車のお役立ち情報

ルーフテントで後悔したことは?選び方やデメリットを紹介!

ルーフテント
  • ルーフテントの購入を検討している方
  • ルーフテントの後悔する部分を知りたい方
  • ルーフテントの選び方を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

ルーフテントは、キャンプ用品に分類される用品になります。

主に、車に付随して設置するようなテントになっており、その実用性の高さから幅広い年代に人気のある用品になります。

しかし、その反面公開する部分もあります。

ルーフテントは、どのような部分に後悔点があるのでしょうか。

また、購入する際にはどのような部分に注意すれば良いのでしょうか。

今回は、そのような部分に着目していきます。

購入後に後悔しないために、どういった部分に注意すればいいのかをしっかり抑えるようにしましょう。

↓『アルファードのキャンプは6人まで行ける!!最適な理由や注意点を紹介』についての記事はこちら↓

キャンプ
アルファードのキャンプは6人まで行ける!!最適な理由や注意点を紹介 アルファードでキャンプを考えている方 アルファードがキャンプに最適な理由を知りたい方 キャンプに最適な車を知りた...

ルーフテントを購入して後悔したこと

まず初めに、ルーフテントを購入して後悔した点を紹介していきます。

ルーフテントのどんな部分に後悔しているのでしょうか。

  • 高さ制限を上回ってしまった
  • 車との色合いが合わない
  • 外の音がかなり気になる

高さ制限を上回ってしまった

1つ目は、高さ制限を上回ってしまったという内容になります。

ルーフテントは、基本的に車の上に設置するようになります。

そのため、自然と車自体の高さが大きくなってしまいます。

立体駐車場や高さ制限のある駐車場などだと、制限オーバーになってしまうことがあります。

そのため、事前に高さの計算をする必要があります。

特に、元々車高が高い車は注意するようにしましょう。

高さを気にすることで、購入するルーフテントのサイズも変わってくるので注意するようにしましょう。

余談ですが、キャンピングカーなどにもルーフテントを設置することができます。

しかし、キャンピングカーは高さのある車なので、高さには十分に注意するようにしましょう。

車との色合いが合わない

続いての内容は、車との色合いが合わないという内容になります。

ルーフテントは、もちろんのこと多数のメーカーが販売しています。

メーカーによってデザインや色合い、実用性などが異なってきます。

そこで注意する部分が車とのバランスになります。

自分の好きな色のルーフテントを購入してしまうと、車とのバランスが悪くなる可能性があります。

「とりあえずキャンプができれば大丈夫。」という方もいらっしゃいますが、やるのならば見た目にも拘りたいですよね。

そのため、どの車に設置するかで購入するデザインや色合いなどが変わってきます。

また、複数の車に使用する方は、安定した黒や白などを選択することで、幅広い場面で活躍すること間違い無いでしょう。

外の音がかなり気になる

外の音

続いての内容は、外の音がかなり気になるという内容になります。

ルーフテントは、車の上に設置するテントになります。

素材や仕上がりは、通常に使用するテントとほとんど同じ用品になります。

物によっては、非常に薄い素材でできている商品もあるので、外の音が気になってしまいます。

自然の物音を感じたい方であれば問題ありませんが、静かに寝たい方はあまりお勧めできません。

また、キャンプする場所によっても外の音の大きさは変わるので、そういった面でも工夫することをお勧めします。

ルーフテントを立ててみて後悔したこと

次に、ルーフテントを立ててみて後悔した部分を紹介していきます。

ルーフテントは、車の上に設置する用品になります。

通常のテントとは異なることから、立ててみて後悔した点がいくつかあります。

  • 人によってタイプを分ける
  • サイズ感を間違ってしまった

人によってタイプを分ける

1つ目は、人によってタイプを分けるという内容になります。

ルーフテントは、使用する人によって購入するタイプを分けるようにしましょう。

ルーフテントには、多数の種類から展開されています。

力のある男性や組み立てに慣れている方であれば、どれを購入しても問題ありません。

しかし、キャンプ初心者や女性の方は組み立てが、できるだけ簡単な商品を選択するようにしましょう。

そこでオススメするのが、電動のポップアップ式です。

◉電動のポップアップ式とは…..??◉

ワンタッチするだけで上に跳ね上がるルーフテント。
誰でも簡単に設置することができる。

この仕様のルーフテントを購入することで、女性の方や1人でも簡単に組み立てることができます。

サイズ感を間違ってしまった

続いての内容は、サイズ感を間違えてしまったという内容になります。

この間違いをする方が多くいます。

車とルーフテントのサイズを確認せずに購入してしまうと、このような状況になってしまいます。

サイズ感を間違えると、高さ制限のある場所に入ることができないなどの影響があります。

また、車とのバランスが悪くなってしまうこともあるので、必ず事前に確認するようにしましょう。、

ルーフテントを使って後悔したこと

次に、ルーフテントを使って後悔した点について紹介していきます。

購入した時は満足していたが、実際に使ってみると気になる点が見つかることはよくあります。

これから購入しようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

  • 組み立てが難しい
  • 揺れが伝わりやすい
  • 外の気温に左右される 

組み立てが難しい

1つ目は、組み立てが難しいという内容になります。

商品によっても異なりますが、物によっては組み立てが難しい商品があります。

大人数で設置するのであれば、問題ありません。

しかし、1人キャンプや女性の方、少人数でのキャンプの場合はできるだけ簡単に組み立てられるルーフテントを使用する必要があります。

普通のテントを組み立てるのも難しいのに、ルーフテントになると屋根の上に設置するようになります。

その難しさは、普通のテントの比にならないくらいです。

そのため、購入時に組み立てが簡単なルーフテントを選ぶようにしましょう。

揺れが伝わりやすい

揺れ

続いての内容は、揺れが伝わりやすいという部分です。

実際にルーフテントに入ってみると、揺れがかなり伝わりやすいです。

車の上に設置するようになるので、普通のテント以上に風を感じてしまいます。

しっかり固定されていなければ、かなり揺れを感じてしまうことがあるので注意する必要があります。

特に強風の場合は、飛ばされる危険性もあるのでそのような場合は使用しないようにしましょう。

もしも気になる方は、揺れを軽減させるアイテムもあるのでそちらを使用するようにしましょう。

外の気温に左右される

続いての内容は、外の気温に左右されるという内容になります。

ルーフテントは、外の気温に左右されてしまいます。

ルーフテントは、非常に風通しが良いテントになります。

夏場がかなりのメリットになりそうですが、寒い時期はむしろデメリットになります。

そのため、冬場にルーフテントを使用する際は、防寒対策をする必要があります。

防寒対策をするアイテムとして、以下のようなアイテムがあります。

  • 湯たんぽ
  • オイルヒーター
  • 電気毛布
  • インナーテント
  • シュラフ

あくまで例になりますが、アイテムを使用することでいつでも快適にキャンプを楽しむことができます。

ルーフテント購入する前に注意すること

次に、ルーフテントを購入する前に注意することを紹介していきます。

これから購入しようとしている方は、必ず以下の内容をチェックするようにしましょう。

  • 高さ制限を事前に確認
  • 組み立てが楽なものにする
  • 車とのバランスを要チェック
  • 使用する人数を把握する

高さ制限を事前に確認

高さ制限

1つ目の内容は、高さ制限を事前に確認という内容になります。

この点は、必ず確認するようにしましょう。

ルーフテントを購入する上で、一番重要になるのが設置した際の高さになります。

高さ制限に引っかかってしまったり、走行に影響を与えてしまってはルーフテントを使用することができません。

購入するサイズは、設置する車のサイズによって異なります。

基準としては、ルーフテントを設置して2.1m以下になれば基本的に問題ないでしょう。

また、ルーフテントの種類などもあります。

  • シェル型
  • タワー型
  • トップテント型

上記のような種類から展開されているので、自分の車にあったサイズのルーフテントを購入するようにしましょう。

組み立てが楽なものにする

続いての内容は、組み立てが楽なものにするという内容になります。

組み立てが楽なルーフテントを購入することで、スムーズに設置することができます。

また、1人キャンプや女性の方でも簡単に設置することができます。

しかし、簡単な部分ばかり見てはいけません。

組み立てが簡単なルーフテントの中には、すぐに壊れてしまう商品もあります。

丈夫に作られているのに加えて、簡単に設置することができる商品を選択するようにしましょう。

車とのバランスを要チェック

続いての内容は、車とのバランスを要チェックという内容になります。

この部分も重要になります。

車とのバランスがあっていないと、設置後に後悔してしまうことがあります。

実用性の面ではあまり影響がありませんが、設置後の満足度が低くなります。

せっかく設置するのであれば、インスタ映えを意識した方が良いです。

車のデザイン・ボディカラーに合ったルーフテントを選択するようにしましょう。

そうすることで、大満足なキャンプをすることができるでしょう。

使用する人数を把握する

続いての内容は、使用する人数を把握するという内容になります。

事前に、どのくらいの人数でルーフテントを使用するのか計算しておくようにしましょう。

ルーフテントは商品によって、入れる人数が異なります。

1人キャンプをする方であれば、小さめでも問題ありません。

しかし、家族単位でキャンプを頻繁にする方であれば、ある程度大きいルーフテントが必要になります。

このようにどのような場面でルーフテントを使用するかで、購入するサイズも異なってきます。

事前に人数を把握することで、それに合ったルーフテントを購入することができます。

ルーフテントを購入しても後悔しない人

最後に、ルーフテントを購入しても後悔しない人を紹介していきます。

ルーフテントは、どのような方にオススメなのでしょうか。

これから購入しようと考えている方は、こちらの内容もチェックするようにしましょう。

  • コスパ良くキャンプしたい方
  • 車上泊をしたい方
  • 綺麗な景色を見たい方
  • キャンプ時快適に過ごしたい方
  • 自由に移動したい方

コスパ良くキャンプしたい方

1つ目の内容は、コスパ良くキャンプをしたい方になります。

ルーフテントは、言わばキャンピンカーの代わりという位置付けになります。

キャンピングカーを購入するとなると、数百万円は余裕でします。

新車などになると数千万円になってしまうこともあります。

それに対して、ルーフテントは数万円で購入することができます。

実用性の高いルーフテントでも数十万円で購入することができます。

設置するという手間がありますが、それでもキャンピングカーに比べると全然安いです。

キャンピングカーのことを考えると、非常にコスパの良いキャンプ用品になっています。

車上泊をしたい方

車上泊

続いて内容は、車上泊をしたい方になります。

車上泊は、目線がかなり高くなるので自然の景色を楽しむことができます。

そのようなキャンプに憧れている方は、ルーフテントがかなりオススメです。

また、車の上になることで開放感なども感じることができます。

車の上にルーフテントを設置することで、普段味わうことのできない感情や見ることのできない景色などを見ることができます。

そのような体験をしたい方は、かなりオススメのキャンプ用品です。

綺麗な景色を見たい方

続いての内容は、綺麗な景色を見たい方になります。

ルーフテントからは、天気が良ければ綺麗な景色を見ることができます。

場所によっては、星空を眺めながら寝ることもできるでしょう。

目線を高くすることで、日常生活では気づけない部分が多数見つかります。

普段とは違う世界観を味わうことができるので、キャンプの楽しさが倍増します。

また、海沿いであれば違う角度から海を見ることもできます。

どの場面でも自然を堪能できるので、どこでも綺麗な景色を見ることができます。

キャンプ時快適に過ごしたい方

続いての内容は、キャンプ時快適に過ごしたい方になります。

ルーフテントを使用することで、キャンプする際はかなり快適になります。

キャンプは、寝る時はテントや車中泊をする方が多くいます。

それにルーフテントを加えることによって、寝る場所を確保できるといったメリットもあります。

寝る場所が増えることで、一人一人の空間が広くなるので快適に過ごすことができます。

また、大人数でキャンプに行くこともできるので、非常に便利な用品になります。

自由に移動したい方

続いての内容は、自由に移動したい方になります。

ルーフテントは、どんな場所でも設置することができます。

サイズによっては、設置した状態で運転することも可能になります。

そのため、自由に移動することができます。

テントは、一度設置してしまうと移動する際は片付けなければいけません。

ルーフテントの場合は、そのような手間が発生しないので時短にもなります。

自由に移動してキャンプを楽しみたい方は、ルーフテントがかなりオススメです。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす