ホンダ

ホンダヴェゼルの納期は2021年時点で約半年!これから早まる?遅い理由と早める方法は?

  • これから新型ヴェゼルの購入を検討している方
  • 新型ヴェゼルの納期を知りたい方
  • 新型ヴェゼルの納期が遅い理由を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

2021年4月にデビューした新型ヴェゼルですが、これから購入しようとしている方も多いのではないでしょうか。

ヴェゼルのデザイン性や特徴、強みなどを踏まえると非常にコスパの良く魅力が詰まった車に仕上がっています。

トータル的には、誰でも満足感を得ることができる車種になっています。

そんな満足度の高い新型ヴェゼルですが、実際に購入するとなると納期はどのくらいになるのでしょうか。

車を新車で購入するとなると、必ず納車時期というのが決まってきます。

基本的には新車購入は2、3ヶ月後となっていますが、車種の人気具合によっては、半年や1年ということも考えられます。

今回は、新型ヴェゼルの納期を実際にディーラーの営業マンに聞き込みを行ないました。

新型ヴェゼルの納期を知った上どうするかをしっかり考えていきましょう。

新型ヴェゼルの納期は約半年

早速本題に入りますが、新型ヴェゼルの納期について紹介していきます。

新型ヴェゼルの納期は、半年になっています。

新車購入で半年も待つとなると、非常に長いです。

それほど新型ヴェゼルは人気があるということになります。

上記でも記載しましたが、基本的には新車購入時の納期は2、3ヶ月後になっています。

それに対して新型ヴェゼルは半年という納期になっているので、非常に長いと考えられます。

新型ヴェゼルがデビューされた4月に契約をした方は、7月8月で納車が完了するそうです。

街中で走っていても既に納車されている方も増えてきています。

最初のうちに契約しておけば、それなりに早い段階で納車されていたようですが、現在ではそうはいきません。

デビュー当時よりも多くの人気が出ていることから、納車時期は半年後という結果になっています。

なぜ、新型ヴェゼルの納期が半年とかなり遅くなってしまうのでしょうか。

その理由について深掘っていきます。

↓『新型ヴェゼルの試乗して分かった内装の良い点!!』についての記事はこちら↓

【動画あり】ホンダヴェゼルの内装はダサい?試乗して分かった良い点を紹介! これからヴェゼルの購入を検討している方 ヴェゼルの内装が気になる方 ヴェゼルの内装の使い勝手について知りたい方 ...

新型ヴェゼルの納期が半年と遅い理由

次に新型ヴェゼルの納期が半年と遅い理由について紹介していきます。

  • 幅広い年代にかなり人気がある
  • デビュー当時以上に注文が殺到している
  • 人気グレードが『e:HEV PLaY』グレード

幅広い年代にかなり人気がある

とにかく幅広い年代にかなり人気があります。

冒頭の部分でも記載したように、新型ヴェゼルは発売当初から多くの注文をいただいている車種になります。

そのため、納期が半年にもなってしまっています。

若者だけが購入しているのではなくて、幅広い年代に人気があるようです。

SUVの車は、一見若い方に人気があるように思いがちですが、そんなことはありません。

現代では、ファミリーカーとしても購入する方が非常に多く、30、40代の方々が購入するのが当たり前になっています。

かっこよさと実用性を兼ね備えているのが、新型ヴェゼルの特徴でもあるので、人気があることで納期が半年になっている現状があります。

デビュー当時以上に注文が殺到している

デビュー当時以上に注文が殺到しています。

もちろんデビュー当初も人気がありました。

しかし、新型ヴェゼルの情報がどんどん明らかになることによって、より魅力に惚れ込む方が多くいるようです。

そのため、デビュー当時よりも現在の方が注文数はかなり多いというデータが取れています。

また試乗することによっても魅力に惚れ込み方が多くいるので、それが現在の新型ヴェゼルの人気の理由になっていると考えられます。

人気グレードが『e:HEV PLaY』グレード

人気グレードが『e:HEV PLAY』になっています。

そのため、一番納期が長いグレードになります。

このグレードは、新型ヴェゼルの中で最上位グレードになっており、唯一ツートンカラーとパノラマルーフがついているグレードになります。

この2つが選択できることによって、このグレードを購入する方が多くいます。

この人気グレードを購入すると納期が長くなってしまう可能性があります。

もしかしたら半年以上かかる場合も考えられますので、もしも購入しようと考えている方は早めの方が良さそうです。

これからもどんどん新型ヴェゼルの人気は高まっていくと考えられますので、納期がさらに長くならないうちに契約するようにしましょう。

新型ヴェゼルの納期を早める方法

次に新型ヴェゼルの納期を早める方法を紹介していきます。

  • 複数のディーラーで納期をチェックする
  • オプションを少なくする
  • 知り合いのカーショップで購入する
  • 人気グレードではない新型ヴェゼルを購入する 
  • 必要書類をスムーズに揃える

複数のディーラーで納期をチェックする

新型ヴェゼルの納期が半年も待てないという方は、複数のディーラーで納期をチェックするようにしましょう。

ディーラーによっては、半年よりも早い納期で納車されることがあります。

各店舗の人気度もそうですが、ディーラーがある環境にも左右されてきます。

田舎になればなるほど納期が長くなる傾向があります。

そのため、自分が伺ったディーラーでは半年となっていましたが、もっと田舎になると納期1年以上ということも十分あり得ます。

逆にもっと都会のディーラーに行けば、早まる可能性もあります。

必ずしも半年というわけではないので、納期に満足いかなければ他のディーラーを訪れるのも1つの方法になります。

オプションを少なくする

納期をできるだけ早めたい場合は、オプションを少なくするのも方法の1つです。

新型ヴェゼルはかなり人気の車種になっているので、オプションを付ければつけるほど時間がかかってしまいます。

新型ヴェゼルは、標準でもかなり魅力的なオプションがたくさんついています。

実際に追加オプションなしの標準モデルを試乗しましたが、快適に運転することができました。

標準でも十分満足できるのが、新型ヴェゼルの特徴でもあります。

納期をできるだけ短くしたい方は、追加オプションをできるだけ少なくするようにしましょう。

知り合いのカーショップで購入する

この方法はその人の環境にもよりますが、知り合いが車関係の仕事であれば、そこで購入するのも1つの方法になります。

友人のカーショップで購入することによって、納期を早めることができます。

しかし、これは人によって異なります。

車関係の友人がいなければどうしようもないので、もしもいる方は検討してみてください。

もしかしたら納期が短くなるかもしれません。

人気グレードではない新型ヴェゼルを購入する 

新型ヴェゼルのグレードは多数展開されていますが、そこには人気と不人気があります。

そこで、不人気のグレード購入すると納期が早まる可能性があります。

新型ヴェゼルのグレードは、以下のようになります。

【ガソリンモデル】
・G(FF) 2,279,200円〜
・G(4WD)2,499,200円〜

 

【ハイブリッドモデル】
 ・e:HEV X(FF) 2,658,700円〜
 ・e:HEV X(4WD)2,878,700円〜

 ・e:HEV Z(FF) 2,898,500円〜
 ・e:HEV Z(4WD)3,118,500円〜

 ・e:HEV PLAY(FF) 3,298,900円〜

この中で人気グレードとなっているのが、Zグレードと『e:HEV PLAY』グレードになります。

これら2つのグレードが人気グレードになるので、納期的には半年以上かかってしまいます。

しかし、上記以外のX・Gグレードは、もしかしたら半年よりも早いタイミングで納車できるかもしれません。

グレードによって、人気・不人気が存在するので、納期を最優先したい方はグレードを購入するようにしましょう。

必要書類をスムーズに揃える

車を購入する際は、提出する書類が多数あります。

その書類は以下のようになります。

  • 印鑑証明
  • 実印
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証
  • 委任状
  • 車庫証明書 

これらの書類をスムーズに揃えるようにしましょう。

これらの提出が遅れてしまうと、必ず納期も遅くなります。

書類が揃わないと、営業マンも契約を先に進めることができません。

スムーズに書類を揃え、できるだけ早めに提出することが重要になります。

ディーラーの下取り査定額が低くて不満だと思っている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。