車のお役立ち情報

イタリア車のエンブレム10選!!高級車からオシャレな車まで紹介

  • イタリア車のエンブレムが知りたい。
  • イタリアのオシャレなエンブレムはどこの車か知りたい。
  • 日本車とイタリア車のエンブレムを比較したい。

今回はこのような方にとっての記事になります。

↓『ドイツ車のエンブレム14選!!』についての記事はこちら↓

ドイツ車のエンブレム14選!!日本車と異なりオシャレでかっこいいデザインが魅力的!! 有名なメーカーからマイナーなメーカーまでドイツ車のエンブレムが知りたい。 ドイツ車のエンブレムの由来が気になる。 ...

イタリアならではのオシャレなエンブレム

イタリア車と聞くと、一番最初にどの車を思い浮かべますか??

イタリア車には、世界で有名な高級車もあれば、誰もがオシャレだと感じるコンパクトな車まで幅広いデザインの車が展開されています。

そんな幅広く展開されているイタリア車ですが、エンブレムにもすごく拘っています。

動物をモチーフにしたメーカーもあれば、他のメーカーをライバル視し、対抗しているメーカーもあります。

エンブレムを見るだけで「どのメーカーを意識しているのか」「どこを重要視しているのか」などが分かるのが特徴的になっている車が、イタリア車でもあります。

そこで今回は、そんな特徴的なイタリア車のエンブレムをまとめました。

一覧にしてエンブレムをみると統一されているブランドも見つけることができるので、是非参考にしてください。

↓『エンブレムが特徴的なエンブレム30選!!』についての記事はこちら↓

エンブレムが特徴的な車30選!動物や槍など日本車から外車まで紹介! 車のエンブレムが特徴的な車は? 車のエンブレムが意味することって何? かっこいいエンブレムの車を購入したい。 ...

イタリア車のエンブレム10選

  • アルファロメオ
  • ランボルギーニ
  • フェラーリ
  • フィアット
  • マセラティ
  • アバルト
  • ランチア
  • ベルトーネ
  • デ・トマソ
  • イノチェンティ 

それでは、1つずつ紹介していきます。

アルファロメオ

左には赤十字、右には蛇が描かれたエンブレムである。赤十字がもともとミラノの市章を意味し、蛇はヴィスコンティ家の紋章を意味しています。王冠を被った蛇が異教徒であるイスラム系のサラセン人を飲み込んでいると言われています。

ランボルギーニ

猛牛をモチーフにしたエンブレムです。「いつかフェラーリよりも優れた高級車を作ってやる」と心に決め、フェラーリの飛び跳ねている馬に対抗して、猛牛をエンブレムにしました。

フェラーリ

飛び跳ねた馬がモチーフになっているエンブレムです。国民的英雄であったイタリアのパイロット、フランチェスコ・バラッカが自身の戦闘機につけていたマークをそのまま授けたのが由来とされています。

フィアット

フィアットは、ブロンド名である「FABBRICA ITALIANA AUTOMOBILI TORINO(トリノの自動車製造所)」のそれぞれの単語の頭文字をとった略です。周りの円で最新技術を意味しており、常に高度な技術で製造を行っています。

マセラティ

創業の地であるボローニャのマジョーレ広場にある「海の神ネプチューンの三又の槍トライデント」をモチーフとしてデザインされたエンブレムである。三又の槍が特徴的であり、非常にかっこいいエンブレム。

アバルト

昆虫のサソリが描かれたエンブレムである。創業者のカルロ・アバルトの誕生日付きの星座がさそり座だったため、サソリをモチーフにしている。大きな獲物をサソリ自身の猛毒で仕留めるようなデザインで描かれている。

ランチア

イタリア・トリノを本拠地とする非常に歴史がある自動車メーカーである。

フィアットの傘下として、自動車の開発を行っており、2014年に日本での発売が途絶えた。

ベルトーネ

ベルトーネもトリノを本拠地としていましたが、2008年に多額の負債を抱え事実上の倒産となってしまっています。

その後は、他のグループと統合しベルトーネ・デザインとして、再出発している。

デ・トマソ

デ・トマソは、アルゼンチン出身の方が立ち上げたイタリア自動車メーカーである。

2004年5月に一度解散を余儀なくされているが、2011年には新生デ・トマソとして復活を果たしている。

イノチェンティ

上記で紹介した『ベルトーネ』・『デ・トマソ』の2社にいろんな部分でデザインしてもらっているメーカーがイノチェンティです。

ダイハツ工業が開発する直列3気筒エンジンを搭載するのが特徴的な自動車メーカーになっています。

↓『外車のエンブレム15選!!』に関する記事はこちら↓

外車のエンブレム15選!羽や槍・動物など知ってそうで知らないロゴを紹介! 外車のかっこいいエンブレムを知りたい。 外車の特徴的なエンブレムって何がモデルになってるの? エンブレムがかっこ...

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす