車のお役立ち情報

最強ハイグリップタイヤおすすめ9選!雨に強い商品はミシュラン Pilot Sport 4 S

ハイグリップタイヤ
  • ハイグリップタイヤを探している方
  • ハイグリップタイヤについて知りたい方
  • オススメのハイグリップタイヤを知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

タイヤの種類の1つとして、ハイグリップタイヤという商品があります。

ハイグリップタイヤとは、主にサーキット向けに使用されるタイヤとなっています。

しかし、ハイグリップタイヤの中には街乗り用としても販売している商品があります。

ハイグリップタイヤを装着することで、走行性の向上や快適性の向上、コーナリングのしやすさなど、運転する上で様々なメリットがあります。

その他にも、車本来の力を発揮してくれるという効果もあります。

そんなハイグリップタイヤですが、どのような商品を購入すれば良いのでしょうか。

様々な効果を持ち合わせている商品ですが、その人によって購入すべき商品は異なります。

事前にチェックしないで購入すると、購入後に後悔するという可能性もあります。

ハイグリップタイヤは、そんなに安い商品ではないので後悔なく購入する必要があります。

そこで今回は、オススメするハイグリップタイヤを紹介していきます。

コスパの良い商品や雨に強い商品など、項目別に分けて紹介していくので、これから購入しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

また、ハイグリップタイヤの選び方などについても紹介していきます。

タイヤ
オールシーズンタイヤは後悔する?向いている人をなどんな人? オールシーズンタイヤの購入を検討している方 オールシーズンタイヤの危険性を知りたい方 オールシーズンタイヤが気に...

ハイグリップタイヤの選び方

まず初めに、ハイグリップタイヤの選び方を紹介していきます。

ハイグリップタイヤを購入する際は、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

購入する際のポイントについては、購入前にチェックする必要があります。

  • ハイグリップタイヤの特徴を理解する
  • タイヤ性能を確認する
  • タイヤサイズの確認をする

ハイグリップタイヤの特徴を理解する

ハウグリップタイヤの選び方のポイントとして、1つ目はハイグリップタイヤの特徴を理解するという内容になります。

そもそものハイグリップタイヤの特徴をしっかり抑える必要があります。

ハイグリップタイヤの特徴は、下記のような内容になります。

  • スポーツタイヤの一種
  • 車本来の走行性を発揮する
  • よりスポーティーな走りを実現

ハイグリップタイヤは、このような特徴のあるタイヤになります。

基本的に、一般的なタイヤとは異なります。

走行性や快適性、スポーツカーのような走りを求めて開発されているタイヤになります。

この点をしっかり理解するようにしましょう。

逆に、デメリットの部分もあります。

  • 摩耗が早い
  • 一般道に使用できないタイヤがある
  • 価格が高い 

これらのデメリットがあるので、人によっては後悔する可能性もあります。

耐久性の悪さや交換頻度が高くなるという点を事前に理解しておくようにしましょう。

タイヤ性能を確認する

タイヤ性能

続いての内容は、タイヤ性能を確認するという内容になります。

ハイグリップタイヤは、それぞれの商品によって性能が異なります。

タイヤ性能によって、使用する場面や装着する車種なども異なってきます。

購入前にタイヤ性能についてもしっかり理解するようにしましょう。

それでは、どのような部分に着目してタイヤ性能を確認すれば良いのでしょうか。

基本的には、下記のような着目点でチェックするようにしましょう。

  • ドライ路面&ウェット路面どちらに適しているか
  • 一般道向きかサーキット用向きか
  • 乗り心地や快適性に影響するコンフォート性能

特に重要な部分が、ドライ&ウェット路面になります。

ハイグリップタイヤは、濡れてる路面に強いタイヤ・乾いている路面に強いタイヤなどが分かれています。

また、一般道で使用するのか・サーキットで使用するのかなども分かれています。

ハイグリップタイヤの使用目的によって、購入すべきタイヤも変わってきます。

どのような目的で使用するのかをしっかり明確にした上で、ハイグリップタイヤを購入するようにしましょう。

タイヤサイズの確認をする

続いての内容は、タイヤサイズを確認するという内容になります。

この点は、ハイグリップタイヤだけに関わらず通常のタイヤを購入する際も必ずチェックすべき部分になります。

装着させるタイヤにあったサイズのハイグリップタイヤを購入するようにしましょう。

ハイグリップタイヤの側面には、そのタイヤのサイズが表記されています。

購入前にそこをチェックし、自分が求めているタイヤサイズを購入するようにしましょう。

また、ハイグリップタイヤのタイヤ幅は、安定性にも影響してきます。

直進時の走行性やカーブ時の安定性などにも響いてくるので、自分が求めるタイヤ幅もチェックする必要があります。

しかし、その車によっても向き・不向きがあります。

その車に適したサイズのハイグリップタイヤを選択するようにしましょう。

【安さ】ハイグリップタイヤおすすめ3選

次に、オススメするハイグリップタイヤを紹介していきます。

まず初めに、コスパの良いハイグリップタイヤになります。

比較的高い価格帯になっているハイグリップタイヤですが、コスパの良い商品はどのメーカーの商品になるのでしょうか。

  • NANKANG AR-1
  • NANKANG NS-2R
  • BRIDGESTONE RE-71R

NANKANG AR-1

  • タイヤ温度に関わらずグリップ力がある
  • サーキット初心者でも安心して使用できる
  • 買い回ししやすい

コスパ良いハイグリップタイヤの1つ目は、NANKANG AR-1になります。

こちらのハイグリップタイヤは、アジアンタイヤの中でもコスパが非常に良い商品となっています。

アジアンタイヤの中でも、特にグリップ力が強いのがこちらのタイヤになっています。

安い価格帯で、これだけのグリップ力を持っているタイヤはあまり見当たりません。

その点では、非常にコスパの良い商品となっています。

タイヤ温度関係なく、しっかりグリップしてくれる点も魅力となります。

他のハイグリップタイヤを見ると、環境などでもグリップ力などが変わってきます。

こちらは、周りの影響などを受けずに、タイヤ自体の力を発揮しているので安心して装着することができます。

主に、サーキット初心者などにオススメするハイグリップタイヤになります。

NANKANG NS-2R

  • グリップ力の不満を一切感じない
  • ウェット路面にも適用できる
  • 幅広い場面で活躍する

続いての商品は、NANKANG NS-2Rになります。

こちらの商品も、上記で紹介したハイグリップタイヤと同メーカーになります。

このハイグリップタイヤの特徴は、グリップ力はもちろんのこと雨の日でも安心して走行することができます。

ハイグリップタイヤの中には、路面が濡れたウェット状態に適していない種類もあります。

そのようなタイヤでウェット路面を走行してしまうと、スリップなどを起こす可能性もあります。

しかし、こちらのタイヤは問題ありません。

そもそものグリップ力が高いのとウェット路面にも適用している作りになっているため、安心して走行することができます。

しかし、デメリットもあります。

それは、乗り心地が悪い部分です。

走行中には、ロードノイズやパターンノイズが気になってしまいます。

走行性は問題ありませんが、満足度や乗り心地といった部分では後悔する可能性もあります。

購入する前に、デメリット部分についても理解しておくようにしましょう。

BRIDGESTONE RE-71R

  • 加速性が素晴らしい
  • とにかく速く走りたい方にオススメ
  • 品質が高い

続いての商品は、BRIDGESTONE RE-71Rになります。

こちらの商品も、コスパの良い商品の1つとなっています。

価格帯だけで見た場合、他の商品と比較すると高い印象があります。

他のタイヤと比較すると、数万円ほど高くなっているのでそう思ってしまうのは仕方がありません。

しかし、コスパが良いと言っているのは耐久性にあります。

ハイグリップタイヤは、摩耗が激しいため交換頻度が高くなる傾向にあります。

その中でも、こちらの商品は品質が高いため耐久性が非常に高い仕上がりになっています。

そのため、通常のハイグリップタイヤよりも長い期間使用することができます。

安いタイヤをなん度も購入するよりも、このタイヤを1度購入した方がコスパが良い可能性も十分に考えられます。

その点は、走り方や使用用途によっても異なるので、購入前にしっかり検討した上で購入するようにしましょう。

雨に強いハイグリップタイヤ3選

次に、雨に強いハイグリップタイヤを紹介していきます。

ハイグリップタイヤの中には、雨により路面が濡れた道路に強いタイヤもあります。

どんな状況でも走行性を楽しみたい方にとっては、魅力的なハイグリップタイヤになります。

  • アクセレラ 651SPORT
  • FEDERAL SS595
  • ミシュラン Pilot Sport 4 S

アクセレラ 651SPORT

  • コスパ良いハイグリップタイヤ
  • ウェットハンドリングの工夫がされている
  • 一般道だけでなく悪路でも走行も可能

雨に強いハイグリップタイヤの1つ目は、アクセレラ 651SPORTになります。

こちらの商品は、ウェット路面にしっかり適用している商品になります。

ウェット路面を走行しても、まるでドライ路面を走行しているかのような走行性になっています。

ウェットハンドリングを改善するために、タイヤ表面の作りが工夫されています。

また、一般道だけでなく悪路の走行も可能になります。

峠道などでもしっかり路面を掴み、キビキビとした走行をしてくれます。

ドライブの際でも、楽しんで使用することができるハイグリップタイヤになっています。

FEDERAL SS595

  • ドライ路面とウェット路面両方に適用している
  • 乗り心地に定評あり
  • 安い価格で購入可能

続いての商品は、FEDERAL SS595になります。

こちらの商品は、ドライ路面はもちろんのことウェット路面にも適用している商品になります。

どちらの路面にも適用できるため、幅広い場面で活躍するハイグリップタイヤになります。

両方の性能を持っているハイグリップタイヤは、そんなに多くありません。

その点では、他の商品としっかり差別されているタイヤになります。

また、乗り心地が良いという特徴もあります。

ハイグリップタイヤなのにも関わらず、乗り心地が良いというのはかなり魅力的な部分になります。

ハイグリップタイヤとしての性能もしっかりしており、それに加えて乗り心地も考えられているハイスペックな商品になっています。

ミシュラン Pilot Sport 4 S

  • 優れたコントロール性能を持っている
  • 車を自由自在に操れる
  • ウェット&ドライ性能を持っている

続いての商品は、ミシュラン Pilot Sport 4 Sになります。

こちらの商品は、特殊なトレッドパターンに特徴があります。

他の商品とは違ったトレッドパターンになっていることで、雨で濡れた路面でもしっかりグリップ力を発揮してくれます。

ウェット路面での走行性については、上記の2商品よりも高い性能を持っていると考えます。

どんな天候でも、安心してドライブを楽しみたい方にオススメできる商品です。

また、ロードノイズが静かというプラス評価の部分もあります。

そのため、運転している方も乗車している方も快適に乗ることができるハイグリップタイヤです。

力強い走りと乗り心地を求めている方にとっては、魅力的な商品になります。

サーキット用ハイグリップタイヤおすすめ3選

続いて、サーキット用のハイグリップタイヤになります。

サーキット用のハイグリップタイヤは、どのようなラインナップになっているのでしょうか。

あくまでサーキット用のハイグリップタイヤになるので、その点はしっかり理解しておくようにしましょう。

  • FIVEX TIRES/Gerun 051S
  • Zeknova SUPER SPORT RS
  • KUMHO ECSTA

FIVEX TIRES/Gerun 051S

【在庫限り】 255/40ZR17 94W XL [FIVEX TIRES/Gerun 051S TREDWEAR240] リアルスポーツモデル ファイベックス/ゲラン 051S [北海道/沖縄県/離島発送不可]

  • 摩耗のしにくいデザイン性
  • 安定したグリップ力
  • ロードノイズも気にならない

サーキット用のハイグリップタイヤの1つ目は、FIVEX TIRES/Gerun 051Sになります。

こちらの商品は、サーキット用となっていますが摩耗がしにくい表面デザインになっています。

この商品は、元々ドリフト用に開発されていたハイグリップタイヤになります。

そのため、著しく摩耗が発生するドリフトでも対応するよう丈夫にデザインされています。

通常の走行でも摩耗を少なく乗ることができるので、耐久性は高いと考えます。

また、それに加えて安定したグリップ力もあります。

走行中の安定性などにも定評があるため、運転のしやすいハイグリップタイヤとなっています。

Zeknova SUPER SPORT RS

created by Rinker
¥11,000
(2023/01/29 22:10:58時点 楽天市場調べ-詳細)

  • 購入しやすい価格帯
  • 高いグリップ性能を持っている
  • サーキット初心者にオススメ

続いての商品は、Zeknova SUOER SPORT RSになります。

こちらの商品は、サーキット用の中では購入しやすい価格帯になっています。

サーキット用のハイグリップタイヤとなると、1本あたり2万円は軽く超えてきます。

しかし、こちらの商品は1万円前後で購入することができます。

4本揃えたとしても、5万円以内では抑えることが可能です。

なるべく価格を抑えたいという方にとっては、かなり魅力的な商品になります。

また、購入しやすいという視点からサーキット初心者の方にも向いているハイグリップタイヤです。

価格が安いことで、初心者の方でも手の出しやすい商品になっていると考えます。

買い直しなども気軽にできるので、試し履きもできる商品となっています。

KUMHO ECSTA V700

  • 周回を重ねても高いグリップ力
  • コーナリングなどの運動性能が高い
  • ドライ性能が非常に高い

続いての商品は、KUMHO ECSTA V700になります。

こちらの商品は、耐久性に自信がある商品となっています。

実際のレースフィールドで培われた最新技術を搭載しており、その走行性は満足すること間違いなしです。

どの車に使用しても、その車の本来の力を引き出してくれるハイグリップタイヤになります。

サーキット用のタイヤとしては、かなり満足度の高い商品になります。

特に、直進性・コーナリングの部分では満足度が高いと考えます。

通常のタイヤとは全然違う作りになっているので、サーキット用のタイヤを探している方はぜひ試して頂きたい商品になります。

【雪国在住者が語る】スタッドレスタイヤの選び方は?コスパの良い商品を紹介! 効果を発揮するスタッドレスタイヤが分からない。 スタッドレスタイヤの選び方がわからない。 コスパよくスタッドレス...
ABOUT ME
like-cars
所有車:スズキ ハスラー・レクサス NX300h・トヨタ アルファード レクサスの購入をきっかけにブログを開設。 車をお得に購入するコツや後悔しないための車の買い方などの情報を発信。 車の購入する上で、参考にして頂ければ幸いです。