レクサス

【NXグレード】レクサスNXの”Version L”と”I Package”の違いとは!?外装よりかは内装の違いが非常に目立つ。

  •  ”Version L”と”I Package” の違いがわからない。
  • レクサスNXでどのグレードを購入しようか悩んでいる。
  • NXの各グレードの魅力を知りたい方。

今回は、このような方にとっての記事になります。

レクサスNXの”Version L”と”I Package”

レクサスNXには 以下4つのグレードがあります。

【NXグレード】

  • 標準グレード
  • I Package
  • Version L
  • F SPORT

そこで今回比較するのが“Version L”と”I Package”です。

自分も最初、NXを購入しようと考えた時にいろいろ調べましたが、あまりその違いについてはわかりませんでした。

細かくこの2つのグレードを比較していくと、かなりの違いがあり、車に求めるスペックによって購入するグレードというのが変わってくるので、この記事を読んで理解して貰えばと思います。

↓”Version L”と”F SPORT”の違いの記事はこちら↓

【LEXUS】レクサスNXの"Version L"と"F SPORT"の違いとは?エクステリアから性能まで徹底解説。 レクサスNXでどのグレード購入するか悩んでいる方 NXのグレード別での違いを知りたい方 "Version L"と...

“Version L”と”I Package”の違い

今回は以下の3つに分けて違いを紹介していきます。

  • エクステリア
  • インテリア
  • 車の性能 

1つずつ紹介していきます。

エクステリア

それでは早速1つ目がエンクステリアの違いです。

ホイールのサイズ

【Version L】

18インチのホイールが標準装備になっている。デザインは写真のようなデザイン。

【I Package】

17インチのホイールが標準装備になっている。デザインは写真のようなデザイン。

また、”I Package”はオプション装備で以下の18インチホイールにすることができる。

インテリア

次にインテリアの違い点です。

エクステリアと比べて多数あるので一つずつ紹介していきます。

レクサスのロゴプレート

【Version L】

ドアを開けた足元の”LEXUS”のロゴがプレートになっている。

【I Package】

“LEXUS”のロゴがプレートではなく、埋め込まれている。

普段は気づかない部分ですが、実際に見比べてみると明らかになりますね。

オーナメントパネル

厳密にいうと選択できるオーナメントパネルが異なるということです。

【Version L】

  • 縞杢

  • バンブー

【I Package】

  • シルバーフィルム

  • ダークフィルム

シート

【Version L】

質感が非常に高い本革シートを使用している。

【I Package】

L texシートを使用している。

※L tex (エルテックス) は本革に近い風合いと手触りを追求した合成皮革です。

車の性能

車の性能の違いも多数あるので、1つずつ紹介していきます。

電動リクライニング&電動格納機能の有無

【Version L】

電動リクライニング&電動格納機能がついている

【I Package】

電動リクライニング&電動格納機能がついていない

↓電動リクライニング&電動格納機能についての詳細はこちら↓

https://lexus.jp/models/nx/features/packaging/?p=l-tokyo

後席のシートヒーターの有無

【Version L】

後席のシートヒーターがついている

【I Package】

後席のシートヒーターがついていない

コンセントの有無

【Version L】

後席の足元にAC100V・100Wのコンセントがついている

【I Package】

後席の足元にAC100V・100Wのコンセントがついていない

ハンズフリーパワーバックドアの有無

この装備は、バックドアのボタンには触れずに足を車の下に少し入れるだけでバックドアが自動で開く装備になります。

【Version L】

ハンズフリーパワーバックドアがついている

【I Package】

ハンズフリーパワーバックドアがついていない

↓ハンズフリーパワーバックドアに関する詳細はこちら↓

https://lexus.jp/models/nx/features/packaging/?p=l-tokyo

”Version L”と”I Package”の違いは多い

このように”Version L””l package”に比べて、外装よりも内装が多機能的かつ豪華になっていることがよく分かります。

それを表現している装備というのが後席のシートヒーターだったり、コンセントの有無、ハンズフリーパワーバックドアです。

”Version L””l package”には、あまり違いがなさそうに見えるのですが、さらに細かく見てみるとかなり多くの違いがあります。

全体的に見ると外装よりかは内容の違いの方が多くありましたね。

内装のデザインというのも人によって異なり、走行性を重視したい方もいれば、快適性を重視したい方もいます。

自分がNXにどんな役割を求めているのか、どんな車だと満足ができるのかなど、しっかり考えた上で購入した方が良いと思います。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす