、若々しさを感じられないという内容になります。

こちらのボディカラーは、若々しさよりも大人らしさを感じることができるボディカラーです。

紫がベースになっており、暗めのデザインになっています。

大人っぽい車に乗りたい方からすれば、非常に魅力的なカラーです。

しかし、子育て中のママさんなどからすると少し重めの雰囲気になってしまうようです。

汚れや傷が目立ちやすい

続いての内容は、汚れや傷が目立ちやすいという内容になります。

黒をベースにデザインされているカラーになるので、ブラック同様に汚れや傷が目立ちやすくなります。

綺麗な状態を維持するためには、定期的な洗車やボディのメンテナンスが必要になります。

綺麗な状態を常に維持できれば、満足度が非常に高いカラーになります。

珍しいことで逆に目立ってしまう

続いての内容は、珍しいことで逆に目立ってしまうという内容になります。

ボディカラー自体は、黒っぽいカラーになっているのであまり目立ちません。

しかし、このボディカラーに乗っている方はあまりいません。

街中で見かけたこともありません。

そんなカラーに乗っていると、車通りが多い道路などでもすぐ目に入ってきてしまいます。

目立つほどの派手なカラーではありませんが、珍しいことで目立ってしまうことがあるので注意する必要があります。

フェニックスレッドパール

フェニックスレッドパール
  • 派手さに圧倒されてしまう
  • どこを走行していても目立ってしまう
  • 似合う人と似合わない人が分かれる

派手さに圧倒されてしまう

1つ目の内容は、派手さに圧倒されてしまうという内容になります。

フェニックスレッドパールの第一印象として、非常に派手なカラーになっていると感じます。

個人差がありますが、現車を確認すると写真以上に派手さを感じてしまうこともあります。

確かに派手さがあることで、かっこよさも向上しています。

しかし、家族の車として購入するには、落ち着きを感じられないボディカラーになっています。

どこを走行していても目立ってしまう

続いての内容は、どこを走行していても目立ってしまうという内容になります。

非常に派手なボディカラーになっていることによって、どこを走行していても目立ってしまうという特徴があります。

明るめのレッドで構成されているボディカラーになるので、すぐに気づかれてしまうことがあります。

特に街中などを走行していると、すぐに目立ちます。

目立ってはしまいますが、駐車場などではすぐに見つけることができるのでメリットとなる部分もあります。

似合う人と似合わない人が分かれる

続いての内容は、似合う人と似合わない人が分かれるという内容になります。

レッド系は、その色がに合っている方と似合わない方がいます。

そのため、もしも購入する際は自分に合ってるかどうかを判断する必要があります。

この判断を誤ってしまうと、後悔してしまうこともあるので注意が必要です。

購入する際は、長い時間考えた上で検討するようにしましょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす