日産

セレナを買って後悔することは坂道走行に弱い!?e-powerの欠点を徹底解説!

  • これからセレナを購入しようとしている方
  • セレナの後悔点を知りたい方
  • 現在ミニバン車を検討している方

今回は、このような方にとっての記事になります。

日産から展開されているセレナは、他のミニバンの中でも非常に評価を高めている車になります。

乗り心地はもちろんのこと、燃費や車内の快適性などを見てもかなり優れている車種になります。

日産ならではのe-power性能も兼ね備えていることから、燃費の部分にも定評がある車になります。

そんな大人気のミニバン車になっているセレナですが、欠点や後悔点はどこにあるのでしょうか。

一見あまり欠点がないように見えますが、 実際に乗ってみると見えてくる部分もあります。

そこで今回は、セレナの後悔点を紹介していきます。

車を購入するということは、大金を支払うということです。

大金を支払って後悔してしまっては、その車を嫌いになってしまう可能性があります。

そうならないためにも、しっかり事前に調べておく必要があります。

事前にセレナのことをチェックし、自分に向いているのかどうかをチェックするようにしましょう。

乗り心地から見るセレナの後悔する点

まず初めに、乗り心地の面から見るセレナの後悔点になります。

ミニバン車にとって、乗り心地の部分は非常に重要な部分になります。

家族や友人を頻繁に乗せる方が、ミニバン車を購入します。

使用する上で、乗り心地が悪くては満足感を得ることもできません。

セレナの乗り心地の面で後悔する部分は、しっかりチェックするようにしましょう。

  • 風切り音が気になる
  • シートが柔らかすぎる 

風切り音が気になる

乗り心地の面から見る後悔点の1つ目は、風切り音が気になるという内容になります。

セレナに乗ってみるとわかりますが、非常に風切り音が気になります。

そんなに大きい音ではありませんが、車内が静かだとある程度聞こえてしまう音量になっています。

そのため、車内の声やオーディオなどが聞こえないというわけではありません。

車内で会話をしていたり、音楽を聞いていれば特に気になることはありません。

風切り音が聞こえてしまう原因として、静粛性の高さが挙げられます。

セレナにはe-powerが搭載されており、走行中は非常に静かに走行します。

見通しの悪い道路から出てくるのが気づかないくらい静かなので、見方を変えると「危ないのでは…??」と感じるほどです。

それほど静粛性に優れていることから、風切り音が聞こえてしまうということがあります。

シートが柔らかすぎる 

続いての内容は、シートが柔らかすぎるという内容になります。

セレナのシートは、非常に柔らかい素材になっています。

シートが柔らかいことは、一見メリットのように見えます。

もちろん、突き上げ衝撃の軽減や座りやすいという部分があります。

しかし、下記のようなで欠点もあります。

  • 横揺れが気になる
  • 乗り降りがしにくい
  • 身動きが取りにくい

メリットがある反面、このような欠点があることも理解しておく必要があります。

乗り心地の良い車に乗りたい方にとっては、不満に感じる可能性が高いです。

この点については、試乗の際にチェックするようにしましょう。

運転のしやすさから見るセレナの後悔する点

次に、運転のしやすさから見る後悔点になります。

運転のしやすさから見る後悔点は、どのような内容があるのでしょうか。

ミニバン車にとって、乗り心地の次に重要なのが運転のしやすさになります。

運転のしやすさを重要視している方は、是非チェックするようにしましょう。

  • e-powerは坂道に弱い
  • 肩に負担が掛かる

e-powerは坂道に弱い

運転のしやすさから見る後悔点の1つ目は、e-powerは坂道に弱いという内容になります。

e-powerは、一見非常に魅力的な装備に見えますが、欠点となる部分もあります。

欠点の1つとして、坂道に弱い部分です。

e-powerは、平坦な道や下り坂を走行する分には特に不満のない装備になります。

しかし、坂道になるとバッテリーを一気に消費することになります。

そうなれば当たり前ですが、バッテリーがどんどん減ってきて走りが遅くなっていきます。

そのため、坂道での走行では不満を感じる方も多くいらっしゃいます。

この坂道も、短い距離であれば問題ありません。

長い坂道になると、どんどんパワー不足を感じるようになってくるので事前に頭に入れておくようにしましょう。

坂道が多い市街地や山道の走行する方は、チェックする必要があります。

肩に負担が掛かる

続いての内容は、肩に負担がかかるという内容になります。

こちらの内容は、人によって感じ方が変わる可能性があります。

上記の方は、運転のしにくさを指摘しており、ヘッドレストの関係で肩に負担がかかるようです。

車の種類によって、ヘッドレストや座席などの特徴は大きく異なります。

座席の合う・合わないについては、人によって異なると考えます。

ここで重要なのは、自分に合った車を選択するということです。

そのためには、下記のようなことをする必要があります。

  • 何回もセレナを試乗する
  • 運転席の座り心地やハンドルの位置を要チェック
  • 数分の試乗ではなく、数十分試乗してみる 

最低限、上記の内容は事前にチェックする必要があります。

運転のしやすさの部分は、試乗しないとわからない部分がいくつもあります。

しっかり運転がしやすいのかどうかを確認するためにも、何回も試乗はする必要があります。

実用性から見るセレナの後悔する点

次に、実用性から見るセレナの後悔点になります。

実用性から見るセレナの後悔点は、どこにあるのでしょうか。

セレナは、一般道や夏場使用する分には不満のない実用性になっています。

しかし、少し環境が変わるだけで欠点となる部分があるので注意が必要です。

その点についてもしっかりチェックするようにしましょう。

  • 高速走行の実燃費が悪い
  • 乗り降りがしにくい
  • バッテリー交換の維持費がかかる

高速走行の実燃費が悪い

実用性の面から見る後悔点の1つ目は、高速走行の実燃費が悪いという内容になります。

高速道路の走り方にもよりますが、高速道路の実燃費で部分で後悔してしまうことが多いです。

上記の方は、高速走行時の実燃費は10km/L前後となっています。

他の方の口コミを見ても、実燃費が10km/L〜16km/Lの間くらいになっています。

一見、あまり燃費が悪いようには見えません。

しかし、ライバル車と比較すると実燃費の悪さがよく分かります。(HV車で比較)

車種名 高速道路走行時の実燃費
日産 セレナ 10.0km/L〜16.0km/L
ホンダ ステップワゴン 16.0km/L〜18.8km/L
トヨタ ノア 18.8km/L〜19.7km/L

ライバル車の高速走行時の実燃費は、このようになっています。

これだけの差があることから、高速道路走行時の実燃費の部分はライバル車に劣っていることが分かります。

実燃費は、車を維持する上で重要な部分になるので事前に確認するようにしましょう。

乗り降りがしにくい

続いての内容は、乗り降りがしにくいという内容になります。

セレナは、他のミニバン車と比較して乗り降りの高さが高い車になります。

他のライバル車との高さの違いは、下記のようになります。

車種名 車の高さ
日産 セレナ 440mm
ホンダ ステップワゴン 390mm
トヨタ ノア 370mm

これほどの違いがあります。

数値だけで見ると、こんなもんかと思うかもしれません。

しかし、足腰が悪い方やお子さんにとっては大きな差になってきます。

乗り込みのしやすさやおりやすさでは、高さが低い方がしやすいです。

乗る人によっては、高さが低いミニバン車を比較した方が良い可能性もあるので注意が必要になります。

バッテリー交換の維持費がかかる

続いての内容は、バッテリー交換の維持費がかかるという内容になります。

この内容は、セレナに搭載されているe-powerのデメリットの部分でもあります。

セレナにはバッテリーが、駆動用とe-powerの2種類があります。

セレナの駆動用バッテリーには、リチウムイオン電池が使用されています。

リチウムイオン電池は、プリウスやアクアなどに使用されていたニッケル水素電池よりも性能が良いです。

今回交換の対象となっているのは、e-powerのバッテリーになります。

乗る頻度や走行距離にもよりますが、3年〜5年の間に1度交換する可能性があります。

そのため、人によっては車検のたびに交換することも出てくるようです。

このような維持費の部分もしっかり確認する必要があります。

デザインから見るセレナの後悔する点

続いて、デザイン性から見るセレナの後悔点になります。

デザイン性から見るセレナの後悔点は、どこにあるのでしょうか。

セレナのデザイン性は、他のミニバン車とは違ったデザイン性になります。

魅力的に感じる方もいる一方で、人によっては後悔してしまう方もいます。

デザイン性についても、下記のような視点でしっかり現車を確認するようにしましょう。

  • フロントデザインで好みが分かれる
  • 内装デザインが安っぽい

フロントデザインで好みが分かれる

デザインから見る後悔点の1つ目は、フロントデザインで好みが分かれるという内容になります。

セレナのフロントデザインは、他のミニバン車には内容なデザイン性になっています。

日産独自のデザイン性になっているので、人によって好みが分かれます。

人によっては、下記のように感じる方もいるようです。

  • 「フロントのデザインが派手すぎる。。。」
  • 「日産車は全部同じようなデザイン。」
  • 「ミニバン車として、落ち着きが感じられない。。。」

このように感じる方は、セレナのフロントデザインはあまり向いていません。

このような方は、セレナのライバル車であるステップワゴンのようなシンプルなデザインの方が好みかもしれません。

ミニバン車を検討する場合は、ライバル車のデザイン性などにも目を向けるようにしましょう。

内装デザインが安っぽい

続いての内容は、内装デザインが安っぽいという内容になります。

セレナの内装は、高級感をあまり感じないデザイン性になっています。

ミニバン車として使用する分には問題ありませんが、満足感をあまり感じることができません。

実用性にプラスして、内装の高級感や満足感を求めているのであればワンランク上のミニバン車を選択する必要があります。

ワンランク上のミニバン車というのは、下記の車種になります。

  • トヨタ アルファード
  • トヨタ ヴェルファイア
  • 日産 エルグランド 

ミニバン車に求めるスペックによって、購入するミニバン車も変わってきます。

どういうミニバン車であれば満足できるのか、再度チェックするようにしましょう。

しかし、ワンランク上のミニバン車と言っても気になる点はいくつかあります。

そちらの内容も理解した上で、ミニバン車の購入を検討するようにしましょう。

↓『アルファードを買って後悔したことは運転が難しい!無理して購入する車ではない』についての記事はこちら↓

アルファードを買って後悔したことは運転が難しい!無理して購入する車ではない アルファードの購入を検討している方 アルファードで後悔した点を知りたい方 アルファードが欲しいと思っている方 ...

それでもセレナを買って良かったという意見・口コミ

上記のところでセレナの後悔点を挙げましたが、それでもセレナを購入して良かったという口コミを紹介していきます。

セレナは、いくつかの後悔点がありますが非常に魅力的な車です。

デザイン性・燃費・乗り心地・価格帯などの視点で考えると、バランスが取れている車です。

そのため、セレナを購入して満足している方も数多くいらっしゃいます。

  • ミニバンとしての実用性が高い
  • 静粛性が改善されている
  • 見切れが良く運転しやすい

ミニバンとしての実用性が高い

セレナを購入して良かったと感じる内容の1つ目は、ミニバンとしての実用性が高いという内容になります。

セレナは、ミニバン車としての実用性が非常に高い車です。

そう感じる理由は、下記のようになります。

  • 市街地での十分すぎる実燃費
  • サイズも大きすぎず運転がしやすい
  • 車内が広くて大満足
  • 性別・年齢関係なく誰にでも似合うデザイン性 

セレナは、このような魅力的な部分があります。

セレナはミニバン車ということで、基本的に家族車として使用されることが多いです。

家族車として使用する上で、重要になるのが燃費になります。

家族で旅行や子供の送迎時などに、ミニバン車を使用するはずです。

そういった場面では、セレナが非常に最適なミニバン車だと考えます。

静粛性が改善されている

続いての内容は、静粛性が改善されているという内容になります。

現在展開されているセレナは、後期モデルになります。

前期モデルの欠点としては、静粛性があまり良くないなどの口コミが多く寄せられています。

しかし、そこ点については後期モデルでしっかり改善されています。

その静粛性は、セレナが横を通っても全く気づかないほどの静粛性になります。

音が静かすぎて逆に危ないという意見もありますが、それほど静粛性に優れています。

そのため、静かなミニバン車に乗りたい方にとっては魅力的な車になります。

静粛性に優れている後期モデルに対して、前期モデルは静粛性に優れていません。

中古車などを検討している方は、静粛性の違いについても理解しておくようにしましょう。

見切れが良く運転しやすい

続いての内容は、見切れが良く運転がしやすいという内容になります。

セレナの運転席に乗ってみると分かりますが、死角が少なく誰でも広い視野を確保することができます。

運転視線も高いことで、非常に運転がしやすい車になっています。

ミニバン車は、ボディサイズが大きいことで下記のように言われることがよくあります。

  • 「ミニバン車は大きすぎるから運転しにくい。。。」
  • 「ボディサイズが大きすぎて、通れる道が限られる。」
  • 「運転席からの死角が多すぎる。。。」

このような意見が挙げられます。

しかし、セレナの場合はあまり上記には該当しません。

死角に少なく、誰が乗っても広い視野を確保することができます。

運転のしやすいミニバン車を探している方は、非常に魅力的な車になります。

セレナが向いている・似合う人

続いて、セレナが向いている方を紹介していきます。

セレナが向いている方は、どのような方になるのでしょうか。

下記の内容に該当する方は、セレナが向いている方になります。

購入するための1つの材料として、事前にチェックするようにしましょう。

  • e-powerの走行性を気に入っている方
  • 静粛性の高い車に乗りたい方

e-powerの走行性を気に入っている方

続いての内容は、e-powerの走行性を気に入っている方になります。

e-powerは、日産が独自で開発したシステムになります。

e-powerの魅力的な部分は、下記のような部分です。

  • 低燃費
  • 力強い走行性を持っている
  • 高い静粛性
  • ワンペダルで走行できる

このような魅力があります。

この点では、他のミニバン車と差別化している部分になります。

今まで日産車を乗り継いでいる方であれば、e-powerから離れられないという方もいます。

それほど魅力的な装備になるので、初めての方は一度体験するのもアリだと考えます。

静粛性の高い車に乗りたい方

静粛性

続いての内容は、静粛性の高い車に乗りたい方になります。

静粛性の高いミニバン車を探している方は、セレナが非常にオススメです。

上記でも触れていますが、セレナはe-powerが搭載されているため高い静粛性を持っています。

静粛性が高いことによるメリットは、下記のようなことがあります。

  • 車内の会話がしやすい
  • 走行中のノイズが気にならない
  • 音楽やテレビ、映画などに集中できる

そのため、家族車として使用する上でも十分に満足できると考えます。

旅行や遠出の際も、目的地に向かっている道中から楽しむことができます。

車内の快適性にも繋がってくるので、静粛性が高いのはセレナの最大の魅力になります。

セレナが向いていない・似合わない人

次に、セレナが向いていない方を紹介していきます。

向いていない方がセレナを購入してしまうと、必ず後悔してしまいます。

大金を支払って購入するのが車になるので、絶対に後悔してはいけません。

事前に情報収集を行い、絶対に後悔しない車選びをするようにしましょう。

  • 乗り心地の良いミニバン車を探している方
  • 高級感のある車に乗りたい方
  • 乗り降りしやすいミニバン車を求めている方

乗り心地の良いミニバン車を探している方

セレナが向いていない方の1つ目は、乗り心地の良いミニバン車を探している方になります。

乗り心地を重視している方は、違うミニバン車を選択した方が良いと考えます。

決して、セレナの乗り心地が悪いというわけではありません。

乗り心地が悪いわけではありませんが、やはり横揺れなどがかなり気になってしまいます。

頻繁に横揺れしてしまうと、車酔いにつながる可能性があります。

ミニバン車は、お子さんが乗るケースが非常に多いです。

お子さんは、大人よりも車酔いしやすくなるので、そこで横揺れがしやすいとなるとかなり危険になります。

段差での突き上げや衝撃などは軽減してくれますが、横揺れだけが気になる部分になります。

セレナの横揺れが気になる方は、他のミニバン車を検討した方が良いと考えます。

高級感のある車に乗りたい方

高級感

続いての内容は、高級感のある車に乗りたい方になります。

あまりもミニバン車に高級感を求める方は多くありませんが、高級感重視の方はセレナに乗らない方が良いと考えます。

実用性は高いものの、高級感については一切感じることができません。

セレナは、高級感や満足度より快適性や実用性に重視しているミニバン車になります。

快適性や実用性に優れている分、高級感を感じることはないので注意が必要です。

高級感を求めるのであれば、ワンランク上の下記のような車種がオススメです。

  • ホンダ オデッセイ
  • トヨタ アルファード
  • トヨタ ヴェルファイア
  • 日産 エルグランド
  • メルセデス・ベンツ Vクラス

これらの車種であれば、高級感の部分でかなり満足するでしょう。

しかし、それなりに価格も高くなるので、そこも踏まえてしっかり検討するようにしましょう。

乗り降りしやすいミニバン車を求めている方

続いての内容は、乗り降りしやすいミニバン車を求めている方になります。

後悔点でも触れている内容になりますが、セレナは車の高さが高い車になります。

そのため、決して乗り降りがしやすいというわけではありません。

それに加えて、シートも柔らかい素材になっているため、足腰に負担がかかってしまう車になります。

乗り降りしやすいミニバン車を求めているのであれば、ステップワゴンやノアなどがオススメです。

セレナよりも車の高さが低いため、誰でも楽に乗り降りすることができます。

子供で難なく乗り降りできるという部分は、魅力的に感じる部分になります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす