スズキ

軽キャンピングカーを購入して後悔したこと11選!デメリットを紹介

  • 軽キャンピングカーを購入しようとしている方
  • キャンプ用の車が欲しい方
  • 安いキャンピングカーを検討している方

今回は、このような方にとっての記事になります。

近年では、人混みを避ける面でもアウトドアやキャンプが幅広い年代で人気になっています。

人混みを避けるアクティビティとして、キャンプデビューしている方が多くいます。

キャンプに行く際には、必ず車が必要になります。

もちろん普通車でも行くことができますが、キャンプ専用の車にすることでさらにキャンプの楽しさを感じることができます。

そこでキャンプ初心者にも人気なのが、軽キャンピングカーになります。

簡単に言うと、軽自動車のキャンピングカーです。

キャンピングカーは、ボディサイズがかなり大きく運転に慣れるのにも時間がかかります。

また、費用などもかなりかかってくるので、どうしても手が出しにくい車になります。

そこで注目するのが、軽キャンピングカーです。

普通のキャンピングカーに比べて、運転のしやすさや費用がかからないというメリットがあります。

キャンプ初心者の方にはかなりオススメですが、もちろんデメリットの部分もあります。

今回は、軽キャンピングカーのデメリットの部分に着目していきます。

軽キャンピングカーを購入することで、後悔した点を紹介していきます。

それに加えて、軽キャンピングカーはどのような方にオススメなのかも紹介していきます。

現在、軽キャンピングカーが気になっている方は、是非参考にしてください。

↓『アルファードのキャンプは6人まで行ける!!最適な理由や注意点を紹介』についての記事はこちら↓

キャンプ
アルファードのキャンプは6人まで行ける!!最適な理由や注意点を紹介 アルファードでキャンプを考えている方 アルファードがキャンプに最適な理由を知りたい方 キャンプに最適な車を知りた...

【走行性】軽キャンピングカーで後悔したこと

まず初めに、走行性の部分で軽キャンピングカーで後悔したことを紹介していきます。

軽自動車ということで、走行性の面では多数の部分で後悔してしまいます。

  • スピードに乗るまで時間がかかる
  • 上り坂に弱い
  • 雪道や沼道などの悪路に弱い

スピードに乗るまで時間がかかる

走行面の後悔する部分の1つ目は、スピードに乗るまで時間がかかるという内容になります。

軽キャンピングカーは、誰もが知っている通り軽自動車になります。

荷物を運ぶの使用される軽バンがモデルとなっている車になります。

そのため、初速が遅くスピードが出るまで時間がかかります。

軽キャンピングカーは、軽自動車に重い荷物を積んでいる状態になるので、普通の軽トラ以上に初速が遅くなります。

普通の車に慣れている方は、初速の遅さにびっくりするほどになります。

軽キャンピングカーを乗る際は、スピードに乗るまで時間がかかることを前提に乗るようにしましょう。

上り坂に弱い

上り坂

続いての内容は、上り坂に弱いという内容です。

軽キャンピングカーは、上り坂にも弱いです。

そもそも軽自動車自体、上り坂に強いというわけではありません。

元々強くないのにも関わらず、それに重い荷物を積むようになるのでさらに上りにくくなります。

決して上れないというわけではありませんが、坂を登るのに時間がかかるので注意する必要があります。

できるだけ上りやすくしたいのであれば、4WDの仕様を選択するようにしましょう。

そうすることで、2WDよりかは時間をかけずに上りやすくなります。

雪道や沼道などの悪路に弱い

続いての内容は、雪道や沼道などの悪路に弱いという内容になります。

軽キャンピングカーは、雪道や沼道などの走行しにくい道にかなり弱いです。

場合によっては、タイヤが埋まってしまい抜け出せなくなる可能性もあります。

特に、2WDは注意する必要があります。

キャンプに行く道中は、悪路が非常に多いです。

整備されていない道路などもあるので、目的地に着く前に立ち往生してしまうこともあります。

軽キャンピングカーを購入する際は、上記でも紹介していますができるだけ4WDを購入するようにしましょう。

そうすることで、ある程度の悪路であれば難なく走行することができます。

【キャンプ編】軽キャンピングカーをで後悔したこと

続いては、キャンプ面での後悔する部分を紹介していきます。

  • 大きな荷物を積むことができない
  • 必要最低限の荷物しか積めない
  • 料理する環境が整っていない

大きな荷物を積むことができない

キャンプ面での後悔する部分は、大きな荷物を積むことができないという内容になります。

軽キャンピングカーでは、スペースが限られていることから大きな荷物を乗せることができません。

ミニバンタイプやキャンピングカーであれば、荷物の大きさを気にせず乗せることができます。

車に乗せるスペースがないことから、持っていけるキャンプ用品が限られるといった面でもデメリットを感じられるでしょう。

この部分を改善するためには、積載量を増やす必要があります。

そのような際に使用させるのが、ルーフキャリアになります。

ルーフキャリアを設置することによって、積載量を増やすことができるので持っていける荷物の幅広がります。

↓『人気なルーフバッグ5選!ルーフボックスと比較したデメリットも紹介』についての記事はこちら↓

人気なルーフバッグ5選!ルーフボックスと比較したデメリットも紹介 オススメのルーフバックを知りたい方 ルーフバックを購入しようとしている方 ルーフバックの用途を知りたい方  ...

必要最低限の荷物しか積めない

荷物積めない

続いての後悔する部分は、必要最低限の荷物しか積めないというないようになります。

こちらも積載量の内容になります。

上記でも紹介していますが、スペースが限られていることからキャンプに必要最低限の荷物しか積むことができません。

  • 「あれも必要かもしれない。。。」
  • 「一応この荷物も持っていこう。」
  • 「心配だからあれを持っていこう。」

一応持っていこうというようなことができなくなります。

人によっては、忘れ物がないか心配になる方々がいます。

その方は、『一応』という考えでいろんな荷物を持っていってしまいます。

しかし、軽キャンピンカーの場合はその荷物を積むスペースがないため、そのようなことはできません。

軽キャンピングカーは、コンパクトであることから積載量が限られてしまうので、注意する必要があります。

料理する環境が整っていない

続いての内容は、料理する環境が整っていないというないようになります。

キャンプでは、料理は必ずすると思います。

キャンピングカーであれば、料理する環境が整っていますが、軽キャンピングカーはそのような環境はありません。

備え付けようとすれば、備え付けられます。

しかし、大きな費用がかかってしまうので、自分でキャンプ用のコンロを購入した方が安上がりになります。

自分で料理する環境を作らないといけないので、そのような手間をかけたくない方はキャンピングカーの方が向いていると考えます。

【寝心地】軽キャンピングカーで後悔したこと

次に寝心地の面での後悔した部分について紹介していきます。

寝心地の部分で後悔する点は、1つだけになります。

それは、大人2人では狭すぎるという内容になります。

大人2人は狭すぎる

狭い

キャンプをする上で、車内が狭すぎるという点がかなりの欠点になります。

キャンプは、テントに寝ることもありますが、車中泊するパターンもあります。

テントに寝るのであれば問題ありませんが、車中泊するのであれば大人2人では狭すぎます。

後部座席全て使用しても横幅が狭すぎるので、窮屈感を感じてしまいます。

大人2人でキャンプに行く際は、車中泊はできないと考えた方が良いでしょう。

ソロキャンプをするのであれば、十分な空間になるので車中泊でも問題なさそうです。

【乗り心地】軽キャンピングカーで後悔したこと

続いて、乗り心地の面になります。

乗り心地の部分での後悔する部分は、どのような点があるのでしょうか。

  • 振動が直接座席に伝わる
  • 窮屈感を感じる
  • 長距離の移動をすることができない
  • 走行時の音がうるさい

振動が直接座席に伝わる

乗り心地の面の後悔する部分の1つ目は、振動が直接座席に伝わるという内容になります。

振動が直接座席に伝わってしまうことから、悪路の走行時の乗り心地が悪くなります。

人によっては、車酔いしてしまう可能性もあります。

キャンプの目的地に行く際は、悪路を走行する可能性が十分に高いです。

そのため、どうしても振動が直接座席に伝わってしまうと、長時間乗っていることができなくなります。

悪路によっては、びっくりするくらいの突き上げも考えられるため、悪路の走行時は注意する必要があります。

窮屈感を感じる

続いての内容は、窮屈感を感じるという内容になります。

軽キャンピングカーは、室内が狭くなっていることから窮屈感を感じてしまいます。

特に大人のみの場合は、さらに窮屈感を感じてしまうでしょう。

窮屈感を感じてしまうと、長距離運転が厳しくなります。

決して長距離運転ができないというわけではありませんが、窮屈感を感じるのでできるだけ多くの休憩をとるようになります。

それもドライブの醍醐味になるので、人によっては楽しさを感じる方もいらっしゃるでしょう。

長距離の移動をすることができない

続いての内容は、長距離の移動をすることができないという内容になります。

なぜ長距離移動ができないのかというと、上記で紹介した窮屈感が原因になります。

窮屈感を感じることによって、長時間室内に乗っていることができなくなります。

逆を言うと、近場のキャンプ場であればすぐに辿り着くことができます。

軽自動車であることから、女性でも楽々運転することができます。

大きな準備なども必要ないので、手軽に向かうことができるのがメリットです。

しかし、長距離の移動は難しくなるので、注意するようにしましょう。

走行時の音がうるさい

うるさい

続いての内容は、走行時の音がうるさいという内容になります。

軽自動車なので、走行時の音がかなり気になります。

やはり、アクセルを踏んだ際のエンジン音が一番うるさいと感じます。

普通乗用車と比較すると、かなりの音になるので気になる方が多くいます。

また、外の風切り音なども気になります。

外部の音がどうしても気になってしまうので、会話が聞こえずらかったり、オーディオが聞こえなくなる可能性があります。

事前に試乗して、どのくらいの音なのかはチェックするようにしましょう。

軽キャンピングカーに向いている人は?

上記のことを踏まえ、軽キャンピングカーに向いている方はどのような人なのでしょうか。

これから軽キャンピングカーの購入を検討している方は、以下の項目に当てはまるのかしっかりチェックするようにしましょう。

  • 安くキャンピングカーに乗りたい方
  • ソロキャンプが多い方
  • 運転が苦手な方

安くキャンピングカーに乗りたい方

軽キャンピングカーに向いている方の1つ目は、安くキャンピングカーに乗りたい方です。

キャンピングカーと軽キャンピングカーの価格帯は、以下のようになります。

  • 軽キャンピングカー⇨100万円〜200万円
  • キャンピングカー⇨200万円〜700万円

これだけの価格差があります。

価格面を考えるのであれば、絶対に軽キャンピングカーがオススメです。

しかし、上記で紹介したような後悔部分もあります。

後悔する部分を事前にチェックし、我慢できる部分であれば軽キャンピングカーがかなりオススメです。

また、車にかかってくる税金なども安くなるので、一石二鳥という感じになります。

ソロキャンプが多い方

続いてのオススメする方は、ソロキャンプが多い方になります。

ソロキャンプの方であれば、車内が狭い軽キャンピングカーでも車中泊することができます。

大人2人になる狭すぎますが、1人であれば十分なスペースになります。

また、荷物の量なども考えても様々な荷物も積むことができるので、問題ありません。

窮屈感や積載量を考えても1人であれば問題ないので、ソロキャンプにかなり適している車種になります。

運転が苦手な方

続いての内容は、運転が苦手な方になります。

軽キャンピングカーは、運転が苦手な方にもかなりおすすめの車種になります。

軽自動車のサイズ感になっているため、女性の方でも楽々運転することができます。

また、狭い道なども走行できるのがポイントになります。

キャンプ場に行く際は、悪路や狭い道が多くなります。

そのような道でも楽々走行できるので、実用性の面では高いと考えられるでしょう。

車の買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす