日産

【購入者が語る】日産リーフの値引き最大額や値引きテクニックを紹介!

  • これからリーフの購入を考えている方
  • 日産リーフの値引きテクニックを知りたい方
  • リーフ購入時に値引きをしたい方

今回はこのような方にとっての記事になります。

日産で展開しているリーフは、今では非常に人気の車種になります。

最先端を走っている電気自動車で、日本での電気自動車界ではトップと言っても過言ではないくらいの人気を誇っています。

そんな大人気な日産リーフですが、購入時以下のようなことがあった方がいるのではないでしょうか。

  • 値引き交渉をしたのに、希望した金額値引きされなかった。
  • 全然値引きされなかった。
  • 値引き交渉すらすることができなかった。

このような方が多いのではないでしょうか。

リーフに限らず、車を購入する際に値引き交渉をしないというのはかなり損しています。

値引き交渉は、車を購入する際必須のテクニックになります。

そんな値引き交渉ができずに、購入してしまうと数十万円損してしまう可能性も非常に高いです。

購入したディーラーでは値引きされなかったのに、他の店舗では値引きされていることはかなりあります。

これから購入する方がそんなことにならないためにも、今回の記事を読んで値引き交渉を行い、よりお得にリーフを購入できるようにしましょう。

筆者のリーフ歴

2018年に新車で日産 リーフを購入しました。

元々日産のミニバンとして展開されているセレナを乗っていましたが、長年乗っていたこともあり、故障してしまいました。

そのため、当時車界で話題になっていたリーフを残クレで購入しました。

旧型リーフも展開されていましたが、新型になったことでスタイリッシュさや充電満タン時の航続距離、乗り心地などが改善され、めちゃくちゃかっこいいデザインに仕上がっています。

特にデザインに惚れる方も多くいます。

旧型のリーフを比較すると、かなり鋭い仕上がりになっています。

旧型のリーフはどうしても丸みがあったので、可愛らしいデザインになっていました。

そこにスタイリッシュさを追加することによって、車にかっこよさを求める方々からの人気があります。

そんなかっこよく生まれ変わったリーフですが、購入する際の値引きテクニックを紹介していきます。

↓『日産リーフの気になる車検代とは!?』についての記事はこちら↓

【画像あり】日産リーフの車検(3年目)でかかった費用は63,600円!内訳・理由を紹介 これからリーフを購入しようか考えている方 電気自動車の車検代を知りたい方 これからリーフの車検をする方 ...

リーフを値引きしてもらうポイント・コツ

リーフを値引きしてもらうポイントは全部で3つあります。

  • ライバル車種の見積もりを持っていく
  • ディーラーの決算時期に交渉する
  • 他の車種も検討していると伝える 

これらを1つずつ解説していきます。

他メーカーのライバル車の見積もりを持っていく

ライバル車の見積もりを持っていくと、比較することが可能なので、値引きしてもらえる可能性が非常に高くなります。

営業マンの方は、とにかく車を買ってもらいたい一心で営業をかけてきます。

営業マンも月の売り上げを上げようと必死なわけです。

そこで「他の電気自動車も検討している。」という旨を営業マンに伝えると、他の車種を購入してしまうと、相手も非常に焦るわけです。

今の時代では、日産だけに限らず他のメーカーでも電気自動車を展開しています。

さまざまなデザインや航続距離の違い、乗り心地の違いなどがあるため選択肢も非常に増えています。

どうにかしようと、他の車種と同じ価格くらいにまで値引きしてくれる可能性が非常に高くなります。

リーフのライバル車種は以下のようになります。

  • トヨタ プリウスPHV
  • BMW i3
  • テスラ モデル3

これらの車種の見積書を持っていくことによって、しっかり比較することができるので、商談する際は必ず持っていくようにしましょう。

また、それぞれの車種で価格帯が全然違いますので、リーフを購入する際は金額の比較も合わせてするようにしましょう。

ディーラーの決算時期に交渉する

ディーラーの決算時期に交渉することも重要になってきます。

決算時期ともなると、通常以上に営業マンの方はより気を引き締めて営業してきます。

1台でも多くの車を売ろうとしてくるので、普段より値引きの交渉がしやすくなります。

ここで注意する部分は、ディーラーの決算時期になります。

その期間内で契約することが重要になるので、あまり時間をかけずに商談するようにしましょう。

1台でも多く売ることによって、自分の給料もUPするので積極的にグイグイきます。

決算時期に商談する際も、上記の他車種の見積もりは有効になるので、持っていったほうが絶対に良いです。

特に電気自動車は、ガソリン車と比較して車種数が少ないので限られます。

日産の担当者も「電気自動車では負けたくない!!」という強い気持ちを必ず持っているので、決算時期は力を入れて営業してきます。

そのタイミングをうまく使って、値引きを行うようにしましょう。

他の車種も検討していることを伝える

他の車種の見積もりを、持っていくことによって、他の車種も検討しているという考えもあることが営業マンに伝わります。

他の車種も検討していることを伝えると、営業マンはとにかく焦ります。

せっかくのお客様が、他のメーカーに取られてしまうことになるので、できるだけハスラーを購入してもらおうと努力してきます。

そのため、他の車種も検討していることを伝えることは重要になってきます。

具体的にどのメーカーのどの車種なのか、それが何台あるのかなど細かい部分まで決めておくようにしましょう。

ここでも上記で紹介した見積もりを取ることによって、より信頼性が増すので見積もりはかなり重要な書類になっています。

【商談前】実際に行ったリーフの交渉方法

商談前に準備することが非常に重要になります。

自分が実際に検証したハスラーの値引きをする準備について紹介していきます。

  • リーフのライバル車種も購入を検討していると営業マンに伝える
  • 下取り車の下取り額をチェック
  • ネットで目標値引き額をチェック 

リーフのライバル車種も購入を検討していると営業マンに伝える

リーフの現車を確認し、実際に試乗することが終わったら、他の車種も検討していることを営業マンに伝えるようにしましょう。

ここで注意する点は、リーフのライバル車ということです。

上記でも少し触れましたが、リーフのライバル車を比較させることによって、値引きする確率が非常に上がります。

リーフのライバル車の中でも一番効果があるのが、トヨタのプリウスPHVです。

同じようなボディのラインをしており、実用性・走行性については非常に似る部分が多いです。

リーフのライバル車はプリウスPHVなので、その見積もりを比較させることによって、営業マンも最大限頑張ってくれること間違いなしです。

しかし、プリウスPHVもかなり特徴的な車です。

知っている方も多いと思いますが、ガソリンでも走行できるかつ電気でも走行できるというかなり実用性のある車です。

しかし、その分電気での航続距離が少ないというデメリットもありますが、注目すべき車の1台でもあるので、必ず見積もりはチェックするようにしましょう。

日産の営業マンは「トヨタにだけは負けられない!!」というプライドがあります。

絶対に勝ち取るという気持ちで営業に来るので、なんとか値引き交渉まで持っていく必要があります。

下取り車の下取り額をチェック

現在乗っている車の下取り額を事前にチェックしておきましょう。

こちらもできるだけ安くリーフに乗るためには重要な部分になってきます。

下取り額をできるだけ高くするのもポイントとなってきます。

絶対に日産のディーラーで下取りはしないようにしましょう。

絶対に日産ディーラーで下取りをしない。 

日産に関わらず、ディーラーで下取りをしてしまうと平均額よりも安い下取り額になってしまうことがあります。

ここで利用するサービスは、ネット下取りサービスか一般中古車店にしましょう。

これら2つのどちらかで下取りを行うことによって、ディーラーよりも高い価格で売却することができるので、できるだけ安くリーフを購入することができます。

ネットで目標値引き額をチェック

事前に目標値引き額をチェックしておくことも重要です。

営業マンの方によっては、最初に提示する車両本体価格を普通よりも少し高い価格にし、そこからかなりの額を値引きしたと思わせる行為をする場合があります。

値引き額だけでみると、かなり値引きされているのでお得に購入できた感がありますが、実際に払う価格は、他の方のリーフよりも高いという場合があります。

営業マンの方も値引き交渉される前提で、価格を提示してくることがあるので、事前にチェックする必要があります。

リーフの平均値引き額はいくらになっているので、そしてどのくらいの車両本体価格で購入できるのかを調べておく必要があります。

【実際に商談】実際に行ったリーフの交渉方法

上記のような準備が完了しましたら、いざディーラーでの交渉になります。

ディーラーで商談が開始しましたら、以下のような手順で値引きの交渉をするようにしましょう。

  1. ディーラーでリーフの現車確認
  2. 実際に試乗をして、購入する姿勢を営業マンに伝える
  3. 購入したいグレードを営業マンに伝える
  4. リーフの見積もりを出してもらう
  5. 日付を変え、値引き交渉に入る

これらの手順で値引き交渉に入るようにしましょう。

こちらの手順は、初めてディーラーを訪れた際に必ず実施するようにしましょう。

ここで注意してもらいたい部分は、とにかく丁寧に伺うようにすることです。

⑤の『日付を変え、値引き交渉に入る』この手順に入ったら、いざ値引き交渉になります。

値引き交渉する際は、以下のような注意点を頭に入れながら粘り強く交渉するようにしましょう。

車の購入はそんな頻繁にすることではなく、数年に一度の大きな買い物なので、最後まで粘り強く交渉する必要があります。

値引きのテクニック・注意点

以下の注意点に注意しながら、粘り強く値引きをするようにしましょう。

  • 初回から値引きを強く強要しない
  • 良い人を演じる
  • 他の車種と迷っていることを伝える
  • リーフの中古車を勧められても絶対に断る

このような注意点があります。

具体的にどのような行動になるのか、1つずつ紹介していきます。

初回から値引きを強く強要しない

絶対に初回から値引き交渉をしてはいけません。

商談をした初日から値引き交渉を強く強要してしまうと、印象がめちゃくちゃ悪くなります。

購入するかどうかわからない方に値引き交渉をされてしまうと、営業マンの方も困惑してしまいます。

  • 頑張って値引きしたのに購入してもらえなかった。
  • 本当に購入する気があるのか。
  • そんなに強要するなら、購入してもらわなくてもいいかな。

営業マンの方は、このように感じてしまう場合があります。

こう思われないためにも、初回でも値引きの強要は絶対にしないようにする必要があります。

値引き交渉をするのは、2回目以降の商談にする必要があります。

良い人を演じる

第一印象をよくするようにしましょう。

もしも自分が営業マンだったとします。

その場合以下のような2人でしたら、どちらの方を値引きしますか??

  • とにかく値引き交渉に必死で、相手もこと考えることなくタメ口で接する
  • 話し言葉が丁寧で、顔の表情も爽やかに値引き交渉をする

圧倒的に後者の方だと思います。

値引き交渉をする場合は、人柄も重要になってきます。

お客様だからといって常に上から目線でいると、値引きされない場合があるので注意しましょう。

他の車種と迷っていることを伝える

他メーカーの車種と迷っていることを伝えることで、値引きしてもらえる可能性が上がります。

これは冒頭の部分でも触れている内容になります。

特にリーフのライバル車と迷っているとなると、営業マンも本気で値引きしようとします。

営業マンからしたら、せっかくのお客様が他のメーカーに取られてしまうとかなりショックになります。

できるだけリーフを購入してもらえるように、他の車種とも安い価格にしようと頑張ってくれるわけです。

迷っていることを伝えるのと、その車種の見積書があることでさらに靡する確率は上がるでしょう。

リーフの中古車を勧められても絶対に断る

値引き交渉をしていると、営業マンの方からの認定中古車を勧められることがあります。

しかし、そのような際は必ず断るようにしましょう。

リーフだけに限らず、電気自動車の中古車は非常に危険です。

その理由は、バッテリーの劣化です。

電気自動車のデメリットはバッテリーの劣化になります。

劣化することによって、航続距離が少なくなったり、最悪走行できない状態になってしまいます。

中古車で売られているリーフは、バッテリーの劣化が考えられます。

購入時には問題なかったが、購入して半年後に航続距離がめちゃくちゃ減ったといいうことおもあります。

そのようになった場合は、バッテリーの交換をしなければいけません。

バッテリーの交換は、約80万円と言われています。

車を購入したばかりなのに、そんな高額な交換費用が取られてしまうのです。

そのようなことにならないためにも、リーフの中古車を勧められても絶対に断る必要があります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす