スズキ

クロスビーで後悔・失敗することは2WDの実用性の低さ!見落としがちな欠点とは?

  • クロスビーの購入を検討している方
  • クロスビーが気になっている方
  • スズキ車を検討している方

今回は、このような方にとっての記事になります。

クロスビーは、スズキから展開されている大人気SUVになります。

軽自動車にあるハスラーをモデルとしたデザインになっており、実用性やデザイン性に定評があります。

幅広い年代から好まれるデザインになっていることで、SUVの中では上位に食い込むほどの人気になっています。

そんなクロスビーですが、後悔点や欠点はどこにあるのでしょうか。

魅力的な部分が多数ある車ではありますが、見落としがちな欠点もあります。

良い部分ばかり注目していると、購入後に欠点に気づき後悔してしまう可能性もあります。

大金を支払って購入したのにも関わらず、後悔してしまっては非常に勿体無いです。

購入後も十分に満足した車に乗るためには、事前にあらゆる情報を集める必要があります。

現在、クロスビーを検討している方は、しっかり後悔点も抑えるようにしましょう。

今回は、クロスビーの後悔点を多数の観点からチェックしていきます。

これから購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

乗り心地から見るクロスビーの後悔する点・辛口評価

まず初めに、乗り心地の面から見るクロスビーの後悔点になります。

SUV車であることから、乗り心地に期待する方も非常に多いです。

思ったよりも乗り心地が悪く、購入後に後悔してしまう方もいます。

そうならないためにも、事前に乗り心地の面での後悔点を抑えるようにしましょう。

  • 段差の突き上げが気になる
  • シートの沈み込みが気になる
  • 高速道路での騒音が気になる

段差の突き上げが気になる

乗り心地の面から見る後悔点の1つ目は、段差の突き上げが気になるという内容になります。

段差などの道を走行すると、後席の場合は突き上げが気になってしまいます。

この点については、ハスラーと同じような特徴があります。

SUVではありますが、突き上げが気になってしまうのは注意すべきポイントです。

突き上げが頻繁に発生すると、乗り心地の面で下記のような影響があります。

  • 車酔いしやすくなる
  • 後席の快適性が失われる
  • 長距離走行に影響が出る 

このような影響があるので、注意が必要です。

乗り心地や快適性を求めている方は、違うSUVを検討した方が良いと考えます。

シートの沈み込みが気になる

続いての内容は、シートの沈み込みが気になるという内容になります。

クロスビーの座席に座ると、他の車と比較して沈み込みが深いデザインになっています。

シート自体が柔らかいデザインになっているため、沈み込みが深くなっています。

沈み込みが深くなることで、足腰が悪い方にとっては車への乗り降りが大変になることもあります。

座席が柔らかいことで、座り心地は良いと考えます。

しかし、人によっては乗り降りが大変になる可能性があるので注意が必要です。

購入前に現車を確認し、どのくらいの柔らかさになるのかをチェックするようにしましょう。

あらゆる場面での乗り降りなどもチェックすることで、購入後に後悔するリスクを減らすことができます。

高速道路での騒音が気になる

続いての内容は、高速道路での騒音が気になるという内容になります。

高速道路を走行すると、外部からの騒音がかなり気になってしまいます。

騒音というのは、主に下記のような音になります。

  • 風切り音
  • ロードノイズ
  • 他の車のマフラー音・エンジン音 

これらの音が気になってしまうので、注意する必要があります。

他のSUVなどに乗り慣れている方にとっては、かなり気になるのではないでしょうか。

外部からの騒音は、車内での快適性などに影響してきます。

人によってはストレスを感じることもあるため、購入前にしっかりチェックする必要があります。

しかし、あくまで高速道路での走行時になります。

一般道での走行ではあまり気にならないので、しっかり切り分けて考える必要があります。

運転のしやすさから見るクロスビーの後悔する点・辛口評価

次に、運転のしやすさから見るクロスビーの後悔点になります。

クロスビーの運転の面では、どのような後悔点があるのでしょうか。

運転の後悔点は、見るだけで判断することは難しいです。

下記の内容を参考にし、気になる方は必ず試乗して確かめるようにしましょう。

  • 足回りが柔らかい
  • 振動が多くて疲労が溜まる
  • 信号が見えにくい

足回りが柔らかい

運転のしやすさから見る後悔点の1つ目は、足回りが柔らかいという内容になります。

一見良い点に見えがちですが、人によっては後悔する部分になってしまいます。

足回りが柔らかいことによって、運転時にハンドルが安定しなくなります。

その都度ハンドルの微調整をしながら走行するようになるので、かなり疲労が溜まってしまいます。

悪路などの走行の場合は、ハンドルが取られやすくなるので注意して走行しなければいけません。

また、車酔いなどにも影響してきます。

足回りが柔らかいことによって、幅広い場面に影響してくるので注意が必要です。

振動が多くて疲労が溜まる

続いての内容は、振動が多くて疲労が溜まるという内容になります。

走行中の振動は、運転手にも影響がしてきます。

悪路ではなく、一般道を走行していても振動が気になってしまいます。

走行中に振動が伝わると、下記のような影響があります。

  • 疲労が溜まりやすくなる
  • 長距離走行ができなくなる
  • 運転手も含めて車酔いしやすくなる

このような影響があるので、注意が必要です。

車内が広く、見晴らしが良いのにも関わらず振動が気になってしまうのは見落としがちな後悔点になります。

購入前は、このような点にも目を向けるようにしましょう。

信号が見えにくい

続いての内容は、信号が見えにくいという内容になります。

この内容は、乗る人にもよりますが信号が見えにくいという口コミも寄せられています。

信号に近く慣ればなるほど見えにくくなるため、運転のしやすさに影響する部分になります。

乗る人の視点の高さによって異なりますが、座高が高い方の方が信号が見えにくくなる傾向にあります。

信号が見えにくくなると、かなり運転がしにくくなります。

一歩間違えれば事故につながる可能性もあるので、この点は試乗の際にしっかりチェックするようにしましょう。

実用性から見るクロスビーの後悔する点・辛口評価

続いて、実用性から見るクロスビーの後悔点になります。

SUV車であることで、実用性の部分も求められます。

購入するグレードやスペックによっては後悔する可能性があるので、注意が必要です。

  • 2WDの実用性が低い
  • 車中泊に向いていない

2WDの実用性が低い

実用性から見る後悔点の1つ目は、2WDの実用性が低いという内容になります。

クロスビーの2WDは、非常に実用性が低いです。

クロスビーは、街乗り以外にも山道の走行や悪路の走行、アウトドアにも使用される車になります。

車内の広さやシートアレンジができることで、幅広い場面で活躍する車になります。

そんな中で2WDのモデルを選択してしまうと、活躍できる幅が狭まってしまいます。

2WDは、力強さがなく坂道や山道などの走行には不向きです。

走行することは可能ですが、かなりストレスを感じてしまいます。

雪道などになると立ち往生する可能性もあるので、住む地域によっては購入しない方が良いかもしれません。

ストレスを感じずに、圧倒的な走破性を求めている方は4WDを購入するようにしましょう。

車中泊に向いていない

続いての内容は、車中泊に向いていないという内容になります。

クロスビーの車内は広いですが、車中泊には向いていません。

車中泊に向いていない理由は、下記の3つになります。

  • 車中泊仕様になっていない
  • 後ろのスペースでは狭すぎる
  • 横に寝るのは窮屈感を感じる

このような理由があります。

クロスビーは荷物をたくさん積むことは可能ですが、車中泊のことはあまり考えられていません。

あくまで、日常生活の中で使用しやすい車として開発されている車になります。

それでもアウトドアなどで車中泊をしたいと考えている方は、車中泊グッズを購入する必要があります。

クロスビーのオプションにベッドクッションがあるので、これを購入することで快適に車中泊することができます。

クロスビーを車中泊仕様にしたい方は、こちらも検討するようにしましょう。

それでもクロスビーを買って良かったという意見・口コミ

次に、クロスビーを購入して良かったという口コミを紹介していきます。

上記の部分で後悔点を挙げましたが、もちろん魅力的な部分も多数あります。

購入して満足する方が多いのも事実です。

クロスビーを購入して良かった部分は、どのような部分になるのでしょうか。

  • 4WDの実燃費に満足
  • 車内が広くて乗り心地も良い
  • 悪路の走行も問題なし

4WDの実燃費に満足

クロスビーを購入して良かった1つ目の口コミは、4WDの実燃費に満足という内容になります。

2WDと4WDの2つの種類で販売されているクロスビーですが、4WDの実燃費も満足する数値になっています。

一般的に、2WDと4WDの実燃費を比較すると4WDの方が圧倒的に悪いです。

そのため、燃費を重視している方などは大体2WDを購入する傾向にあります。

しかし、クロスビーの場合は異なります。

もちろん2WDの方が燃費が良いですが、4WDでも十分満足できる実燃費になっています。

上記のユーザーは、4WDでエアコンを使用して実燃費18.4km/Lになっています。

クロスビーくらいのサイズ感で、これだけの実燃費であれば満足する方も多くいます。

走破性も問題なく、燃費も良いというところで幅広い方々が満足する車に仕上がっています。

車内が広くて乗り心地も良い

続いての内容は、車内が広くて乗り心地も良いという内容になります。

上記の部分で乗り心地について、後悔点をいくつか挙げました。

あくまで上記の後悔点は、その場面での内容になります。

普通に街乗りなどをする上では、十分に満足できる乗り心地になっています。

特に、車内が広いという点はポイントとなる部分です。

クロスビーは、コンパクトSUVに位置する車になります。

コンパクトSUVは、後席が狭いという印象がありますが、クロスビーの場合は違います。

前席はもちろんのこと、後席も十分にゆったりできる空間になっています。

長距離走行しても、窮屈に感じず快適に過ごすことができます。

それほど乗り心地が良いことで、下記のようなメリットがあります。

  • 車酔いがしにくい
  • 楽しいドライブをすることができる
  • 手荷物を置くことができる
  • 長い時間乗ることができる 

このような点でも、かなり満足できる車に仕上がっています。

悪路の走行も問題なし

続いての内容は、悪路の走行も問題なしという内容になります。

クロスビーは、SUVであることで悪路の走破性も兼ね備えています。

悪路とは、基本的に下記のような道路になります。

  • 砂利道
  • 雪道
  • 坂道
  • 山道 

クロスビーは、このような道路でも難なく走行することができます。

しかし、ここには注意点もあります。

それは、悪路を走行する場合はできるだけ4WDを購入するということです。

走破性を考えると、圧倒的に4WDの方が力を発揮します。

2WDで雪道などを走行すると、立ち往生してしまう可能性もあります。

そのような事態にならないためにも、悪路を頻繁に走行する方は4WDを購入するようにしましょう。

クロスビーが向いている・似合う人

続いて、クロスビーが向いている方を紹介していきます。

車は購入する人によって、向き・不向きがあります。

購入してから気づいては遅いので、購入前にハッキリしておく必要があります。

この内容についても、購入前にチェックしておくようにしましょう。

  • 維持費がかからないSUVに乗りたい方
  • 個性的な車に乗りたい方
  • 街乗りも遠出もする方

維持費がかからないSUVに乗りたい方

クロスビーが向いている方の1つ目は、維持費がかからないSUVに乗りたい方になります。

車を所有する上で、下記のような悩みを持っている方が多いのではないでしょうか。

  • 「車はお金がかかるからあまり乗りたくない。。。」
  • 「普通車は維持費がかかるから、軽自動車にしようと思っている。」
  • 「SUVは、維持費がかなりかかりそう。。。」

このような方にとって、クロスビーは非常にオススメです。

クロスビーは、他のSUV車と比較しても維持費があまりかかりません。

それは、上記にも記載している実燃費にあります。

SUVサイズでありながら、実燃費が18.4km/Lになっています。

これが2WDモデルの場合は、20km/Lは余裕で超えてくる実燃費になります。

これほど低燃費の仕上がりになっているため、維持費がかからない車に乗りたい方にオススメの車種になります。

個性的な車に乗りたい方

続いての内容は、個性的な車に乗りたい方になります。

クロスビーは、他のSUV車と差別化された車になっています。

ハスラーをモデルとしてデザインされたクロスビーになりますが、個性的なのはエクステリアデザインにあります。

車にあまり興味がない方でも、一目見ただけで覚えられる車です。

丸目のヘッドライトと車全体のフォルムが特徴的になります。

また、種類が豊富なボディカラー魅力の1つになっています。

それぞれのボディカラーで個性が違ってくるので、自分に合った雰囲気のクロスビーを選ぶことができます。

ボディカラー選びは、個性の他にリセールにも影響してくる部分になります。

購入後のことを考えるのであれば、人気色を購入した方が良いと考えます。

その人の好みによっても変えることができるので、ボディカラーの種類が豊富な部分はポイントとなる部分の1つになります。

下記の記事では、クロスビーの人気色・不人気色を紹介しています。

それぞれのボディカラーの特徴なども記載しているので、ぜひ参考にしてください。

↓『クロスビーの人気色&不人気色6選!後悔しない色はピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ!』についての記事はこちら↓

クロスビーの人気色&不人気色6選!後悔しない色はピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ! これからクロスビーの購入を検討している方 クロスビーのボディカラーに悩んでいる方 リセールが良いカラーに乗りたい...

街乗りも遠出もする方

遠出

続いての内容は、街乗りも遠出もする方になります。

クロスビーは、コンパクトなデザインになっていることから様々な場面で活躍する車になります。

活躍する場面の1つとして、街乗りがあります。

小回りが効く上に、車内が広いことから買い物などで活躍します。

主に、下記のような場面でクロスビーが活躍します。

  • 狭い駐車場での運転
  • 荷物が多くなっても積むことができる車内の広さ
  • 狭い道でも難なく走行できる

このような場面で、クロスビーは非常に運転しやすい車になります。

また、4WDにすることで遠出やアウトドアにも使用することができます。

このように幅広い場面で活躍する車になっているので、この点は他の車と差別化されている部分になります。

クロスビーが向いていない・似合わない人

次に、クロスビーが向いていない方を紹介していきます。

クロスビーが向いていない方は、下記のような内容になります。

これから紹介する内容に該当する方は、購入前にしっかり考える必要があります。

  • 乗り心地の良いSUVを探している方
  • 快適に車中泊をしたい方
  • かっこいいデザイン性を求めている方

乗り心地の良いSUVを探している方

クロスビーが向いていない方の1つ目は、乗り心地の良いSUVを探している方になります。

車を購入するにあたり、乗り心地を重視している方はあまりクロスビーをオススメしません。

普通の平坦な道路を走行する分には、クロスビーの乗り心地は良い印象があります。

しかし、段差や凸凹した道路などになると乗り心地がかなり悪くなります。

悪路の走破性は持っているにも関わらず、乗り心地という部分に関しては課題が残る車になっています。

その点を知らずに購入してしまうと、購入後に必ず後悔してしまいます。

段差を走行した際は、どのくらいの突き上げなのか

  • 段差ではどのくらいの突き上げなのか
  • 走行中の振動はどのくらい伝わるのか
  • どういう場面で乗り心地が悪くなるのか

乗り心地を重視する方は、試乗で上記のような部分を確認する必要があります。

これらのこと確認した上で、購入するかどうかを検討するようにしましょう。

快適に車中泊をしたい方

車中泊

続いての内容は、快適に車中泊をしたい方になります。

アウトドアやキャンプなどで、頻繁に車中泊をする方はチェックすべき内容になります。

クロスビーでは、車中泊することができます。

しかし、その快適性を考えると個人的にあまり高いとは言えないでしょう。

頭上の高さについては問題ありませんが、横に寝るとなると窮屈感を感じてしまいます。

小柄な方であれば快適に過ごすことができますが、大人の男性などになると窮屈感を感じる可能性があります。

そのため、車中泊を頻繁に行う方は、もう少し広いミニバン車を検討した方が良いと考えます。

ミニバン車であれば、室内をアレンジすることでより快適性を向上させることができます。

下記の記事では、車中泊がしやすい車を紹介しています。

車中泊をする上での注意点なども記載しているので、ぜひ参考にしてください。

↓『車中泊しやすい車をSUVやミニバンなど7個紹介!注意点も』についての記事はこちら↓

車中泊しやすい車をSUVやミニバンなど7個紹介!注意点も 車中泊用の車を探している方 車中泊を頻繁にする方 車中泊がしやすい車を知りたい方 今回は、このような方...

かっこいいデザイン性を求めている方

続いての内容は、かっこいいデザイン性を求めている方になります。

クロスビーは、あまりかっこよさは感じない車になっています。

どちらかと言うと、クロスビーは下記のような印象があります。

  • 誰が乗ってもオシャレに仕上がる
  • クロスビーならではの可愛らしさがある
  • 誰にでも似合う個性的なデザイン性

クロスビーは、このような特徴があります。

そのため、あまりかっこよさは感じない車になっています。

オシャレさや可愛らしさを求めている方にとっては魅力的ですが、かっこいい車に乗りたい方はあまりオススメできません。

購入後必ず後悔してしまうので、注意が必要になります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす