トヨタ

アルファードの人気グレード”SCパッケージ”を比較!値段や仕様など違いを紹介!

  • アルファードのグレード別の違いを知りたい方
  • アルファードの購入を検討している方
  • アルファードの人気グレードを知りたい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

アルファードは、展開されているミニバンの中で一番人気のある車種になっています。

一番人気になることによって、リセールバリューなども期待できる車種になっています。

そんな人気車種ですが、展開されているグレードの中で一番人気のあるグレードはどれなのでしょうか。

元々リセールバリューが高い車種ですが、グレードによってもその数値は異なります。

アルファード一番人気グレードにもなっている“SCパッケージ”について深く掘り下げていこうと思います。

これからアルファードの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

また、他グレードとの比較などもしていくので、違い点を確認したい方は参考にするようにしましょう。

↓『アルファードSCパッケージの見積もり書を紹介!費用を説明します』についての記事はこちら↓

アルファード
アルファードSCパッケージの見積もり書を紹介!費用を説明します アルファードの見積もりが気になる方 これからアルファードを購入しようとしている方 アルファードの費用が気になる方...

グレードの種類

まず初めに、アルファードで展開されているグレードの種類について紹介していきます。

アルファードに展開されているグレードは、全部で11個あります。

  • Xグレードの特徴
  • Gグレードの特徴
  • GFグレードの特徴
  • Executive Loungeグレードの特徴
  • Sグレードの特徴
  • SCパッケージグレードの特徴
  • SCグレードの特徴
  • HYBRID SRグレードの特徴
  • HYBRID GFパッケージグレードの特徴
  • Executive Lounge Sグレードの特徴

Xグレードの特徴

X

価格帯⇨3,597,000円〜

まず初めに紹介するグレードは、Xグレードになります。

こちらの車種は、一番購入しやすい価格帯で展開されています。

展開されているモデルとしては、ガソリンタイプとハイブリッドモデルの2種類です。

一番購入しやすいグレードということで、装備的にも他のグレードに劣る部分が多数あります。

  • 16インチのホイールで迫力を感じられない
  • シート素材がファブリックシート
  • 物足りなさを感じる二眼ヘッドライト

このような装備に物足りなさを感じてしまいます。

X内装

シート素材がファブリックシートになっていることによって、高級感を感じることができません。

しかし、このグレードは8人乗りモデルを選択することができます。

また、シート回転させ乗り降りのサポートをしてくれる7人乗りモデルなども展開されています。

実用性的に言えば、十分な装備になっているのが特徴的です。

アルファードならではの大型ミニバンをコスパ良く購入したい方にとっては、非常に魅力的なグレードになります。

Gグレードの特徴

G

価格帯⇨3,597,000円〜

続いてのグレードは、Gグレードになります。

Gグレードの位置付けとしては、上記で紹介したXグレードのワンランク上のグレードになります。

上記のXグレードとの違いは、以下の3つになります。

  • 17インチのホイール
  • 合成皮革のシート素材
  • フロントドアアームレスト装着
  • 運転席にはパワーシートを搭載

このような違い点になります。

G室内

これらの違い点があることによって、しっかり差別化されていることがわかります。

また、シート素材が合成皮革になることによって、アルファードならではの高級感も演出することができるでしょう。

十分な室内空間で高級感を感じながら、ゆったりくつろぎたい方にとっては、非常に魅力的なグレードになります。

GFグレードの特徴

GF

価格帯⇨5,202,600円〜

続いてのグレードは、GFグレードになります。

こちらのグレードは、3.5Lの迫力のある走破性を兼ね備えているのが特徴的なグレードになります。

GF室内

また、室内環境についても充実しています。

パワーリクライニングやオットマンなどが標準で装備されているので、後席の充実感も向上しています。

また、ステアリングヒーターなども装着されているので、乗る人だけでなく運転する人も考えられているグレードになります。

力強い走破性と室内環境の充実性両方を求める方にとっては、かなり魅力的なグレードになります。

Sグレードの特徴

S

価格帯⇨3,941,000円〜

続いてのグレードは、Sグレードになります。

Sグレード特徴的な部分は、フロントのデザインになります。

左右に分かれているメッキ部分のエアロボディが装着されています。

上記の3つのグレードとは、違ったデザイン性になっているのが特徴的です。

また、18インチの切削光輝とブラック塗装のホイールを選択することができます。

18インチにすることによって、迫力・インパクトのあるエクステリアのデザインに仕上がります。

S室内

シート素材としては、ファブリックシートとなり室内空間の高級感については失われてしまっています。

しかし、ブラックを基調としてデザイン性になっているので、上記のグレードよりも落ち着いた雰囲気になっているのが特徴的になります。

SCパッケージグレードの特徴

SCパッケージ

価格帯⇨4,681,600円〜

続いてのグレードは、 今回着目されているSCパッケージグレードになります。

SCパッケージグレードは、アルファードの中でも一番人気のあるグレードになっています。

展開されている位置付けとしては、Sグレードよりも標準装備の部分で充実しているという内容になります。

SCパッケージ 内装

大きな違い点としては、以下のような部分があります。

  • フロントドアアームレスト
  • ステアリングヒーターの装着
  • パワーシートの装備
  • 合成皮革のシート素材
  • エグゼクティブラウンシート

これらの違い点があります。

どれも高級感を演出するための装備になるため、室内環境の充実感は満足度の高い仕上がりになっています。

また、2列目のシートには折り畳みしきのサイドテーブルがあるので、実用性にも優れている車種になります。

一番人気グレードということもあり、コツを掴めば値下げが約50万円ほどできるグレードでもあります。

値下げのコツとしては、以下の記事にまとめてあるのでぜひ参考にしてください。

↓『【購入済】アルファード”SCパッケージ”の値引き額は50万!再現性のある交渉方法を紹介』についての記事はこちら↓

見積もり
【購入済】アルファード"SCパッケージ"の値引き額は50万!再現性のある交渉方法を紹介 アルファードの購入を検討している方 アルファードの値引き額を知りたい方 最大限の値引きをする方法を知りたい方 ...

SCグレードの特徴

SC

価格帯⇨5,277,600円〜

続いてのグレードは、SCグレードになります。

標準装備については、上記のSCパッケージと変わりがありません。

唯一の違い点としては、3.5Lモデルになっているという部分になります。

そのため、SCパッケージよりも力強走行をしてくれます。

SC室内

充実した室内環境に加え、圧倒的な走破性を兼ね備えているので、運転手も乗っている人も楽しめるグレードになっています。

HYBRID SRグレードの特徴

HYBRID SRグレード

価格帯⇨5,720,000円

続いてのグレードは、HYBRID SRグレードになります。

基本的には、ハイブリッドモデルのSグレードを基本としているグレードになります。

それに加えて、以下のような装備が追加になっています。

  • 後席のサンフェード
  • ブラックエクステンションの3眼ヘッドライト
  • LEDシーケンシャルターンランプ
  • ウェルカムパワースライドドア
  • 予約ロック機能

これだけの装備が充実しているグレードになります。

HYBRID SRグレード内装

装備されている装備的な部分で、レベルの高い仕上がりになっているので実用性に優れたグレードになります。

室内環境を向上させたい方は、SグレードではなくHYBRID SRグレードをオススメします。

もちろんハイブリッドモデルになるので、燃費の向上も期待できます。

HYBRID GFパッケージグレードの特徴

HYBRID GFパッケージ

価格帯⇨5,573,000円

続いてのグレードは、HYBRID GFパッケージグレードになります。

こちらのグレードは、17インチのアルミホイールや合成皮革などの装備が特徴的なグレードになっています。

HYBRID GFパッケージ内装

また、ステアリングヒーターや置くだけ充電などの装備も装着させることができるので、室内環境の充実さが向上しているグレードになります。

Executive Loungeグレードの特徴

Executive Lounge

価格帯⇨7,269,000円

続いてのグレードは、Executive Loungeグレードになります。

アルファードで展開されているグレードの中で、最上位グレードになるモデルになります。

とにかく高級感が、他のグレードとは異なる部分になります。

まずは、Executive Loungeの最上位グレードのみに装着される17インチのスパッタリング塗装のアルミホイールです。

細かいスポークが特徴的で、そのデザインはアルファードの迫力のある外装にぴったりのデザインになっています。

Executive Lounge室内

また、室内になると以下のような特徴的な部分があります。

  • プレミアムナッパ本革シート
  • メモリー+リセット機能付きのパワーリクライニング
  • 伸縮機能付きのパワーオットマン
  • 快適温熱シート
  • ベンチレーションシート
  • 読書灯
  • 13.3インチリアシートエンターテインメントシステム

こんなにも充実した装備が標準で装着されているので、他のグレードとしっかり差別化が図られているグレードになります。

どこに行くにも快適に過ごしたい方や最上位グレードならではの室内環境を味わいたい方にとっては、非常に魅力的なグレードになります。

Executive Lounge Sグレードの特徴

Executive Lounge S

価格帯⇨7,752,000円

続いてのグレードは、Executive Lounge Sグレードになります。

こちらのグレードのExecutive Loungeとの違い点は、フロントデザインの違いです。

エアロボディ専用のバンパーが追加になっているので、迫力のあるエクステリアデザインになっています。

Executive Lounge S内装

室内環境については、特に変化点がありません。

バンパー部分のデザインが少し変わるだけで、圧倒的な迫力が生まれています。

この部分こそが、アルファードならではの特徴になります。

SCパッケージと各グレードとの違い

続いて、人気グレードになっているSCパッケージと各グレードとの違いを紹介していきます。

各グレードとの違いがわかることによって、自分にどのグレードが合っているかわかります。

自分がアルファードに求めていることは何なのか、しっかり考えた上でアルファードを購入するようにしましょう。

  • Xグレードとの違い
  • GFグレードとの違い
  • Executive Lounge グレードとの違い

Xグレードとの違い

まず初めに、Xグレードとの違いを見ていきましょう。

それぞれの項目で見ていきます。

SCパッケージ Xグレード
価格 4,681,600円〜 3,597,000円〜
乗車人数 7名 7〜8名
シート素材 合成皮革 ファブリック
シートの種類 キャプテンシート 通常シート
燃費 10.6km/L〜 10.8km/L〜
ホイールサイズ 17〜18インチ 16インチ
ヘッドライト 三眼ヘッドライト 二眼ヘッドライト
フロントデザイン エアロ専用バンパー バンパーなし
排気量 2.5L 2.5L

上記の項目では、このような違いがあります。

その中でも大きな違い点は、価格帯になります。

Xグレードは、アルファードの中でも一番購入しやすいグレードになります。

アルファードのベースグレードとして展開されているので、装備については満足感を感じることができない方もいます。

Xグレードの特徴は、コスパ良くアルファードに乗りたい方向けになります。

SCパッケージと比較しても、エクステリア・インテリアの充実さと高級感が全く異なります。

どちらにしようか悩んでいる方は、購入前にしっかり現物を確認する必要があります。

GFグレードとの違い

続いて、GFグレードとの違いになります。

SCパッケージ GFグレード
価格 4,681,600円 5,202,600円〜
乗車人数 7名 7名
シート素材 合成皮革 合成皮革
シートの種類 キャプテンシート キャプテンシート
燃費 10.6km/L〜 9.9km/L〜
ホイールサイズ 17〜18インチ 17インチ
ヘッドライト 三眼ヘッドライト 三眼ヘッドライト
フロントデザイン エアロ専用バンパー バンパーなし
排気量 2.5L 3.5L

続いては、GFグレードとの違いになります。

大きな違い点は、排気量の部分になります。

SCパッケージが2.5Lに対して、GFグレードは3.5Lになります。

排気量が違うことによって、走破性に違いが出てきます。

GFグレードになることによって、非常に力強い走りをしてくれます。

ミニバンとは思えないほどの走破性を兼ね備えているので、SCパッケージよりも運転していてかなり楽しい車種になります。

それに伴って、価格帯もGFグレードの方が約60万円高くなっています。

Executive Lounge グレードとの違い

続いて、最上位グレードにもなっているExecutive Loungeとの違いになります。

SCパッケージ Executive Lounge
価格 4,681,600円 7,269,000円〜
乗車人数 7名 7名
シート素材 合成皮革 本革
シートの種類 キャプテンシート キャプテンシート
燃費 10.6km/L〜 10.2km/L〜
ホイールサイズ 17〜18インチ 17インチ
ヘッドライト 三眼ヘッドライト 三眼ヘッドライト
フロントデザイン エアロ専用バンパー バンパーなし
排気量 2.5L 3.5L

続いては、Executive Loungeとの違い点になります。

基本的には、全体的に異なります。

その中で注目してもらいたい部分は、インテリアのシート素材になります。

SCパッケージの合成皮革に対して、Executive Loungeは本革シートになります。

本革になることによって、乗り心地や座り心地が全然違います。

また、本革ならではの独特の病みつきになる匂いも注目すべきポイントです。

インテリアの高級感が全く異なるので、さすが最上位グレードといった部分になります。

一番安いグレードはXグレード

価格 3,597,000円〜
乗車人数 7〜8名
シート素材 ファブリックシート
シートの種類 通常シート
燃費 10.8km/L〜
ホイールサイズ 16インチ
ヘッドライト 二眼ヘッドライト
フロントデザイン バンパーなし
排気量 2.5L〜

続いて、それぞれの視点でアルファードのグレードを紹介していきます。

まずは、一番安いグレードになりますが、それはXグレードになります。

上記の部分でも紹介していますように、価格帯が一番安いのはXグレードの3,597,000円〜になります。

アルファードのベースグレードとして展開されているので、コスパだけを考えるのであればオススメできるグレードになります。

装備面を他のグレードと比較してしまうと、どうしても劣る部分があります。

しかし、大人数を乗せることができるので、実用性には優れている車種になります。

オプションが充実してるグレードはSCパッケージ

価格 4,681,600円〜
乗車人数 7名
シート素材 合成皮革
シートの種類 キャプテンシート
燃費 10.6km/L〜
ホイールサイズ 17〜18インチ
ヘッドライト 三眼ヘッドライト
フロントデザイン エアロ専用バンパー
排気量 2.5L

続いてオプションが充実しているグレードですが、それはSCパッケージになります。

SCパッケージは、車両本体価格と標準装備とのバランスが一番取れているグレードになります。

上記の部分でも触れている内容ですが、SCパッケージは一番人気のあるグレードになります。

その人気の理由は、以下のような装備が標準で備わっているからです。

  • シートが合成皮革
  • キャプテンシートのデザイン性
  • ステアリングヒーター
  • フロントドアアームレスト
  • パワーシート
  • 折りたたみ式のサイドテーブル
  • エアロ専用のバンパー

これらの装備がかなり魅力的なので、SCパッケージを購入する方が多いのです。

購入した際の満足度も非常に高いので、迷っている方はSCパッケージを購入すれば後悔することはないでしょう。

内装がかっこいいグレードはExecutive Lounge

価格 7,269,000円〜
乗車人数 7名
シート素材 本革シート
シートの種類 キャプテンシート
燃費 10.2km/L〜
ホイールサイズ 17インチ
ヘッドライト 三眼ヘッドライト
フロントデザイン バンパーなし
排気量 3.5L

内装がかっこいいグレードは、Executive Loungeになります。

内装がかっこいい車に乗りたい方は、このグレードにするべきです。

どのグレードよりも高級感が増しているデザインになっています。

シート素材が本革、キャプテンシートになっていることによって、乗り込んだ瞬間から満足度が全然違います。

また、読書灯や13.3インチのリアシートエンターテインメントシステムが備わっているので、走行中の快適性にも優れています。

リセールバリューが高いグレードはSCパッケージ

価格 4,681,600円〜
乗車人数 7名
シート素材 合成皮革
シートの種類 キャプテンシート
燃費 10.6km/L〜
ホイールサイズ 17〜18インチ
ヘッドライト 三眼ヘッドライト
フロントデザイン エアロ専用バンパー
排気量 2.5L

次にリセールバリューが高いグレードになりますが、それはSCパッケージになります。

リセールバリューを気にするのであれば、必ずSCパッケージを購入するようにしましょう。

このグレードは、アルファードの中でも一番人気のグレードになります。

SCパッケージの装備の充実さに魅力を感じ、中古車市場でもすぐに売り切れてしまうようなグレードになります。

それほど人気のあるグレードなので、リセールバリューが高いグレードになっています。

また、リセールバリューは購入するボディカラーによっても異なります。

人気色を購入することによって、リセールバリューが高くなる傾向にあります。

不人気色を購入してしまうと、数十万円もの差が出てしまうこともあるので、注意する必要があります。

↓『アルファードの人気色3選!!』についての記事はこちら↓

アルファードの人気色3選! 内装&外装は黒と白どちらがかっこいい? アルファードの人気色を知りたい方 アルファードのボディカラーを悩んでいる方 アルファードの内装色・外装色の口コミ...

走りやすいグレードはGFグレード

価格 5,202,600円〜
乗車人数 7名
シート素材 合成皮革
シートの種類 キャプテンシート
燃費 9.9km/L〜
ホイールサイズ 17インチ
ヘッドライト 三眼ヘッドライト
フロントデザイン バンパーなし
排気量 3.5L

次に走りやすいグレードになりますが、それはGFグレードになります。

走破性を重視したのであれば、GFグレードもしくはExecutive Loungeにするべきです。

どちらの車両とも3.5Lの排気量になっているので、どのグレードよりも走破性に優れています。

特にGFグレードは、内装の高級感を持ちながら3.5Lならではの走破性を持っています。

それに併せて、価格帯も購入しやすい価格になっています。

2.5Lと比較すると、全然違う車のように感じるのでかなり魅力的になります。

燃費が良いグレードはXグレード

価格 3,597,000円〜
乗車人数 7〜8名
シート素材 ファブリックシート
シートの種類 通常シート
燃費 10.8km/L〜
ホイールサイズ 16インチ
ヘッドライト 二眼ヘッドライト
フロントデザイン バンパーなし
排気量 2.5L〜

燃費が良いグレードになりますが、それはXグレードになります。

こちらのグレードは、価格帯が安いだけでなく維持費の面もしっかり考えられています。

走破性の力強さは十分ですが、それに加えて燃費もかなり期待できるグレードになっています。

ベースグレードでありながら、燃費も期待できるグレードになるので、車に費用をかけたくない方にもオススメできます。

デザイン性・スペックには拘らず、費用の部分のみを考えるのであれば、絶対にXグレードにするべきです。

売れ筋が悪いグレードはExecutive Lounge

価格 7,269,000円〜
乗車人数 7名
シート素材 本革シート
シートの種類 キャプテンシート
燃費 10.2km/L〜
ホイールサイズ 17インチ
ヘッドライト 三眼ヘッドライト
フロントデザイン バンパーなし
排気量 3.5L

次に売れ筋の悪いグレードになりますが、それはExecutive Loungeになります。

最上位グレードということもあり、売れ筋的には一番少ないグレードになっています。

このグレードについては、以下のような口コミも寄せられています。

  • 「そこまでの高級感をアルファードに求めていない。」
  • 「ミニバンにしては価格が高すぎる….。」
  • 「あまり使用しない装備がある。」

もちろん、高級感で言えば一番ですが、それほどアルファードに求めていない方が多いようです。

芸能人や移動用の車として購入する方が、このグレードを選択する傾向になります。

家族の車として購入する方は、他のグレードを選択する傾向にあります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす