トヨタ

新型ノアの評価・口コミを紹介!走行性や内装・燃費はどう?

  • これからノアの購入を検討している方
  • どのミニバンを購入しようか悩んでいる方
  • ファミリーカーが欲しいと考えている方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

トヨタから展開されているミニバンタイプのノアは、非常に人気のあるファミリーカーになります。

昔から人気のあるファミリーカーで、過去に購入した方も多いのではないでしょうか。

2022年には、新型モデルも登場されるということで、近年注目すべき車の1台になっています。

そんなノアですが、トータル的な評価は一体どのようになっているのでしょうか。

人気があるとは言っても、もちろん人によっては印象が悪いという方も多くいます。

他にもたくさんのミニバンタイプの車が展開されているため、どのミニバンタイプの車を購入するか悩む方がいると思います。

そんな方のために、今回はノアについて深掘りしていこうと思いますので、ぜひ参考にしてください。

ノアが向く人・向かない人についても後半の部分で紹介していくので、しっかり考えるようにしましょう。

↓『ノアの人気色・不人気色なボディカラー7選!!』についての記事はこちら↓

トヨタ ノアの人気色&不人気色なボディカラー7選!不人気なのはボルドーマイカメタリック ? トヨタのノアの購入を検討している方 ファミリーカーの購入を検討している方 ノアのボディカラーに迷っている方 ...

新型ノアの基本情報

ノア
年式 2001年〜
車名 ノア
駆動方式 前輪駆動・四輪駆動
装着タイヤ 15インチ〜16インチ
排気量 1,797cc
最高出力(エンジン)
kW(PS)/r.p.m.
152ps(112kW)/6100rpm
最大トルク(エンジン)
N・m(kgf・m)/r.p.m.
19.7kg・m(193N・m)/3800rpm
色の種類 10種類
全長 4,710mm
全幅 1,730mm
全高 1,825 mm
車両重量 2,040kg
価格(税込) 2,556,400円〜
燃費 19.8km/L〜

ノアのライバル車

まず初めにノアのライバル車を紹介していきます。

  • 日産 セレナ
  • 三菱 デリカD-5
  • ホンダ ステップワゴン 

1台ずつ紹介していきます。

日産 セレナ

セレナ
車種名 セレナ
乗車定員 7〜8名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,685-4,770 mm x 全幅 1,695-1,740 mm x 全高 1,865-1,875 mm
燃費 15.0km/L〜
新車価格 2,444,000円〜
5年落ちリセールバリュー 75%
  • 燃費重視で維持費があまりかからないミニバンタイプ
  • 車にお金をかけたくない家族向けのファミリーカー
  • エクステリアのデザインの評価が非常に高い車種

特徴

燃費重視の車で、維持費が全然かからないミニバン車になります。

ミニバンタイプの車はどうしても維持費がかかってしまう印象があります。

その中でもセレナは、あまり維持費がかかりません。

燃費がミニバンの中でもトップクラスの数値になっているのと、その上車両本体価格があまり高くないことからコスパがかなり良いです。

また、コスパだけではなく、エクステリアなどのデザインにも定評があるので、購入しても満足度がかなり高い車種になります。

ミニバンに迷った方は、セレナを選択することで間違いなく満足するでしょう。

三菱 デリカD-5

デリカ
車種名 デリカD-5
乗車定員 7〜8名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,800 mm x 全幅 1,795 mm x 全高 1,875 mm
燃費 7.97km/L〜
新車価格 3,914,000円〜
5年落ちリセールバリュー 59.8%
  • どんな悪路でも走行できるミニバンタイプ
  • 山道にかなり強い車種
  • ミニバンタイプの中で走破性が一番高い

特徴

山道の走行には、最適なミニバン対応の車種になります。

ミニバンタイプの車になると、一見街乗りのみで使用されている印象があります。

しかし、デリカが街乗りよりも山道の方が快適に走行することができます。

砂利などの悪路の走破性がかなり高いので、走行性については満足感がかなり高いです。

砂利道などの走行が多い方は、デリカにした方が良さそうです。

しかし、燃費が他のミニバンと比べて低い数値になっているので、注意する必要があります。

ホンダ ステップワゴン 

ステップワゴン
車種名 ステップワゴン
乗車定員 7名
全長×全幅×全高(mm) 全長4760 mm x 全幅1695 mm x 全高1825 mm
燃費 15.0km/L〜
新車価格 2,715,000円〜
5年落ちリセールバリュー 53%〜
  • コスパが非常に良く、ファミリー向けの車種
  • 後席などの実用性がかなり高い
  • 価格面や燃費などを考えると一番コスパが良い

特徴

続いての車種は、ステップワゴンになります。

上記の2台と比較すると、一番ノアに似ている車種になります。

ステップワゴンは、実用性がかなり高いです。

特に後席の実用性が高いです。

トランクの開け方には2通りあり、荷物の大きさによって開け方を変化させることができます。

子育て中の方は荷物の出し入れが非常に多くあることから、ステップワゴンの使い勝手は非常に良いという口コミも多いです。

燃費の評価

続いて、ノアの燃費についての評価について深掘りしていきます。

ネットに記載があった口コミを元に紹介していきます。

全体的に見ると、ハイブリッドモデルではないモデルについては燃費が悪いようです。

燃費が良くても1桁ほどの数値になっているので、あまり良いとは言えないでしょう。

  • 夏の街乗りだと5もしくは6km/L
  • 街乗りが12km/Lであまり高くない
  • 12km/Lと割り切って乗っている

夏の街乗りだと5もしくは6km/L

燃費は悪いです。
夏だと5とか6くらい、冬は6ちょいくらいだったかな?
チョイ乗りばかりなので悪いですが、遠出をすると9くらいまでは伸びたような…

他の車種と比較すると、かなり低い数値になっています。

遠出をするとある程度伸びるようですが、街乗りだとかなり低い数値になります。

ミニバンタイプでこのくらいの数値になると、維持するのにもお金がかかってきてしまいます。

街乗りが12km/Lであまり高くない

街乗り12と、今はスロコンつけて出てますが、付けてない時は、8〜9くらいで良くはないです😓

こちらの方は、街乗りで12km/Lと2桁の数値になっています。

乗り方によって異なるようですが、ミニバンタイプであればもう少し高い数値であって欲しいと思います。

ノアのライバル車でもあるセレナの方が安定して2桁の燃費になっているので、維持はかなりしやすいでしょう。

12km/Lと割り切って乗っている

リッター12くらいだと思いますが、こんなものだろうと思ってます。むしろ割りと良いのでは😃

むしろ燃費が悪いと割り切って乗る方もいます。

ノアは、実用性が非常に高い車です。

その実用性に惚れ込んで購入する方が多くいるようです。

そのため、燃費は悪い前提で購入しているそうです。

燃費が良くなるような運転はしますが、それでも12km/Lくらいになるので、燃費が悪いと割り切るのも1つの方法ですね。

走行性の評価

続いて走行性の評価になります。

走行性の評価は、かなり満足している方が多くいます。

走行性には価格以上の満足度があるようなので、魅力的に感じること間違いなしでしょう。

  • 街乗りでも山道でも最適の乗ることができる
  • 2WDの割には力のある走行性
  • 走行性を向上させるための工夫を追加

街乗りでも山道でも最適の乗ることができる

走行性については、かなり満足度が高い口コミが寄せられています。

ノアのサイズのミニバンタイプにしては、非常に高いレベルになっているようです。

流石に坂道や山道などになると、エンジン音がうるさくなる傾向にあるようですが、それでも満足度が高いという結果になっています。

2WDの割には力のある走行性

まだ長距離は乗っていないがシッカリしている感じ
重いのでかったるいかな?と思っていたが以外と力がありそう。

2WDの割には力のある走行性になっています。

最初は、物足りなさを感じると思っていましたが、実際に乗ってみるとそんなことはないようです。

むしろ2WDでも全然問題ないくらいの満足度になっているので、心配する必要はなさそうです。

走行性を向上させるための工夫を追加

ミニバンなので走りはあまりよくないですが、一応フロアバーとリアピラーバーを入れていますので多少はいいはず。

純正でももちろん走行性は良いですが、それ以上によくするために1つ工夫を取り入れている方もいるようです。

こちらの方は、フロアバーとリアピラーパーをカスタムしております。

そうすることで、純正以上に乗り心地は良い車に仕上がります。

ノアが向いている人

まる

続いてノアが向いている方について紹介していきます。

ノアが向いている方は、以下のような方になります。

  • 維持費よりも内装の快適性を求めている方
  • 車両本体価格が高くないファミリーカーに乗りたい方
  • 内装の座席シートを自由に動かしたい方

このような方にとっては、ノアは向いている車種になります。

維持費は他のファミリーカーと比較すると、比較的かかる車種になっています。

その違い点としては、燃費の違いです。

ライバル車の日産のセレナだと、燃費は余裕で2桁は超えてきます。

そんな車種がライバル車にいるため、燃費1桁台のノアは維持費が安いとは言えないでしょう。

しかし、内装の快適性についてはかなりレベルの高い状態にあります。

後席の座席シートなども自由自在に動かすことができるので、場面によって変化させることができます。

実用性がかなり高いのが、ノアの特徴でもあるので、ファミリーカーを楽しみたい方にとっては魅力的な車になります。

ノアが向いていない人

ばつ

続いてノアが向いていない方の特徴についてです。

以下のような方は、ノアが向いてないので注意する必要があります。

  • 維持費が安いファミリーカーに乗りたい方
  • 車にできるだけ費用をかけたくない方
  • ファミリーカーで山道などを多く走行する方 

このような方は、ノアは向かないので注意する必要があります。

上記でも少し触れていますが、ノアの燃費はかなり悪い数値になっています。

そのことから、ガソリン代が他のファミリーカーよりも多くかかってしまうことになります。

ガソリン代にお金をかけたくない方は、ノアを選択しない方が良さそうです。

また、走行面の視点から見ると、山道などの走行にはあまり向いていません。

ノアは街乗りを想定されて開発された車になるので、山道を多く走行する方は選択しない方が良いです。

ファミリーカーで山道を走行したいと考えている方は、ライバル車の三菱 デリカD-5を購入すると満足度がかなり高くなります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす