車のお役立ち情報

ミラー型ドライブレコーダーのデメリット5選!逆に良い点も紹介

ミラー型ドラレコ
  • ドラレコを購入しようとしている方
  • ミラー型のドラレコを探している方
  • ミラー型ドラレコのデメリットを知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

近年、煽り運転や盗難の事例が非常に多くなってきており。証拠を掴むためにもドラレコは必須のアイテムとなっています。

昔と比較すると、車購入時にドラレコをつける方も増えてきています。

ドラレコは、高額の機器ではありますが証拠を掴むためには重要なアイテムになります。

ドラレコで撮影されていたからこそ、自己の過失を10:0にできたという方も多いはずです。

そのため、これから車の購入を考えている方はなるべくドラレコをつけた方が良いと考えます。

そんな重要アイテムのドラレコですが、種類の1つにミラー型ドラレコがあります。

これは、簡単に言うとルームミラーの上に装着するドラレコになっています。

そんなミラー型のドラレコですが、メリット・デメリットはどのような内容になっているのでしょうか。

一見、ルームミラーの位置に装着できるということで魅力的な部分が多い印象があります。

しかし、デメリットもいくつかあるので購入前にしっかり押さえる必要があります。

人によっては、ミラー型ドラレコではなくフロントガラスやダッシュボードに装着させるドラレコの方が向いているという可能性もあります。

購入前に特徴を押さえ、自分にあったドラレコを購入するようにしましょう。

当て逃げ
当て逃げされた際の対処法は高性能ドライブレコーダーで証拠を残すこと!実体験をもとに説明 当て逃げを事前に対策したい方 オススメのドラレコを探している方 当て逃げされた際の対処法を知りたい方 ...
ドラレコ
ドライブレコーダーで後悔した失敗事例を紹介!防ぐにはスペックの確認をすれば良い ドライブレコーダーの失敗例を知りたい方 ドラレコ設置で後悔したくない方 これからドラレコを設置しようとしている方...

ミラー型ドライブレコーダーのデメリット

まず初めに、ミラー型ドラレコのデメリットを紹介していきます。

ミラー型ドラレコのデメリットは、どのような内容があるのでしょうか。

現在購入を考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

  • 装着した時の配線を隠すのが大変
  • ミラーを調整すると撮影位置が変わってしまう
  • センサー類などが映り込む可能性あり
  • 後方視界の距離感を掴むのが難しい
  • 水滴などが録画の妨げになる

装着した時の配線を隠すのが大変

ミラー型ドラレコのデメリットとして、1つ目は装着した時の配線を隠すのが大変という内容になります。

ミラー型ドラレコは、上記に記載されているようにルームミラーの位置に設置するドラレコになります。

設置する際、必ず気になるのが配線になります。

配線が飛び出した状態になっていると、運転する際視界の妨げになる可能性もあります。

また、見た目も悪くなってしまうことから室内が乱雑になってしまいます。

そうならないためにも、しっかり隙間にケーブルを隠しすっきりとした状態にする必要があります。

人によっては、なかなか難しい方も多いと思います。

そういった方が配線を隠す方法としては、カー用品店などに依頼するという方法があります。

専門の方に依頼することで、綺麗に配線も隠れた形で装着することができます。

しかし、工賃代かかってくるので注意が必要です。

それぞれのカー用品店での工賃代は異なります。

各カー用品点での工賃代が気になる方は、下記の記事を参考にして下さい。

ドライブレコーダーの取付工賃はどこが一番安い?大手カー用品店4社を比較 ドラレコを業者に頼みたいと考えている方 ドラレコの取付相場を知りたい方 できるだけ安くドラレコをつけたい方  ...

ミラーを調整すると撮影位置が変わってしまう

続いての内容は、ミラーを調整すると撮影位置が変わってしまうという内容になります。

ルームミラーの場合は、運転する人によって角度が変わると思います。

ミラー型ドラレコを設置した際も、人によって見やすい角度は異なりますので調整する必要があります。

しかし、ここで誤った角度調整をしてしまう撮影位置が変わってしまう可能性があります。

本来撮影すべき場所を撮影できないという可能性もありますので、注意が必要です。

ミラー型ドラレコの角度調整を行う場合は、撮影されている位置を確認した上で調整するようにしましょう。

センサー類などが映り込む可能性あり

続いての内容は、センサー類などが映り込む可能性ありという内容になります。

自動車メーカーによっては、運転支援システムのカメラなどがフロントガラスの上部に設置されています。

ちょうどルームミラーの裏側に設置されているため、ミラー型ドラレコの設置場所によっては映り込んでしまう可能性があります。

そうなった場合、本来撮影したい場所が撮影できないという状況にもなりますので注意が必要です。

この点は、ミラー型ドラレコを購入前に必ず確認すべき部分です。

ミラー型ドラレコが適応しているかどうかわからない方は、ディーラの担当者やカー用品店などに問い合わせるようにしましょう。

後方視界の距離感を掴むのが難しい

続いての内容は、後方視界の距離感を掴むのが難しいという内容になります。

後方も映してくれるミラー型ドラレコですが、距離感を掴むのが難しくなります。

通常のルームミラーに映った風景やバックカメラなどの風景とは、少し異なります。

普段見ているものと比べると、違和感を感じると思います。

この点は、時間の経過とともに慣れるしかありません。

商品によってばらつきはあるものの、どのミラー型ドラレコを購入しても違和感は感じてしまいます。

普段見ている風景とは、違った形で見えるようになるので慣れるようにしましょう。

水滴などが録画の妨げになる

水滴

続いての内容は、水滴などが録画の妨げになるという内容になります。

こちらの内容は、雨の日の運転の際に発生するデメリットになります。

ミラー型ドラレコは、フロントガラスの上部あたりに設置するドラレコになります。

そのため、フロントガラスのワイパーが届かない部分に設置されるケースがあります。

そうなった場合、水滴が邪魔をしてなかなか鮮明に撮影してくれない可能性があります。

雨の日の見え方については、見えにくくなる可能性があるので注意が必要です。

対策の1つとしては、フロントガラスの撥水をする方法があります。

走行しているだけで水滴が飛んでいくようなコーティングをすることで、鮮明な動画を撮影することができます。

実際に装着して水滴が気になる方は、こういった方法を試してみるのもありかと思います。

ミラー型ドライブレコーダーのメリット

次に、ミラー型ドラレコのメリットを紹介していきます。

ミラー型ドラレコのメリットは、下記の内容になります。

  • 運転席からの視界が良好
  • 荷室に荷物を積んでも後方視界が確保できる
  • 夜間でも鮮明に確認できる

運転席からの視界が良好

ミラー型ドラレコのメリットとして、1つ目は運転席からの視界が良好という内容になります。

何度も記載しているように、ミラー型ドラレコはルームミラーに取り付けるドラレコです。

他のドラレコはフロントガラスやダッシュボードなどに装着する設置方法になります。

そういったドラレコと比較すると、圧倒的に運転席からの視界が良好になります。

フロントガラスやダッシュボードに設置されていると、人によっては運転の邪魔になる可能性もあります。

軽自動車とかになりますと、スペースも限られるので視界の妨げにもなってしまいます。

しかし、ミラー型ドラレコはルームミラーに設置する形となるので、視界の邪魔にはなりません。

見た目も綺麗になり、ドラレコとしての性能も高いのがミラー型ドラレコの特徴になります。

荷室に荷物を積んでも後方視界が確保できる

続いての内容は、荷室に荷物を積んでも効能視界が確保できるという内容になります。

荷室に大きめの荷物を積むことで、後方の視界が遮られるといった経験をしたことはあるのではないでしょうか。

家具などの大きめの荷物を車に積載すると、どうしてもリアの状況が分からなくなってしまいます。

後方を確認できない状態で、走行するのはかなり危険です。

しかし、ミラー型ドラレコであれば大きめの荷物を積んでも後方を確認することができます。

リアウィンドウにカメラを設置する形となるため、後方の視界が遮られても何の問題もありません。

この点は、ミラー型ドラレコならではの特徴になります。

夜間でも鮮明に確認できる

夜間

続いての内容は、夜間でも鮮明に確認できるという内容になります。

夜間に後方をルームミラーでチェックすると、ライトなどの影響で状況を確認できないなんて経験をしたことがいるのではないでしょうか。

夜間で後方の状況を確認するとなると、後方からの車のライトなどが邪魔してなかなか状況を目視で見ることはできません。

しかし、ミラー型ドラレコを設置することで画面上で鮮明に確認することができます。

ヘッドライトの眩しさもないため、しっかり安全確認した上で走行することができます。

また、鮮明に映されるためドラレコとしての性能も十分満足できる仕上がりになっています。

ミラー型ドライブレコーダーで選んではいけないもの

ミラー型ドラレコは、なんでも良いというわけではありません。

購入するものを間違えてしまうと、使い勝手が悪い商品もあります。

商品によっては、画質が悪く重要な部分が確認できないなんてこともあります。

そうならないためにも、下記のようなものは選んではいけないので注意が必要です。

  • 容量が少ないドラレコ
  • 激安の知名度が低いドラレコ
  • 海外のミラー型ドラレコ

容量が少ないドラレコ

ミラー型ドラレコで選んではいけないものとして、1つ目は容量が少ないドラレコになります。

容量が少ないドラレコは、なるべく購入しないようにしましょう。

その背景は、下記のような内容になります。

  • 大事な時に撮影できない可能性あり
  • 駐車時の撮影で容量オーバーする
  • 重要な部分が上書きされる

もちろん、容量が少ない方が安価に購入することができます。

しかし、上記のようなことが考えられるので、容量が少ないドラレコはあまりオススメしません。

いざ画像を確認するとなった場合、データが残ってないとなるとドラレコとしての意味がなくなります。

ミラー型ドラレコを購入する場合は、十分な容量を兼ね備えた商品を購入するようにしましょう。

激安の知名度が低いドラレコ

続いての内容は、激安の知名度が低いドラレコになります。

ミラー型ドラレコを購入する上で、必ずチェックするのが価格です。

購入する方は、必ずそれなりにコスパの良い商品を購入する傾向にあります。

しかし、激安の知名度の低いドラレコは避けるようにしましょう。

実際に、やすいドラレコを購入したがすぐに壊れてしまったという口コミもあります。

また、激安のドラレコは画質が悪い傾向もあります。

見たい部分が見れないという可能性もあるので、価格はあくまで目安としスペックをチェックするようにしましょう。

海外のミラー型ドラレコ

続いての内容は、海外のミラー型ドラレコになります。

海外のミラー型ドラレコもなるべく避けた方が良い商品です。

その背景は、下記のような内容になります。

  • 取説が全て英語表記
  • 耐久性がかなり低い
  • 故障する可能性が高い

このような背景があります。

海外メーカーのドラレコは、取説が全て英語表記になっています。

そのため、自分で取り付けるとなるとかなり難しい部分があります。

また、海外の気候に合わせて生産しているため、日本の気候にあっていない可能性もあります。

そのため、温度が上がりやすい室内だとすぐに故障してしまうという可能性もあります。

ミラー型のドライブレコーダー4選

次に、オススメするミラー型ドラレコを紹介していきます。

オススメするミラー型ドラレコは、下記の商品になります。

コスパの良い商品や使い勝手の良い商品を紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

  • JADO ドライブレコーダー ミラー型
  • KENWOOD DRV-EM3700
  • SMART ROOM MIRROR H63S Pro
  • MAXWIN 前後分離型ドライブレコーダー

JADO ドライブレコーダー ミラー型

  • 配線を完璧に隠すデザイン性
  • フロント・リア同時表示可能
  • 全方位調整可能なバック補助ライン付き

オススメするミラー型ドラレコの1つ目は、JADO ドライブレコーダーミラー型になります。

こちらの商品は、隠し配線式のデザインになっています。

見た目を美しくするために、誰でも簡単に配線を隠せるようなデザインになっています。

スペックを見ると、フロントとリアの同時表示が可能になっています。

画面を2分割し、同時にどちらの状況も確認することができます。

1画面で2つの状況を一気に確認できるのは、魅力的な部分の1つになります。

KENWOOD DRV-EM3700

  • 音声コマンド機能付き
  • 使いやすいタッチパネル操作
  • 幅広い車種に適応するバンド式装着

続いての商品は、KENWOOD DRV-EM3700になります。

こちらの商品は、音声コマンド付きの商品となります。

手で操作しなくてもフロントカメラやバックカメラを発話するだけで、動作をするドラレコになります。

運転中の操作が不要になるため、運転に集中することが可能になります。

それに加えて、もちろんタッチパネルでも操作可能です。

その場面に応じて、使い方を分けることができるので便利なミラー型ドラレコになります。

SMART ROOM MIRROR H63S Pro

  • 簡単なタッチパネル操作式
  • 前後2カメラ+車内カメラの3カメラ設置
  • 万が一の車上荒らしにも対応

続いての商品は、SMART ROOM MIRROR H63S Proになります。

こちらの商品は、前後2カメラと車内カメラの合計3カメラ設置という部分が特徴的となっています。

主に、ミラー型のドラレコはフロントとリアの2カメラが当たり前になっています。

しかし、こちらのドラレコはそれに加え室内用のカメラも設置することが可能になります。

室内のカメラを設置することで、車上荒らしの映像もきっちり残すことができます。

交通事故だけでなく、車内の犯罪についても考慮されたミラー型ドラレコになります。

MAXWIN 前後分離型ドライブレコーダー

  • ケーブルが1本だけで配線整理が楽
  • 200万画素で夜間でも鮮明に映る
  • ルームミラーにゴムで引っ掛けるだけ

続いての商品は、MAXWIN 前後分離型ドライブレコーダーになります。

こちらの商品は、なんとケーブルが1本で起動させることが可能です。

そのため、配線整理が非常に楽で綺麗な状態にすることができます。

また、スペックを見ると200万画素となっています。

これほどのスペックを持っていることで、夜間でも鮮明に映すことが可能になります。

誰でも簡単に設置可能なゴムで引っ掛けるだけになっているので、初めてドラレコを装着する方でも問題ありません。

ミラー型ドライブレコーダーが合う人

続いて、ミラー型ドラレコが合う人を紹介していきます。

ミラー型ドラレコが合う方は、どのような方になるのでしょうか。

下記に該当する方は、他のドラレコよりもミラー型ドラレコを検討するようにしましょう。

  • 頻繁に大きな荷物を積む方
  • 運転席からの視界を良好にしたい方
  • 操作のしやすいドラレコを付けたい方

頻繁に大きな荷物を積む方

ミラー型ドラレコが似合う方として、1つ目は頻繁に大きな荷物を積む方になります。

ミラー型ドラレコの大きな特徴は、リアウィンドウが見えなくなったとして後方の状況を確認できるという点になります。

家具や電化製品などを車に積むと、どうしてもリアウィンドウが見えなくなってしまいます。

しかし、そういった場合でもカメラをリアウィンドウにつけているので画面上でも後方状況を確認することができます。

ミニバンや業務車などになると、大きな荷物を積むケースが多くなると思いますので非常にオススメです。

運転席からの視界を良好にしたい方

続いての方は、運転席からの視界を良好にしたい方になります。

メリットとしても挙げていましたが、ミラー型ドラレコは運転席からの視界を良好にしてくれる効果があります。

それは、フロントガラスやダッシュボードに設置するのではなくルームミラーの位置に設置するからです。

そのため、誰が運転していても運転の妨げになることはあり得ません。

どうしても、フロントガラスなどにくっついていると気になってしまうという方は、ミラー型のドラレコがオススメです。

運転のしやすさは人によって異なるので、自分に合ったドラレコを購入するようにしましょう。

操作のしやすいドラレコを付けたい方

続いての内容は、操作のしやすいドラレコを付けたい方になります。

ミラー型ドラレコは、画面が大きいことで操作が非常にしやすいです。

標準的なドラレコの大きさは、モニターサイズが2型〜3型になります。

それに対して、ミラー型ドラレコは9型〜12型になっています。

標準のドラレコを比較すると3〜4倍もの大きさとなっています。

非常に大きいドラレコになっているので、操作も非常にしやすいです。

また、撮影した動画も見やすくなっていますので、魅力的なドラレコの1つになります。

ミラー型ドライブレコーダーが合わない人

次に、ミラー型ドラレコが合わない方を紹介していきます。

ミラー型ドラレコが合わない方は、下記のような方になります。

下記に該当する方は、他のフロントガラスやダッシュボードに貼り付けるドラレコを検討するようにしましょう。

  • 1台の車を複数人運転する方
  • ルームミラーで頻繁に後席を確認する方
  • 運転支援付きの車に乗っている方

1台の車を複数人運転する方

ミラー型ドラレコが向いていない方の1つ目は1台の車を複数人運転する方になります。

同じ車に、違う人が乗り込むとその都度ルームミラーを調整する必要があります。

デメリットとしても載せていますが、ミラー型ドラレコは調整位置によっては撮影位置が変わってしまいます。

自分の感覚で調整してしまうと、本来の目的を失ってしまうので注意が必要です。

人によっては、ミラー型のドラレコだと気づかないで調整してしまう可能性もあります。

いざとなった時に、大事な場所を撮影できてないという状況にならないよう注意が必要です。

ルームミラーで頻繁に後席を確認する方

続いての内容は、ルームミラーで頻繁に後席を確認する方になります。

ミラー型ドラレコとして使用してしまうと、後席の状況をルームミラーで確認することができなくなります。

リアシートにお子さんを乗せたりしている方であれば、頻繁に後席の状況を確認するはずです。

そういったチェックができなくなるので、人によってはあまりオススメできないドラレコになります。

ミラー型ドラレコは、ドライブレコーダーが作動している場合は鏡として使用することができません。

停車中などであれば、鏡として使用することができるので頭に入れておく必要がありそうです。

運転支援付きの車に乗っている方

続いての内容は、運転支援付きの車に乗っている方になります。

運転支援付きの車に乗っている方は、ミラー型ドラレコを購入する前にチェックが必要です。

上記の段落でも紹介しているように、運転支援システムがあるとフロントガラス上部にセンサーがあるはずです。

ミラー型ドラレコでそのセンサーに被ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

運転支援付きの車に乗っている方は、絶対に装着可能か確認するようにしましょう。

ABOUT ME
like-cars
所有車:スズキ ハスラー・レクサス RX300・トヨタ アルファード レクサスの購入をきっかけにブログを開設。 車をお得に購入するコツや後悔しないための車の買い方などの情報を発信。 車の購入する上で、参考にして頂ければ幸いです。