車のお役立ち情報

ドアパンチの修理代はいくら?比較的高い場合と安い場合を紹介

ドアパンチ
  • ドアパンチの修理代を知りたい方
  • ドアパンチにあった方
  • ドアパンチでの傷を自力で直す方法を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

車に乗っている方であれば『ドアパンチ』という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

◉ドアパンチとは…◉

駐車中にドアを開いた際、隣の車にぶつけて傷付けてしまうこと。 車上荒らしやいたずらと違い、些細なミスでも起こることから、誰もが被害者にも加害者にもなる可能性がある。

ドアパンチとは、上記のようなことになります。

主に以下のような時に、ドアパンチが起きてしまいます。

  • 風にあおられて、予想以上にドアが大きく開いてしまう
  • ドアを開ける際に力が入りすぎてしまう
  • 隣の車との距離感が近すぎてドアが接触した

上記にも記載しているように、ドアパンチは誰もに起こりえる事象になります。

そのため、車に乗っている方全員が注意しなければいけません。

そこで確認しておきたい部分は、ドアパンチでついた凹みはどうすればよいのでしょうか。

ドアパンチでつく傷は、力や接触する場所によって傷のつき方が異なります。

その程度によって、修理代などにも違いがあります。

どのような状態だと高くなってしまうのでしょうか。

また、ドアパンチでついた凹みなどを自分で修理することもできます。

今回は、ドアパンチを受けた際の修理代や対応方法などを紹介していきます。

直近でドアパンチを受けた方は、ぜひ参考にしてください。

↓『ファンベルトが切れる前兆はキュルキュル音!応急処置方法を紹介』についての記事はこちら↓

ファンベルト
ファンベルトが切れる前兆はキュルキュル音!応急処置方法を紹介 ファンベルトのキュルキュル音がなっている方 ファンベルトの応急処置方法を知りたい方 ファンベルトが切れた時の影響...

修理代が比較的高い場合のドアパンチ凹み

まず初めに、修理代が比較的高い場合のドアパンチ被害について紹介していきます。

どのような状態だと、高い修理代になってしまうのでしょうか。

  • 広範囲での凹み
  • 凹みかつ塗装が剥がれている状態
  • トランクやルーフ部の凹み

広範囲での凹み

広範囲

修理代が高いドアパンチの凹みの1つ目は、広範囲での凹みという内容になります。

ドアパンチで、広範囲に凹んだものについては修理代が高くなる可能性があります。

広範囲というのは、かなり抽象的な表現です。

詳しく説明すると、10cm×10cmくらいであれば安く済みます。

逆に、これ以上の大きな凹みになると高額になる可能性があります。

平均額ではありますが、約10万円とも言われています。

凹んだ部分が、広ければ広いほど高額の修理代になってきます。

直近でドアパンチ被害に遭った方が、凹み部分を確認してみましょう。

10cm×10cm以上の凹みであれば、高額な修理代になるので注意が必要です。

凹みかつ塗装が剥がれている状態

続いての内容は、凹みかつ塗装が剥がれている状態になります。

このようなドアパンチ被害でも、修理代が高額になる可能性があります。

整備工場やディーラーでの対応は、凹みを修理した後に塗装のをするようになります。

大きく分けて2つの工程を跨ぐことから、修理費が高くなってしまうようです。

修理費として、凹み直し・塗装で以下のような金額がかかります。

◉凹み直し・塗装の修理費用◉

  • 凹み直し⇨3万円〜10万円
  • 塗装⇨1万円〜3万円

これらの修理費用を合計すると、最低でも4万円〜13万円かかる計算になります。

どちらも直すとなると、これだけの修理費用がかかってくるので注意が必要です。

トランクやルーフ部の凹み

続いての内容は、トランクやルーフ部の凹みになります。

ドアパンチでは上記の部位は凹まないので、参考程度の内容になります。

車の凹みの修理は、凹む場所によっても異なります。

場所別で見てみると、以下のような金額になっています。

凹み部位 修理費用(相場)
ボンネット 1万円〜4万円
サイド 1万円〜4万円
ルーフ 3万円〜10万円
トランク 3万円〜20万円

上記のような金額になっています。

基本的に、ドアパンチではサイドの凹みが多くあります。

そのため、ルーフやトランクの凹みの事例はあまり多くありません。

しかし、後方不注意などで物に接触させる可能性も十分にあります。

凹む部位によって、修理費用が異なるということを頭に入れておくようにしましょう。

修理代が比較的安い場合のドアパンチ凹み

続いて、修理代が比較的安い場合のドアパンチ凹みについてになります。

どのような状態であれば、修理代が安く済むのでしょうか。

ドアパンチの修理をしようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

  • 塗装剥がれ
  • 凹みがない傷
  • 小範囲での凹み

塗装剥がれ

比較的安いドアパンチの凹みの1つ目は、塗装剥がれになります。

ドアパンチの被害を受けても、塗装剥がれのみであれば修理費が安く済みます。

凹みを修理する必要がないので、ボディの塗装のみの対応になります。

そのため、費用については上記にも記載した1万円〜3万円程度になります。

しかし、ドアパンチの当たり方や衝撃の強さによって異なります。

衝撃が強い場合は、やはり塗装剥がれに加えて凹みの発生してきてしまいます。

ドアパンチを受けたけで塗装剥がれのみだった方は、運が良かったと思った方が良いと考えます。

凹みがない傷

傷

続いての内容は、凹みがない傷になります。

ドアパンチを受けても、凹みがない傷であれば修理費用が安く済みます。

こちらの内容も、上記の塗装剥がれと事象は同じです。

凹みがないため、その分の修理費用がかかりません。

傷の修理をするだけになるので、安い費用で修理することができます。

しかし、注意も必要です。

傷だけの被害でも広範囲に広がっていれば、部位交換をするようになる。

傷だけであっても、広範囲に広がっていれば部位交換も考えられます。

例えばサイドの場合は、傷が広範囲に広がっていればドア一枚を交換するということです。

ドア1枚を交換となると、10万円〜20万円はかかってきます。

ドアパンチの被害を受けた場合は、どれほどの被害になっているのかをすぐにチェックするようにしましょう。

小範囲での凹み

続いての内容は、小範囲での凹みになります。

小範囲での凹みであれば、安い修理代で済ますことができます。

上記の部分にも記載していますが、目安は10cm×10cmです。

被害に遭った部分が、この範囲に収まるのであれば安い修理代で済みます。

ドアパンチの場合は、1箇所だけでなく複数箇所被害に遭っている可能性があります。

上の方ばかり見てしまい、下の方を見落とす傾向にあります。

その点にも注意が必要です。

どの箇所が被害に遭っているのかを確認し、その上どのくらいの範囲になっているのかを確認するようにしましょう。

ドアパンチ凹みを自力で直す方法

次に、ドアパンチ凹みを自力で直す方法を紹介していきます。

凹みの具合によっては、自力で直すことも可能です。

自力で直すことによって、修理代をかけずに直すことができます。

修正方法については多数ありますが、今回はより簡単な修理方法を紹介していきます。

凹み状態がひどいものに関しては、直すことができない可能性もあるのでご承知おきください。

  • 熱を加えて凹みを直す
  • 凹み部の裏側から叩く

熱を加えて凹みを直す

熱

自力でドアパンチ凹みを直す方法の1つ目は、熱を加えて凹みを直すという内容になります。

この修理方法は、初心者の方でも簡単にできる方法になります。

凹んだ箇所に熱を加え、裏側から押してあげることで凹みを直すことができます。

熱を加える方法は、以下の3つがあります。

  • ドライヤー
  • 熱湯
  • 熱風

上記どれかの方法で、熱を加えるようにしましょう。

凹んだ箇所や凹み具合によっては、裏側から押し出せない場合があります。

そのような時は、車の凹み直し専用の吸盤を購入するようにしましょう。

これを使用することで、より安心・安全に凹みを直すことができます。

裏側から押し出すのは難易度が高いので、できるだけ車の凹み直し専用の吸盤を使用することをオススメします。

凹み部の裏側から叩く

続いての方法は、凹み部を裏側から叩くという内容になります。

ボディに優しい樹脂製のハンマーで裏側から叩くことで、凹み部を直すことができます。

この方法のメリットは、以下のようなことがあります。

  • お金をかけずに直すことができる
  • 力がなくても修理できる

1番のメリットは、修理費用があまりかからないという部分です。

樹脂製のハンマーがあれば、凹みを修理することができます。

しかし、デメリットもあります。

  • 場所によっては修理ができない
  • 他の傷がつく可能性がある
  • 慎重にやる必要がある

一番注意しなければいけないのが、場所によっては修理ができないという内容です。

裏側からハンマーで叩くようになるので、その凹み部まで解体しなければいけません。

そのため、時間がかかる可能性があります。

解体できない場所については、裏側から叩くことができないので注意が必要です。

ドアパンチ凹みをディーラーに依頼した際の修理代

次に、ドアパンチの凹みをディーラーに依頼した場合の修理代について紹介していきます。

ドアパンチの凹み被害に遭った方が、一番気になるのが修理代のはずです。

そこの修理代がによっては、気分が落ち込んでしまう方も少なくありません。

そこで、ディーラーに修理を依頼した際の費用はいくらになるのでしょうか。

場所によっても異なりますが、基本的に60,000円以上は必ず修理費用としてかかります。

ディーラーでの修理費用は60,000円以上

ドアパンチ凹みをディーラーに頼むと、修理費用は60,000円以上になります。

基本的な金額が、60,000円になるので状態によっては数十万になることも当然あり得ます。

凹みの修理を頼む上で、一番高額な修理費用がかかるのがディーラーです。

逆を言うと、整備工場やカー用品店であればもう少し安く直すことができます。

他の店舗に頼んだ際の修理費用は、以下のようになります。

修理店舗 10cm×10cm以内の修理代
ディーラー 60,000円〜
カー用品店 30,000円〜
整備工場 20,000円〜

これだけの差が出てきてしまいます。

なぜ、ディーラーでの修理はこんなに高くなってしまうのでしょう。

それは、ディーラー特有の修理方法になります。

ディーラーは、修理の注文を受けると修理工場に外注をします。

外注をすることによって、そこでも費用が発生してしまいます。

中間マージンが上乗せされることで、修理費用が高くなってしまっています。

カー用品店などは、依頼を受けた場所で修理をしてくれるのでその分安く済ませることができます。

しかし、ディーラーにもメリットはあります。

  • 安心・安全な仕上がりになる
  • 修理後の保証などもしっかりしてる
  • 細かい部分までしっかり修理してくれる

純正品の使用や適切な対応をしているので、信頼度は非常に高いです。

カー用品店よりも安心感があるのは、間違いありません。

この部分については人によって価値観が異なるので、修理を頼む場所をしっかり考える必要があります。

どんなドアパンチ凹みなら自力で直せる?

最後に、どのようなドアパンチ凹みであれば自力で直せるのでしょうか。

自分で凹みを直せるのであれば、これに越したことはありません。

自力で凹み状態を直すことによってのメリットは、以下のようになります。

  • 修理代を削減できる
  • 時間をかけずに直すことができる
  • 凹みの直し方を習得できる

このようなメリットがあります。

そのため、 自力で直せる凹み状態は把握しておく必要があります。

主に、小範囲の凹み状態であれば自力で修正することができます。

小範囲であれば自力で直すことができる

小範囲であれば、自力で直すことができます。

ドアパンチは、車に乗っている方であれば誰もが被害に遭う可能性がある事象になります。

ドアパンチの被害を受ける度、業者に修理を依頼していると費用がかなりかかってしまいます。

できるだけ費用を抑えるためにも、小範囲の凹みは自力で直す必要があります。

自力で直す方法は、上記で紹介した2つになります。

  • 熱を加えて凹みを直す
  • 凹み部の裏側から叩く

この2つの方法は、比較的誰でも試せる方法になります。

数を重ねることで、技術なども必ず上がってきます。

ドアパンチ被害を多数受けており、あまり修理費用をかけたくない方は試す価値があります。

また、ドアパンチ被害を受けたことがない方も今後受ける可能性が十分にあります。

ドアパンチを受けた時に備えるためにも、事前に直し方を確認するようにしましょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす