ダイハツ

ダイハツ タフトの人気色5選!人気のない色や色の選び方は?

  • タフトの人気色を知りたい方
  • タフトのボディカラーで悩んでいる方
  • タフトの不人気色などが気になる方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

ダイハツから展開されているタフトは、軽自動車でありながら圧倒的な走破性とおしゃれさを兼ね備えています。

タフトと言えば、標準装備で付いているスカイフィールトップが魅力的です。

軽自動車にサンルーフが付いていることで、窮屈な室内ではなく開放感のある室内に仕上がっています。

そんな魅力的なタフトですが、幅広い年代に人気のある車になります。

ライバル車としては、ハスラーなどが挙げられますが非常に販売台数を競っているように感じます。

そこで今回着目するのが、タフトのボディカラーになります。

タフトの人気色は、一体どのボディカラーなのでしょうか。

ボディカラーは、リセールバリューや購入後の満足度にも関わってきます。

できるだけ後悔しないように、ボディカラー選びは慎重に選ぶ必要があります。

現在タフトのボディカラーに悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にするようにしましょう。

新型タフトの基本情報

タフト
年式 2020年〜
車名 タフト
駆動方式 前輪駆動・四輪駆動
装着タイヤ 15インチ
排気量 658cc
最高出力(エンジン)
kW(PS)/r.p.m.
47[64]/6,400
最大トルク(エンジン)
N・m(kgf・m)/r.p.m.
100[10.2]/3,600
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm
車両重量 830kg〜
価格(税込) 1,353,000円〜
燃費 17.1km/L〜

↓『タフトは売れてないって本当?ライバル車と比較した不満点を紹介』についての記事はこちら↓

タフト
タフトは売れてないって本当?ライバル車と比較した不満点を紹介 タフトの購入を悩んでいる方 タフトとハスラーどちらにしようか悩んでいる方 タフトの売れていない理由を知りたい方...

新型タフトの人気色5選

早速、タフトの人気色を紹介していきます。

全部で5つ紹介しいくので、ぜひ参考にするようにしましょう。

また、それぞれの特徴なども解説していきます。

  • レイクブルーメタリック
  • フォレストカーキメタリック
  • シャイニングホワイトパール
  • ブラックマイカメタリック
  • スプラッシュブルーメタリック

レイクブルーメタリック

レイクブルーメタリック

【選定理由】

  • 男性にも女性にも似合うボディカラー
  • 色褪せもなく長期間綺麗な状態で乗ることができる
  • 傷や汚れが目立ちにくい

無料色⇨0円

人気色の1つ目は、レイクブルーメタリックになります。

こちらのボディカラーは、タフトのイメージカラーになっているものになります。

よくCMなどでも取り上げられることから、タフトの印象がかなり強い車種になります。

そんなに派手すぎず、落ち着いた雰囲気があるのが特徴になります。

ブラックやホワイトなどの定番のボディカラーでは、面白みがないという方にかなり支持があるようです。

派手すぎない特別感のあるボディカラーになっていることで、幅広い年代から人気があります。

また、汚れや傷が目立たないのも人気の理由の1つになります。

フォレストカーキメタリック

フォレストカーキメタリック

【選定理由】

  • 雨や泥などの汚れが目立ちにくい
  • アウトドアに一番似合うボディカラー
  • 自然の風景に溶け込む色合い

無料色⇨0円

続いてのボディカラーは、フォレストカーキメタリックになります。

こちらのボディカラーもタフトのイメージカラーになっているものになります。

タフトのようなSUVっぽいデザインには、深緑がかなり似合います。

自然に溶け込むような色合いになっているので、アウトドアをする方に人気のあるボディカラーです。

自然だけでなく街乗りで走行する際も意外と街並みにマッチするので、運転していて楽しい車種になります。

大人の落ち着いた雰囲気のあるボディカラーになります。

シャイニングホワイトパール

シャイニングホワイトパール

【選定理由】

  • 安定感のあるボディカラー
  • 街乗りすることでおしゃれな印象を与える
  • ブラックとホワイトのバランスが良い

有料色⇨22,000円

続いてのボディカラーは、シャイニングホワイトパールになります。

こちらのボディカラーは、安定の人気を誇っています。

タフトだけに関わらず、ホワイト系はランキング上位に必ず食い込んでくるカラーです。

車全体が白というわけではなく、フェンダー部分には黒が採用されているので車全体のバランスが非常に良いです。

有料色になっていますが、軽自動車であることでオプション価格は22,000円と選択しやすいカラーになっています。

価格以上の満足感を得られるようなボディカラーになっているので、魅力がたくさん詰まっています。

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック

【選定理由】

  • 大人らしいタフトに仕上がる
  • 高級感のある軽自動車になる
  • 穏やかさを全く感じない

無料色⇨0円

続いてのボディカラーは、ブラックマイカメタリックになります。

タフトの印象にはあまりないボディカラーですが、大人の落ち着いた雰囲気を感じるボディカラーになります。

まるで軽自動車とは思えない高級感のある仕上がりになるので、1段階上のタフトという印象を受けます。

おしゃれで可愛らしいタフトからは想像できない仕上がりになるので、また違った満足感を得ることができます。

スプラッシュブルーメタリック

スプラッシュブルーメタリック

【選定理由】

  • 青空がめちゃくちゃ似合うボディカラー
  • 海沿いのドライブに最適な色合い
  • 運転がとにかく楽しくなるボディカラー

無料色⇨0円

続いてのボディカラーは、スプラッシュブルーメタリックになります。

第一印象としては、かなり派手さ感じますがタフトのエクステリアデザインによく似合っているカラーになります。

レイクブルーメタリックと比較すると、明るめの青色で構成されています。

青空の下で海沿いのドライブをするには最適なボディカラーです。

また、海沿いだけでなく山道などでも総会にドライブができること間違いなしです。

新型タフトの不人気色3選

続いて、タフトの不人気色を紹介していきます。

不人気色を選択してしまうと、リセールバリューが低くなる可能性があります。

購入後に後悔しないためにも、不人気色はしっかりチェックするようにしましょう。

  • レモンスカッシュクリスタルメタリック
  • コンパーノレッド
  • ブライトシルバーメタリック

レモンスカッシュクリスタルメタリック

レモンスカッシュクリスタルメタリック

【選定理由】

  • どこを走行していても目立ってしまう
  • 似合う人が限定される
  • 人によっては恥ずかしさが出てしまう

無料色⇨0円

不人気色の1つ目は、レモンスカッシュクリスタルメタリックになります。

不人気色になっている1番の要因は、派手さです。

タフトで展開されているボディカラーの中で、一番派手な仕上がりになっています。

そのため、どこを走行していても目立ってしまうという部分が不人気色になっている要因になります。

また、人によっては恥ずかしさなども出てきてしまうため、購入するには勇気のいるボディカラーになります。

購入する際は、現車を一度確認するようにしましょう。

コンパーノレッド

コンパーノレッド

【選定理由】

  • 男性にはあまり似合わないボディカラー
  • オプション価格がかかってしまう
  • どこを走行していても目立ってしまう

有料色⇨22,000円

続いてのボディカラーは、コンパーのレッドになります。

こちらの不人気色にランクインしています。

女性にとってはかなりおしゃれなデザインになっていますが、男性が乗るとなると少し考えるようなカラーになっています。

もちろん似合わないというわけではありませんが、購入するには勇気のいるボディカラーです。

また、有料色になるので購入まで踏み出せない方が多くいます。

人気色のシャイニングホワイトパールと同等のオプション価格になるので、それならホワイト系を選択した方が良いと考えるようです。

ブライトシルバーメタリック

ブライトシルバーメタリック

【選定理由】

  • 若々しさが失われてしまう
  • メカっぽい仕上がりになってしまう
  • タフトには無難すぎるボディカラー

無料色⇨0円

続いてのボディカラーは、ブライトシルバーメタリックになります。

一見安定に見えるボディカラーですが、タフトではあまり人気がないようです。

タフトは、個性的なボディカラーがよく似合う車種になります。

ブルー系や深緑系など他の車種では似合わないカラーが、似合うという車です。

そのため、シルバー系を選択する方があまり多くありません。

汚れや傷が目立ちにという特徴がありますが、リセールが低くなる可能性があるので注意するようにしましょう。

しかし、誰が乗っても似合うという点については、大きなメリットの部分になります。

新型タフトのリセールバリューが高い色

続いて、タフトのリセールバリューが高いカラーを紹介していきます。

タフトの人気色は、個性的なカラーが多数ランクインしていましたが、リセールバリューを考えるとどのカラーを選択すれば良いのでしょうか。

それは、やはりホワイト・ブラックになります。

リセールバリューが高いのはホワイト・ブラック

タフトのリセールバリューが高いボディカラーは、ホワイト・ブラックになります。

この部分は、他の車種と同様の結果になります。

やはり中古車市場で一番探されているのは、安定したホワイト・ブラックになります。

長い期間乗っていても色褪せしないというのがポイントになります。

派手な色や個性的な色は、どうしても長年乗っていると色褪せが目立ってきてしまいます。

当然メンテナンスをすれば問題がありませんが、全員がメンテナンスするかと言われればそうではありません。

ボディ表面の劣化の面で考えると、圧倒的にホワイト・ブラックの方が色褪せせずに乗り続けることができます。

また、性別・年齢関係なく誰でも似合うといった部分もあります。

ホワイトかブラックを選択することによって、誰でも似合う車になるので幅広い場面で使用することができます。

新型タフトのリセールバリューが低い色

次に、リセールバリューが低いボディカラーを紹介していきます。

リセールバリューが低いボディカラーは、どれになっているのでしょうか。

それは、不人気色にランクインしているレモンスカッシュクリスタルメタリックになります。

リセールバリューが低いのはレモンスカッシュクリスタルメタリック

タフトのリセールバリューが低いボディカラーは、レモンスカッシュクリスタルメタリックになります。

タフトで展開されているボディカラーの中で、一番リセールが低くなっています。

レモンスカッシュクリスタルメタリックに対しての口コミは、以下のようになっています。

  • 「どこを走行していても目立ってしまいそう。。。
  • 「すぐ友人に気づかれそう。」
  • 「派手なボディカラーだから、自分にはあまり似合わない。」 

やはりどうしても派手さが気になってしまい、購入に踏み込めないという方が多くいます。

明るめの黄色が基調になっているので、街中や山道などどこを走行していても目立ってきてしまいます。

黄砂や汚れが目立ちにくいというメリットもありますが、それでも派手なデザインが気になってしまうようです。

リセールバリューを考えて車を購入するのであれば、レモンスカッシュクリスタルメタリックは避けた方が良いボディカラーになります。

新型タフトの色の選び方

上記で人気色や不人気色などを紹介してきましたが、タフトのボディカラーはどのようにして選択すれば良いのでしょうか。

具体的にタフトのボディカラーの選び方について紹介していきます。

タフトのボディカラーの部分で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

  • 大人らしさを出すならブラックマイカメタリック
  • 爽快なドライブをするならスプラッシュブルーメタリック
  • アウトドアに出かけるならフォレストカーキメタリック

大人らしさを出すならブラックマイカメタリック

大人らしい落ち着いた雰囲気を出したいのであれば、ブラックマイカメタリックを選択するようにしましょう。

タフトは、アウトドアに使用する車として開発された車種になります。

しかし、ブラック系のボディカラーにすることで、そこに落ち着いた高級感のある車に変化します。

おしゃれで可愛らしいエクステリアデザインから、ガラッと雰囲気が変わるのでまた違ったタフトを楽しむことができます。

大人の雰囲気・かっこよさを出したいのであれば、ブラックマイカメタリックを選択するようにしましょう。

爽快なドライブをするならスプラッシュブルーメタリック

爽快なドライブをするなら、スプラッシュブルーメタリックを選択するようにしましょう。

こちらのボディカラーは、派手な青色をベースに構成されているボディカラーです。

その青色の鮮やかさは、ドライブをより一層楽しくさせてくれます。

街中のドライブもそうですが、山道や海沿いなどのドライブが一番最適でしょう。

どの自然の場面ともマッチしてくれるので、爽やかにドライブを楽しめること間違いなしです。

また、男性でも女性もでおしゃれな仕上がりになるので、誰でも選択できるといった場面でも魅力的なカラーになります。

アウトドアに出かけるならフォレストカーキメタリック

カーキ

頻繁にアウトドアに出かけるのであれば、フォレストカーキメタリックを選択するようにしましょう。

アウトドアと言えば、深緑の印象がかなり強いと思います。

スズキから展開されているジムニーやハスラーなどもカーキ色となると、アウトドアが連想されます。

それと同じ考え方です。

タフトのカーキ色もアウトドアを連想させます。

悪路や岩道などを難なく走行できるような雰囲気になっているので、アウトドア時には映えるボディカラーになります。

また、タイヤのインチアップやリフトアップなどをすることで、さらにアウトドアに最適な車になるので、走行性の面でも向上するでしょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす