車のお役立ち情報

カングーを買うとダサくて後悔する?メリット、デメリットを調査!

カングー
  • カングーの購入を検討している方
  • カングーの後悔する部分を知りたい方
  • カングーのスペックを知りたい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

フランスの自動車メーカーとして、国内に展開されているルノーですが、その中にカングーという車種があります。

主にファミリーカーとして使用されることが多く、国産車には似つかないデザイン性が特徴になっています。

そんなカングーですが、全体的な満足度はどのようになっているのでしょうか。

国産車とはエクステリアもインテリアも全然違うデザイン性になっています。

全く違うことから、カングーは人によって好き嫌いが異なるようです。

今回は、そんなカングーに着目していきます。

どのような部分に満足し、どのような部分に公開しているのかを徹底的に深掘りしていきます。

現在、カングーの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

カングーの基本情報

カングー
年式 2002年〜
車名 カングー
駆動方式 前輪駆動
装着タイヤ 15インチ
排気量 1.197L
最高出力(エンジン)
kW(PS)/r.p.m.
84(115*1) / 4,500
最大トルク(エンジン)
N・m(kgf・m)/r.p.m.
190(19.4*1) / 1,750
全長 4,280mm
全幅 1,830mm
全高 1,810mm
車両重量 1,450kg
価格(税込) 2,546,000円〜
燃費 12.9km/L〜

カングーの見た目がダサいと言われる理由

まず初めに、カングーの見た目がダサいと言われる理由を紹介していきます。

全部で3つあるので、1つずつ紹介していきます。

  • レトロ感のあるデザイン性
  • 高級感を感じられない
  • 若者からの印象があまり良くない

レトロ感のあるデザイン性

レトロ感

カングーがダサいと言われる理由の1つ目は、レトロ感のあるデザイン性という内容になります。

昔ながらのデザインになっていることで、カングーは好き嫌いが分かれる車種になっています。

カングーのデザインは、レトロ感溢れるフランスの街並みがよく似合うデザインになっています。

そこにかっこよさやオシャレさを感じる方がいますが、その一方ダサいと感じる方も多くいます。

現代の車は、レトロ感よりかは近未来的なデザイン性が主流になっています。

そこにカングーのようなレトロ感あるデザインを持ってくると、どうしてもダサいと感じてしまう方がいるようです。

どうしても昔ながらの車に乗りたいという方であれば問題ありませんが、やはり現代のデザインに見慣れた方は、どうしてもギャップができてしまうようです。

高級感を感じられない

続いての理由は、高級感を感じられないという内容になります。

カングーからは高級感を感じることができません。

これは、エクステリア・インテリア両方に言える内容になります。

多くの方の外車の印象は、高級感があるというのが一番強いはずです。

しかし、カングーは高級感というよりかはオシャレさを追求している車です。

上記でも記載していますが、カングーはレトロさを売りに出している車種です。

レトロ感を出してしまうと、どうしても高級感を兼ね備えることができなくなります。

そのため、エクステリア・インテリアからのデザインから高級感を感じることができなくなります。

外車に求めるのは高級感という考えの方が多いことから、カングーには魅力を感じない方が多くいるようです。

しかし、高級感がない分、室内の実用性についてはレベルが高いです。

ファミリーカーにも使用されるほどの魅力を兼ね備えているので、実用性の面では国産車以上の仕上がりになっています。

若者からの印象があまり良くない

続いての理由は、若者からの印象があまり良くないという内容になります。

カングーのデザイン性は、あまり若い方々からのウケがあまり良くありません。

若い方々は、車にかっこよさを求めています。

そのため、オシャレさや可愛らしさなどは求めていないのです。

その面から考えると、カングーはかっこよさを感じるデザイン性ではありません。

どちらかというと、レトロ感のあるオシャレさや可愛らしさを感じられるデザイン性になっています。

国産車のようなかっこよさはなく、フランス車特有のデザインになっていることから好き嫌いが分かれているようです。

カングーは、若い方々からはダサいと思われがちです。

しかし、年齢層が高い方々からは昔ながらの車で、懐かしいといった印象を持っている方もいるようです。

カングーの値段について

カングーは、大きく分けて2つのグレードから成り立っています。

2つのグレードのそれぞれの価格帯は、以下のようになります。

  • ZEN 6MT⇨2,546,000円
  • ZEN EDC⇨2,647,000円

ZEN 6MT⇨2,546,000円

カングーのグレードの1つ目は、ZEN 6MTになります。

こちらの価格帯は、2,546,000円になっています。

主にファミリーカーとして使用されることが多いカングーですが、国産車のファミリーカーと比較するとコスパの良い価格帯になっています。

国産車のファミリーカーになると、車両本体価格で300万円にはなってしまうので、そう考えると購入しやすい価格帯になっています。

このグレードの特徴は、ファミリーカーでありながらマニュアル仕様になっているので運転が非常に楽しいグレードになります。

ファミリーカーのマニュアル仕様は、国産車にはありません。

運転の楽しさといった面では、国産車と差別化されている車になります。

また、ヒルスタートアシスト機能も備わっているので、坂道発進が苦手な方でも安心して運転することができます。

ZEN EDC⇨2,647,000円

続いてのグレードは、ZEN EDCのグレードになります。

こちらの価格帯は、2,647,000円になっています。

上記のグレードと比較すると少し高めになっていますが、それでもコスパが良い価格帯になっています。

これだけの完成度で、200万円台からの展開になっているので、非常に魅力的な車になります。

上記グレードとの違いは、このグレードはオートマ仕様になっていることです。

オートマ仕様になっていることで、少し価格帯が高くなっている傾向にあります。

しかし、それ以外に変化点はありません。

カングーの乗り心地

続いてカングーの乗り心地についてになります。

カングーの乗り心地は、非常に乗りやすい仕上がりになっています。

一見乗り心地が悪そうに見えがちですが、そんなことはありません。

乗り心地が良い理由としては、シートのデザイン性に特徴があります。

ちょうど良いシートの柔らかさ

シート

乗りやすくなっている1つ目の理由は、ちょうど良いシートの柔らかさになります。

カングーのシートの柔らかさは、国産車のシートとは少し異なります。

基本的に硬めにデザインされていますが、それが結果的に座りやすいという部分に繋がっています。

シートが柔らかいからといって座りやすいというわけではありません。

柔らかすぎると座った際に体が沈んでしまい、腰に負担がかかってしまいます。

かと言って硬すぎても長時間座っているのは困難になります。

その中間あたりの仕上がりになっていることで、乗り心地が良いシートデザインになっています。

また、乗り心地が良くなっているのには、衝撃を吸収するサスペンション機能なども関係してきます。

衝撃を吸収するサスペンション機能

カングーの衝撃を吸収するサスペンション機能は、かなり充実しています。

道路の凹凸の部分を走行しても、その衝撃をうまく吸収してくれるようになっています。

シートが硬いのにも関わらず、サスペンション機能がしっかりしているので国産車にはないスペックになっています。

また、車高が高いのにも関わらず、横揺れせずに安定した走行をしてくれるので、悪路などでも安定した走行をすることができます。

横揺れがしないということは、お子さんの車酔いしないという部分にも繋がってきますね。

安定した走行ができることで、アウトドアにも使用されることが多い車となっています。

カングーの運転のしやすさ

続いて、カングーの運転のしやすさについてになります。

こちらも結論から言うと、常に運転がしやすい車種になります。

カングーには、以下のような特徴があることで運転がしやすくなっています。

  • 小回りが効く
  • フロントガラスの面積が広い
  • フロント部分があまり長くない

上記の内容について、1つずつ解説していきます。

小回りが効く

運転がしやすい理由の1つ目は、小回りが効くという内容になります。

ファミリーカーでありながら、小回りが効くのでスーパーや百貨店などの狭い駐車場でも楽々駐車することができます。

国産車のファミリーカーだとこうはいきません。

狭いスペースでの駐車になると、どうしても高度な運転技術が求められます。

しかし、カングーは小回りが効くので、そんなに高度な運転技術がなくても問題ありません。

この部分は、国産車のファミリーカーと大きな差がある部分になります。

フロントガラスの面積が広い

フロントガラス

続いての理由は、フロントガラスの面積が広いという内容になります。

カングーのフロントガラスは、面積が広いことから誰でも運転がしやすい仕様になっています。

フロントガラスの面積が広いことによって、広い視野を確保することができます。

死角なども少なくなるので、運転が苦手な方でも楽々運転することができます。

フロント部分があまり長くない

続いての理由は、フロント部分があまり長くないという部分になります。

フロント部分が長くないことで、運転がしやすくなっています。

フロント部分が長くなってしまうと、どうしても死角が増えてしまいます。

フロント部分の長さを把握することができなくなり、狭いスペースなどでの走行が困難になります。

しかし、カングーは死角が少ないフロントの長さになっているので、誰でもしっかりとした視野を確保して運転することができます。

ファミリーカーとしての視点で考えるのであれば、誰でも運転できるという面では非常に魅力的な部分になります

カングーの故障の多さ

カングーは、外車の部類に位置します。

外車と聞くと、どうしても気になるのが故障の部分ですよね。

多くの方の外車に対する印象は、故障が多いと思っているはずです。

実際のところ、カングーの故障はどうなのでしょうか。

新車のカングーは故障しにくい

カングーの新車については、あまり故障が多くないという口コミが寄せられています。

新車のカングーは、故障が少ないため安心して乗ることができます。

他のメーカーであるフィアットなどと比較しても、全然故障しないので頑丈な仕上がりになっているのがよくわかります。

しかし、注意点もあります。

これは新車に限ったことであり、中古車全てが故障しないというわけではありません。

カングーの中古車を購入してしまうと、故障する可能性が高くなるので注意する必要があります。

中古車は故障しやすい

中古車のカングーは、故障する可能性が高くなります。

主に故障が多いと言われている部分は、以下の部品類になります。

  • エアコンの故障
  • オルタネーター
  • ラジエターの水漏れ

これらの故障が一番多いと言われています。

全て故障する原因は、経年劣化と言われています。

その修理費用は10万円〜20万円となっているので、注意する必要があります。

そのため、中古車はあまり購入しない方が良いと考えます。

もしも中古車を購入するのであれば、認定中古車を選ぶようにしましょう。

認定中古車にすることで、一般中古車よりは品質が高く保たれています。

カングーの安全機能について

続いて、カングーの安全機能についてになります。

現代の車種は、安全機能が非常に充実してきています。

自動ブレーキ機能や自動駐車など、安全機能が普及してきています。

しかし、カングーはそのような安全機能は一切備わっていません。

カングーには安全機能がついていない

カングーの安全機能は充実していないので、注意する必要があります。

現代の車は、安全機能がどんどん普及してきています。

国産車なんかだと、自動ブレーキや自動車駐車機能なども備わってきています。

それぞれの機能もどんどんレベルを上げてきている状況です。

その状況の中、カングーは上記のような安全機能は一切ついていません。

横滑り防止や悪路専用の走行モードは備わっていますが、国産車ほどの充実性は感じられません。

そのため、運転には細心の注意を払う必要があります。

カングーのドリンクホルダーについて

続いて、カングーのドリンクホルダーについてになります。

カングーのドリンクホルダーは、実用性が非常に低いです。

実用性が低いドリンクホルダー

ドリンクホルダー

前席には、通常だとドリンクホルダーは同じ大きさの物が2つ備わっているはずです。

しかし、カングーの場合は1つしかドリンクホルダーがないのです。

運転席と助手席に2人乗っていても、ドリンクホルダーは1つしかないので実用性がかなり低くなります。

その1つもそこが浅いことから、走行中は不安定になってしまいます。

悪路などを走行するとこぼれる危険性などもあるので、ドリンクホルダーについては細心の注意を払うようにしましょう。

カングーのブレーキについて

続いて、カングーのブレーキについてになります。

カングーのブレーキ部分についても、不満な声が多数寄せられています。

その内容は、以下の2つになります。

  • ブレーキダストの量が多い
  • ブレーキ音がうるさい

ブレーキダストの量が多い

内容の1つ目は、ブレーキダストの量が多いという内容になります。

外車は国産車と比べると、ブレーキダストの量が多くなる傾向にあります。

そのため、ホイール部分の汚れがどんどん溜まってきてしまいます。

外車は、ブレーキパッドとブレーキローターが摩耗する構造になっています。

その分制動力は高いですが、ブレーキダストが多く出てしまいます。

ホイール部分がすぐ真っ黒になってしまうので、念入りな手入れが必要になります。

場合によっては、タイヤを外した状態で洗浄する場合もあります。

ブレーキ音がうるさい

続いての内容は、ブレーキ音がうるさいという内容になります。

ブレーキダストが付着することで、ブレーキ音も気になってきます。

カングーの場合は、当たり前のようにブレーキ音が聞こえてきます。

特に部品の故障というわけではありませんが、走行中にブレーキ音がなるとどうしても気になってしまいます。

ブレーキダスト以外にも錆なども影響してくるようなので、この部分は避けられないのではと考えます。

カングーを検討している方は、実際にどのような音なのか試乗して確認する必要があります。

カングーの外装について

続いて、カングーの外装のデザインについてになります。

カングーの外装のデザインについては、満足度が高い仕上がりになっています。

特に、どのような部分に満足しているのでしょうか。

  • 国産車にはないオシャレなデザイン性
  • 女性にも似合う可愛らしさ
  • 自然の風景もよく似合う

1つずつ紹介していきます。

国産車にはないオシャレなデザイン性

1つ目の内容は、国産車にはないオシャレなデザイン性になります。

カングーの魅力と言えば、一番はこの部分なのではないでしょうか。

カングーのようなレトロ感のあるオシャレなデザイン性の車は、国産車には見当たりません。

それを現代でも展開しているので、かなり魅力的だと感じています。

特に特徴的なのが、丸みを帯びたヘッドライトになります。

カングーの象徴とも言えるヘッドライトが、オシャレさを醸し出しているのと考えます。

女性にも似合う可愛らしさ

続いての内容は、女性にも似合う可愛らしさになります。

カングーは、男性だけでなく女性にも似合うデザインになっています。

むしろ、女性の方が似合うのではという意見もあります。

女性に似合う車というのは、限られてきます。

国産車で考えると、ファミリーカーサイズで女性に似合う車はあまりないのではないでしょうか。

しかし、カングーの場合は女性の方が似合うデザインになっています。

また、運転が苦手な方が乗っても楽々乗りこなすことができるので、車全体のスペックを見ても魅力的と言えるでしょう。

自然の風景もよく似合う

続いての内容は、自然の風景もよく似合うという内容になります。

カングーはアウトドアなどにも最適な車です。

それは走行性はもちろんのこと、自然の風景が似合うといった面でもあります。

フランスの街並みがよく似合うカングーのエクステリアデザインですが、自然をバックにするとどうなのでしょうか。

上記の写真を見てみると、かなり映えていますよね。

夕焼けをバックに写真を撮影していますが、かなり満足度の高い仕上がりになっています。

その他にも、以下のシチュエーションがオススメです。

  • キャンプ時の森の中
  • 晴天時の砂浜・海沿い
  • 標高が高い場所

愛車と一緒に思い出を刻むことができるのも、カングーの魅力の1つになります。

カングーの内装について

続いて、カングーの内装についてになります。

上記のようなオシャレな外装に仕上がっている内装は、どのようなデザイン性になっているのでしょうか。

  • 誰にでも似合うシンプルなインテリア
  • アウトドアにも最適な広い室内
  • ファミリーカーとして使用できる

誰にでも似合うシンプルなインテリア

1つ目の内容は、誰にでも似合うシンプルなインテリアという内容になります。

カングーの内装を一言で表すと、かなりシンプルです。

インテリアカラーもブラックの1つから展開されており、誰にでも似合う仕上がりになっています。

そのため、年齢・性別関係なく幅広い年代から愛されています。

自分らしさを出したいのであれば、自分好みにカスタムすることもできます。

購入後に自分の好きな状態にカスタムできるのも、カングーの楽しい部分になります。

アウトドアにも最適な広い室内

続いての内容は、アウトドアにも最適な広い室内という内容になります。

カングーは、アウトドアにも最適な室内空間になっています。

トランクスペースは、最大荷室容量600リットルになっています。

このサイズで、これだけの荷物を積むことができる車は他にありません。

また、後席を倒すことでさらにスペースが広がります。

乗せる荷物によって、使い分けることができるので、実用性が非常に高い室内空間になっています。

ファミリーカーとして使用できる

後席

続いての内容は、ファミリーカーとして使用できるという内容になります。

上記の部分で何度も記載していますが、カングーはファミリーカーとしても使用することができます。

外見ではあまりわかりませんが、室内を見てみるととにかく広いです。

後席は大人が3人乗っても余裕を感じるほどの空間になっています。

それほど無駄な部分がなく、充実した室内空間を確保しているので、長距離なども快適に過ごすことができます。

また、トランクについても十分なスペースが確保されているので、アウトドア用品や旅行時の荷物なども余裕で積むことができます。

まとめ

カングーは、価格帯や実用性の面を考えると、非常に魅力的な車になっています。

小回りが効く上にボディサイズもそんなに大きくなく、ファミリーカーの代用としても使用することができます。

また、アウトドアなどにも使用することができます。

悪路を走行する専用のモードが備っているほど、アウトドア系にも力を入れています。

幅広い場面で活躍する車種になっています。

また、エクステリアのオシャレなデザインにも魅力を感じます。

性別・年齢関係なく誰にでも似合うという車は、見つけようとしてもあまり見つかりません。

しかし、外車という部分を忘れてはいけません。

外車になることで故障する確率が上がります。

その修理費用についても、国産車の1.5倍ほどはかかってきます。

故障を避けたい方は、できるだけ新車を購入することをオススメします。

どうしても中古車を購入したい方であれば、品質と保証が充実している認定中古車を検討してみてはいかがでしょうか。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす