マツダ

マツダCX-30ディープクリスタルブルーマイカの色合いを紹介!

  • CX-30の購入を検討している方
  • マツダのディープクリスタルブルーマイカが気になっている方
  • CX-30のボディカラーに悩んでいる方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

CX-30で展開されているディープクリスタルブルーマイカは、かなり気になるボディカラーになります。

マツダで展開されているボディカラーの中でも高級感溢れるデザインとなっています。

そのため、気になって現車を確認する方も非常に多いようです。

しかし、実際にはディープクリスタルマイカの特徴はどのような内容になっているのでしょうか。

  • 「汚れや傷は目立ちにくいのか。」 
  • 「綺麗な状態を保ち続けることができるのか。」
  • 「色褪せはしにくいのか。」

これらの疑問点を持っている方も多くいます。

そのため、今回はディープクリスタルマイカの特徴について深掘りしていきます。

特徴を抑えることによって、購入するかどうかを決める決定打になるので、ぜひ参考にしてください。

ディープクリスタルブルーマイカの特徴

早速ディープクリスタルブルーマイカの特徴について紹介していきます。

特徴については、大きく分けて3つあります。

  • 深みのある高級感溢れるボディカラー
  • 見る角度によって色の変化を感じられる
  • マツダ特有の高級感を感じる

深みのある高級感溢れるボディカラー

1つ目の特徴は、深みのある高級感溢れるボディカラーという内容です。

第一印象としては、暗めのブルーという印象があります。

深みのあるブルー系は、他のメーカーではあまり見かけることはないのではないでしょうか。

こんなにも深みのあるブルー系であるということは、高級感を意識して開発されているのではないかと推測します。

濃いブルー系と表現する方もいますが、ネイビーという方もいます。

ドライブ中もいろんな景色を取り込んでくれるようなボディ表面になっているので、高級感と魅力を感じることができるボディカラーになっています。

見る角度によって色の変化を感じられる

太陽

2つ目の特徴が、見る角度によって色の変化を感じることができます。

日中の天気が良い日に見れば、鮮やかなブルーに見えます。

逆に雨の日や夜間なんかのドライブ中ですと、暗めのブルーもしくは、黒のボディに見えることもあります。

天気の変化や時間帯によって、色んな見え方がするので色の変化を楽しむことができます。

そのため、長い期間乗っていても一切飽きないようなデザイン性になっていますね。

環境の変化によって様々なボディカラーの見え方をするのは、あまりありません。

この魅力に惚れ込んで購入する方も多くいるようです。

実際に色の変化を確認するための、現車をチェックするのも1つの方法ですね。

マツダ特有の高級感を感じる

3つ目の特徴が、マツダ特有の高級感を感じることができます。

ディープクリスタルブルーマイカは、マイカ塗装されています。

そのため、有料色にはなっていますが、ボディ表面の艶感の質がかなり高いです。

マツダのマイカ塗装は、特殊な塗装方法になっています。

○マイカ塗装とは…??○ 

マイカ塗装には、色をつける顔料の他に「光輝材」が含まれている。
光輝材はその名のとおり光を反射させる機能を持ち、塗装に光輝材が入っているために、キラキラとした輝きを実現しているのだ。

このような特殊な塗装がされています。

光輝材を含ませることによって、他のボディカラーよりも高級感を表現することができているのです。

ディープクリスタルブルーマイカのリセールバリューは低い?

次に気になるのが、ディープクリスタルブルーマイカのリセールバリューについてです。

結論から言うと、ディープクリスタルブルーマイカのリセールバリューは、低いです。

その理由は以下のようになっています。

  • CX-30の中では不人気色になっている
  • 傷や汚れが目立ちやすい
  • 綺麗な状態を維持するのが難しい

リセールバリューが低い最大の理由は、不人気色になっていることです。

これがリセールバリューが低くなっている大きな要因になっています。

CX-30の中で人気色としてランクインしているボディカラーは、以下の3色です。

  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • マシーングレープレミアムメタリック 

これらの3色はリセールバリューが高い結果になっています。

やはりCX-30はブラック系やホワイト系が人気になっています。

そん中でブルー系を購入する方はあまりいないようです。

ボディカラー自体の魅力は十分感じることができますが、それ以上に他のボディカラーの魅力の方が勝っているようです。

購入後のことも考えるのであれば、上記のリセールバリューが高い3つのボディカラーを購入した方が良いです。

人気色と不人気色では、数十万円の差が発生する場合もあるので慎重に選択するようにしましょう。

↓『チタニウムフラッシュマイカ はダサい?CX-30の人気色も紹介!!』についての記事はこちら↓

マツダCX-30 チタニウムフラッシュマイカ はダサい?不人気な理由を紹介 チタニウムフラッシュマイカのボディカラーを選択しようしている方 CX-30のボディカラーを悩んでいる方 ボディカ...

ディープクリスタルブルーマイカのメリット・デメリット

続いて、ディープクリスタルブルーマイカのメリット・デメリットを紹介していきます。

CX-30の購入を検討している方にとっては、非常に重要な部分になるので自分にあっているかどうかを判断する材料にして貰えば幸いです。

しっかり考えた上で、ボディカラーの選択をするようにしましょう。

ディープクリスタルブルーマイカのメリット

まず初めにメリットについてです。

ディープクリスタルブルーマイカのメリットは、以下のようになっています。

  • 環境の変化によってボディカラーの変化を楽しむことができる
  • マイカ塗装によって高級感を感じられる

環境の変化によってボディカラーの変化を楽しむことができる

メリットの1つ目は、環境の変化によってボディカラーの変化を楽しむことができます。

特徴の部分でも軽く紹介はしていますが、ディープクリスタルブルーマイカの最大の特徴になります。

日中の明るい時間帯では鮮やかなブルーになり、夜間や天気の悪い環境ではブラックのようなボディカラーに変化します。

1日通して楽しむことができるので、長期間乗っていても飽きることのないボディカラーです。

購入後長い間乗ろうとしている方や飽きやすい方であれば、非常にオススメのボディカラーになります。

マイカ塗装によって高級感を感じられる

CX-30

2つ目のメリットが、マイカ塗装によって高級感を感じられるという内容です。

これも特徴の部分で紹介した内容になります。

マイカ塗装は、他のボディカラーと差別化するために特殊な塗装が施されています。

光輝材を使用した塗装方法です。

これを加えることによって、ボディ表面が光り輝く状態になります。

光が当たるとピカピカした状態になるので、艶感あふれるボディに仕上がります。

この艶感が出ることによって、高級感を感じることができます。

ディープクリスタルブルーマイカのデメリット

続いてデメリットについてです。

ディープクリスタルブルーマイカのデメリットは、以下のようになっています。

  • 傷や汚れが目立ちやすい
  • 綺麗な状態を維持するのが大変
  • リセールバリューが低い

傷や汚れが目立ちやすい

デメリットの1つ目は、傷や汚れが目立ちやすいという内容になります。

ディープクリスタルブルーマイカは、何度も言いますが深めのブルー系になります。

光の当たり方によっては、ブラックと間違われるくらいの深みがあります。

そのため、ブラック同様に傷や汚れが目立ちやすいという特徴があります。

洗車の頻度を上げたり、ボディ表面のメンテナンスをしっかりしないと安っぽく見えてしまう傾向があります。

しかし、しっかりボディ表面のメンテナンスをすれば、非常に高級感のある車に仕上がります。

綺麗な状態を維持するのが大変

続いてのデメリットが、綺麗な状態を維持するのが大変という内容です。

傷や汚れが目立ちやすいことから、しっかりボディ表面のメンテナンスをする必要があります。

特に黄砂には気をつけなければいけません。

天気の良い日なんかになると、黄砂はめちゃくちゃ目立ちます。

これをこのままの状態にしてしまうと、ボディ表面の劣化にもつながってしまいます。

色褪せなんかも起こる可能性があるボディカラーになるので、購入する方はしっかりボディ表面のメンテナンスをするようにしましょう。

また、ボディコーティングをするのも1つ方法になるので、ぜひ試してみてください。

リセールバリューが低い

続いてのデメリットが、リセールバリューが低いという内容です。

上記の段落でも触れている内容になりますが、ディープクリスタルブルーマイカはリセールバリューが低い数値になっています。

これは不人気色であることが原因です。

中古車市場では、ディープクリスタルブルーマイカの需要がかなり低いため、それに伴ってリセールも低くなっています。

上記の部分にCX-30の人気色を記載しているので、購入後のことも考えたい方はリセールバリューが高い人気色を購入するようにしましょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす