車のお役立ち情報

タイヤに釘が刺さる確率はどれくらいなのか?口コミや事例を紹介

パンク
  • タイヤに釘が刺さった際の対処法を知りたい方
  • パンク時の修理費用を知りたい方
  • 過去にパンクしたことがある方

今回は、このような方にとっての記事になります。

車に乗っている方であれば、タイヤのパンクというのは誰もが経験する可能性がある事象になります。

タイヤのパンクでも様々な事象がありますが、その中でも一番多いのが釘が刺さることによるパンクです。

走行中に釘に気づくことができず、いつの間にか刺さっているというケースがほとんどだと思います。

そもそも、かなり小さい釘になるので運転中落ちているのに気づくはずがありません。

運転では、どうしても避けるのが困難となっています。

ごく稀に発生する釘が刺さることでのパンクですが、発生する確率は一体どのくらいになるのでしょうか。

釘によるパンクを経験したことがない方もいると思いますが、その反面複数回パンクしているという方もいらっしゃるはずです。

そこで今回は、釘が刺さることによるパンクについて深掘りしていきます。

釘が刺さった状態を放置したことによる影響や修理費用についても紹介していきます。

前輪のタイヤに釘が刺さる確率・口コミ

まず初めに、前輪のタイヤに釘が刺さったという口コミを紹介していきます。

統計を見ると、前輪に釘が刺さってパンクするという事象はかなり確率が低いようです。

タイヤに釘が刺さるメカニズムは、前輪で釘を上向きにしそこに後輪が刺さるという形になります。

そう考えると、前輪に刺さる確率というのはかなり低くなると想定されます。

口コミを見る限り、後輪のパンクに比べて圧倒的に前輪のパンクの方が少ない傾向にあります。

  • 5年間で2度目のパンク
  • 稀に発生する前輪・後輪同時パンク

5年間で2度目のパンク

前輪のパンク事例として、1つ目は5年間で2度目のパンクという内容になります。

こちらの方は、5年で2回のパンクを経験している方になります。

2度目のパンクは、前輪にビスが刺さってしまったことによるパンクのようです。

5年間で2度のパンクを経験するのは、なかなかの高確率と言えるでしょう。

そのうちの1回が確率の低い前輪のパンクになるので、珍しい事例となります。

5年間で一度もパンクしたことがない方がいる中で、2度のパンクを経験している方もいらっしゃるということになります。

稀に発生する前輪・後輪同時パンク

続いての事例は、稀に発生する前輪・後輪の同時パンクになります。

こちらの方は、前輪と後輪どちらもパンクしているという事象になります。

前輪のみや後輪のみというパンクが当たり前ですが、同じタイミングでどっちもパンクというのは珍しい事例になります。

また、持ち主もおじいちゃんということで気づかずに走行している可能性も0ではありません。

パンクに気づかずに走行してしまうと、タイヤの修理が不可能になるリスクもありますので注意が必要です。

後輪のタイヤに釘が刺さる確率・口コミ

続いて、後輪のタイヤに釘が刺さったという口コミを紹介していきます。

上記でも紹介しているように、前輪に比べて後輪のパンクの方が多い傾向があります。

  • 現場からの帰宅時にパンク発見
  • いつの間にか後輪に釘が刺さっていた
  • 後輪タイヤの空気が抜けやすい
  • 車持ってたった1週間でパンク

現場からの帰宅時にパンク発見

後輪のタイヤのパンク事例として、1つ目は現場からの帰宅時にパンク発見という内容になります。

作業を終わらせ、現場から帰宅しようとした際に後輪のパンクに気付いたようです。

工事現場などでは、釘やビス・尖った工具が刺さってパンクする確率が非常に高いです。

その理由は、下記のようなことが考えられます。

  • 現場では釘やビスなどを使用する場面が多いため
  • 釘やビスが落ちたのに気づかない
  • 尖っている工具などを使用するため

一般道などと比較して、上記のような環境であることから釘が落ちている確率はかなり高いです。

そのため、タイヤで踏んでしまうリスクもかなり高いと考えられます。

工事現場などの走行の際は、十分に注意する必要があります。

いつの間にか後輪に釘が刺さっていた

続いての内容は、いつの間にか降臨に釘が刺さっていたという内容になります。

タイヤに釘が刺さる事例の中で、一番このような事例が多いのではないでしょうか。

エンジンをかけて、これから走行するというときにいつもと感覚が違うという形でパンクに気づくはずです。

走行する際に、違和感を感じたらすぐに停車するようにしましょう。

パンクした状態で、走行すると車への負担とホイールへの負担が大きくなります。

後輪タイヤの空気が抜けやすい

続いての事例は、後輪タイヤの空気が抜けやすいという事例になります。

こちらの内容は、完全にパンクしているわけではありませんが空気が抜けやすくなっているという事例になります。

タイヤに釘が刺さったからといって、すぐにパンクするわけではありません。

釘の刺さり方次第では、全く空気が抜けないという状況も考えられます。

しかし、その状態を放置すると徐々に空気が抜けていく可能性もあります。

そのため、釘が刺さっているが空気が抜けていない状況でも、しっかりタイヤの修理をする必要があります。

いつかは必ず空気が抜けるので、注意が必要です。

車持ってたった1週間でパンク

続いての内容は、車を持ってたったの1週間でパンクという内容になります。

こちらの方は、納車してわずか1週間でパンクしてしまったという事例になります。

こちらの事例もかなり珍しい事例になります。

納車して1週間でパンクとなると、かなりショックも大きいと思います。

しかし、人によってはこのような確率でパンクする可能性も考えられます。

タイヤに釘が刺さったまま気づかずに放置するとどうなるのか

次に、タイヤに釘が刺さった状態で放置した際どのような影響があるのでしょうか。

結論、そうこうすることは可能ですが、後々影響してくるので注意が必要です。

事前にどのような影響があるのかをチェックするようにしましょう。

  • タイヤ側面部の損傷・ひび割れ
  • ホイールの破損・変形

タイヤ側面部の損傷・ひび割れ

ひび割れ

釘が刺さったままの状態で走行することにより影響の1つ目は、タイヤ側面部の損傷・ひび割れになります。

タイヤに釘が刺さった状態で走行すると、まず空気が抜けていくことは間違いありません。

すぐに空気は抜けませんが、走行することで徐々に空気が抜けていきます。

いずれは、空気が抜け切ってしまいタイヤ側面への影響が大きくなります。

それが、損傷・ひび割れになります。

当然のことですが、タイヤの空気が抜けると車の重さを支えきれなくなりタイヤは潰れた状態になります。

そのような状態で走行すると、接地面よりも側面部に大きく影響してきます。

側面が、損傷・ひび割れしてしまうと修復もすることができません。

新しいタイヤを購入することになるので、本来接地面の修理費用だけで済むはずが倍以上の費用がかかってしまいます。

そのため、釘が刺さっているのに気付いたらいち早く修理するようにしましょう。

ホイールの破損・変形

続いての影響は、ホイールの破損・変形になります。

タイヤの側面部以外にも、ホイールにも影響してきます。

タイヤが潰れた状態になると、車全体の負荷はホイールにのしかかってしまいます。

車の全体重がホイールに行くことになるので、当たり前ですがホイールでは支え切ることができません。

パンクした状態で走行するにつれて、ホイールが変形していってしまいます。

ホイールが変形した場合、そのホイールも使用不可となってしまいます。

タイヤのパンクを放置したことで、新しいタイヤを買い換えると同時にホイールまでも買い替えが必要になる可能性があります。

パンクした状態で走行すればするほど、様々な部分で費用がかかってくるので注意が必要です。

タイヤに釘が刺さるスピリチュアルな意味

続いて、タイヤに釘が刺さるスピリチュアルな意味を紹介していきます。

一見不運な出来事だと捉えがちですが、スピリチュアルな観点から見た時どのような意味が込められているのでしょうか。

パンクに対して見る観点を変えることで、事象をポジティブに捉えることもできます。

過去にパンクしたことがある方は、下記のような考えた方も1つの方法として参考していただけると幸いです。

  • 今まで培ってきたものがリセットされる
  • 大きな危険の回避
  • 新しいものを手に入れるタイミング

今まで培ってきたものがリセットされる

スピリチュアル

タイヤに釘が刺さることによるパンクのスピリチュアルな意味として、1つ目は今まで培ってきたものがリセットされるという内容になります。

どのようなことでも自分のレベルが1つ上がる時は、今まで培ってきたものが壊れる・リセットされるものです。

タイヤのパンクも、そのような意味として捉えることができます。

釘が刺さることによってのタイヤのパンクは、起こそうとしてもなかなか起こすことができません。

宇宙的な導きにより、次のステージ上がる前に今まで培ってきたものは壊れてしまうものです。

タイヤに釘が刺さった場合は、このように次のステージにレベルアップするためのメッセージとして捉えることができます。

大きな危険の回避

続いてのスピリチュアルな意味として、大きな危険の回避という内容になります。

タイヤに釘が刺さってパンクした場合、確実にその後の予定に影響が出るはずです。

  • 友達と遊ぶ約束をしていた
  • 会社に向かう途中だった
  • 家族と旅行に出かけるはずだった

このような予定があったとしても、タイヤがパンクしてしまっては断念するしかありません。

しかし、こういった状況でも大きな危険を回避できるという考え方をすることができます。

  • パンクせずに走行していたら大事故に巻き込まれていたかもしれない。
  • 予定通り友達と出かけたら、喧嘩したかもしれない。
  • 交通違反で、罰金を支払っていたかもしれない。

あくまで推測の世界になってしまいますが、こういった考え方もできます。

タイヤがパンクしたことで、上記のようなことが回避できたと考えればよりポジティブに物事を捉えることができます。

タイヤに釘が刺さるというのは、スピリチュアルな意味としてこのように考えることもできます。

新しいものを手に入れるタイミング

続いてのスピリチュアルな意味は、新しいものを手に入れるタイミングという内容になります。

タイヤだけに限らず、物が壊れたら新しいものを手に入れるタイミングというスピリチュアルな意味があります。

一見、釘が刺さってタイヤがパンクした場合ショックの方が大きいと思います。

運転できない期間が増えるのと同時に、修理費用もかかってくるため落ち込むのが当たり前です。

しかし、これを機に新しいホイール・タイヤを購入するという考えも1つの方法です。

既にパンクしたタイヤに目を向けるのではなく、新しいものに目を向けるのも重要です。

これもタイヤだけではなく、いっそのこと車自体を買い替えるというのも1つです。

そうすることで、タイヤのパンクをより前向きに捉えポジティブに物事を進めることが可能になります。

タイヤに釘が刺さった場合の修理料金

次に、タイヤに釘が刺さった場合の修理料金を紹介していきます。

釘が刺さってパンクした際、どのくらいの修理料金がかかってくるのでしょうか。

タイヤのパンク修理にも、いくつかの種類に分かれますのでそれぞれで紹介していきます。

  • 外面修理
  • 内面修理

外面修理

タイヤに釘が刺さった場合の修理として、1つ目は外面修理があります。

外面修理とは、タイヤの外側から専用のパンク修理剤を用いて損傷部の修理を行う方法になります。

外側から修理することができますので、車から取り外さなくても修理することが可能になります。

車から取り外さずに、手軽に修理できるといった点がメリットになります。

修理費用としては、2,000円前後になります。

内面修理よりも手間がかからないため、比較的安く修理することが可能です。

また、修理に要する時間は15分〜30分となっています。

内面修理

続いては、上記でも少し触れている内面修理になります。

こちらの手法は、損傷箇所をタイヤの内側から補修する方法になります。

内面からの作業になるため、必ず車からホイールを外してから作業する必要があります。

外面修理よりも、少し手間がかかる手法になっています。

修理費用としては、3,000円〜5,000円になります。

外面修理よりも車からホイールを外すなどの手間がかかるため、修理費用が高くなっています。

また、修理に要する時間帯も長くなります。

一般的には、30分〜1時間となっていますが、タイヤの状況によってはもう少し長くなる可能性もあります。

嫌がらせやイタズラが疑われる場合の対処法

次に、嫌がらせや悪戯が疑われる場合の対処法を紹介していきます。

嫌がらせやイタズラによるタイヤのパンクは、ほとんど事象が同じです。

タイヤの側面に尖ったもので突き刺して、パンクさせるという手口になります。

タイヤの側面は、接地面よりも薄い作りになっているので容易にパンクさせることが可能になります。

また、接地面はパンク修理が可能ですが側面のパンクはほぼ修理不可となります。

タイヤの買い替えが必要になってきますので、高額の修理代となってきます。

非常に簡単にパンクさせることは可能ですが、故意的にパンクさせたのであれば歴とした犯罪になります。

とても悪質な行為になりますので、しっかり法的処置を取る必要があります。

タイヤパンクの嫌がらせやイタズラが疑われる場合は、下記のように対処する必要があります。

  • 証拠を掴むためのカメラ・ドラレコ設置
  • 車に近づけないようにする
  • 車体カバーを取り付ける

証拠を掴むためのカメラ・ドラレコ設置

嫌がらせやイタズラの対処法として、1つ目は証拠を掴むためのカメラ・ドラレコ設置になります。

一度イタズラされたことがある、またはイタズラされそうになったという方はいち早くカメラの設置をするようにしましょう。

カメラを設置することで証拠を掴むことができのに加えて、撮影されているのでそもそも近づくことができないという状況を作ることができます。

また、ドラレコも効果的です。

停車中でも撮影してくれるドラレコを設置することで、証拠を掴むことができます。

しかし、タイヤをパンクさせるイタズラを実行するのは、大体夜間になります。

そのため、暗い中でも顔を認識できるようなカメラにしないといけません。

それなりに高性能なカメラではないと、犯人特定は難しいと思いますので購入前にチェックするようにしましょう。

車に近づけないようにする

続いての内容は、車に近づけないようにするという内容になります。

そもそも、車に近づかせなければタイヤのパンクさせるのは不可能になります。

車に近づけないためには、下記のような対策をする必要があります。

  • 車庫に駐車する
  • シャッターなどをつける
  • 身内しか立ち入れない場所に駐車する

これらの対策をすることで、車には近づくことができません。

タイヤのパンクを気にする方は、駐車する場所についても拘る必要があります

車体カバーを取り付ける

続いての内容は、車体カバーを取り付けるという内容になります。

車体カバーを取り付けるのも、パンク防止の対策になります。

車体カバーを取り付けることによって、タイヤを見えなくさせる効果があります。

仮にパンクさせようと行動したとしても、カバーを外す手間が発生するためイタズラに対しても有効な対策になります。

それ以外にも、雨や雪などからも守ってくれるので綺麗な状態を保ちやすくなります。

タイヤのパンクから守るのと同時に、愛車を綺麗に保ちたい方にとっては最適な対処法になります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
所有車:スズキ ハスラー・レクサス RX300・トヨタ アルファード レクサスの購入をきっかけにブログを開設。 車をお得に購入するコツや後悔しないための車の買い方などの情報を発信。 車の購入する上で、参考にして頂ければ幸いです。