車のお役立ち情報

アバルト595で後悔する・やめとけと言われる理由は小回りが効かない!見た目だけでは分からない欠点とは?

  • アバルト595の購入を検討している方
  • アバルト595が気になっている方
  • アバルト595の乗り心地を気にしている方

今回は、このような方にとっての記事になります。

アバルトから展開されているアバルト595は、国産車にはないデザイン性の車になります。

FIAT500のようなボディの形をしており、非常にコンパクトに仕上がっているのが特徴になります。

こちらの車は、コンパクトであることでメリットがある一方後悔する部分もいくつかあります。

コンパクトだからこそ後悔する部分がいくつかあるので、購入前にしっかりチェックする必要があります。

また、外車ということもあり維持費もチェックする必要があります。

国産車とはとは違った特徴があるので、事前に後悔点を確認しておくようにしましょう。

乗り心地から見るアバルト595の後悔する点

まず初めに、乗り心地の面から見るアバルト595の後悔点になります。

アバルト595では、乗り心地の面から後悔する点がいくつかあります。

コンパクトだからこそ乗り心地に影響している部分があるので、注意するようにしましょう。

  • ゴツゴツとした乗り心地
  • 長距離走行は疲労が溜まる
  • 乗り心地を期待する車ではない

ゴツゴツとした乗り心地

乗り心地の面から見る後悔点の1つ目は、ゴツゴツとした乗り心地という内容になります。

単刀直入に言うと、アバルト595は非常に乗り心地が悪いです。

シートが硬いことで、走行中はゴツゴツとした乗り心地になります。

ゴツゴツとした乗り心地になっていることで、下記のような影響があります。

  • すぐに肩が凝る
  • 腰やお尻が痛くなる
  • 長距離走行すると首が重くなる

このような影響があるので、事前に頭に入れておく必要があります。

乗り心地が良い車を求めている方にとっては、あまりオススメできない車種になります。

そもそもアバルト595は、乗り心地を求める車ではないのでその点は理解しておくようにしましょう。

長距離走行は疲労が溜まる

続いての内容は、長距離走行は疲労が溜まるという内容になります。

アバルト595は、長距離走行は疲労がかなり溜まります。

疲労が溜まる原因は、下記のようなことが考えられます。

  • シートが硬い
  • 車内の窮屈感がある
  • 走行中の振動が気になる

このような内容が、原因と考えられます。

特に、車内の窮屈感は影響しています。

アバルト595は、非常に車内が狭いデザインになっています。

一応4人乗りにはなっていますが、ほとんど2人乗りの車と考えて良いでしょう。

2人乗りと言っても、大人2人乗るとかなり窮屈感を感じます。

車内の窮屈であることで、長距離走行時に疲労が溜まりやすくなっていると考えます。

乗り心地を期待する車ではない

続いての内容は、乗り心地を期待する車ではないという内容になります。

上記でも記載しているように、アバルト595は乗り心地が良い車ではありません。

そのため、乗り心地を期待して購入するのは避ける必要があります。

アバルト595は、走行性が魅力的な車です。

初速や加速性に魅力のある車になるので、乗り心地の部分はあまり考えられていません。

乗り心地が良く、走行性も期待するのであればライバル車であるスイフトスポーツなどがオススメです。

走行性と乗り心地のバランスが取れた車になるので、誰でも魅力的に感じる車になっています。

アバルト595とスイフトスポーツとの差については、後半の段落で紹介していきます。

運転のしやすさから見るアバルト595の後悔する点

続いて、運転のしやすさから見るアバルト595の後悔点になります。

運転のしやすさから見る後悔点は、どのような内容があるのでしょうか。

運転のしやすさは、購入後の満足度にも繋がるのでしっかりチェックするようにしましょう。

  • 小回りが効かない
  • 疲労が溜まりやすい

小回りが効かない

運転のしやすさから見る後悔点の1つ目は、小回りが効かないという部分です。

見た目上は、コンパクトであることで小回りがかなり効く車という印象があります。

しかし、実際に運転してみると残念なくらい小回りが効きません。

この点は、見落としがちな後悔点になるのでしっかりチェックするようにしましょう。

アバルト595の最小回転半径は、5.4mになります。

このボディサイズで、最小回転半径5.4mというのはかなり大きい数値になっています。

この数値だけではイメージが湧かないと思いますので、同じくらいの最小回転半径になっている車種を紹介します。

車種名 最小回転半径
アバルト 595 5.4m
ホンダ オデッセイ 5.4m
日産 ジューク 5.3m
スバル レヴォーグ 5.4m

上記の車種と同じくらいの小回り具合になります。

アバルト595と同じくらいのボディサイズであるヤリスでは、最小回転半径が4.8mになります。

同じボディサイズでもこれだけの差があるので、注意が必要です。

購入前に試乗することで小回り具合を確認することができるので、しっかりチェックするようにしましょう。

疲労が溜まりやすい

続いての内容は、疲労が溜まりやすいという内容になります。

上記でも疲労については記載していますが、乗っている方だけでなく運転手も疲労が溜まりやすい車になっています。

疲労が溜まる場面は、長距離走行をした場合になります。

走行中の振動やシートが硬いことが影響することで、疲労が溜まってしまいます。

運転手の快適性という面でも、後悔する点がある車になります。

あくまで加速性に特徴のある車になるので、快適性が良いとは言いにくい車です。

そのため、家族で出かける車や友人を頻繁に乗せるという方にはオススメできない車になります。

車の使用用途によっては、購入しない方が良い場合もあるので注意が必要です。

実用性から見るアバルト595の後悔する点

次に、実用性から見るアバルト595の後悔点になります。

車にとっては、実用性は非常に大事な部分になります。

購入する人によっては、実用性が低いことから購入後すぐに売却するといった事態になることも考えられます。

実用性の部分で後悔する点は、どのような内容があるのでしょうか。

  • 荷物を積載できない
  • 遠出ができない
  • 煽られる危険性がある

荷物を積載できない

実用性から見る後悔点の1つ目は、荷物を積載できないという内容になります。

アバルト595は、車内が狭いことで大型の荷物を積載することができません。

そのため、アウトドアやキャンプを趣味にしている方にとっては不便さを感じる車になります。

日常生活に使用する下記のような場面では、特に不便さを感じません。

  • 日常的な買い物
  • 遠出時の自分の荷物
  • お子さんの送迎時の荷物 

あくまで、大型の荷物を乗せれないという部分から不便さを感じるので、頭に入れておくようにしましょう。

実用性の部分では、トランクの積載量なども重要になってくるので、チェックが必要になります。

煽られる危険性がある

続いての内容は、煽られる危険性があるという内容になります。

この内容は、Twitterの口コミから持ってきた内容になります。

近年、話題にもなっている煽り運転の内容になります。

アバルト595に乗ってから、煽られるようになってとの口コミがありました。

原因としてアバルト595にあるのではなく、そもそも煽っている人自体に問題があります。

ただ、これから購入しようとしている方にとっては、煽られる危険性があるという部分は情報として持っておく必要があります。

このような情報を知っておくことで、事前に対策をすることも可能になります。

知っていると知ってないとは、大きな差が出てくるので理解をしておくようにしましょう。

遠出ができない

続いての内容は、遠出ができないという内容になります。

アバルト595では、遠出が難しいという後悔点もあります。

遠出が厳しいという背景は、下記のような理由があります。

  • 車内が窮屈であるとで、長時間車内に入れない
  • 運転手も乗っている人も疲労が溜まる
  • 乗り心地が快適ではない

このような理由があります。

遠出するには、車内の快適性がかなり重要になります。

長時間車内にいる場合、快適性が悪いとすぐに疲労が溜まってしまいます。

せっかくの遠出や旅行なのにも関わらず、目的地に着く前に疲労が溜まってしまうのは非常に勿体無いです。

旅行を楽しむためには、疲労が溜まらない車に乗ることも大事になってきます。

頻繁に旅行や遠出をする方にとっては、しっかり検討する必要がありそうです。

それでもアバルト595を買ってよかったという意見・口コミ

次に、アバルト595を購入してよかったという口コミを紹介していきます。

上記の部分で後悔点をいくつか挙げましたが、その一方で魅力的な部分も多数あります。

購入して満足している部分は、どこにあるのでしょうか。

  • 可愛さとカッコ良さに惚れ惚れ
  • どこで写真を撮影しても映える
  • 運転が楽しすぎる

可愛さとカッコ良さに惚れ惚れ

アバルト595を購入して良かった点の1つ目は、可愛さとカッコ良さに惚れ惚れという内容になります。

アバルト595の魅力的な部分は、可愛さとカッコ良さが積み込まれている車になります。

特に、エクステリアデザインからは可愛さとカッコ良さに加えて、オシャレさも感じることができます。

上記の3つの強みを持っていることで、性別・年齢関係なく誰にでも魅力的な車です。

アバルト595を購入した方に聞き込みを行うと、一目惚れしたという声も寄せられている車です。

どんな方でも一目惚れするような魅力が詰まっているのが、アバルト595になります。

国産車を見ても同じような車は見当たらないので、国産車とはしっかり差別化されている車になります。

どこで写真を撮影しても映える

続いての内容は、どこで写真を撮影しても映えるという内容にあります。

どこで撮影をしても映える車は、そんなに多くあるわけではありません。

アバルト595のデザイン性だからこそ、どこで撮影しても満足する写真を撮ることができます。

上記のツイートには、街中で撮影されているような写真になります。

もちろん、下記のような映えるスポットでも満足する写真を撮影することができます。

  • 海沿い
  • 山道
  • 森や林の中
  • 夜景
  • 雪道

どんな場所でも良い写真を撮ることができるので、楽しいカーライフを過ごすことができる車になります。

運転が楽しすぎる

続いての内容は、運転が楽しすぎるという内容になります。

アバルト595の最大の魅力は、運転の楽しさにあります。

アバルト595は、5速マニュアルの車なります。

そのため、オートマにはない楽しさをアバルト595では感じることができます。

それに加えて加速性も十分なので、ドライブには最適な車になります。

実用性の部分を考えると皆無に近いですが、ドライブの楽しさとしては十分に満足することができます。

また、デザイン性もオシャレであることから、よりドライブが楽しくなるようです。

運転好きやドライブ好きの方からすれば、堪らない車になっています。

アバルト595に似ている車

次に、アバルト595に似ている車を紹介していきます。

アバルト595に似ている車は、国産車を含めいくつかあります。

似ている車と比較することで、アバルト595に劣っている部分や魅力などに気づくことができます

それぞれの特徴や違い点などもチェックするようにしましょう。

  • FIAT 500
  • スズキ スイフトスポーツ
  • ホンダ FIT RS

FIAT 500

FIAT 500
車種名 FIAT 500
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,570 mm x 全幅 1,625 mm x 全高 1,515 mm
燃費 18.0km/L〜
新車価格 2,210,000円〜
3年落ちリセールバリュー 47%〜

アバルト595に似ている車の1つ目は、FIAT500になります。

アバルト595は、FIAT500をモデルに作られた車になります。

アバルト595との大きな違いは、実用性が高さにあります。

FIAT500では、下記のような実用性の高さがあります。

  • 最小回転半径が4.7mで小回りが効く
  • 燃費が良い
  • 座席シートが柔らかい

このような点では、アバルト595よりも所有しやすい車になります。

また、価格帯についてもFIAT500の方が安くなっているので、誰でも手の出しやすい車になります。

実用性と価格帯を考えるのであれば、明らかにFIAT500の方が満足する車になっています。

しかし、FIAT500にも後悔する点はいくつかあります。

人によっては、気になる点もあるので下記の記事を参考にしてください。

↓『フィアット500は買って後悔する車?故障が多い?』についての記事はこちら↓

フィアット500
フィアット500は買って後悔する車?故障が多い? フィアット500が気になっている方 フィアット500の特徴を知りたい方 フィアット500の故障が気になる方 ...

スズキ スイフトスポーツ

スイフト
車種名 スイフトスポーツ
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,845-3,855 mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,500-1,525 mm
燃費 17.1km/L〜
新車価格 1,536,000円〜
3年落ちリセールバリュー 72%〜

続いての似ている車は、スズキのスイフトスポーツになります。

スイフトスポーツの魅力的な部分は、下記のような内容になります。

  • 車両本体価格が安い
  • アバルト595より燃費が良い
  • 走行中の快適性が高い

このような部分で、アバルト595と差別化されています。

購入する側からしても、国産車ということで購入前の安心感があります。

故障する心配や突発の費用がかかるということもありません。

また、安全性能の面でもアバルト595よりも充実しています。

アバルト595は、安全性能が装備されていません。

それに対して、スイフトスポーツは国産車ならでは充実した安全性能が備わっています。

価格が安い上に、安全性能も充実しているので安心して購入することができます。

ホンダ FIT RS

FIT RS
車種名 FIT RS
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長3,955 mm x 全幅1,695 mm x 全高1,525 mm
燃費 19.0km/L〜
新車価格 2,346,300円〜
3年落ちリセールバリュー 65%〜

続いての内容は、ホンダのFIT RSになります。

アバルト595のライバル車ではありませんが、似ている車としてはピックアップされる車になります。

ボディサイズの違いによって、乗り心地や快適性の面ではアバルト595よりも優れている車になります。

実用性もかなり高く、下記のような特徴があります。

  • 取り回しのしやすいサイズ感
  • 十分な積載量の確保
  • どんな道でも安定した走行を実現

このような実用性の高さがあります。

この点から考えると、アバルト595よりも実用性が高いと考えます。

しかし、運転の楽しさから考えるとアバルト595に劣ると考えます。

運転中のエンジン音や一瞬の加速性などを比較すると、アバルト595の方が満足度が非常に高いです。

実用性よりも加速性や運転の楽しさを優先するのであれば、アバルト595を購入した方が良いと考えます。

アバルト595が向いている・似合う人

次に、アバルト595が向いている方を紹介していきます。

独特な特徴があることで、購入する方によって向き・不向きがあります。

下記の内容に該当する方は、アバルト595が向いている方になるのでぜひ参考にしてください。

  • 愛車でドライブを楽しみたい方
  • あまり人や荷物を乗せない方
  • セカンドカーを持っている方

愛車でドライブを楽しみたい方

ドライブ

アバルト595が向いている方の1つ目は、愛車でドライブを楽しみたい方になります。

上記でも何度か記載していますが、アバルト595は非常に加速性に優れている車になります。

5速マニュアルになっていることで、運転も非常に楽しい仕様になっています。

コンパクトなボディサイズになっていることで、走行できる場所などの制約もありません。

とりあえず、ドライブ好きや車好きの方にとっては魅力的な車になっています。

ドライブは、下記のような効果もあります。

  • ストレス発散
  • 嫌なことを忘れることができる
  • 自分の時間を作り出せる
  • 様々な景色を見ることができる 

このような効果があることで、ドライブが趣味のという方も多くいらっしゃいます。

また、これからドライブを趣味にしたいという方がいれば、アバルト595が非常にオススメです。

車の購入をきっかけに、ドライブを趣味にしたいというのであれば最適な車になっていると考えます。

あまり人や荷物を乗せない方

続いての内容は、あまり人や荷物を乗せない方になります。

アバルト595は、実用性が低い車になります。

そのため、大型の荷物や大人数を乗せることができない車になります。

子育て世代や若い方々は、多くの荷物や大人数を車に乗せる機会が多いはずです。

子供の送迎や友達との旅行の際に、車を使用すると思います。

そのような場面になると、アバルト595ではかなり厳しくなります。

車内の空間が限られているので、不便さしか感じなくなります。

このような場面が少ない方にとっては、趣味の車として乗ることができます。

実用性よりかは、走行を楽しむ趣味の車として購入するようになるので、この点も頭に入れておくようにしましょう。

セカンドカーを持っている方

続いての内容は、セカンドカーを持っている方になります。

セカンドカーを持っていることで、アバルト595の実用性の低さをカバーすることができます。

主に、下記のような場面でカバーをすることができます。

  • 家具などの大きな買い物をする時
  • 子供や友人の送迎をする時
  • 旅行や遠出をする時

このような場面で、アバルト595の欠点をカバーすることができます。

しかし、セカンドカーとして所有するということはそれなりに費用がかかってきます。

車検代や場所によっては駐車場代などもかかってきます。

セカンドカーとして所有するということは、誰もができることではないので注意が必要です。

アバルト595が向いていない・似合わない人

続いて、アバルト595が向いていない方を紹介していきます。

向いている方がいる一方で、アバルト595が向いていない方もいます。

どのような方が、向いていないのでしょうか。

向いていない方が購入してまうと、後悔する可能性が非常に高いので注意する必要があります。

  • 実用性の高い車に乗りたい方
  • 運転がしやすい車を求めている方
  • 大人数を車に乗せる方

実用性の高い車に乗りたい方

荷物

アバルト595が向いていない方の1つ目は、実用性の高い車に乗りたい方になります。

車に対して、実用性を求めている方はアバルト595は向いていません。

アバルト595に乗っている方は全員、実用性は一切期待していません。

運転の楽しさだけを求めて購入しているのが、ほとんどになります。

  • 積載できる荷物が限られる
  • 小回りが効かない
  • 長距離走行が厳しい
  • 乗車人数が少ない

このように実用性が低いですが、その分運転の楽しさがある車です。

運転の楽しさや走行性に命をかけているような車になるので、実用性は求めない方が良いです。

運転がしやすい車を求めている方

続いての内容は、運転がしやすい車を求めている方になります。

運転がしやすいスポーツカーやコンパクトカーを探している方は、アバルト595はオススメしません。

走行性については十分満足しているが、運転がしやすいというわけではありません。

小回りが効かない点やシートが硬いことから、運転がしにくい車になっています。

運転がしにくいことによって、下記のような影響があります。

  • 狭い場所での運転が難しい
  • 長距離走行すると体の各部が痛くなる
  • 疲労が溜まりやすい

このような影響を特に気にしない方であれば、問題ありません。

しかし、とにかく運転のしやすさを重視している方は、アバルト595を避けるようにしましょう。

運転のしやすさを求めている方が購入してしまうと、必ず後悔するので注意が必要です。

大人数を車に乗せる方

続いての内容は、大人数を車に乗せる方になります。

アバルト595の特徴を見ると分かるように、あまり大人数乗れるような車ではありません。

4人乗り仕様になっていますが、4人乗ってしまうと荷物が置けないような室内になってしまいます。

そのため、乗る人にもよりますが2人が限界の車になっています。

家族や友人とドライブに出かける場合には、あまり活躍しない不向きな車になります。

頻繁に大人数乗せる方にとっては、必ず後悔してしまう車です。

購入前には、車の使用用途なども確認した上で購入する必要があります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす