ダイハツ

ムーヴキャンバスの辛口評価は?購入して後悔する色はスムースグレーマイカメタリック!

  • ムーヴキャンバスの購入を検討している方
  • ムーヴキャンバスのボディカラーに悩んでいる方
  • 購入して後悔したくない方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

ムーヴキャンバスは、軽ハイトワゴンとして展開されていることから子育て世代に高い人気があります。

その実用性だけでなく、デザイン性にも定評があります。

可愛らしいデザインが基本となっていることから、主に女性に人気があります。

そんなムーヴキャンバスですが、後悔するボディカラーはどの色になるのでしょうか。

車を購入する上で一番にやってはいけない事は、購入後に後悔してしまう事です。

それだけはどうしても避けなければいけません。

そのためにも購入前にしっかり確認しておく必要があります。

そこで今回は、買って後悔するムーヴキャンバスのボディカラーを紹介していきます。

どのボディカラーがランクインしているのか、事前に確認するようにしましょう。

それに加えて、辛口評価についても併せて紹介していきます。

↓『ダイハツムーヴキャンバスの人気色を紹介!不人気色はおばさんっぽい色?』についての記事はこちら↓

ダイハツムーヴキャンバスの人気色を紹介!不人気色はおばさんっぽい色? ムーヴキャンバスを購入しようとしている方 ムーブキャンバスの不人気色を知りたい方 ムーブキャンバスのボディカラー...

外装デザインの辛口評価

まず初めに、外装デザインの辛口評価になります。

外装の評価については、以下のような内容が上がっています。

  • フォルムが気になる
  • 単色カラーがとにかくダサい

フォルムが気になる

外装デザインの辛口評価として、フォルムが気になるという口コミがあります。

ムーヴキャンバスの良い点ではありますが、中にはその部分が気になる方がいます。

ムーヴキャンバスは、全体的に可愛らしいデザインが特徴的です。

その可愛さを表現している1つとして、丸みを帯びたデザインがあります。

丸みを帯びているからこそ、ヘッドライトやリアなどの可愛さがより一層際立っているようになります。

しかし、そんな丸みを帯びたデザインを好まない方がいます。

ムーヴキャンバスに限らず、丸みを帯びたデザインがあまり好みではない方はムーヴキャンバスはあまり向かないでしょう。

購入後に後悔してしまう可能性もあるので、注意するようにしましょう。

単色カラーがとにかくダサい

続いての内容は、単色カラーがとにかくダサいという内容になります。

ムーヴキャンバスの単色カラーに言及している口コミがあります。

ムーヴキャンバスの単色カラーは、言ってしまうとバランスが悪いです。

明るめのカラーや柔らかめのカラーにホワイトが加わり、ツートンカラーになることで可愛らしさが出てきます。

しかし、単色になってしまうとどうしても可愛らしさが出てきません。

各パーツの可愛らしさも際立って見えなくなるので、どうしても気になってしまいます。

このような理由があることから、人によっては単色カラーがダサいと感じる方も多くいます。

内装デザインの辛口評価

続いて、内装デザインの辛口評価になります。

内装デザインも可愛らしいデザインになっていますが、そこが気になるという口コミがあります。

どのような部分が気になっているのでしょうか。

  • 男性には好みではない
  • 外装ほど内装が良くない

男性には好みではない

内装デザインの辛口評価の1つ目は、男性の好みではないという内容になります。

ムーヴキャンバスの内装デザインも、エクステリア同様に可愛らしいデザインになっています。

そのため、どちらかと言うと女性向けのデザイン性になっています。

ムーヴキャンバスに男性が乗ろうとすると、少し恥ずかしさもあるかもしれません。

しかし、ムーヴキャンバスの内装が気になる方は、ブラック内装を選択するとまだマシになるかもしれません。

可愛さにかっこよさも加わることから、男性でも乗りやすい仕様になります。

外装ほど内装が良くない

続いての内容は、外装ほど内装が良くないという内容になります。

ムーヴキャンバスは、エクステリアデザインについては高評価を得ています。

それに対して、インテリアを見てみるとエクステリアほどの高評価ではないことがわかります。

人によっては、内装のデザインを受け付けなかったという方もいらっしゃいます。

その理由は、内装の各パーツの可愛らしさからいています。

人によっては、可愛さよりもかっこよさを好む方がいます。

そんな方が、ムーヴキャンバスの内装を見ると受け付けないということがよくわかります。

内装のデザインにも拘りがある方は、購入前にしっかりチェックするようにしましょう。

購入して後悔したボディカラー4選

次に、買って後悔したボディカラーを紹介していきます。

冒頭の部分でも記載しましたが、車を購入する上で一番気をつける部分は後悔しないかどうかです。

大金を払うことになるので、ここで後悔してしまうと車が嫌いになってしまう可能性もあります。

それを避けるために、事前に後悔するボディカラーをチェックしておく必要があります。

  • スムースグレーマイカメタリック
  • ファイアークォーツレッドメタリック
  • ブルーミングピンクメタリック
  • ブラックマイカメタリック 

スムースグレーマイカメタリック

おばさんっぽいスムースグレーマイカメタリック
  • おばさんっぽいボディカラー
  • 似合う年齢層が限られる
  • エクステリアデザインに合ってない色合い

購入して後悔したボディカラーの1つ目は、スムースグレーマイカメタリックになります。

こちらの後悔する理由としては、おばさんっぽいボディカラーという内容が挙げられています。

グレー系は、汚れや傷が目立たないなど人によっては魅力的に感じるカラーです。

しかし、ムーヴキャンバスでこのカラーを選択してしまうと、若々しさが表現されません。

ムーヴキャンバスは、可愛らしいデザインであることから、若々しさも感じられる車です。

そんな若々しさを感じられないグレー系になると、ムーヴキャンバスの良さが失われてしまう可能性があります。

そのため、似合う年齢層なども限られるので、後悔したくない方はあまり選択しない方が良いボディカラーになります。

ファイアークォーツレッドメタリック

目立ちすぎるファイアークォーツレッドメタリック
  • 誰が乗っても派手すぎる
  • どこを走行しても気づかれる
  • 似合う人が限られる

続いての後悔するボディカラーは、ファイアークォーツレッドメタリックになります。

見てもらうとわかりますが、誰が乗っても派手すぎるという部分が後悔する理由になっています。

とにかくどこを走行していても目立ってしまいます。

現車を確認すると、写真よりも少し明るめのレッドになっています。

そのため、道路やスーパーなどを走行していると、友人などにすぐ気づかれてしまうことがあります。

それが人によっては嫌だという方がいるので、そういう方はあまり選択しない方が良いです。

また、こちらのボディカラーは似合う人が限られるので、事前に現車をチェックするようにしましょう。

ブルーミングピンクメタリック

ブルーミングピンクメタリック
  • 女性にしか似合わないカラー
  • 男性が乗り込むとき恥ずかしい
  • 年齢を重ねると恥ずかしさが出てくる

続いての後悔するボディカラーは、ブルーミングピンクメタリックになります。

こちらの後悔する理由は、女性にしか似合わないという点になります。

ピンク系に男性が乗ろうとすると、必ず躊躇します。

人によっては嫌がる方もいると思います。

また、恥ずかしさなども感じてしまうことがあるので、注意するようにしましょう。

家族の車として使用する場合は、旦那さんも奥さんも乗るはずです。

そのため、どちらが乗るにしても満足できるボディカラーを選択する必要があります。

そのため、家族の車として乗る際は、ピンク系はできるだけ避けるようにしましょう。

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック
  • エクステリアデザインに合ってない色合い
  • 可愛らしさが失われている
  • 傷が目立ちやすい

続いての後悔するボディカラーは、ブラックマイカメタリックになります。

ブラックは、一見人気色にランクインするボディカラーですが、ムーヴキャンバスの場合は後悔する色に該当します。

その理由としては、エクステリアデザインに合ってない色合いだからです。

可愛らしいエクステリアデザインに、ブラックのボディカラーはあまり似合いません。

可愛らしさが失われ、ムーヴキャンバスの良さがなくなってしまうからです

また、傷が目立ちやすいというのも気になる点になります。

長く乗っていると、飛石などで傷が目立ってきてしまうのでブラック系はあまりお勧めできないでしょう。

運転しやすさの辛口評価

続いて、運転のしやすさの面での辛口評価になります。

運転をする部分では、どのような部分に不満点があるのでしょうか。

1つずつ解説していきます。

  • パワー不足がかなり気になる
  • 全座席の突き上げがひどい
  • エンジン音が気になる

パワー不足がかなり気になる

すでに皆様がご指摘いただいています通り車量に対しパワー不足は否めなく
ちょっとした坂道でアクセルを踏んでも加速(追従)しません。

運転のしやすさ面での辛口評価の1つ目は、パワー不足がかなり気になるという内容になります。

これは、軽自動車では一番気になる内容なのではないでしょうか。

やはりアクセルを踏んだ際のパワー不足がかなり気になるようです。

特に坂道や悪路などでは、アクセルを踏んでもスピードに乗るまで時間がかかります。

平坦な道路を走行する分には問題ありませんが、上記のような悪路に差し掛かった際に気になってしまいます。

試乗などでどのくらいのパワーになっているのかを確認しておくと、後悔なく乗ることができるでしょう。

全座席の突き上げがひどい

突き上げがハンパないです。特に後部座席の突き上げがひどいです。

続いての内容は、全座席の突き上げがひどいという内容になります。

ムーヴキャンバスは、とにかく突き上げがかなり気になります。

それも全座席で気になってしまうので、遠出などにはあまり向かない車になるでしょう。

その中でも一番ひどいのは、後部座席になります。

後輪に近いというのもあって、前席以上に突き上げを感じてしまいます。

人によっては車酔いしてしまうこともあるので、注意するようにしましょう。

エンジン音が気になる

エンジンのカムノイズがガチャガチャうるさく不快になる。スタートからの吹け上がり感はスズキ車の方がかなり上です。

続いての内容は、エンジン音が気になるです。

エンジンのカムノイズが、気になってしまうという口コミが寄せられています。

そういった部分を比較すると、やはりライバルでもあるスズキ車の方がレベルが高いと言われています。

スズキの軽自動車は、スムーズな走行性と静かさが魅力です。

そのようなスズキ車と比較すると、ムーヴキャンバスはエンジン音の部分で少し劣っていると感じます。

乗り比べるとその差が明らかになるので、一度試してみるのもアリかと思います。

 燃費の辛口評価

燃費での辛口評価は、たったの1つになります。

それは、外の環境に大きく左右されるという内容になります。

外の環境に大きく左右される

【燃費】冬の平地+街中のみでは9.8Km/L以上上がらない。最悪車です。購入時の説明と全く違ったことに失望した。

燃費部分の辛口評価として、外の環境に大きく左右されるという内容になります。

これは実燃費の話になりますが、冬の時期の走行になると実燃費が9.8km/Lになってしまうようです。

ちなみにカタログ燃費は、19.6km/L〜になります。

これだけの差が出てきてしまっているので、燃費面にも注意するよう必要があります。

寒い時期の方が燃費が落ちると言われていますが、流石に上記の数値を見ると下がりすぎな気がします。

外の環境にかなり左右される燃費になっているので、寒い地域に住んでいる方にはあまりオススメできないでしょう。

価格の辛口評価

続いて、価格面での辛口評価になります。

価格帯もかなり気になる部分になります。

  • ライバル車と比べると高め
  • ホンダNシリーズの方がコスパ良い
  • 好きではないと購入できない価格帯

ライバル車と比べると高め

ライバル車と比較すると、価格が高めの設定になっている。
コストを気にする人はスズキの方が安くて燃費がいいと思います。

価格面での辛口評価の1つ目は、ライバル車と比べると高めという内容になります。

価格帯をライバル車と比較すると、やはりスズキ車の方がコスパ良いと感じるようです。

また、これは燃費面なども影響してきます。

車を購入する際に気にする部分は、維持費だと思います。

その維持費を考えるのであれば、圧倒的にスズキ車の方がコスパ良く乗ることができるでしょう。

デザインの好みなどはありますが、あまり拘りがない方はライバル車も視野に入れるようにしましょう。

ホンダNシリーズの方がコスパ良い

燃費・価格帯などを考えると、圧倒的にNシリーズの方がコスパ良い。

続いての内容は、ホンダNシリーズの方がコスパ良いという口コミになります。

コスパの面を見ると、ホンダのNシリーズもコスパが良いようです。

軽ハイトワゴンの売上などを見てみると、圧倒的にNシリーズの方が上位を占めています。

それは以下のようなことが影響していると考えます。

  • 購入価格
  • 満足度
  • 燃費
  • エクステリア・インテリアのデザイン性

これらのことを考えると、圧倒的にNシリーズの方が良いと感じるようです。

車を購入する上では、満足度もかなり重要になるのでチェックするようにしましょう。

好きではないと購入できない価格帯

好きでもない車に新車で200万も出したくないため新古車(試乗車)で購入しました。

続いての内容は、好きではないと購入できない価格帯という内容になります。

ムーヴキャンバスは、以下のような価格帯から展開されています。

グレード 価格帯
X”SA Ⅲ” ¥1,430,000円〜
G”SA Ⅲ” ¥1,518,000円〜
X”メイクアップ
リミテッド SA Ⅲ”
¥1,507,000円〜
X”ブラックインテリア
リミテッド SA Ⅲ”
¥1,584,000円〜
G”ブラックインテリアVS
SA Ⅲ”
¥1,628,000円〜
G”ブラックアクセントVS
SA Ⅲ”
¥1,562,000円〜
G”ブラックインテリア
リミテッド SA Ⅲ”
¥1,584,000円〜
G”メイクアップVS
SA Ⅲ”
¥1,628,000円〜
G”ホワイトアクセントVS
SA Ⅲ”
¥1,562,000円〜
G”メイクアップ リミテッド
SA Ⅲ”
¥1,584,000円〜

グレードによっても異なりますが、上のグレードになると購入価格が200万円超える場合があります。

ムーヴキャンバスに惚れ込んだ方であれば、200万円ほどの金額を支払えるかもしれません。

しかし、あまり興味がない方は、少し躊躇する金額になるのではないでしょうか。

スズキ車になると、200万円行かない価格で軽ハイトワゴンを購入することもできます。

自分にとってどのくらいの満足度があるのかで、購入する車も変わってくるということです。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす