ダイハツ

タフトは売れてないって本当?ライバル車と比較した不満点を紹介

タフト
  • タフトの購入を悩んでいる方
  • タフトとハスラーどちらにしようか悩んでいる方
  • タフトの売れていない理由を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

タフトは、2020年にデビューされてから着々と売上を伸ばしている車種になります。

軽自動車とは思えないエクステリアのデザインとインテリアのオシャレさに魅力があります。

それ以外にも標準で装備されているスカイフィールトップは、一番の魅力になっているはずです。

そんな様々な魅力があるダイハツのタフトですが、あまり売れていないという噂を耳にすることがあります。

デビューして2年が経過していますが、いまだに街中や道路などで見かける頻度が少ない気がします。

しかし、売り上げを見てみると売れていないというわけではありません。

ハスラーと競い合うくらいの売り上げは出していますが、それでも売れてないという噂を聞くのはなぜでしょうか。

↓『ダイハツ タフトの人気色5選!人気のない色や色の選び方は?』についての記事はこちら↓

ダイハツ タフトの人気色5選!人気のない色や色の選び方は? タフトの人気色を知りたい方 タフトのボディカラーで悩んでいる方 タフトの不人気色などが気になる方  今...

タフトが売れていないと言われている理由

まず初めに、タフトが売れていないと言われている理由について紹介していきます。

冒頭の部分でも触れていますが、非常に魅力を感じるタフトがなぜ売り上げが伸びないのでしょうか。

その理由は、以下のようなことが考えられます。

  • 街中であまり見かけない
  • 知名度が低い
  • 不満レビューがある

1つずつ解説していきます。

街中であまり見かけない

街中

タフトが売れてないと言われている理由の1つ目は、街中であまり見かけないという内容になります。

確かにあまり街中や一般道などの見かける頻度が少ないような気がします。

タフトは、2020年にデビューされていますので、もう少し道路で見かけてもいいのかなと思います。

しかし、ハスラーと比較してしまうと、やはりハスラーの方が見る頻度が高くなっています。

毎日見るといっても過言ではないくらいの頻度でハスラーを見かけます。

しかし、タフトは1週間に1回見るか見ないかの頻度になっているので、「売れていないのでは、、、」という印象になってしまっているようです。

知名度が低い

続いての理由は、知名度が低いという内容になります。

タフトの知名度が低いのも、売れていないという印象を与える原因になっています。

もちろん、ダイハツではタフトの売り上げを伸ばそうとCMやネットなどで多くの宣伝をしています。

CMなんかはデビューから2年経過した今でも見かけることがあります。

それほど宣伝していながらも知名度が低くなってしまっています。

また、車に詳しくない方からすると、ハスラーと似ていることで区別がつかなくなってしまっているのかもしれません。

ライバル車のハスラーと比較すると、圧倒的に知名度が劣っているので売れていないという印象を与えてしまっていると考えます。

不満レビューがある

口コミ

続いての理由は、不満レビューがあるという内容になります。

実際にタフトを購入した方の口コミを見てみると、中には不満レビューがあります。

「後部座席の足元スペースが狭すぎる。」
「停車中にナビゲーションの操作ができない。」
「スカイフィールトップは夏場になると暑すぎる。」

このような口コミが寄せられています。

これらの不満レビューが多数投稿されていることで、売れていないという印象がついてしまっていると考えます。

車を購入する前には、試乗や現車の確認をする方がほとんどだと思います。

購入前には気づかない部分がある場合もあります。

その内容が、口コミの部分で不満レビューとして記載されていると考えます。

上記には、不満レビューの口コミを例で挙げましたが、実際に見てみるとどのような部分に不満点があるのでしょうか。

ライバル車であるハスラーと比較しながらタフトの不満点について紹介していきます。

ライバル車と比較したタフトの不満点

次に、ライバル車と比較したタフトの不満点を紹介していきます。

タフトの不満点は、どのような部分になっているのでしょうか。

タフトのライバル車に位置付けられているのは、何度も記載しているようにスズキのハスラーになります。

ハスラー

ボディのデザインや外観、内装など非常に似ている部分が多数あります。

そんなライバル車になっているハスラーと比較した時のタフトの不満点を紹介していきます。

運転のしやすさ

運転

まずは、運転のしやすさになります。

結論から言うと、タフトもハスラーも運転はかなりしやすい形になっています。

どちらの車種も軽自動車でボディタイプなんかもよく似ています。

フロント部分もそんなに長くないので、広い視野を確保することができます。

ボンネットフードの左右前端が見やすくなっているので、車両間隔がかなり掴みやすいです。

また、高い視点を確保しているのもポイントになります。

ハスラーもタフトも軽自動車の中では、車高がある程度高い仕様になっています。

車高が高いことによって、見通しの良い視野で運転することができます。

まるでSUV車のような視線になっているのが運転のしやすさにつながっている部分になります。

運転のしやすさで言えば、ハスラーもタフトもさほど差がないと考えます。

乗り心地

乗り心地

続いて、乗り心地の部分になります。

ハスラーとタフトの乗り心地についての口コミは、以下のようなことがあります。

【タフトの乗り心地】

  • 「シートのホールド感が良い。」
  • 「ハスラーよりも突き上げがない。」
  • 「長時間運転していても疲労が溜まらない。」

【ハスラーの乗り心地】

  • 「タフトより突き上げが強い。」
  • 「平面での乗り心地は良い。」
  • 「段差の乗り心地が悪い。」

このような口コミが寄せられています。

口コミをまとめると、乗り心地の面ではタフトの方が良いと考えます。

平面での走行ではあまり差がありませんが、段差などでの走行では差が出てくるようです。

タフトは、段差の部分を走行しても突き上げがあまりなく快適に走行することができます。

しかし、ハスラーは突き上げが強く感じてしまいます。

道路の凹んでいる部分やマンホールなどの段差を走行すると、びっくりするほど突き上げを感じるようです。

タフトの場合は、突き上げを感じず乗っている人の疲労を感じさせない工夫がされていることで、乗り心地を向上させているようです。

ナビゲーション

ナビ

次に、ナビゲーションの部分になります。

ハスラーとタフトでは、ナビゲーションの部分でも大きな差が生まれています。

ハスラーは、走行中でもナビゲーションを操作することができます。

しかし、タフトはサイドブレーキをかけないとナビゲーションの操作をすることができません。

停車していてもサイドブレーキをかけなければ、操作ができないのです。

これはかなり不便な部分になります。

目的地までの道のりや現在地などを調べたい場合は、一度どこかにサイドブレーキをかけなければいけないので非常に面倒になります。

ナビゲーションの操作性の面では、ハスラーの方が実用性が高いと考えます。

不満の口コミには、タフトのナビの操作性が悪いという口コミが多くありました。

燃費

続いて、燃費の部分になります。

ハスラーとタフトでは、燃費にどのくらいの差があるのでしょうか。

それぞれの実燃費は、以下のようになっています。

  • タフト⇨14.2km/L〜
  • ハスラー⇨20.8km/L〜

圧倒的にハスラーの方が良い燃費になっています。

ハスラーの4WDの場合は、18km/Lくらいになると言われていますが、それでもタフトより良い燃費になっています。

燃費の面を見ると、圧倒的にハスラーの方が良いと感じます。

維持費を考えるのであれば、ハスラー一択になりそうです。

タフトは、他の軽自動車に比べて燃費が悪いといった不満点もあります。

座席シートの広さ

座席

続いて、座席シートの広さについてになります。

座席シートの広さには、どのような差があるのでしょうか。

タフトの座席シートを見てみると、窮屈感を感じてしまうようです。

その理由は、後席のセンタートンネルになります。

後部座席足元付近に出っ張りがあることで、足元の窮屈感を感じてしまいます。

また、後部座席のスライドができないといった面でも不便さを感じます。

スライドができない仕様になっているので、座る人に合わせて調整することができません。

ハスラーの場合は、センタートンネルがない上に後部座席のスライド調整が可能なので、場面に応じてシートの調節をすることができます。

座席シートの面では、タフトの不便さを感じてしまうようです。

価格

続いて、価格帯を比較していきましょう。

ハスラーとタフトの価格帯は、以下のようになっています。

  • タフト⇨1,353,000円〜
  • ハスラー⇨1,280,000円〜

このような価格帯になっています。

全体的な価格帯を見てみると、ハスラーの方が数万円安い価格設定になっています。

しかし、これは求めるグレードによって異なります。

自分が求めるグレードの価格がどのくらいになっているのかを事前にチェックするようにしましょう。

タフトが売れていないというのは誰が言っている?

上記の部分で、タフトの不満な部分や売れていないと言われている理由を紹介してきました。

タフトには上記で触れた不満点もありますが、ライバル車にはない魅力的な部分も多数あります。

魅力的な部分が多数あるにも関わらず、『売れていない』と言われることがあります。

『売れていない』というのは、誰が言っているのでしょうか。

これから『売れていない』と耳にした際は、基本的にデマだと思うようにしましょう。

『売れてない』はデマ

タフトは、ライバル車のハスラーと比較しても販売台数を争っている車種になります。

実際にタフトがデビューしてからの月間の販売台数を見てみると、ハスラーと競っていることがよくわかります。

下記の販売台数のデータは、全国軽自動車協会連合会のデータになります。

タフト ハスラー
2020年6月 5,079台 7,875台
2020年7月 6,300台 8,831台
2020年8月 5,292台 6,384台
2020年9月 6,873台 7,757台
2020年10月 7,471台 6,536台
2020年11月 6,503台 6,579台
2020年12月 5,424台 6,614台

それぞれこのような販売台数になっています。

2020年10月なんかを見てみると、ハスラーの販売台数を大きく上回っている月もあります。

ハスラーに負けないくらいタフトも売り上げをしっかり伸ばしていることがよくわかります。

タフトは、このようにしっかり実績を伸ばしている結果があるため、『売れていない』という情報を聞いたら、その情報はデマになるので注意するようにしましょう。

車の買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす