ポルシェ

0-100km/hまでの加速が速い車ランキングTOP10!

  • とにかく早い車に乗りたい方
  • 初速の速い車を知りたい方
  • 加速が速い車についての情報を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

車の良い部分として1つが、とにかく速く走行できるという部分だと思います。

他にも大きな威圧感のある車や特徴的な高級感のある車など、多種多様な車がありますがその中に加速が速い車もあります。

加速が速い車は、レーシングなどにも使用されていますが、公道も走行することが可能です。

ドライブが好きな方やレーシング好きの方であれば一度は加速が速い車に憧れがあるのではないでしょうか。

一般道で加速が速い車に乗っていると、周りから一目置かれる存在になること間違いなしです。

そのため、憧れる方も非常に多くいます。

そんな方のために、今回は加速が速い車TOP10を紹介していきます。

国産車から外車までを範囲として、それぞれ特徴のある車種があるので、ぜひ参考にしてください。

今回は、公道で走行することができる0kmー100kmの範囲で加速が速い車を条件としています。

↓『速い軽自動車10選!!ターボ車や荷物が積める車を紹介』についての記事はこちら↓

速い軽自動車10選!ターボ車や荷物が積める車を紹介 早い軽自動車を探している 安くてスピードが出る軽自動車を知りたい 燃費が良い軽自動車を知りたい  今回...

3秒台

まず初めに、3秒台の加速性能を誇る車種を紹介していきます。

  • 三菱 ランサーエボルーションX
  • レクサス LFA
  • ポルシェ 911ターボ
  • ランボルギーニ アヴェンタドール

三菱 ランサーエボルーションX 

ランサーエボルーションX 
車種名 ランエボルーション
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長4495 mm x 全幅1810 mm x 全高1480 mm
燃費 8.42km/L〜
新車価格 3,240,000円〜
5年落ちリセールバリュー 76%〜
  • 誰でも購入しやすい購入価格帯
  • 昔から愛されている歴史の深い車種
  • 国内で速さを求める方に大人気

0ー100km加速タイム⇨3.9秒

加速が3秒台の実績を誇っている車種の1台目は、三菱のランエボルーションです。

こちらの車種は、乗ったことや見かけたことがある方が多い車種です。

新車販売は中止になっていますが、中古車市場では非常に人気のある車種になっています。

その理由の1つが、加速力になります。

0ー100kmの加速タイムが3.9秒と他の国産車ではあり得ないほどの加速力を持っています。

これだけの加速力を持っていながら、価格帯も購入しやすいので手を伸ばす方が非常に多いです。

中古車市場で人気があることから、盗難も年々多くなっています。

所有する際は、防犯対策をする必要性があります。

レクサス LFA

LFA
車種名 LFA
乗車定員 2名
全長×全幅×全高(mm) 全長4,505mm×全幅1,895mm×全高1,220mm
燃費 5.49km/L〜
新車価格 37,500,000円〜
5年落ちリセールバリュー 100%以上
  • 国産車を代表する世界に誇れるスポーツカー
  • 販売台数に限りがあり、所有する方が限られる
  • リセールバリューが100%越えとプレミア付きの車種

0ー100km加速タイム⇨3.7秒

続いての車種が、レクサスのLFAです。

こちらの車種は、車に興味ない方も一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

トヨタが世界に誇る加速力を兼ね備えた車種になっています。

その0ー100kmの加速力は、3.7秒になります。

国産車を代表するといっても過言ではないくらいの世界に誇れるスポーツカーです。

排気量4800ccのV型10気筒DOHC、最高出力は412kW/8700rpm、最大トルクは480Nm/6800rpm。

これらのスペックから引き出される加速力は、見ている方を圧倒させてしまうほどになります。

限定販売になっていることから、リセールバリューも100%越えと考えられない車種となっています。

ポルシェ 911ターボ

911ターボ
車種名 911ターボ
乗車定員 2名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,535 mm x 全幅 1,900 mm x 全高 1,301 mm
燃費 7.57km/L〜
新車価格 32,350,000円〜
5年落ちリセールバリュー 47%〜
  • 速い車に乗りたい方が一度は憧れるポルシェ
  • 加速性度トップクラスの車種
  • 今度3秒切りもあり得る加速力

0ー100km加速タイム⇨3秒

続いての車種が、ポルシェの911ターボになります。

こちらの車種は、憧れる方も非常に多い車種になります。

速い車に乗りたい方は、一度は憧れるのではないでしょうか。

ポルシェは、スポーツカーにかなり力を入れている自動車メーカーです。

そんなメーカーが手掛け911ターボは、運転手の欲をしっかり満たしてくれます。

最高出力580PS、最大トルク750N・mと公道を走行するには十分の加速性を持っている車種になります。

今度の進化を予測すると、絶対に3秒切りはしてくると予測します。

ランボルギーニ アヴェンタドール

アヴェンタドール
車種名 アヴェンタドール
乗車定員 2名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,780-4,945 mm x 全幅 2,030-2,100 mm x 全高 1,135-1,136 mm
燃費 5.4km/L〜
新車価格 45,760,000円〜
5年落ちリセールバリュー
  • ランボルギーニの代表車種
  • 歴史の深いスーパーカーメーカーが手掛ける世界に誇れる車種

0ー100km加速タイム⇨3秒

続いての車種は、ランボルギーニのアヴェンタドールになります。

ランボルギーニと言えば、この車種を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

アヴェンタドールは、全世界で人気のあるスーパーカーになります。

歴史の深いスーパーカーメーカーが開発していることから、その加速性能は圧倒的と言えます。

6.5L 60度V型12気筒エンジンと国産車では考えられないほどのパワーを持っていることで、ミサイルのような走行をしてくれます。

公道で走行していれば、見る人見る人を圧倒すること間違いなしでしょう。

2秒台

次に、2秒台の加速性能を誇る車種を紹介していきます。

  • ホンダ NSX
  • ポルシェ タイカンターボS
  • 日産 GTR NISMO
  • ポルシェ 911GT2 RS
  • ブガッティ ヴェイロンW16
  • マクラーレン P1

1台ずつ紹介していきます。

ホンダ NSX

NSX
車種名 NSX
乗車定員 2名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,490 mm x 全幅 1,940 mm x 全高 1,215 mm
燃費 10.6km/L〜
新車価格 24,200,000円〜
5年落ちリセールバリュー 45%〜
  • 歴史の深い常に進化し続けているスーパーカー
  • 日本車では数えるほどしかない2.9秒台を実現している
  • 速さだけでなく、エクステリアのデザインにも定評あり

0ー100km加速タイム⇨2.9秒

加速タイム2秒台の車種の1台目が、ホンダのNSXになります。

こちらの車種は、ホンダが世界に展開している一番高い車種になっています。

その特徴は、もちろん加速力になります。

3.5LV型6気筒ターボエンジンが搭載されていますが、これだけの車種は多数存在します。

NSXはこれ以外に2つのモーターが搭載されています。

その2つのモーターは、前輪についています。

車の全体を支える1つのエンジンと2つのモーターがあることによって、加速タイム2秒台の結果を残しているのです。

NSXは、歴史の深い車種で年々進化を遂げてきた車種なるので、今後の進化も期待できる車種です。

ポルシェ タイカンターボS

タイカンターボS
車種名 タイカン
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,963-4,974 mm x 全幅 1,965-1,967 mm x 全高 1,380-1,412 mm
燃費
新車価格 12,030,000円〜
5年落ちリセールバリュー
  • ポルシェ史上初の電気自動車
  • 電気自動車ならではの加速力で2秒台を実現
  • 速度だけでなく、走行性にも注目したい車種

0ー100km加速タイム⇨2.8秒

続いての車種が、ポルシェのタイカンになります。

こちらの車種は、他の車種にはない電気自動車になります。

ポルシェ史上初の電気自動車になっており、電気の加速力を生かした車になります。

その加速タイムは2.8秒とガソリン車にも負けない力を発揮しています。

ピークパワーは761psと電気自動車の加速の仕方は、ガソリン車とは少し異なります。

ガソリン車以上にスムーズに加速していくので、それを一度体感した方は病みつきになるでしょう。

ターボモデルは最上級モデルになるので、最上級の電気自動車を味わいたい方には最高の車になります。

日産 GTR NISMO

GTR
車種名 GTR NISMO
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,710 mm x 全幅 1,895 mm x 全高 1,370 mm
燃費 7.25km/L〜
新車価格 14,640,000円〜
5年落ちリセールバリュー 67%〜
  • 国産車最速の加速力を誇る車種
  • NISMOになることで高いチューニング力を発揮
  • 世界のスーパーカーとも戦うことができる車種

0ー100km加速タイム⇨2.8秒

続いての車種が、日産のGTR NISMOになります。

この車種は、国産車の中では一番の加速タイムを誇っています。

最高出力は600psから生み出される加速タイム2.8秒は圧倒的な走行性になります。

レーシングカーにも使用されるほどの実績があるので、一度は体感してみたい車になります。

NISMOになることで、高いチューニング力が追加されます。

それにより世界のスーパーカーとも戦うことができる車に仕上がっているのです。

ポルシェ 911GT2 RS

911GT2 RS
車種名 911GT2 RS
乗車定員 2名
全長×全幅×全高(mm) 全長4743mm×全幅1978mm×全高1359mm
燃費 7.2km/L〜
新車価格 36,560,000円〜
5年落ちリセールバリュー 100%以上
  • ポルシェ車種の中で最速を記録している車種
  • レーシングカーにも使用されるほどの実績

0ー100km加速タイム⇨2.8秒

続いての車種が、ポルシェの911GT2 RSになります。

ポルシェ車種の中では最速を記録している車種になっており、その加速タイムはなんと2,8秒

スポーツカー仕様になっており、上記で紹介した911ターボよりも速い速度で走行する車になります。

後輪にのみ3.8L水平対向ツインターボエンジンが搭載されています。

しかし、これだけではありません。

それに加えて911ターボ用より7kg軽い専用開発のチタン製エグゾーストシステムを備えているのです。

エンジン以外にも工夫を施すことによって、他の車種との差別化を行なっているのです。

先代のモデルよりもさらに進化したスペックを備えているので、今後にも期待できるモデルになっています。

ブガッティ ヴェイロンW16

ヴェイロンW16
車種名 ヴェイロンW16
乗車定員 2名
全長×全幅×全高(mm) 全長4,466mm×全幅1,998×全高1,206mm
燃費 3.4km/L〜
新車価格 300,000,000
5年落ちリセールバリュー
  • 走行速度によって、車高を変化できる
  • どのメーカーにもない特徴的なデザイン
  • 一般道ではまず見かけることはない車種

0ー100km加速タイム⇨2.8秒

続いての車種が、ヴェイロンW16になります。

この車種は、公道ではまず見かける機会がないでしょう。

この車の特徴は加速タイムももちろんですが、その加速タイムを記録するための工夫として走行速度によって車高変えることができるという部分です。

他の車ではこんな工夫はされていないので、この部分で差別化していると考えます。

また、エクステリアのデザインも独特でずっと見ていても飽きることのないデザイン性になっています。

W16エンジンは、『ブガッティ ヴェイロン』と『ブガッティ シロン』の世界で2車種にしか搭載されていないエンジンになります。

マクラーレン P1

P1
車種名 P1
乗車定員 2名
全長×全幅×全高(mm) 全長4,588×全幅1,946×全高1,188
燃費 12.0km/L〜
新車価格 350,000,000
5年落ちリセールバリュー
  • 加速レベルではトップレベルを誇る車種
  • 3.8LV8気筒ツインターボエンジンから発揮される圧倒的な走破性
  • 別名『モンスターカー』とも言われるほどの実力車

0ー100km加速タイム⇨2.8秒

続いての車種は、マクラーレンのP1になります。

マクラーレンは、加速レベルではトップクラスの自動車メーカーになります。

3.8LV8気筒ツインターボエンジンから発揮される走行性は、見る人乗る人を圧倒させる走破性になっており。別名『モンスターカー』とも言われる程です。

そんなモンスターカーの加速タイムは2.8秒とかなりの好タイムになっています。

全世界で375台しか販売されていない、限定者になります。

レーシンカーでも見かけることがあれば、かなりレアなので目に焼き付けたい車になります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす