トヨタ

【RAV4】サンルーフの特徴を紹介!パノラマムーンルーフは必要?

  • RAV4の購入を検討している方
  • サンルーフのオプションに悩んでいる方
  • RAV4のパノラマムーンルーフが気になっている方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

サンルーフは、車にとってかなり迷うオプションになります。

サンルーフを装着させることによって、室内環境の爽快感を味わうことができます。

横からの光だけでなく、上からも光を入れることができるので、ドライブをする上では非常にテンションが上がるオプションになります。

しかし、メリットがある反面デメリットも存在します。

メリット・デメリットの内容を踏まえた上で、装着するかどうかを検討するようになります。

そこで今回は、RAV4のサンルーフについて紹介していきます。

RAV4には、パノラマムーンルーフを装着することができます。

RAV4は、悪路と街乗りどちらでも走行できる仕様になっているので、実用性の高い車種になります。

使用する用途によって、サンルーフを装着するかどうかを検討する必要があるので、ぜひ参考にしてください。

↓『新型フォレスターのサンルーフを紹介!デメリットや後悔した点は』についての記事はこちら↓

新型フォレスターのサンルーフを紹介!デメリットや後悔した点は 新型フォレスターの購入を検討している方 フォレスターのサンルーフが気になる方 サンルーフのデメリットを知りたい方...

RAV4につけられるサンルーフの基本情報

サンルーフ

まず初めに、RAV4のサンルーフについて紹介していきます。

どのようなスペックを兼ね備えているのか、基本情報を紹介していきます。

以下のカテゴリから、それぞれ紹介していきます。

  • サイズ
  • 値段
  • 素材
  • 装着できるグレード

サイズ

まずは、RAV4のサイズ感についてになります。

RAV4のサンルーフの特徴は、大型サンルーフになっているということになります。

気になる大型サンルーフの数値は以下のようになります。

◉新型フォレスターのサンルーフサイズ◉

奥行き⇨約930mm

横幅 ⇨約700mm

これほどのサイズが備わっています。

SUVの車種で奥行きが1メートル弱あるのは、非常に珍しいサイズ感になります。

これだけのサイズ感になっていることによって、室内どこに座っていても爽快感や開放感を感じることができます。

前席から後席に渡ってサンルーフが装備される形になるので、他のSUVのサンルーフとは巣腰違った爽快感を感じられます。

ライバル車と差別化を図っている部分にもなります。

値段

続いて、RAV4にサンルーフを装備させる際の価格について紹介していきます。

RAV4のサンルーフの価格は以下のようになります。

RAV4のサンルーフ価格⇨144,000

このような価格帯になっています。

サンルーフを装着させる際のオプション価格としては、妥当の価格帯になります。

RAV4のサンルーフは、パノラマムーンルーフと呼ばれています。

前席から後席に広範囲に装着させることができるムーンルーフになるので、その分価格も上がってきます。

しかし、その満足度は非常に高く、どこに座っていても開放感を味わうことができるのが特徴になっています。

参考として、他のSUVのサンルーフのオプション価格と比較してみましょう。

【フォレスター】
サンルーフのオプション価格⇨54,000円

【ハリアー】
サンルーフのオプション価格⇨198,000円

【RX】
サンルーフのオプション価格⇨187,000円

他のSUVになると、上記のような価格になっています。

サンルーフのサイズも異なるので、それぞれで価格帯も変わってくるようになります。

素材

続いて、RAV4のサンルーフに使用されている素材についてになります。

特に特別なものは使用されていません。

他の車種にも使用されている紫外線カットのガラスをベースに装備されています。

同じトヨタのハリアーなどになると、調光パノラマルーフを採用しているようです。

◉調光パノラマルーフとは….??◉ 

ガラスに挟み込まれた調光フィルムに電圧をかけることで、透過状態から調光状態に瞬時に切り替えることができるもの

このような技術が他の車種に備わっているので、それに比べると少し劣る部分も出てきてしまいます。

装着できるグレード

続いて、サンルーフを装着できるグレードについて紹介していきます。

サンルーフを装着することができるRAV4のグレードは、以下のようになります。

  • Adventure
  • G”Z package”
  • G、HYBRID G

これらのグレードにはパノラマムーンルーフを装着させることができます。

逆に、上記に記載のないグレードには装着させることができないので、注意する必要があります。

事前に購入しようと考えているグレードをチェックするようにしましょう。

↓『RAV4の内装をグレードごとに紹介!一番安っぽいグレードはどれ?』についての記事はこちら↓

RAV4の内装をグレードごとに紹介!一番安っぽいグレードはどれ? RAV4の購入を検討している方 RAV4のどのグレードを購入しようか悩んでいる方 グレード別の違いを知りたい方 ...

RAV4につけられるサンルーフの特徴

次に、RAV4の特徴について紹介していきます。

RAV4のサンルーフは、他の車種のサンルーフよりも魅力的な部分が多数あります。

どのような部分に魅力を感じるのか紹介していきます。

  • 全席で開放感を感じられる
  • チルドアップ機能がある
  • 室内の窮屈感・圧迫感を感じない

1つずつ解説していきます。

全席で開放感を感じられる

開放感

RAV4のサンルーフの特徴の1つは、全席で開放感を感じることができるという部分になります。

RAV4のサンルーフは、他のSUV車と比べてサンルーフのサイズが大きいことで話題になっています。

ガラスが2枚からの構成になっており、前席から後席まで爽快感と開放感を感じることができます。

そのため、ドライブ中でも景色を十分に楽しむことができます。

また、室内もかなり明るくなるので、長時間乗っていても窮屈感を感じることがなくなります。

チルドアップ機能がある

チルドアップ機能

続いての特徴は、チルドアップ機能があるという部分になります。

チルドアップ機能とは、以下のような機能になります。

◉チルドアップ機能とは….??◉

このような機能がついていることによって、全開にしなくても室内の換気をすることができます。

長時間乗っていると、どうしても室内の空気が悪くなってしまいます。

換気をしたいけど、窓を開けると寒いという方はこの機能が非常に便利です。

サンルーフが少ししか開かないようになるので、寒さをあまり感じることなく換気をすることができます。

また、空気の入れ替えがすぐにできるので、手軽に使用することができる機能になります。

室内の窮屈感・圧迫感を感じない

続いての特徴は、室内の窮屈感・圧迫感を感じないという部分になります。

SUV車は、実用性が非常に高いですが、後席に座ると窮屈感を感じることがあります。

後席の窮屈感を感じてしまうと、長時間のドライブをすることができなくなってしまいます。

そのような時に窮屈感を感じなくすることができるのが、RAV4のパノラマムーンルーフになります。

上記でも記載していますが、RAV4のサンルーフは他のSUVと比べて大型サイズになっています。

大型サイズになっていることによって、室内空間の窮屈感・圧迫感を感じさせない効果があるので、かなり魅力的になります。

RAV4にサンルーフは欲しいという人の意見

続いて、RAV4にサンルーフが必要という方の意見を見ていきましょう。

口コミについて調べたところ、RAV4のサンルーフが欲しいという方は、半数以上います。

RAV4のサンルーフは、他の車種よりも大型なオプションになるので、かなり魅力的に感じている方が多くいます。

  • 大型サンルーフが魅力的
  • 室内の開放感が良い 

大型サンルーフが魅力的

上記の特徴でも触れていますが、やはり大型サンルーフは非常に魅力的に感じます。

他のSUVを見ても、RAV4のようなサイズ感のサンルーフは存在しません。

これだけの爽快感を感じることができるので、ドライブも他の車種以上に楽しむことができます。

また、小さなお子さんがいるのであれば、尚更ドライブが楽しくなるでしょう。

小さなお子さんから大人まで楽しむことができるのが、大型サンルーフ最大の魅力になるでしょう。

室内の開放感が良い

大型サンルーフを開閉することによって、開放感も感じることができるという部分に定評があります。

この開放感に魅力を感じ、装着する方がほとんどだそうです。

一度試乗車で体験した方は、ほとんど100%の方が装着しています。

写真だけでは伝わらない、乗ったからこそ味わうことができる開放感になります。

サンルーフを開けなくても開放感を味わうことができるので、天候に左右されず開放感を味わえるのが魅力的です。

RAV4サンルーフで報告されている異常

続いて、RAV4のパノラマムーンルーフで、報告されている以上について紹介していきます。

全部で3つあるので、これから購入を考えている方は事前にチェックしておきましょう。

  • 雨漏り
  • 異音

雨漏り

続いて、RAV4サンルーフの異常・トラブルの1つ目は雨漏りになります。

RAV4のサンルーフは、雨漏りするケースが多いです。

雨漏りについては、新車・中古車関係なくどの車種にも起こり得るトラブルだそうです。

直接的に水が滴るのではなく、天井にじんわり染みていくような雨漏りだそうです。

雨漏りが発生した際は、すぐにディーラーへ持っていくようにしましょう。

どこかの部品で異常が起きている確率が高いので、早めに見てもらうようにしましょう。

異音

続いてのトラブルは、異音になります。

サンルーフの開閉をする際に、『キシキシ』という異音がするケースがあるようです。

特に、段差の部分でのイオンが非常に多く、気になるという口コミが多く寄せられています。

人によっては、2、3回トラブルが発生する方もいるらしく、その都度修理しているようです。

この部分にも注意する必要があります。

気にならない方は大丈夫ですが、大抵の方が気になってしまうのでチェックしておくようにしましょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす