ホンダ

試乗して分かったヴェゼルを購入する上で知って欲しいデメリット・注意点を紹介!

  • 新型ヴェゼルの購入を検討している方
  • 新型ヴェゼルのデメリットを知りたい方
  • 新型ヴェゼルの試乗をしようとしている方

今回は、このような方にとっての記事になります。

最近では、SUVの中で最も人気のあるホンダ 新型ヴェゼルですが、決して良い部分だけではありません。

購入する上で注意する点もありますし、デメリットなんかも存在します。

どの車にもデメリットはつきものになるので、しっかりチェックしておく必要があります。

ちなみに展開されている新型ヴェゼルのグレードは以下のようになっています。

【ガソリンモデル】
・G(FF) 2,279,200円〜
・G(4WD)2,499,200円〜

 

【ハイブリッドモデル】
 ・e:HEV X(FF) 2,658,700円〜
 ・e:HEV X(4WD)2,878,700円〜

 ・e:HEV Z(FF) 2,898,500円〜
 ・e:HEV Z(4WD)3,118,500円〜

 ・e:HEV PLAY(FF) 3,298,900円〜

↓『新型ヴェゼルの内装・外装を徹底解説!!』についての記事はこちら↓

【動画あり】ホンダヴェゼルの内装はダサい?試乗して分かった良い点を紹介! これからヴェゼルの購入を検討している方 ヴェゼルの内装が気になる方 ヴェゼルの内装の使い勝手について知りたい方 ...

ヴェゼルを購入する際の注意点・デメリット

新型ヴェゼルの注意点やデメリットについて紹介していきます。

  • X・Gは16インチのアルミホイール
  • ガソリンモデルはGグレードのみ
  • シート素材がファブリック
  • パノラマルーフ・ツートンカラーはPLAYのみ
  • パワーシートの装備がなし
  • 後席アームレストの角度がとにかく悪い
  • 実燃費の20km/L越えはあり得ない
  • アクセル踏んだ際の初速が遅い
  • どのグレードも納期が半年以上

1つずつ解説していきます。

X・Gは16インチのアルミホイール

X・Gグレードのホイールは16インチの大きさになります。

SUVタイプの車種に16インチという小さなホイールを装着すると、かなりバランスの悪さを感じました。

↓X・Gグレードの16インチアルミホイール↓

↓Z・PLAYグレードの18インチアルミホイール↓

グレードが違うだけで、ボディサイズに変更はありません。

そのため、フィンダーとタイヤの隙間がどうしても気になってしまいます。

また、ホイールデザインも異なります・

圧倒的に18インチのアルミホイールの方が、新型ヴェゼルのデザインに合っている印象があります。

ガソリンモデルはGグレードのみ

ガソリンモデルはGグレードのみになります。

その他のモデルは全てハイブリッドモデルになるので、注意するようにしましょう。

ガソリンモデルが良いからという理由だけで、ガソリンモデルを購入してしまうと、装備などにがっかりしてしまいます。

上記で紹介したホイールサイズもそうですが、シートヒーターの有無、シーケンシャルターンシグナルランプ、本革ステアリングなど差別化されている部分が多数あります。

これらのことを考えると、あまりGグレードを購入する方は少ないと感じます。

しかし、ガソリンモデルの需要はそれなりにあると予想しているので、それがGグレードのみになってしまうと少しがっかりです。

シート素材がファブリック

シート素材が、ファブリックシートになっています。

そのため、内装の高級感や座り心地に物足りなさを感じます。

新型ヴェゼルの全てのグレードでファブリックシートが採用されています。

ライバル車であるトヨタのヤリスクロスやCH-Rは、ファブリックシートと合皮シートの組み合わせや本革シートを採用しているので、少し見劣りする部分があります。

それに対して新型ヴェゼルは、ファブリックシートのみになるので満足度が低くなってしまいます。

パノラマルーフ・ツートンカラーはPLAYのみ

パノラマルーフとツートンカラーは、PLAYグレードのみになります。

PLAY以外のグレードは、オプション装備ですら装着することができません。

最上位グレードであることによって、他のグレードとしっかり差別化しています。

冒頭にも車両本体価格を記載しましたが、PLAYグレードになるとかなり価格が高くなります。

ツートンカラーやパノラマルーフは、人によってはいらないという方もいます。

もしも、いらないという方がいれば、PLAYグレード以外のモデルにした方が良さそうです。

パワーシートの装備がなし

新型ヴェゼルには、パワーシートの装備がどのグレードにもありません。

パワーシートがない部分に少し物足りなさを感じます。

他メーカーのライバル車であるヤリスクロスやCX-3にはパワーシートが装備されているので、がっかりする部分になります。

普段からパワーシートに慣れている方であれば、座席の調節がしにくいでしょう。

ちょうど良い位置にするのにも時間がかかってしまいます。

後席アームレストの角度がとにかく悪い

後席のアームレストの角度がとにかく悪いです。

この部分にはびっくりしました。

実際に座って、肘を置いてみましたが低い位置にあるので置きにくさを感じます。

体全体を低い状態に持っていかないと、アームレストに肘を置くことができないので快適に使用できません。

しかし、ドリンクホルダーがついています。

ドリンクホルダーの飲み物が溢れないための位置に合わせられたようです。

実燃費の20km/L越えはあり得ない

新型ヴェゼルのカタログ燃費は、20km/L以上の数値になっていますが、実燃費は20km/Lを超えることはありません。

街乗りでは13km/L〜15km/L、高速や長距離なんかを走行すると15km/L〜18km/Lくらいの燃費になります。

どうしても20km/Lを超えることはないので、カタログ燃費は参考にしない方が良さそうです。

しかし、実燃費を見てもかなりの低燃費になるので、維持費はあまりかからない印象があります。

アクセル踏んだ際の初速が遅い

試乗して物足りなさを感じたのは、アクセルを踏んだ際の初速についてです。

排気量が1.5Lであることもありますが、運転していて唯一物足りなさを感じました。

初速が遅いことによって、運転中のストレスも溜まってしまう方もいます。

どんな車にもスピードや初速を求める方にとっては、新型ヴェゼルはあまりお勧めしません。

どのグレードも納期が半年以上

新型ヴェゼルの納期はどのグレードも半年以上になっています。

ホンダディーラーの営業マンがおっしゃっていたので、確かな情報になります。

とにかく新型ヴェゼルは、めちゃくちゃ人気があります。

発売当初から予約が殺到しており、幅広い年代から人気があります。

そのため、現在購入すると納車までは半年以上かかると言われています。

待つ期間はかなり長いですが、その分満足感を感じられることは確かです。

どうしても新型ヴェゼルに乗りたい方は、半年待つのも1つの手ですね。

ヴェゼルが向いている人

次に新型ヴェゼルが向いている人について紹介していきます。

  • 購入後のリセールも考えたい方
  • コスパの良いSUVに乗りたい方
  • 旅行や遠出する機会が多い方

購入後のリセールも考えたい方

購入後のリセールを考えたい方は、新型ヴェゼルが非常におすすめです。

現在では、まだ発売されて間もない時期になっているので、中古車としての販売は一切ありません。

しかし、数年後には必ず中古車としての販売はされます。

その時のリセールは、現在の需要を見た感じでは非常に高い数値になること間違いなしです。

旧型ヴェゼルでさえも、今ですら非常に高い需要があることからリセールもかなり良い数値になっています。

そのこともあり、旧型ヴェゼルから新型ヴェゼルに乗り換える方も多くいるそうです。

今ですらリセールがかなり良いので、新型ヴェゼルのリセールは今後とも期待できること間違いなしです。

コスパの良いSUVに乗りたい方

車の購入を考えている方の中で、コスパの良いSUVを探している方に非常におすすめです。

記事の冒頭の車両本体価格を見てもわかる通り、かなりコスパの良い価格帯になっています。

オプションなどを装備したとしても300万円〜400万円の間では購入できること間違いなしです。

新型ヴェゼルの特徴としては、標準装備の充実という部分もあるので、あまりオプションを装備しない方もいるようです。

標準装備が豊富にも関わらず車両本体価格が安い上に、満足度が非常に高いとコスパの良い車種になっています。

また、選択するオプションによって快適さがさらに向上します。

↓『新型ヴェゼルのおすすめオプション4選!!』についての記事はこちら↓

ホンダヴェゼルのオプションを紹介!マルチビューカメラシステムなど独自の便利なものも 新型ヴェゼルのオプションの特徴を知りたい方 新型ヴェゼルにどのようなオプションがあるか知りたい方 オプションのそ...

旅行や遠出する機会が多い方

旅行や遠出をする気概が多い方は、新型ヴェゼルが非常におすすめです。

旧型ヴェゼルとの大きな違い点は、後席のスペースの確保です。

↓後席を撮影した動画はこちら↓

旧型ヴェゼルと比較して、圧倒的に後席の座り心地の良さが改善されています。

どうしても狭さを感じてしまっていた旧型ヴェゼルですが、新型ヴェゼルの後席に座ってみるととにかく居心地が良いです。

窮屈感すらも感じることのない満足感のある空間になっていたので、遠出や旅行時もゆったり過ごせること間違いなしです。

膝前のスペースが拳2.5個分というのは、コンパクトSUVではあり得ないスペース確保になっています。

また、ラゲッジルームの荷室も十分な空間を確保されているので、荷物が多くても全然問題ありません。

ヴェゼルが向いていない人

続いて新型ヴェゼルが向いていない人について紹介していきます。

  • 新型ヴェゼルにスピードを求めている方
  • 車の高級感を感じたい方
  • 納車までの期間が待てない方

新型ヴェゼルにスピードを求めている方

 

実際に試乗してみて分かったことですが、新型ヴェゼルの初速には物足りなさを感じます。

アクセルを少し踏んだとしても、スピードに乗るまでに時間がかかってしまうので、少しがっかりしたん部分になります。

排気量が1.5Lということもあるので、しょうがない部分はありますが普段から1.5L以上の車に乗っている方は注意するようにしましょう。

実際に試乗してみて、ストレスを感じるようであればしっかり考えて検討したほうが良さそうです。

車の高級感を感じたい方

車に求めることとして、内装の高級感を感じたい方はしっかり考えたほうが良さそうです。

エクステリアについては、ボディサイズ以上の存在感を感じますが、内装の高級感には物足りなさを感じます。

シート素材の固定されたデザインやファブリックシート、細かい部分などのデザイン性などが大きな要因になっています。

しかし、この車両本体価格でのクオリティとしてはかなり高いという印象だったので、コスパはかなり良いです。

とにかく車の高級感を感じたい方やデザインの細かい部分まで気になる方やしっかり検討したほうが良さそうです。

納車までの期間が待てない方

納車までの期間が待てない方は、やめておいたほうが良さそうです。

記事内で何度も記載していますが、新型ヴェゼルはかなりの人気を誇っています。

営業の方に納車時期を聞きましたが、約半年という回答がありました。

一番最初に注文をいただいた車種については、7月に連続して納車されているので、次の納車は半年後となっています。

車の納車に半年も待つのは、非常に長い期間であるので、注意する必要性があります。

ディーラーの下取り査定額が低くて不満だと思っている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。