日産

日産ジュークはひどすぎて後悔する?乗っている人の意見を紹介

ジューク
  • ジュークの後悔点を知りたい方
  • ジュークの購入を検討している方
  • ジュークの欠点を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

日産のジュークは、コンパクトSUVとして展開されている車種です。

新車での取り扱いは終了していますが、まだ中古車市場で取り扱われている車種になります。

そんなジュークですが、全体的にマイナスの意見が多い印象があります。

コンパクトSUVで、実用性が高いのにも関わらずなぜマイナス意見が多いのでしょうか。

今回は、そんなジュークがひどいと言われている理由を紹介していきます。

それに併せて、様々な観点から欠点なども紹介していきます。

これから中古車市場で、ジュークの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

日産ジュークがひどいと言われている理由

まず初めに、ジュークがひどいと言われている理由を紹介していきます。

ジュークは、なぜそんなにもマイナス意見が多いのでしょうか。

その理由について、深掘りをしていきます。

  • 実用性のない後部座席
  • 虫のようなフロントデザイン
  • コンパクトの割に死角が多い
  • トランクルームの狭さ

実用性のない後部座席

狭い

ジュークがひどいと言われている理由の1つ目は、実用性のない後部座席になります。

ジュークに対しての意見として、非常に多かったのがこの内容になります。

結論から言うと、ジュークの後部座席は非常に狭いです。

大人の人が乗れないと言っても過言ではないくらいのスペースになっています。

後部座席に大人が乗り込むと、室内の窮屈感を感じてしまいます。

そのため、後部座席は荷物置きと割り切るしか方法がありません。

この点については、ユーザーの方も頭を悩ませているようです。

これから購入しようとしている方は、必ず後部座席をチェックするようにしましょう。

  • どのくらいの空間になっているのか?
  • 乗り込んだ場合、どのような感じになるのか?
  • 窮屈感を感じるのか?

主に、上記のような点をチェックするようにしましょう。

この点をチェックしないで購入してしまうと、購入後に後悔する可能性があるので注意が必要です。

虫のようなフロントデザイン

続いての内容は、虫のようなデザインという内容になります。

ジュークは、エクステリアデザインにも不評が多い車になります。

特に、フロントデザインになります。

フロントデザインがダサいと感じる方が多くいます。

その多くの方は、虫のようなデザインという印象を受けているようです。

ヘッドライトと角部のデザインのバランスが、取れていない部分にダサいと感じているようです。

人によっては、ヘッドライトとウインカーの位置すらわからないという方もいます。

ダサいと感じてしまう大きな要因は、フロントデザインにあると推測します。

逆に、このデザインが独特で特別感を感じるという方もいるので、人によって好みが分かれるデザインになります。

コンパクトの割に死角が多い

続いての内容は、コンパクトの割に死角が多いという内容になります。

ジュークは、コンパクトSUVとして展開されています。

コンパクトSUVは運転がしやすいという特徴がありますが、ジュークは運転がしにくいようです。

その理由は、死角です。

この死角というのは、フロント部分の距離感になります。

フロントの長さの距離感を掴むのに時間がかかるようです。

ヘッドライトが飛び出て見えることで、そこでも視界が狭くなってしまうようです。

感覚的な部分もあるので、この部分の慣れは必須になると考えます。

この部分についても試乗して、どのような感覚なのかチェックする必要があります。

トランクルームの狭さ

トランク狭い

続いての内容は、トランクルームの狭さになります。

SUVは、トランクルームが広く多くの荷物を載せられるというイメージがあります。

しかし、ジュークはデザインの関係でトランクが狭いデザインになっています。

ジュークのトランクスペースの容量は、354Lとなっています。

このスペースについても、しっかりチェックする必要があります。

全然荷物が載らないという方は、後部座席を倒してしまうようです。

  • 「どうせ後部座席に人は乗れないからずっと倒してる。」
  • 「後部座席を倒すことで、窮屈感がなくなる。」
  • 「トランクルームだけでは、荷物を積み込むことができない。」

こういった理由から後部座席を倒してしまうようです。

後部座席を倒さないと荷物を乗せられないほど、トランクルームは狭くなっているようです。

大量の荷物を頻繁に載せる方は、トランクスペースも事前にチェックする必要がありそうです。

運転のしやすさから見る日産ジュークの欠点

続いて、運転のしやすさから見るジュークの欠点になります。

どのような点に、運転の欠点があるのでしょうか。

  • 視界が狭い
  • 後ろの状況が確認しにくい

視界が狭い

運転のしやすさから見る欠点の1つ目は、視界が狭いという内容になります。

ジュークの運転席に乗ってみるとわかりますが、視界が狭いデザインになっています。

フロントガラスの位置などが影響しています。

他のコンパクトSUVと比較すると、ガラスの位置が高い場所にあります。

そのため、普通の車を運転するよりも難しいという部分があります。

また、SUVということもありフロントの感覚を掴むのにも時間がかかります。

試乗だけでは感覚を掴むのが難しい場合があるので、注意が必要です。

後ろの状況が確認しにくい

続いての内容は、後ろの状況が確認しにくいという内容になります。

ジュークの運転席に乗るとわかりますが、後ろの状況を目視で確認するのが難しくなります。

目視で確認することが難しいので、バックモニターが必須になります。

バックモニターを設置することで、駐車時でも安心して運転することができます。

ジュークは、中古車での展開のみになっています。

購入したジュークにバックモニターがついていなければ、後付けでつけるようにしましょう。

市販のものでも設置することができるので、ぜひ参考にしてください。

故障のしやすさから見る日産ジュークの欠点

続いて、故障のしやすさから見るジュークの欠点になります。

どのような点に欠点があるのでしょうか。

エンジン系の故障はあまりしないようですが、水漏れ関係の故障が多いようです。

水漏れ関係の故障は、早急に対処する必要があるので注意しましょう。

  • グローブボックスが水浸し
  • ラゲッジスペースでの水漏れ

グローブボックスが水浸し

故障のしやすさから見るジュークの欠点の1つ目は、グローブボックスが水浸しという内容になります。

グローブボックスには、車検証や大事な書類を入れている方が多いはずです。

このグローブボックスが濡れてしまっては、非常に危険です。

車として考えると、かなり致命的な不具合になっています。

この水漏れの原因は、パッキンのが影響していると考えられます。

パッキンの劣化なども考えられるので、不具合が出た際は早急に対応するようにしましょう。

ラゲッジスペースでの水漏れ

続いての内容は、ラゲッジスペースでの水漏れという内容になります。

ジュークの場合は、ラゲッジスペースでの水漏れの報告が多く寄せられています。

ジュークの場合は、ちょうどホイールハウスのところから水が染み込んでくるようです。

全部の車種ではありませんが、いくつかの車種で報告されています。

これは生産上での不具合ということで、無償で修理してくれるようです。

ラゲッジに積んでいる大事な荷物が濡れてしまっては、後悔する可能性もあるので注意が必要です。

この事例は、雨の日の走行時に発生するようなので頭に入れておくようにしましょう。

日産ジュークの良い点

上記の部分で、ジュークの欠点などを紹介してきました。

欠点がある反面、良い点もいくつかあります。

ジュークには、どのような部分に良い点があるのでしょうか。

  • 個性的なエクステリアデザイン
  • シンプルに仕上げたインテリアデザイン
  • 加速性に優れた走行性能

個性的なエクステリアデザイン

ジュークの良い点の1つ目は、個性的なエクステリアデザインという内容になります。

冒頭の部分でも紹介しているように、ジュークは非常に独特なデザイン性になっています。

特に特徴的なのは、フロントデザインですね。

このような個性のあるフロントデザインは、他の車を見ても見当たりません。

その特徴的なデザインに惚れ込んで、購入する方が多くいらっしゃいます。

しかし、このデザイン性については賛否両論あるようです。

人によってどんな印象を持つのかは異なるので、現車をしっかりチェックするようにしましょう。

シンプルに仕上げたインテリアデザイン

シンプル

続いての良い点は、シンプルに仕上げたインテリアデザインになります。

この点もジュークならではの特徴になります。

現代のSUVで、このようなシンプルはデザインの車はあまりありません。

ダッシュボードなどは、エクステリア同様に滑らかなデザインになっているの、で全体的なバランスなどもとられています。

シンプルなデザインになっていることでのメリットは、以下のようになります。

  • 誰が乗っても似合うデザインになっている
  • 汚れや傷が目立ちにくい
  • 使い勝手が非常に良い

このような点があります。

車にとって内装の使い勝手は非常に重要になるので、必ずチェックする必要があります。

加速性に優れた走行性能

加速性

続いての良い点は、加速性に優れた走行性能になります。

あまり注目されない部分でもありましすが、ジュークは加速性にも定評があります。

走り出しの部分ではスロースタートですが、走り出すとどんどんスピードに乗っていきます。

運転すると、癖になってしまうような感覚になります。

この点は、あまり知られていない部分になります。

ジュークの場合は、どうしてもエクステリアのデザイン性に目が行ってしまいがちです。

走行性については十分の力を持っているので、その点もしっかりチェックするようにしましょう。

日産ジュークに乗ってる人の特徴

次に、日産ジュークに乗っている方の特徴を紹介していきます。

様々な意見がありますが、それでも現在購入している方は多数いらっしゃいます。

購入する方は、どのような特徴を持っているのでしょうか。

  • 個性的な車に乗りたい
  • ちょうど良いサイズ感の車を探している
  • 運転のしやすさを求めている

個性的な車に乗りたい

ジュークに乗っている方の特徴の1つ目は、個性的な車に乗りたいと思っている方です。

ジュークは、何度も言うように非常に個性的な車です。

エクステリアのデザインやインテリアのシンプルさ、加速性など特徴が多数ある車になります。

ジュークを購入する方は、このような点に惚れて購入している方が多いです。

これほど個性のある車は、他を見てもそんなにありません。

個性の持った車を求めている方は、ジュークを購入するケースが多くなっています。

ちょうど良いサイズ感の車を探している

続いての特徴は、ちょうど良いサイズ感の車を探しているという内容になります。

ジュークのボディサイズは、コンパクトSUVらしいサイズ感になっています。

ちょうど良いサイズ感であることで、運転が苦手な方でも楽しんで運転することができます。

また、本来SUVでは通れない道でも難なく通ることができます。

スーパーやデパートのような狭い駐車場でも落ち着いて駐車することができるので、非常に魅力的に感じます。

感覚を掴むまでに時間はかかりますが、感覚を掴めば楽に運転することができます。

試乗の際は、感覚的な部分もしっかり確認するようにしましょう。

運転のしやすさを求めている

続いての内容は、運転のしやすさを求めているという内容になります。

上記でも少し触れていますが、運転のしやすさにも定評があります。

加速性・サイズ感などを考えると、非常に運転がしやすいです。

性別・年齢関係なく、誰でも運転しやすい車はたくさんあるわけではありません。

免許取り立ての方でも、感覚を掴めば楽々運転することができます。

街中では、初心者マークをつけたジュークを見かけることもあります。

価格帯も購入しやすいということで、初心者の方が運転するには最適な車になっていうます。

日産ジュークが向いている人

続いては、日産ジュークが向いている方について紹介していきます。

どのような方が、日産のジュークに向いているのでしょうか。

これから購入する方は、ぜひ参考にしてください。

  • 周りと被らない車に乗りたい方
  • コンパクトな車に乗りたい方
  • 走行性に優れた車に乗りたい方

周りと被らない車に乗りたい方

ジュークの購入に向いている方の1つ目は、周りと被らない車に乗りたい方になります。

何度も上記の部分で記載しているように、ジュークは他の車とは似つかないデザイン性になっています。

主に、以下のような部分に特徴があります。

  • フロントデザイン
  • 車全体の形
  • 独特な走行性

このような点に特徴があります。

この点で考えると、他の車とはあまり被りません。

それほど特徴のある車なので、他の車と被りたくないという方にとってはかなり魅力的です。

コンパクトな車に乗りたい方

続いての内容は、コンパクトな車に乗りたい方になります。

コンパクトな車に乗りたい方は、ジュークが非常にオススメです。

現代の自動車業界では、コンパクトSUVが続々デビューされています。

販売台数を見る限り、その需要も非常に高いと感じます。

コンパクトになっていることで、実用性もかなり高くなります。

コンパクトな車を検討している方は、ジュークも1つの候補として考えた方が良いです。

走行性に優れた車に乗りたい方

続いての内容は、走行性に優れた車に乗りたい方になります。

走行性に優れたコンパクトSUVを乗りたい方は、ジュークが非常にオススメです。

初速は遅いものの、スピードに乗れば快適な走行性を実現します。

ジュークの走行性は、あまり注目されていない部分です。

試乗するとわかりますが、その加速性は癖になる程です。

それほど魅力のある走行性になります。

しかし、何度も言うように初速はかなり遅いので、あまり期待しない方が良さそうです。

日産ジュークが向いていない人

次に、ジュークが向いていない方を紹介していきます。

これから紹介する方は、ジュークが向いていない傾向にあります。

このような方がジュークを購入してしまうと、後悔してしまう可能性もあります。

車は、安い買い物ではないので絶対に後悔してはいけません。

これから購入を検討している方は、じっくり考えてから購入するようにしましょう。

  • エクステリアデザインが気に食わない方
  • 窮屈感のある車に乗りたくない方
  • 大量の荷物を頻繁に載せる方

エクステリアデザインが気に食わない方

ジュークの購入に向いていない方の1つ目は、エクステリアデザインが気に食わないという内容になります。

ジュークのエクステリアデザインは、好みが分かれます。

ダサいと感じる方もいれば、個性的で可愛いという方もいます。

人によっては、虫に擬人化させる方もいらっしゃいます。

それほど、人によって見え方が変わってくる車になります。

このデザインが気に食わない方は、絶対に購入しないようにしましょう。

そのような方が購入してしまうと、購入後に後悔してしまいます。

これがきっかけで、車が嫌いになってしまう可能性もあります。

それだけは避けなければいけないので、後悔しない選択をするようにしましょう。

窮屈感のある車に乗りたくない方

続いての内容は、窮屈感のある車に乗りたくない方になります。

ジュークの室内は、かなり窮屈感を感じます。

この窮屈感は、後席のスペースの影響です。

後席に大人が乗り込んでしまうと、かなり窮屈になってしまいます。

室内全体で窮屈感を感じてしまうので、注意が必要です。

また、人によってはチャイルドシートなども載せるはずです。

そうなった場合、さらに窮屈感が増すようになるので事前にチェックする必要があります。

大量の荷物を頻繁に載せる方

続いての内容は、大量の荷物を頻繁に載せる方になります。

荷物をたくさん載せる方は、ジュークを避けた方が良いと考えます。

ジュークの積載量は、思った以上に載せることができません。

他のSUV感覚で荷物を載せてしまうと、載せきれない場合があります。

トランクルームには限界があるため、人によっては後席を倒してしまう方もいます。

どうせ後席に人は乗らないと割り切る方が多くいます。

しかし、最初から荷物を多く載せる方はジュークを避けるようにしましょう。

幅広い場面で不便さを感じてしまう可能性が、非常に高くなってしまいます。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす