スバル

新型フォレスターのサンルーフを紹介!デメリットや後悔した点は

  • 新型フォレスターの購入を検討している方
  • フォレスターのサンルーフが気になる方
  • サンルーフのデメリットを知りたい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

サンルーフは、SUVやセダン・ミニバン車などに適用されているオプションになります。

視界が良好になったり、上からの爽快な風に釘付けになり、かなり魅力的なオプションになります。

そこで今回は、新型フォレスターに着目していきます。

新型フォレスターのサンルーフはどのような仕様になっているのでしょうか。

これから新型フォレスターを購入しようとしている方は、サンルーフをつけるか迷う部分になります。

今後どうするか悩んでいる方は、この記事を参考にして結論を出すようにしましょう。

↓『新・旧スバルフォレスターの人気色6選!ダサい不人気色も紹介』についての記事はこちら↓

新・旧スバルフォレスターの人気色6選!ダサい不人気色も紹介 フォレスターのボディカラーに悩んでいる方 フォレスターの不人気色を知りたい方 フォレスターの人気色を知りたい方 ...

↓『レヴォーグは買って後悔・失敗する?煽られそうな欠点やデメリットを紹介』についての記事はこちら↓

レヴォーグ
レヴォーグは買って後悔・失敗する?煽られそうな欠点やデメリットを紹介 レヴォーグを購入しようか悩んでいる方 レヴォーグの後悔点を知りたい方 レヴォーグの欠点を知りたい方 今...

新型フォレスターのサンルーフのサイズは?

サイズ

まず初めに、新型フォレスターのサンルーフのサイズについてです。

サンルーフのサイズ感は、車種によって異なります。

新型フォレスターのサイズは、以下のようになっています。

◉新型フォレスターのサンルーフサイズ◉

奥行き⇨約600mm

横幅 ⇨約680mm

上記のサイズを見る限りでは、大型のサンルーフ仕様になっています。

実際に、現物を見てみると前席から後席に渡り、どの席に座っていても楽しめるようなサイズ感になっています。

他の車種のサンルーフになると、前席しか景色を楽しめることができなかったり、後席は開放感を味わうことができなかったりします。

しかし、フォレスターのサンルーフは違います。

前席から後席につながっている大型サンルーフになっていることで、後席の方でも開放感を味わうことができます。

新型フォレスターのサンルーフのサイズを見る限りでは、かなり魅力的なサイズ感になります。

大型サンルーフになっていることで、気になるのは価格になります。

価格については、以下の段落で紹介していきます。

新型フォレスターサンルーフの価格は?

価格

続いて、新型フォレスターのサンルーフの価格について紹介していきます。

新型フォレスターのサンルーフの価格は、以下のようになっています。

新型フォレスターのサンルーフ価格⇨54,000円

大型サンルーフになっているのにも関わらず、そのオプション価格は、54,000円になっています。

かなりコスパが良いように感じます。

他のサンルーフの価格は、いくらになっているのか見てみましょう。

【アルファード】
サンルーフのオプション価格⇨121,000円

【RAV4】
サンルーフのオプション価格⇨144,000円

【RX】
サンルーフのオプション価格⇨187,000円

これだけの価格になります。

しかし、新型フォレスターを見てみると、54,000円になるので5万円以上もの価格差があります。

機能については、少し劣る部分がありますが見た目のサンルーフだけ考えれば、非常にコスパの良いオプションになります。

大型サンルーフになると、金額は高くなる傾向にあります。

しかし、これだけのコスパの良さを実現できているので、予算内なのであればオプションとしてつけた方が魅力的な車に仕上がるのではないでしょうか。

↓『【RAV4】サンルーフの特徴を紹介!パノラマムーンルーフは必要?』についての記事はこちら↓

【RAV4】サンルーフの特徴を紹介!パノラマムーンルーフは必要? RAV4の購入を検討している方 サンルーフのオプションに悩んでいる方 RAV4のパノラマムーンルーフが気になって...

新型フォレスターのサンルーフの機能は?

機能

続いて、新型フォレスターサンルーフの機能についてです。

新型フォレスターのサンルーフ機能は、どのような機能が搭載されているのでしょうか。

機能的な面で言うと、非常にシンプルになります。

それは、サンルーフが前後にスライドするのみになります。

この部分については、不満を感じる部分になります。

他の車種のサンルーフなどは、チルドアップ機能が採用されています。

◉チルドアップ機能とは….??◉

チルドアップ機能

チルドアップ機能とは、上記のような機能になります。

サンルーフの後方だけが上がることによって、車内の換気などが定期的にできるようになります。

この機能が新型フォレスターのサンルーフには備わっていないのです。

チルドアップ機能が備わってないからこそ、上記のようなコスパの良い価格を実現できているのではないでしょうか。

この機能については、使用する方が多くいたため、がっかりする声も多いようです。

新型フォレスターサンルーフの欠点・後悔した点

続いて、新型フォレスターサンルーフの欠点・後悔した点について紹介していきます。

実際にユーザーから挙げられた声を紹介していきます。

  • チルドアップ機能がついていない
  • 車内が暑くなりやすい
  • 故障した時の修理代が高かった 

チルドアップ機能がついていない

1つ目の後悔した点としては、上記でも触れましたが、チルドアップ機能が備わっていないという内容になります。

この機能を使用するユーザーはたくさんいます。

主に、以下ような用途で使用するようです。

  • 効率よく空気の換気ができる
  • 車内に光を取り込む
  • サンルーフを全開にしないで換気する
  • 誰でも簡単に開閉できる 

このような用途して使用するようになるので、これが使えないとなると不満を感じる方も多くいます。

その反面、54,000円という「低コスパだから仕方がない」という声を挙げる方もいらっしゃいました。

この機能についてもう少し知りたい方は、現物を確認する必要がありそうです。

車内が暑くなりやすい

暑い

続いての後悔した部分は、車内が熱くなりやすいという内容になります。

この部分については、サンルーフのデメリットの部分になります。

サンルーフを車に設置すると、屋根の厚さが若干薄くなってしまいます。

通常の車は、1枚の厚いボディになっています。

それに対してサンルーフ仕様になると、サンルーフとその下に室内と手動の同色カバーがあり合計2枚の層になっています。

実質太陽の光を遮断しているのは、室内の手動のカバーのみになるので明らかに薄いことがよくわかります。

そのため、光を遮断していてもジワジワと光の暑さが、室内に伝わってきてしまうのです。

気温の高い夏場なんかになると、室内の温度は30度以上になることも全然あります。

地域によっては、サウナ状態になることもありますので注意する必要があります。

この部分については、購入前にしっかりチェックしておく必要があります。

故障した時の修理代が高かった 

続いての後悔した部分は、故障した時の修理代が高いという内容になります。

結論から言うと、サンルーフの修理代はかなり高いです。

その理由は、以下のような部分があります。

  • 電気信号で開閉する仕組みになっている
  • ボタン1つでの操作内容になっている
  • 特殊なガラスを使用している 

これらのことが挙げられます。

そのため、万が一故障した際は修理代が高くなるということを頭に入れておく必要があります。

その修理費ようについては、車種によって異なります。

また、故障する内容についても異なります。

電気系の故障であれば、20万円ほどの修理費用になる可能性も十分にあり得ます。

それほどの費用がかかる可能性があるので、あまり雑に扱わない方が良いと考えます。

新型フォレスターサンルーフをつけるべき人

次に、新型フォレスターのサンルーフをつけるべき人はどのような人なのでしょうか。

上記の部分で、新型フォレスターのサンルーフについて紹介してきました。

上記のポイントを踏まえて、以下のような方々は新型フォレスターのサンルーフをつけるべきだと考えます。

  • 景色を楽しみながらドライブをしたい方
  • 室内の圧迫感をなくしたい方
  • 常に開放感を味わいたい方
  • コスパの良いオプションをつけたい方
  • リセールバリューを高くしたい方

新型フォレスターを上記のような感覚で乗りたい方は、ぜひサンルーフを選択するべきです。

サンルーフは、魅力的な部分がたくさんあります。

爽快なドライブができたり、外の景色を見ながらドライブできたりとメリットとなる部分がたくさんいます。

大人だけでなく、子供はもっとテンションが上がるに違いありません。

また、開放感なども感じることができるので、かなりおすすめするオプションになります。

しかし、一番注目すべき部分は、5つ目のリセールバリューが高いということです。

サンルーフをつけることによって、車を売却する際の価格が大幅に上がります。

車種によっては、数十万円もの差があるとも言われています。

それほどサンルーフは人気のオプションになります。

このオプションがついているだけで、売却する際の価格が上がるのでコスパ的にも非常に良いと考えます。

新型フォレスターサンルーフは欲しい?

上記のような内容を踏まえると、新型フォレスターのサンルーフは非常にオススメのオプションになります。

大型サンルーフになっていることによって、車内のどの席に座っても爽快なドライブを楽しむことができます。

外の景色を見ながら、楽しむことができるので車内に座っていても快適に過ごすことができるでしょう。

新型フォレスターのサンルーフは、チルドアップ機能がついておらず、がっかりする方も多いです。

しかし、オプション価格が54,000円と他の車種に比べるとコスパの良い価格帯になっているので、満足する方も非常に多いです。

他の車種は、サンルーフをつけるだけで10万円以上はしてくるので、その部分については差別化されていると考えます。

また、サンルーフを装着させることによって、リセールバリューなどにも響いてきます。

より高い価格で売却したい方は、サンルーフは必須のオプションになるので、積極的に装着した方が良いです。

↓『フォレスターのセピアブロンズはダサい?理由と他の人気な色を紹介!』についての記事はこちら↓

フォレスターのセピアブロンズはダサい?理由と他の人気な色を紹介! フォレスターのセピアブロンズが気になっている方 フォレスターの購入を検討している方 フィレスターのボディカラーに...

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす