ホンダ

ヴェゼルを買って後悔することは後席の窮屈感!買ってよかった意見は?

新型ヴェゼル
  • ヴェゼルの購入を検討している方
  • ヴェゼルの後悔点を知りたい方
  • どのSUVを購入しようか悩んでいる方

今回は、このような方にとっての記事になります。

ホンダから展開されているヴェゼルは、幅広い年代に大人気の車種になっています。

新型ヴェゼルが発売されたことによって、さらに人気度が上がってきている車種です。

最新技術が備わった内容の機能や室内の快適性が向上したことで、人気がさらに高まっているとも言われています。

そんなホンダのヴェゼルですが、後悔点はどのような点にあるのでしょうか。

幅広い方々に人気のある車ですが、その一方であまり好んでいない方もいます。

そのような方は、ヴェゼルのどのような部分に引っ掛かっているのでしょうか。

今回は、そんなヴェゼルの後悔点について深掘りをしていきます。

これからヴェゼルを購入しようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

↓『【試乗記】ホンダ 新型ヴェゼルの辛口評価!走りの性能やデザインはとても良かった!』についての記事はこちら↓

【試乗記】ホンダ 新型ヴェゼルの辛口評価!走りの性能やデザインはとても良かった! 新型ヴェゼルが気になっている方 これから新型ヴェゼルの購入を検討している方 新型ヴェゼルのスペックを知りたい方...

乗り心地から見るヴェゼルを買って後悔すること

まず初めに、乗り心地から見る後悔点になります。

ヴェゼルの乗り心地の面は、どのような部分で後悔してしまうのでしょうか。

車にとって乗り心地は重要な部分の1つになるので、しっかりチェックしておきましょう。

  • 室内の窮屈感を感じる
  • 段差の突き上げが気になる
  • エンジン音が気になる

室内の窮屈感を感じる

窮屈感

乗り心地の面から見る後悔点の1つ目は、室内の窮屈感を感じるという内容になります。

初期のモデルから言い続けられている部分でもあります。

特に、後席の乗り心地の部分で窮屈感を感じてしまいます。

しかし、新型ヴェゼルになったことで後席のスペースにゆとりができています。

膝前のスペースや頭上のスペースに余裕のある空間ができたので、以前のモデルよりは乗り心地が良くなっています。

それでも、一部のユーザーからはいまだに窮屈感が感じるとの声も挙げられています。

主に、男性の方が乗り込むと窮屈感を感じるようです。

また、乗車する人数によっても窮屈感を感じてしまいます。

5名乗り込める車種ではありますが、それでは窮屈感を感じてしまいます。

最大でも4名の乗車にすることで、窮屈感を抑えることができるので頭に入れておくようにしましょう。

段差の突き上げが気になる

続いての内容は、段差の突き上げが気になるという内容になります。

ヴェゼルに乗っていると、走行中の段差などで突き上げが気になってしまいます。

SUVモデルのため、足回りには自信があるはずですが段差の突き上げが気になるようです。

この点については、コンパクトSUVのライバル車であるトヨタのCHRより劣っている部分になります。

段差の突き上げは、主に以下のような影響があります。

  • 車酔いする可能性がある
  • 頻繁に悪路の走行ができない
  • 走行中にびっくりしてしまう

このような影響があるので、段差の走行時は注意が必要です。

こちらの内容も、試乗などでどのくらいの度合いなのかしっかり確かめる必要があります。

エンジン音が気になる

続いての内容は、エンジン音が気になるという内容になります。

ヴェゼルに乗っていると、エンジン音が気になってしまうようです。

静粛性に優れているはずですが、期待して乗り込むと気になってしまいます。

周りの車と比較すると静粛性が非常に高いですが、そんなに期待しないようにしましょう。

「静粛性が優れているから購入する。」という理由でヴェゼルに乗ると、意外とエンジン音が気になるので注意が必要です。

この点についても、試乗する時に確認することができます。

オーディオなどをかけずに、どのくらいのエンジン音になっているのかを確認する必要があります。

購入後に気づいたとしても、すでに遅い状態になるので事前にチェックする必要があります。

静粛性が高いからこそ気になる

運転のしやすさから見るヴェゼルを買って後悔すること

次に、運転のしやすさから見るヴェゼルの後悔点になります。

運転の面でも後悔する部分がいくつかあります。

運転の部分は、試乗の際でも確認することができるので、購入前にしっかり確認しておくことが重要になります。

  • 後方部の死角が多い
  • 運転に慣れるのに時間がかかる
  • 走行性に力強さがない

後方部の死角が多い

運転のしやすさから見る後悔点の1つ目は、後方部の死角が多いという内容になります。

ヴェゼルの運転席に乗ると分かりますが、後方部の死角が多くなります。

これは、ヴェゼルだからというわけではなく、SUVならではの特徴でもあります。

SUV車は、ボディサイズが大きいことで、どうしても死角が多くなってしまいます。

死角が多いことによって、ちょっとした不注意でどこかにぶつけてしまうなんてこともあります。

そのため、運転に慣れるのももちろんですが、慣れてからも細かい部分まで注意する必要があります。

せっかくの愛車を傷つけてしまっては、それ以降の愛着が湧かなくなってしまうので注意が必要です。

運転に慣れるのに時間がかかる

続いての内容は、運転に慣れるのに時間がかかるという部分になります。

コンパクトSUVであることで、比較的運転がしやすい車です。

しかし、いざ運転してみると、やはり運転に慣れるのに時間がかかってしまいます。

特に、今まで軽自動車に乗っていた方やSUV系に初めて乗る方にとっては、慣れるのに時間がかかってしまいます。

そのため、その感覚の部分も試乗のところで、しっかり掴んでおく必要があります。

ヴェゼルの運転で難しい部分は、下記のようになります。

  • フロント部の長さの感覚
  • 後方部の死角部分
  • 右折・左折の際の内輪差 

ヴェゼルを運転する際は、上記の部分に注意をし1日でも早く慣れるようにしましょう。

走行性に力強さがない

力強さ続いての内容は、走行性に力強さがないという部分になります。

一般道の走行でも、あまり力強さを感じることがありません。

特に、初速の部分がかなり気になります。

スピードに乗ることができれば、快適にドライブを楽しむことができます。

しかし、そのスピードに乗るまでの部分で時間がかかってしまいます。

この初速がストレスに感じる方もいると思うので、要注意です。

その中でも悪路や坂道だった場合、通常の道路以上にストレスが溜まってしまいます。

車にとって、スタートダッシュはかなり重要になります。

そこでストレスを感じてしまっては、満足度も下がってしまう可能性があります。

イメージから見るヴェゼルを買って後悔すること

次に、イメージカラ見るヴェゼルの後悔する部分になります。

ヴェゼルのイメージとしては、人によって異なります。

その中でもかなり多くの方が持っているイメージなどを紹介していきます。

  • 車に安定性だけを求めている
  • 初心者の方が乗っているイメージがある
  • 少し大人らしさが欠ける

車に安定性だけを求めている

安定イメージから見る後悔点の1つ目は、車に安定性だけを求めているという内容になります。

この内容は、周りからのイメージを紹介しています。

ヴェゼルは、魅力的な車ではありますが、一方で大衆車という印象もあります。

コスパが良く、故障もしないため全然維持費がかからないというイメージを持たれてしまっています。

新型になったことで、エクステリアのデザインにかっこよさが生まれていますが、そのイメージはいまだに残っているようです。

デビュー当時であれば、新型ヴェゼルはそんなに走行していなかったので、特別感をかなり感じました。

しかし、最近でも多くの方が購入し納車されています。

かなり高い頻度で見かけるので、徐々に大衆車になりつつある車ということになります。

あまり周りは気にしない方が良いですが、ある程度はどのように思われているかを認識するようにしましょう。

初心者の方が乗っているイメージがある

続いての内容は、初心者の方が乗っているイメージがあるという内容になります。

ヴェゼルは、免許取り立ての方が購入する傾向にあります。

そのため、よく初心者マークが貼られたヴェゼルをよく見かけます。

初心者の方が乗っている印象が、強い車でもあるので頭に入れておくようにしましょう。

初心者の方が購入する理由として、下記のようなことが考えられます。

  • 誰でも運転しやすいボディサイズ
  • 若い方でも購入しやすい価格帯
  • SUVタイプであることで周りからの印象が良い

このような理由が考えられます。

今後のところでも運転しやすいということで、初心者の方の需要も増えてくると考えます。

購入しようとしている方は、初心者の方が乗っているイメージがあるということを認識しておくようにしましょう。

少し大人らしさが欠ける

続いての内容は、少し大人らしさがかけるという内容になります。

SUV車ではありますが、大人らしさはあまり感じられません。

上記でも触れているように、初心者の印象などがあることから若い印象がかなり強い車になります。

現に、ヴェゼルのオーナーさんを見ても、若い年代のオーナーが多い印象があります。

やはり購入のしやすさとカッコイイデザインになっていることで、購入する若い方も多いと推測します。

多くの方に購入されるということは良いことですが、その反面大人らしさが失われているので注意が必要です。

大きさから見るヴェゼルを買って後悔すること

続いて、大きさから見るヴェゼルの後悔する部分になります。

ヴェゼルの大きさは、他のSUVと比較すると少しコンパクトなサイズ感になっています。

一見メリットが多そうですが、デメリットも存在します。

どのような部分で後悔してしまうのでしょうか。

  • 後席のスペースが狭い
  • 走行できる道が限られる場合がある

後席のスペースが狭い

狭い

大きさからみる後悔点の1つ目は、後席のスペースが狭いという部分になります。

この内容については、ヴェゼルの最大の欠点になります。

ヴェゼルの後席は、かなり窮屈な空間になっています。

これは、膝前のスペースと頭上のスペースが大きく影響しています。

前のモデルよりは広くなっていますが、それでもまだ窮屈感を感じるかなという印象でした。

膝前スペースについても、拳が1個〜1.5個くらいのスペースしか空いていません。

175cmの自分が乗ってもこのくらいのスペースになるので、もっと大きい方が乗り込むとさらに窮屈感を感じるでしょう。

後席の窮屈感が影響して、乗り込む人数なども限られるので注意が必要になります。

走行できる道が限られる場合がある

続いての内容は、走行できる道が限られる場合があるという内容になります。

ヴェゼルは、コンパクトではありますがSUVの部類になります。

平均的な乗用車よりも大きいサイズの車種になっています。

そのため、路地裏の狭い道路や小道などが走行できないという場面が発生する可能性があります。

普段から狭い道を走行する方にとっては、かなり不便な部分でもあります。

走行する道路を選ばなければいけないという状況になるので、運転に支障が出る可能性もあります。

狭い道路を無理やり通ろうとすると、すれ違い側に接触する可能性もあります。

そういったリスクも負うようになるので、狭い道路はできるだけ走行しないようにしましょう。

それでもヴェゼルを買ってよかったという意見

次に、ヴェゼルを購入してよかったという意見を紹介していきます。

上記の部分で後悔する内容を紹介してきましたが、もちろん良い点もあります。

後悔する部分もあり、それ以上に良い点があるからこそ人気も高まっている車種になります。

ホンダのヴェゼルには、どのような意見が寄せられているのでしょうか。

  • 燃費が良すぎる
  • コンパクトで運転しやすい
  • 新型ヴェゼルに一目惚れ

燃費が良すぎる

ヴェゼルを買ってよかったと言う口コミの1つ目は、燃費が良すぎるという内容になります。

ヴェゼルの燃費は、かなり期待できる数値になっています。

こちらの口好みの方の実燃費を見ても、27.6km/Lと驚異的な数値になっています。

ヴェゼルは比較的ボディサイズが大きい車になります。

ボディサイズを踏まえ、エアコンも付けてもこの実燃費になっているので、かなり魅力的な部分になります。

参考程度に、ヴェゼルのライバル車の実燃費は下記のようになります。

車種名 実燃費
ホンダ ヴェゼル 27.6km/L
トヨタ CHR 21.8km/L
マツダ CX-30 17.7km/L
日産 キックス 17.8km/L

ライバル車の実燃費を見ても、ヴェゼルの数値がどれだけ優秀なのかが分かります。

燃費が良い車かつ実用性の高い車に乗りたい方にとっては、かなり魅力的な車になります。

コンパクトで運転しやすい

続いての口コミは、コンパクトで運転しやすいという内容になります。

ヴェゼルを試乗した方の感想で多いのが、運転がしやすいと言う内容になります。

コンパクトSUVということで、運転のしやすさはSUV中でもトップクラスになります。

フロント部の長さや後方の死角部分には慣れる必要がありますが、全体的には運転がしやすいようです。

運転のしやすさを求めている方にとっては、かなり魅力的な部分になります。

SUVは、荷物などを多く積めるメリットがある一方で、ボディサイズが大きく運転がしにくいという部分があります。

それに加えて小回りが効かないことで、さらに運転がしにくいと言われています。

そんなSUVでもヴェゼルは、運転のしやすさも追求しているので誰にでもオススメできる車種になっています。

新型ヴェゼルに一目惚れ

続いての口コミは、新型ヴェゼルに一目惚れという内容になります。

新型になったことで、エクステリアのデザインが好みというユーザーが非常に多くいました。

現代ならではの顔つきやボディのラインまで変化しています。

一個前のモデルと比較すると、かなり大きな変化になっています。

そのため、一目惚れする方が多くなっています。

また、一目惚れするのはエクステリアデザインだけではありません。

内装のデザインなどにも一目惚れする方が多くいます。

紹介するほどのできないくらいの機能が追加で備わっており、使いこなせないほどの数になっています。

そういった部分にも一目惚れする方が、多くいるのが事実になります。

ヴェゼルが向いている人

次に、ヴェゼルが向いている方について紹介していきます。

上記の部分で、さまざまな観点から後悔点を紹介してきました。

ヴェゼルには、人によって向き・不向きがあります。

下記の内容に当てはまる方は、ヴェゼルが向いている方になるので前向きに検討するようにしましょう。

  • コンパクトなSUVを探している方
  • 維持費がかからない車に乗りたい方
  • あまり後席に人を乗せない方

コンパクトなSUVを探している方

ヴェゼルが向いている方の1つ目は、コンパクトなSUVを探している方になります。

コンパクトSUVのジャンルに絞り、車選びしている方はヴェゼルが非常におすすめです。

コンパクトSUVの中でも、全体的に頭が一つ抜けているようなレベルの仕上がりになっています。

コンパクトなSUVになっていることで、下記のようなメリットがあります。

  • 運転が苦手な方でも問題ない
  • 狭い道路でも難なく走行することができる
  • 荷物を積載する際にも困らない

このようなメリットがあるため、コンパクトSUVを探している方にとっては非常にオススメです。

購入後も後悔することなく、満足して乗り続けることができると考えます。

誰でも運転しやすい車を探している方

続いての内容は、誰でも運転しやすい車を探している方になります。

上記でも紹介しているように、ヴェゼルは非常に運転しやすい車です。

SUVでありながら、運転席からの視界が広く、視線が高いことで視野も確保することができます。

そのため、運転が苦手な方でも難なく運転することができます。

注意すべき部分は、フロント部になります。

普段から軽自動車に乗っている方からすると、フロント部の長さにびっくりすると思います。

SUVの特徴として、フロント部は長いという部分があります。

この点は、徐々に慣れていくしかありません。

感覚的な部分もあるので、試乗の際にしっかりチェックしておくようにしましょう。

あまり後席に人を乗せない方

後席続いての内容は、あまり後席に人を乗せない方になります。

ヴェゼルの唯一の欠点として、後席が狭いという部分があります。

そのため、後席に頻繁に人を乗せる方にはオススメできません。

後席に大人が3名乗ると、下記のような影響があります。

  • 室内全体に窮屈感が生まれる
  • 後席の乗り心地が悪くなる
  • 長距離走行が厳しい

このような影響が出てきてしまいます。

主に、乗り心地の部分で影響が出てしまうので、後席に3名乗せる方は違う車を検討した方が良いと考えます。

乗り心地を考えるのであれば、後席に2名が限界と考えます。

これらのことを考慮すると、後席に3名乗せる機会がない方にとっては、魅力的な車になります。

どのような場面で車を使用するかなども頭に入れておくようにしましょう。

ヴェゼルが向いていない人

続いて、ヴェゼルが向いていない方についてです。

下記の内容に該当する方は、ヴェゼルが向いていない方になります。

このような方が購入してしまうと、必ず購入後に後悔してしまいます。

車を購入するということは、大金が動くということになるので後悔は絶対にしないようにしましょう。

  • 圧倒的存在感のある車に乗りたい方
  • 周りの車とかぶりたくない方
  • 走行性に力強さが欲しい方

圧倒的存在感のある車に乗りたい方

ヴェゼルが向いていない方の1つ目は、圧倒的存在感のある車に乗りたい方になります。

ヴェゼルは、かっこいいデザインにはなっていますが、圧倒的な存在感があるかと言われればあまりない車になります。

圧倒的存在感のある車として、走行中の姿に迫力を感じます。

ヴェゼルが走行していても、あまり迫力を感じないことからあまり存在感がないと考えます。

そのため、周りに印象付けるような車に乗りたい方は、違う車種を検討した方が良いと考えます。

また、ボディサイズも存在感の部分に影響してきます。

コンパクトSUVであることで、どうしても迫力がない仕上がりになってしまっています。

周りの車とかぶりたくない方

被り

続いての内容は、周りの車とかぶりたくない方になります。

ヴェゼルは魅力的な車であることで、購入する方がたくさんいます。

購入する理由として、主に下記のような理由が多くなっています。

  • どのグレードも購入しやすい価格帯
  • 価格の割に機能が充実している
  • 機能性とデザイン性に大満足なSUV車

このような理由から購入する方が、多くいます。

大人気車種であることから、人気ならではの欠点もあります。

それは、周りと同じ車に乗ることになるということです。

同じ車で何度も頻繁にすれ違うと、なんとも言えない気持ちになる方もいるはずです。

ヴェゼルに乗った場合、そのような状況になってしまうことがあります。

周りの方もたくさん乗っているということも、購入前にしっかり頭に入れておくようにしましょう。

走行性に力強さが欲しい方

続いての内容は、走行性に力強さが欲しい方になります。

走行性に力強さが欲しい方は、あまりヴェゼルはオススメできません。

SUVであることで、ある程度の悪路であれば走行することができます。

しかし、岩道やひどい砂利道など走行する際、思ったように走行してくれないことがあります。

そのため、頻繁に悪路を走行する方にはオススメできません。

ヴェゼルは、悪路を走行することも可能ですが、あくまで街乗りのためのコンパクトSUVになります。

悪路での走行性についてはあまり追求されていないので、その点について勘違いをしないようにしましょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす