スズキ

白ナンバーが似合う軽自動車7選!デメリットはむかついて煽られる?

  • 白ナンバーの軽自動車が欲しい方
  • 白ナンバーが似合う軽自動車を知りたい方
  • 白ナンバーにするデメリットを知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

車は、軽自動車と普通車に分かれるのは、誰もが知っていることになります。

その見極め方法の1つとしては、車のナンバーの違いになります。

軽自動車の場合黄色で、普通車の場合は白ナンバーになります。

しかし、近年では軽自動車でも白ナンバーをつけることがあります。

街中を見てても、明らかに軽自動車なのに白ナンバーをつける車を見かけたことがあると思います。

周りでも見るように、ある時を境に軽自動車でも白ナンバーを装着できるようになっています。

そこで今回は、軽自動車を白ナンバーにすることよっての影響を紹介していきます。

また、白ナンバーが似合う軽自動車なども紹介していくので、白ナンバーを検討している方はぜひ参考にしてください。

白ナンバーが似合う軽自動車7選

まず初めに、白ナンバーが似合う軽自動車を紹介していきます。

白ナンバーが似合う軽自動車の特徴は、軽自動車らしくないデザイン性です。

白ナンバーを付けることによって、普通車か軽自動車かの見分けがつきにくくなります。

できるだけ黄色ナンバーを避けたい方は、ぜひ参考にしてください。

  • ホンダ N-BOX
  • ダイハツ タントカスタム
  • ダイハツ タフト
  • スズキ ハスラー
  • スズキ  ジムニー
  • 日産 デイズルークス
  • スズキ スペーシア

ホンダ N-BOX

N-BOX
車種名 N-BOX
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,790-1,815 mm
燃費 19.0km/L〜
新車価格 1,429,000円〜
5年落ちリセールバリュー 30%〜40%

白いナンバーが似合う軽自動車の1台目は、ホンダのN-BOXになります。

軽自動車の中では、一番似合うのがこの車種になります。

ここ最近では、街中で見かける機会も多くなってきています。

車に詳しい方であれば軽自動車という認識がありますが、あまり詳しくない方は普通車と勘違いしてしまうようです。

普通車と同じようなエクステリアデザインしているという部分が特徴になります。

普通車と軽自動車とで料金が違う場面では、勘違いされる可能性もあるのでその点は注意が必要です。

ダイハツ タントカスタム

タントカスタム
車種名 タントカスタム
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,755-1,775 mm
燃費 12.82km/L〜
新車価格 1,243,000円〜
5年落ちリセールバリュー 27%〜42%

続いての車種は、ダイハツのタントカスタムになります。

こちらの車種でも白ナンバーにしている方が非常に多いです。

タントカスタムは、普通車に負けないほどのかっこよさを兼ね備えています。

エクステリアのかっこいいデザインがあることで、白ナンバーが似合うようになっています。

走行性なども普通車のような走りをしてくれるので、ストレスを感じにくいでしょう。

実用性なども非常に高いため、幅広い年代に人気がある車種になっています。

ダイハツ タフト

タフト
車種名 タフト
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,630 mm
燃費 14.2km/L〜
新車価格 1,353,000円〜
5年落ちリセールバリュー

続いての車種は、ダイハツのタフトになります。

こちらの車種にも白ナンバーが似合う軽自動車になります。

こちらは白ナンバーにすることで、コンパクトSUVに間違えられるケースが多いです。

まるでSUV車のような走破性を兼ね備えていることで、デビュー当時から人気があります。

カスタムすることで、その走破性もさらに向上します。

室内環境などもかなり充実しているので、幅広い場面で活躍するでしょう。

スズキ ハスラー

ハスラー
車種名 ハスラー
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,680 mm
燃費 18.0km/L〜
新車価格 1,365,000円〜
5年落ちリセールバリュー 50%

続いての内容は、スズキのハスラーになります。

こちらの車種は、白ナンバーの王道と言っても良いでしょう。

おしゃれなデザインと可愛らしいデザインで、性別問わず幅広い年代に人気があります。

白ナンバーにすることで、普通車と間違われるほどの存在感になります。

おしゃれなのは、エクステリアだけではありません。

室内なども細かい部分まで拘っているので、見ても乗っても楽しい車種になります。

スズキ  ジムニー

ジムニー
車種名 ジムニー
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,725 mm
燃費 13.2km/L〜
新車価格 1,485,000円〜
5年落ちリセールバリュー 59%

続いての車種は、スズキのジムニーになります。

こちらの車種は、普通車なのか軽自動車なのか見分けがつかない車になっています。

本来は、軽自動車になります。

しかし、少しカスタムするだけで普通車以上の走破性に進化する車種です。

そのため、古くから幅広い年代に愛される車になっています。

山道や岩道を走行するには、もってこいの車です。

白ナンバーでも黄色ナンバーでも似合う車となっています。

日産 デイズルークス

デイズルークス
車種名 デイズルークス
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長3395 mm x 全幅1475 mm x 全高1775 mm
燃費 21.8km/L〜
新車価格 1,415,700円
5年落ちリセールバリュー 30%

続いての車種は、日産のデイズルークスになります。

こちらもN-BOX・タントカスタム同様に、軽ハイトワゴンのタイプになっています。

デイズルークスだけに関わらず、軽ハイトワゴンは白ナンバーがよく似合います。

軽自動車らしくないデザイン性をすることで、走行していると存在感があります。

この車で白ナンバーにする方も多くいらっしゃいます。

デザイン性と実用性などを考えると、誰にでもオススメしたくなる車になります。

スズキ スペーシア

スペーシア
車種名 スペーシア
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,785 mm
燃費 17.3km/L〜
新車価格 1,380,000円〜
5年落ちリセールバリュー 35%〜45%

続いての内容は、スズキのスペーシアになっています。

こちらも軽ハイトワゴンのタイプになっています。

他の軽ハイトワゴンと比較すると、少し可愛らしいデザイン性になっています。

しかし、白ナンバーはよく似合います。

デザインが可愛くても、ボディサイズにはあまり変わりがありません。

そのため、白ナンバーにしても違和感のない仕様に仕上がります。

白ナンバー軽自動車のメリット

続いて、軽自動車を白ナンバーにすることでのメリットを紹介していきます。

軽自動車を白ナンバーにすることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 車の見た目が良くなる
  • 周りから舐められなくなる

車の見た目が良くなる

白ナンバーにすることでのメリットの1つ目は、車の見た目が良くなるという内容になります。

軽自動車を白ナンバーにすると、全体的に車の見た目が良くなります。

軽自動車の黄色ナンバーがどうしても気になるという方は、多いのではないでしょうか。

黄色にすることで、以下のような部分が気になってしまいます。

  • 車体とのバランスが悪くなる
  • プレートだけ悪目立ちしてしまう
  • 安っぽく見えてしまう

このように感じてしまう方が多いのではないでしょうか。

しかし、白ナンバーにすることで上記の悩みが解決します。

白のナンバーは、ボディカラーが何色でも似合うという部分があります。

そのため、色合いのバランスなどを考える必要がありません。

自分の好きなボディカラーを購入することができるので、悩む時間もなくなります。

白ナンバーは、車全体の見た目が良くなるため非常に魅力的です。

周りから舐められなくなる

続いての内容は、周りから舐められなくなるという内容になります。

白ナンバーにすることで、周りからの印象が変わります。

黄色のナンバーになっていると、どうしても弱そうに見えてしまいます。

軽自動車は、そもそもボディサイズが小さいので下に見られがちです。

人によっては、近年で問題となっている煽り運転をしてくる方もいるようです。

車の見た目が弱そうに見えてしまうことで、危険に晒される可能性もあります。

しかし、白ナンバーにすることでそのような印象がなくなります。

見た目的には、軽自動車同様になるので弱そうな印象を周りに与えなくなります。

これは、あくまで見た目の問題です。

  • 「軽自動車を白ナンバーにする意味がわからない。」
  • 「普通車を買えない人が、軽自動車を白ナンバーにする。」
  • 「白ナンバーにするなら、普通車購入した方がいい。」

こういった考えの方もいるようです。

白ナンバーにすることで、逆に舐められるということもあるので注意が必要です。

白ナンバー軽自動車のデメリット

上記の部分でメリットを紹介してきましたが、その反面デメリットもあります。

軽自動車を白ナンバーにする際は、メリット・デメリット両方の内容を確認した上で検討するようにしましょう。

  • 費用がかかる
  • 高速道路で勘違いされやすい
  • 軽自動車の白ナンバーをよく思ってない方がいる

費用がかかる

白ナンバーにすることでのデメリットの1つ目は、費用がかかるという内容になります。

軽自動車を白ナンバーにするには、費用がかかります。

その気になる費用は、1,500円〜1,700円と言われています。

しかし、この金額は都道府県によって異なるので事前に確認するようにしましょう。

通常ナンバーで費用がかかることはありません。

しかし、軽自動車を白ナンバーにするには費用がかかってきます。

白ナンバーの中にも、オリンピックナンバーがあります。

◉オリンピックナンバーとは…??◉

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を記念して、大会開催の機運を盛り上げる観点から、デザインの入った特別仕様ナンバープレートを期間限定で交付している。
通常、軽自動車のナンバープレートは黄色だが、大会特別仕様ナンバープレートの場合、軽自動車でも白ベースとなることなどから人気となっている。

オリンピックナンバーにすると、7,000円〜9,000円とさらに高くなります。

これを好んで選択する方もいますが、費用が嵩むという部分は事前に確認するようにしましょう。

高速道路で勘違いされやすい

高速道路

続いてのデメリットは、高速道路で勘違いされやすいという内容になります。

誰もが知っていると思いますが、高速道路では普通車と軽自動車で料金が変わります。

当たり前ですが、軽自動車の方が安くなっています。

ETCの方では問題ありませんが、一般ルートを通る際に間違われる可能性があります。

車に詳しい方であればすぐに軽自動車の料金で請求してきますが、詳しくない方だと普通料金で請求される可能性があります。

たまに、間違われて請求されたという方がいるので注意が必要です。

もしもの場合は、車検証などを提示して軽自動車である証拠を見せる必要もあります。

ETCの場合は、自動で認識してくれるので心配な方はETCを活用するようにしましょう。

軽自動車の白ナンバーをよく思ってない方がいる

続いての内容は、軽自動車の白ナンバーをよく思ってない方がいるという内容になります。

上記の部分でも少し触れていますが、白ナンバーにすること自体あまりよく思ってない方がいます。

  • 「軽自動車を白ナンバーにするのはダサい。。。」
  • 「見た目だけ気にしすぎてる。」
  • 「軽自動車の白ナンバーはバランスが悪い。」

そのような方は、上記のように思っているようです。

全員に共通しているのは、軽自動車にして白ナンバーにする意味がわからないという部分です。

見た目だけを気にして、白ナンバーにしているのが気に食わないようです。

周囲の方全員がこのように思っているわけではありませんが、中にはこのような方もいるので注意が必要です。

白ナンバー軽自動車のイメージ

次に、白ナンバー軽自動車のイメージを紹介していきます。

白ナンバーの軽自動車に対して、どのような印象を持っているのでしょうか。

人によっては、あまり良くない印象を持っている方もいらっしゃいます。

  • 何のためにしているのかわからない
  • 背伸びしている感がある
  • 貧乏臭いイメージがある

何のためにしているのかわからない

白ナンバー軽自動車のイメージの1つ目は、何のためにしているのかわからないという内容になります。

白ナンバーにする方の目的がわからないようです。

人によって白ナンバーにする目的は異なりますが、それを理解するには難しい部分があります。

普通車の方からすれば、何のためにしているのかという疑問を持つのも良くわかります。

わざわざ費用を払って、白ナンバーにする意味がわからないようです。

背伸びしている感がある

続いてのイメージは、背伸びしている感があるという内容になります。

軽自動車を白ナンバーにしているのは、見た目だけを気にしているという印象があるようです。

普通車は購入できないけど、周りの目を気にするから白ナンバーにしているというイメージがあります。

それがダサいと感じる方もいるので、注意するようにしましょう。

白ナンバーにしようとしている方は、このように感じる方もいるので事前にチェックするようにしましょう。

貧乏臭いイメージがある

続いての内容は、貧乏臭いイメージがあるという内容になります。

こちらも黄色ナンバーを嫌って、白ナンバーをつけているという印象があるようです。

周りからそれを見ると、惨めに感じてしまうようです。

軽自動車を白ナンバーにするくらいなら、最初っから普通車を購入した方が良いということです。

周りの方からこのようなイメージを持たれる可能性があるので、注意が必要です。

軽自動車なのに白ナンバーが導入された理由

次に、軽自動車に白ナンバーが導入された理由について紹介していきます。

なぜ、軽自動車なのにも関わらず白ナンバーを選択することができるのでしょうか。

その理由について深掘りをしていきます。

  • 軽自動車との識別の複雑さが緩和された
  • ワールドカップ・オリンピックの寄付金集め

軽自動車との識別の複雑さが緩和された

軽自動車に白ナンバーが導入された理由の1つ目は、軽自動車との識別の複雑さが緩和されたという内容になります。

軽自動車が黄色ナンバーになっている理由は、普通車との識別をするためです。

高速道路や駐車場などで、普通車と軽自動車で料金が異なってきます。

そう言った場合、ナンバーが同じだと料金が混在してしまう可能性があります。

それを防ぐために、ナンバーの識別を行なっていたようです。

しかし、近年では自動認識が普及してきています。

人に頼ることなく機械で自動認識してくれるので、料金が混在することもありません。

軽自動車と普通車の判断を自動で行なってくれるので、識別する理由もなくなっているようです。

そのため、軽自動車でも白ナンバーにできるようになったということです。

ワールドカップ・オリンピックの寄付金集め

寄付金

続いての理由は、ワールドカップ・オリンピックの寄付金集めという内容になります。

軽自動車を白ナンバーにすることで、費用の一部をワールドカップやオリンピックの寄付金になっていたようです。

寄付金を目的に白ナンバーにしていた方もいらっしゃいます。

寄付金にするという活動は、非常に魅力的な活動ですね。

ワールドカップ・オリンピックならではのデザインになっているので、周りと差別化された車になります。

今後も寄付金が目的で、特徴的な白ナンバーを交付する可能性もあります。

特別なナンバーにしたい方は、常にチェックする必要があります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす