アウディ

アウディA1で後悔することは室内の窮屈感!コンパクトカーならではの後悔点とは?

アウディA1
  • アウディA1を購入しようとしている方
  • アウディに興味がある方
  • アウディA1の欠点を知りたい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

アウディから展開されているA1の車種は、運転のしやすさとオシャレさが兼ね備わった車になります。

コンパクトなデザインになっており、エクステリア・インテリアを見るとアウディらしい高級感もあります。

コンパクトで運転がしやすいことで、性別・年齢関係なく誰にでもオススメできる車になります。

そんなアウディA1ですが、後悔点はどこにあるのでしょうか。

魅力的な部分はありますが、外車ならではの後悔点もいくつかあります。

また、コンパクトだからこそ後悔してしまう部分もあります。

魅力的な部分が多数ある一方で、後悔点もいくつかあるので見逃してはいけません。

購入前にしっかり確認し、購入後も後悔せずに乗れるようにする必要があります。

これから購入しようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

↓『アウディTTを購入して後悔することを紹介!不人気な理由はダサいから!』についての記事はこちら↓

TT
アウディTTを購入して後悔することを紹介!不人気な理由はダサいから! TTの購入を検討している方 TTの後悔する部分を知りたい方 TTの不人気の理由を知りたい方 今回は、こ...

乗り心地から見るアウディA1の後悔する点

まず初めに、乗り心地の面から見る後悔点になります。

アウディA1は、コンパクトであることで乗り心地の面でも気になる部分があります。

一体どのような点で、後悔してしまうのでしょうか。

  • 振動がかなり気になる
  • 後席は窮屈感を感じる
  • 長距離は疲労が溜まる

振動がかなり気になる

1つ目の後悔点は、振動がかなり気になるという内容になります。

アウディA1の乗り心地について、率直な意見を言うと振動がかなり気になります。

これは、運転していても乗車していても感じる部分になります。

特に、振動が気になる場面は一般道や街乗りでの低速で走行している時になります。

ある程度スピードが出ている時は、あまり振動が気になりません。

スポーツタイプの車になっていることで、スピードが出ている時の乗り心地には力を入れているような気がします。

しかし、低速時にはかなり振動が気になるので、下記のような場面では影響が出る可能性があります。

  • 買い物などの街乗りの場面
  • 一般道の走行
  • 渋滞時の走行

乗っている時の振動は、車酔いや運転中の快適性にも影響があるので注意が必要です。

後席は窮屈感を感じる

続いての内容は、後席は窮屈感を感じるという内容になります。

アウディA1の後席は、かなり狭いデザインになっています。

人が乗り込むと膝前のスペースは、拳が半分もしくは入らないくらいの空間になっています。

大柄な男性などが乗り込むと、さらに窮屈に感じる可能性があります。

どうしてもボディサイズが小さいことで、後席のスペース限られている状態になっています。

後席が狭いことによって、大人数での遠出や長距離走行には向いていない車になります。

車内の乗り心地や快適性を求めるのであれば、2人で乗ることをオススメします。

そうすることで快適性が向上し、荷物を置くスペースもできるので快適に乗ることができます。

また、上記の方も言っているように、実際にどのくらいのスペースになっているのか現物を確認することも重要になります。

写真や映像だけでは、あまりイメージがつかないこともあるので必ず現車を確認するようにしましょう。

長距離は疲労が溜まる

続いての内容は、長距離時は疲労が溜まるという内容になります。

車内の快適性やスペースなどを考慮すると、長距離走行はなかなか厳しい車種になります。

長距離に向いていない車のため、下記のような方には向かない車になります。

  • 家族旅行に使用する方
  • 頻繁に友達を乗せる方
  • 子供の送迎などに使用する方

車に対して、このようなスペックを求めている方は購入すると後悔する可能性があります。

アウディA1を候補に入れる前に、どのような用途で使用するのかを再確認するようにしましょう。

車は安い買い物ではないので、後悔なく購入することが重要になります。

実用性から見るアウディA1の後悔する点

次に、実用性から見るアウディA1の後悔点になります。

ボディサイズが小さいことで、あまり実用性は高くありません。

A1を購入しようとしている方は、実用性の面もしっかりチェックする必要があります。

  • 5人乗るとかなり窮屈
  • 積載量が少ない

5人乗るとかなり窮屈

実用性から見る後悔点の1つ目は、5人乗るとかなり窮屈という内容になります。

アウディA1は、一応5人乗りの車ですが5人乗り込むとかなり窮屈になります。

小柄な女性が5人乗っても窮屈に感じるので、体型の良い男性などが5人乗り込むのは無謀とも言えます。

ある程度余裕を持って乗りたいのであれば、最高でも4人にする必要があります。

もっと快適に乗りたいのであれば、運転席と助手席の2人乗りにすることで快適性もかなり感じられます。

上記でも少し触れていますが、アウディA1の後席はかなり狭いデザインになっています。

男性などが乗ると、膝前のスペースが空くか空かないかくらいのスペースになります。

乗るとわかりますが、非常に窮屈感を感じてしまいます。

窮屈感を感じている時点で、あまり快適性が良いとは言えません。

普通に乗りたいのであれば4人、快適性を求めるのであれば2人乗りにする必要がありそうです。

積載量が少ない

続いての内容は、積載量が少ないという内容になります。

アウディA1は、コンパクトになっていることでトランクの積載量が少ない仕様になっています。

上記の方では、ロードバイクを積んでいるようですが後席のスペースも使用してギリギリになっています。

人によっては十分な積載量と感じる方もいますが、アウトドアなどの大きい荷物を積む方にとっては不満を感じる部分です。

アウディA1は、日常生活の買い物の荷物などは余裕で積むことができます。

しかし、下記のような場面ではあまり便利とは言えません。

  • アウトドアの大きな荷物を積む時
  • 家具などを積む時
  • 大人数の荷物を積む時 

基本的に、アウトドアにはあまり優れていない車になります。

使用用途によっては、購入後に後悔してしまう可能性があるので注意が必要です。

価格から見るアウディA1の後悔する点

次に、価格の面から見るアウディA1の後悔点になります。

価格面から見るアウディA1の後悔点は、1つになります。

その内容は、価格が高い割にチープなデザインという内容になります。

価格が高い割にチープなデザイン

価格の面から見る後悔点の1つ目は、価格が高い割にチープなデザインという内容になります。

アウディA1に対しての後悔点として、多くのユーザーが口にしているのがこの内容になります。

非常にコンパクトなデザインで、購入しやすい価格帯と勘違いする方も多いです。

車両本体価格は、300万円になっていますがオプションなどを含めると400万円、500万円と超えてきます。

500万円行くのであれば、他の車を検討した方が良いのではという意見もあります。

車両本体価格を同クラスの国産車と比較すると、大きな差があることがわかります。

車種名 車両本体価格
アウディ A1 3,000,000円〜
スズキ スイフト 1,536,000円〜
日産 オーラ 2,654,300円〜
ダイハツ ロッキー 1,667,000円〜

これほどの差があります。

これにオプションなどを含めると、さらに差が広がってくると考えます。

これだけの差があるのであれば、国産車を購入した方がコスパ良く満足して乗れると考えます。

アウディA1には、加速性や走行性に優れている部分があります。

しかし、それよりも内装にこだわりたいのであれば、国産車を検討するのもありかもしれません。

それでもアウディA1を買ってよかったという意見・口コミ

次に、アウディA1を購入して良かった点を紹介していきます。

上記の部分で後悔点をいくつか挙げましたが、アウディA1は非常に魅力的な車になります。

実際に購入して大満足している方も非常に多くいらっしゃいます。

アウディA1のどのような点に、大満足しているのでしょうか。

これから購入しようとしている方は、アウディA1の良い点もしっかり抑えるようにしましょう。

  • コンパクトなのに快適なドライブができる
  • 一目惚れするスペックを持っている
  • 可愛いし小回りが効く

コンパクトなのに快適なドライブができる

買って良かったという口コミの1つ目は、コンパクトなのに快適なドライブができるという内容になります。

コンパクトなデザインの車は、運転がしやすいが快適性についてはあまり考えられていない傾向にあります。

アウディA1の場合も、見た感じ快適性についてはあまり期待できない車です。

しかし、実際に乗り込んでみると十分に満足できる乗り心地になっています。

アウディA1は、スポーツタイプの車種であるため加速性にはかなり期待できる車です。

その爽快な走りは、癖になってしまうほどの感覚になります。

小さいボディなのにも関わらず、走行性や快適性に定評のある車はあまり多くありません。

その点では、他の車としっかり差別化できていると考えます。

一目惚れするスペックを持っている

続いての内容は、一目惚れするスペックを持っているという内容になります。

アウディA1には、かなり多くの魅力が詰まっています。

アウディA1の魅力的な部分は、下記の内容になります。

  • アウディならではのオシャレさを持っている
  • 女性が乗るとより可愛らしく見える
  • 加速性が素晴らしい
  • その人に合ったボディカラーを選択できる
  • 運転しやすいボディサイズ 

このような魅力があることで、多くの方々一目惚れしています。

性別・年齢関係なく誰でも満足する車になります。

また、ボディサイズがコンパクトであることで、運転が苦手な方にとっても問題ない車です。

色んな部分に魅力的な部分があるので、様々な場面で楽しむことができる車になります。

可愛いし小回りが効く

続いての内容は、可愛いし小回りが効くという内容になります。

アウディA1は、コンパクトであることで小回りがかなり効きます。

小回りが効くことによって、下記のような特徴があります。

  • 買い物用の車としても使用できる
  • 狭い道路・駐車場でも問題なし
  • 場所を選ばずに転回できる 

特に、主婦の方や買い物を頻繁にする方にとっては、非常に運転しやすい車になります。

狭い道はもちろんのこと、狭い駐車場なんかも難なく駐車することができます。

場所や道を選ぶことなく、どこでも行くことができるのは大きな特徴になります。

この点については、コンパクトカーならではの魅力になります。

アウディA1が向いている・似合う人

次に、アウディA1が向いている方を紹介していきます。

アウディA1は、どのような方に向いているのでしょうか。

下記の内容に該当する方は、アウディA1が向いている方になります。

  • 運転しやすい車に乗りたい方
  • あまり荷物を乗せない方
  • 維持費の安い外車に乗りたい方

運転しやすい車に乗りたい方

アウディA1は向いている方の1つ目は、運転しやすい車に乗りたい方になります。

アウディA1は、コンパクトであることで非常に運転がしやすい車です。

ボディサイズはもちろんのこと、運転席に乗った時の視野についても十分に確保されています。

一見、視野が低そうに見えますが、実際に運転してみるとそんなことはありません。

死角も少なく、誰が乗っても運転しやすい車に仕上がっています。

誰でも運転がしやすいということで、家族の共有車としても使用することができます。

幅広い場面で活躍する車になるので、運転のしやすい車に乗りたい方にはかなりオススメです。

あまり荷物を乗せない方

続いての内容は、あまり荷物を乗せない方になります。

上記でも触れているように、アウディA1はあまり車内が広いわけではありません。

むしろ、かなり狭い室内環境になっています。

そのため、下記のような荷物を積む方にはオススメできない車になります。

  • 家具
  • 複数人分のスノボ・スキーセット
  • キャンプグッズ 

これらのような大型の荷物を積む頻度が多い方にとっては、あまりオススメできません。

逆を言うと、このような荷物を全然乗せない方にとっては最適な車になります。

車を使用する場面なども考えた上で、購入を検討するようにしましょう。

維持費の安い外車に乗りたい方

維持費

続いての内容は、維持費の安い外車に乗りたい方になります。

外車は、国産車と比べて維持費が高い傾向にあります。

この点については、車に詳しくない方でも知っている内容のはずです。

しかし、外車の中でも維持費があまりかからないのがアウディA1になります。

故障事例も少なく、実燃費も16.0km/L〜とかなり良いためあまり維持費がかかりません。

そのため、維持費をかけずに外車に乗りたい方にとっては魅力的な車になります。

維持費が安いと言っても、下記のような場合は注意が必要です。

  • 車が故障した時の修理費
  • 事故による車の修理費
  • 交換部品がある車検代

これら費用については、外車だからこそ高い費用がかかってくるので頭に入れておくようにしましょう。

アウディA1が向いていない・似合わない人

続いて、アウディA1が向いていない方を紹介していきます。

アウディA1は、魅力的な車ではありますが上記で紹介したような後悔点もあります。

人によっては、購入後に後悔してしまうこともあります。

購入後に後悔しないためにも、購入前にしっかり車の特徴を押さえる必要があります。

  • 乗り心地の良い車に乗りたい方
  • 多人数や多くの荷物を乗せる方
  • 高級感のある車に乗りたい方

乗り心地の良い車に乗りたい方

乗り心地

アウディA1は向いている方の1つ目は、乗り心地の良い車に乗りたい方になります。

乗り心地の良い車に乗りたい方は、あまりアウディA1はオススメできません。

少人数でのれば乗り心地の良いアウディA1ですが、4名〜5名で乗り込んでしまうとかなり乗り心地が悪くなります。

どうしても車内の窮屈感が気になってしまうので、ドライブすら楽しむことができなくなります。

長距離走行になると、なおさら窮屈感を感じてしまいます。

大人数を乗せて頻繁にドライブに行く方は、もう少し広めの車を購入した方が良いと考えます。

大人数や多くの荷物を乗せる方

続いての内容は、大人数や多くの荷物を乗せる方になります。

上記の部分でも多々紹介していますが、アウディA1はかなりコンパクトな車になります。

そのため、大人数や多くの荷物を乗せるスペースがあまりありません。

乗車する人数が少なければ荷物を置くスペースを確保できますが、大人数乗り込んでしまってはかなり窮屈になります。

場合によっては、荷物を乗せ切ることができなくなる可能性もあります。

あくまで、アウディA1は走行性や加速性を楽しむ車になります。

大人数や多くの荷物を乗せるのにはあまり適してないため、使用用途に応じて考える必要があります。

高級感のある車に乗りたい方

続いての内容は、高級感のある車に乗りたい方になります。

アウディA1はオシャレなデザインになっていますが、高級感があるというわけではありません。

アウディ車の中で比較すると、かなりチープな内装デザインになっています。

高級感だけで言うのであれば、日産オーラなどの方が細い部分まで拘っているような印象があります。

他にも、高級感で見るのであればアウディA1に勝っている国産車は数多くあります。

アウディA1は、高級感よりも走行性に重視している車になるので、その点をしっかり頭に入れておく必要があります。

購入前に、アウディA1や他のライバル車の情報をしっかり集めることも重要になってくると考えます。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす