スズキ

ジムニーに似合うルーフボックス5選!似合わないものも紹介

ルーフボックス
  • ジムニーのルーフボックスを探している方
  • ジムニーにルーフボックスを装着させようとしている方
  • ルーフボックスに迷っている方

今回は、このような方にとっての記事になります。

ジムニーの実用性を向上させるためのアイテムとして、ルーフボックスがあります。

車を所有している方だったら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ルーフボックスとは、車の上に装着させる収納ボックスのことになります。

これを装着させることによって、収納できるスペースを増やすことができます。

ジムニーの場合は、室内が狭いため収納スペースを増やすにはもってこいのアイテムになります。

そんなジムニーのルーフボックスですが、どの商品を購入すれば良いのでしょうか。

メーカーによってデザインや収納量なども異なってきます。

今回は、そんなジムニーにオススメのルーフボックスを紹介していきます。

現在、ジムニーのルーフボックスに悩んでいる方は、是非参考にしてください。

↓『新型ジムニーの納期は早まる?半導体の不足で納期は遅くなる!』についての記事はこちら↓

ジムニー
新型ジムニーの納期は早まる?半導体の不足で納期は遅くなる! ジムニーの購入を検討している方 ジムニーの納期が気になる方 納期を早める方法を知りたい方 今回は、この...

ジムニーに似合うルーフボックス5選

それでは早速、ジムニーに似合うルーフボックスを紹介していきます。

見た目のデザインや実用性を考えた上で、オススメするルーフボックスを紹介していきます。

  • INNO BRT314MBK マッドブラック
  • INNO BRM466KH ルーフボックス
  • MOTORAGE JB64W ルーフボックス
  • Black Steel RoofCarrier
  • ROOF RACK PTR03

INNO BRT314MBK マッドブラック

  • 車体に似合うコンパクトサイズ
  • コンパクトでありながら240Lの容量を誇る
  • キャンプ用品が積載可能なルーフボックス

ジムニーにオススメするルーフボックスの1つ目は、INNO BRT314MBK マッドブラックになります。

ジムニーに乗っている方からの一番人気のルーフボックスです。

なんと言っても、ジムニーのエクステリアデザインとのバランスが絶妙です。

ジムニーのボディサイズに合ったルーフボックスになるので、かっこよさも感じることができます。

また、240Lの容量を誇っていることから実用性もかなり高いルーフボックスです。

INNO BRM466KH ルーフボックス

  • 500Lの大容量ルーフボックス
  • スキー板やスノボの板を積載できる
  • 左右開閉可能な仕様になっている

続いてオススメするルーフボックスは、INNO BRM466KH ルーフボックスになります。

こちらのルーフボックスの特徴は、とにかく大容量になります。

500Lのサイズになっているので、キャンプ用品などの小物類だけでなくスキー板やスノボ板のような長い荷物も積載できます。

アクティビティやアウトドア時に、幅広い場面で活躍するルーフボックスになります。

また、左右開閉が可能になっていることで、使い勝手もかなり期待できるでしょう。

MOTORAGE JB64W ルーフボックス

MOTORAGE JB64W ジムニー ルーフボックス 純正色ペイント仕上げ

  • 迷彩色に仕上がっているデザイン性
  • どのボディカラーにも似合うルーフボックス
  • 他のジムニーと差別化できる

続いてのオススメするルーフボックスは、MOTORAGE JB64W ルーフボックスになります。

こちらのルーフボックスの特徴は、そのデザインにあります。

基本的にルーフボックスは、単色のデザインになっていますが、こちらのルーフボックスは、迷彩色になっています。

そのため、ジムニーの雰囲気に合ったデザイン性になっています。

価格がかなり高くなっていますが、これを装着することで他のジムニーと差別化することができます。

Black Steel RoofCarrier

  • 悪路でも安定した装着具合
  • 支柱が太いことで長年使用できる耐久性
  • オフロード車に似合うデザイン性

続いてのオススメするのは、Black Steel RoofCarrierになります。

こちらは、ルーフキャリアの形になります。

ブラックをベースにデザインされており、ジムニーのワイルドなデザインにぴったりのルーフキャリアになります。

その実用性もかなり高く、頑丈に装着できることで悪路の走行時でもガタつきなく荷物を積載することができます。

全体的に太いフレームでデザインされていることで、長年使用することができる商品になります。

ROOF RACK PTR03

  • テントなどの大型の荷物も積載可能
  • 取り外し後コンパクトに収納可能
  • 取り付け・取り外しがかなり簡単なルーフボックス

続いてオススメするのは、ROOF RACK PTR03になります。

こちらの商品は、非常にコスパの良いルーフキャリアになります。

価格が、23,300円で購入することができるので、他のルーフボックスと比較すると購入しやすい価格帯になっています。

それに加えて、実用性もかなり高いです。

テントの大型な荷物を積めるだけでなく、取り付け・取り外しも楽チンです。

初めてルーフボックスを購入する方にとっては、非常に楽な商品になります。

また、取り外し後もコンパクトに収納することができるので、幅広い場面で活躍すること間違いなしです。

ジムニーに似合わないルーフボックス3つ

逆に、ジムニーに似合わないルーフボックスを紹介していきます。

以下のルーフボックスは、あまりジムニーのデザインには似合わないので、注意するようにしましょう。

  • スーリー Ranger500
  • テルッツォ ローライダー コンパクト
  • INNO リッジトランク240

スーリー Ranger500

  • ジムニーには長すぎるデザイン
  • 幅が狭いことで見栄えが悪い
  • アウトドアには向かない素材性

ジムニーに似合わないルーフボックスの1つ目は、スーリー Ranger500になります。

こちらのルーフボックスは、非常に長いデザインになっています。

長いデザインになっていることで、ジムニーに合わせると全体のバランスが悪くなります。

ジムニーの見栄えが悪くなる可能性があるので、注意する必要があります。

また、幅が狭いという部分も全体的にダサく見えてしまう原因になります。

購入前に気になっている方は、事前にジムニーに似合うかどうかを確認するようにしましょう。

テルッツォ ローライダー コンパクト

  • ジムニーにホワイトは似合わない
  • ジムニーには長すぎるデザイン
  • 薄型のため実用性が低い

続いてオススメしない商品は、テルッツォ ローライダー コンパクトになります。

こちらは、ホワイトのデザインになっていることで、ジムニーには似合わなくなってしまっています。

ジムニーは多数のボディカラーから展開されていますが、どのボディカラーもホワイトのルーフボックスはあまり似合いません。

ホワイトのルーフボックスを装着すると、全体のバランスが悪くなる可能性があります。

また、薄型のデザインになっていることで、実用性もあまり高いとは言えないでしょう。

INNO リッジトランク240

送料無料!代引不可 カーメイト INNO【BRW240WH】 ルーフボックス リッジトランク240 ホワイト

  • 汚れが目立ちやすいホワイト
  • キャンプには向かないルーフボックス
  • 悪路走行時のガタつきが気になる

続いてのオススメしないルーフボックスは、INNO リッジトランク240になります。

こちらのルーフボックスもホワイトのデザインになっているので、あまりオススメできません。

ホワイト系は、キャンプなどになるとかなり汚れやすくなります。

ルーフボックスが汚れてしまうと、車全体の印象が悪くなるので気分も落ち込んでしまいます。

また、悪路走行時のガタつきなども気になるようです。

装着させる際は、細心の注意を払って丁寧に取り付ける必要があります。

ジムニーに似合うルーフボックスの選び方

続いて、ジムニーに似合うルーフボックスの選び方を紹介していきます。

これから紹介するポイントを抑えることによって、ジムニーに似合うルーフボックスを購入することができます。

どのルーフボックスにしようか悩んでいる方は、是非参考にしてください。

  • 純正の商品を選ぶ
  • ボディよりも長いものを選ばない
  • 取り外しが簡単な商品を選ぶ

純正の商品を選ぶ

ルーフボックスの選び方の1つ目は、純正の商品を選ぶという点になります。

ジムニーに似合うルーフボックスを選びたいという方は、これが一番の方法になります。

ジムニーの純正ルーフパーツは多数展開されています。

全て、ジムニーのために展開されている部品になるので、どのボディカラーにも似合うに違いありません。

また、実用性なども期待できます。

見た目もカッコよく仕上がるのに加えて、安定した実用性を期待できます。

ルーフボックスの購入で後悔したくない方は、純正パーツを購入することで満足すること間違い無いでしょう。

ボディよりも長いものを選ばない

続いてのポイントは、ボディよりも長いものを選ばないという内容になります。

ジムニーは、軽自動車の位置付けになっています。

そのため、長いルーフボックスを購入してしまうと、ボディよりも長くなってしまう可能性があります。

ボディよりも長いルーフボックスを装着してしまうと、全体的なバランスがかなり悪くなります。

例えるなら、モヒカンのような見え方になってしまうので、それだけは避けなければいけません。

軽自動車やコンパクトカー専用のルーフボックスでは問題ありませんが、比較的長いルーフボックスは、絶対に選択しないようにしましょう。

取り外しが簡単な商品を選ぶ

続いてのポイントは、取り外しが簡単な商品を選ぶという内容になります。

取り外しが簡単な商品を選択することで、実用性がかなり高くなります。

ルーフボックスは、ずっとつけっぱなしというわけではありません。

使用しない時期が来れば、取り外すこともあります。

また、人によっては目的地先でルーフボックスを取り外すということもあり得ます。

そういった場合に、取り外しにくいルーフボックスを選んでしまうと、取り外すだけで時間がかかってしまいます。

時間がかかると、せっかくの楽しい時間が短くなってしまう可能性もあります。

そうならないためにも、できるだけ取り外しが簡単なルーフボックスを選択するようにしましょう。

ルーフボックスを取り外すのは、洗車時などでも発生します。

ルーフボックス付きの車の洗車手順は、普通の車を少し違う部分があるので、注意するようにしましょう。

↓『ルーフボックス付きの車は洗車機に通せる?』についての記事はこちら↓

ルーフボックス付きの車は洗車機に通せる? ルーフボックスを車につけたい方 ルーフボックスの洗車方法を知りたい方  ルーフボックス付きの車を洗車機に入れたい...

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす