トヨタ

ヴォクシーを買って後悔することはナビの操作性が悪い!

ヴォクシー
  • ヴォクシーの購入を検討している方
  • ミニバン車を検討している方
  • ヴォクシーの後悔点を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

ヴォクシーは、トヨタから展開されているミニバン車になります。

新型モデルになったことで、エクステリアのかっこよさや室内の居住性が高くなっています。

子育て世代や家族車として購入するには、最適なミニバン車になります。

そんな魅力的な部分があるヴォクシーですが、後悔点はどこにあるのでしょうか。

今回は、ヴォクシーの後悔点について紹介していきます。

車を購入してから後悔してしまっては、購入後のカーライフが楽しくなくなってしまいます。

ましては、大金を支払って購入しているため、絶対に後悔してはいけません。

購入前に後悔点を知っておくことで、満足した車に出会うことができます。

現在、ミニバン車を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

乗り心地から見るヴォクシーの後悔する点

まず初めに、乗り心地の面から見るヴォクシーの後悔点になります。

ミニバン車にとって、乗り心地はかなり重要な部分になります。

乗り心地の面で、気になる部分はどこにあるのでしょうか。

  • 段差での突き上げが気になる
  • 砂利道での振動が大きい

段差での突き上げが気になる

乗り心地の面から後悔する部分の1つ目は、段差での突き上げが気になるという内容になります。

ヴォクシーは平坦での道では乗り心地が良いものの、段差での走行では突き上げが気になってしまいます。

この後悔点については、実際に乗ってみないと感じることができません。

また、通常の平坦な道では気づくことができないので注意が必要になります。

家の周りや段差のある道を頻繁に走行する方は、特に確認する必要があります。

段差での突き上げは、車内での快適性や突き上げが続くと車酔いなどにも繋がる可能性があります。

そのような欠点もあるので、この内容も頭に入れておくようにしましょう。

砂利道での振動が大きい

続いての内容は、砂利道での振動が大きいという内容になります。

どの車種でも砂利道を走行するとなると、振動が伝わってきます。

しかし、ヴォクシーの場合はより振動が伝わるような乗り心地になってしまっています。

他メーカーのライバル車種でもあるステップワゴンだと、あまり振動は伝わらないという比較もされています。

他のミニバン車よりも振動が伝わりやすいという部分は、ミニバン車にとって欠点となる部分です。

人によっては、振動があることで快適性が失われるという方もいらっしゃいます。

その振動がストレスに感じることもあるので、注意が必要です。

しっかりその部分も理解した上で、購入する必要がありそうです。

実用性から見るヴォクシーの後悔する点

次に、実用性から見るヴォクシーの後悔点になります。

ミニバン車は、非常に実用性に優れている車種です。

その中でも後悔してしまうというのは、どのような内容があるのでしょうか。

実用性を求めて購入する方もいますので、この点をしっかり抑えるようにしましょう。

  • 運転に慣れるまで時間がかかる
  • ナビの操作性が悪い
  • パワースライドドアの標準装備グレードが限られる

運転に慣れるまで時間がかかる

実用性の面からの後悔点の1つ目は、運転に慣れるまで時間がかかるという内容になります。

見てもらうと分かるように、ヴォクシーはボディサイズが大きい車種になります。

ミニバン車は、基本的にボディサイズが大きいので、今まで軽自動車に乗っていた方からすると不便に感じる方もいるようです。

ヴォクシーのボディサイズは、下記のようになります。

全長 4,695 mm x 全幅 1,730 mm x 全高 1,895-1,925 mm 

しかし、ヴォクシーだけに限らず、ミニバン車はボディサイズが大きい割に小回りが効きます。

大きめのSUVよりも小回りが効くため、取り回しの部分ではあまり後悔がないでしょう。

ただし、ボディサイズが大きいことで幅が狭い道路などでは苦労する可能性があります。

どのような運転感覚なのかは、試乗にて確認する必要がありそうです。

ナビの操作性が悪い

続いての内容は、ナビの操作性が悪いという内容になります。

ヴォクシーのナビの操作性は、他の新型車に比較してかなり悪くなっています。

一体、どのような部分で操作性が悪いのでしょうか。

人によって異なりますが、個人的には下記のような部分が気になりました。

  • 2分割表示ができない
  • ホーム画面のカスタマイズができない
  • マップのみの表示しかできない

このような点は、かなり気になりました。

近年新型車として展開されている車種では、ナビゲーションの操作性についても定評があります。

基本的に、上記のような機能はどのナビゲーションも持っていると考えます。

しかし、ヴォクシーでは搭載されていないという部分でかなり気になりました。

運転する分には何も問題ありませんが、人によっては操作しにくいと感じることがあります。

パワースライドドアの標準装備グレードが限られる

続いての内容は、パワースライドドアの標準装備グレードが限られるという内容になります。

ミニバンにとっては、パワースライドドアは命と言っていいほど重要な装備になります。

パワースライドドアがあることで、下記のようなメリットがあります。

  • ワンタッチで開閉をすることができる
  • 子供で力要らずで開閉できる
  • 両手が塞がってても開けることが可能 
  • 遠隔で操作することが可能

このようなメリットがあるため、ミニバン車にとっては必須のオプションになります。

しかし、ヴォクシーは標準装備されているグレードが限られます。

標準装備されているグレードは、S-Zグレードになります。

こちらは上位グレードとして展開されているグレードになっており、それ以外のグレードでは助手席側のみなどの装備になっています。

標準でついていないグレードについては、62,700円のオプションで装備することができます。

ミニバン車にとって、パワースライドドアはかなり便利な機能になるので装備した方が良いと考えます。

デザインから見るヴォクシーの後悔する点

次に、デザイン性から見るヴォクシーの後悔点になります。

新型ヴォクシーになったことで、デザインにも大きな違いがあります。

魅力的な部分もありますが、人によってはあまり好ましくないデザインの部分もあります。

一体どのような部分で、後悔してしまうのでしょうか。

  • フロントデザインの好みが分かれる
  • テールランプがダサい

フロントデザインの好みが分かれる

デザインから見る後悔点の1つ目は、フロントデザインの好みが分かれるという内容になります。

ヴォクシーのフロントデザインには、賛否両論があります。

カッコいいと感じる方がいれば、旧型ヴォクシーの方がかっこいいと言う方もいらっしゃいます。

この点は好みになるので、第一印象としてどのように感じたかが重要になります。

少しカッコ悪いと感じたのにも関わらず購入してしまっては、必ず後悔してしまいます。

一目惚れし、特にフロントデザインが気に入っているという方であれば購入しても後悔することはないでしょう。

この点は好みになるので、しっかり考える必要があります。

テールランプがダサい

続いての内容は、テールランプがダサいという内容になります。

フロントデザイン同様に、テールランプもダサいと感じる方がいます。

こちらのデザインについても人それぞれで、カッコいいと感じる方がいればダサいと感じる方がいます。

テールランプについても、好みによって感じ方が変わってきます。

上記で紹介したフロントデザインを含め、ヴォクシーのエクステリアデザインに対してどう感じるのかをしっかり整理する必要があります。

価格から見るヴォクシーの後悔する点

次に、価格から見るヴォクシーの後悔点になります。

新型ヴォクシーになったことで、価格帯にも変化がありました。

後悔点としての内容は、1つになります。

それは、旧型モデルよりも高い価格になったという内容になります。

旧型モデルよりも高い価格になった

新型ヴォクシーになったことで、旧型よりも高い価格帯になっています。

今までヴォクシーに乗っていた方からすると、急激に高くなっているため手が出しにくいと感じた方もいるのではないでしょうか。

そこで、どのくらいの価格差があるのかを見ていきましょう。

標準グレードで比較した価格が、下記のようになります。

モデル 価格帯
新型 3,090,000円〜
旧型 2,813,800円〜
価格差 276,200円

新型と旧型で276,200円もの差が発生しています。

この価格差について、不満を感じるかどうかは人それぞれです。

これだけのスペックでこの価格と感じるのであれば満足しますし、シンプルに高くなったからコスパ悪いと感じる方もいます。

その感じ方は人それぞれになりますが、マイナスに感じた方はあまり購入しない方が良いと考えます。

ヴォクシーのライバル車などを見ると、ヴォクシーにはない魅力の詰まった車種が展開されています。

もしかしたらそっちの方が満足する可能性もあるので、購入前に選択肢を増やしておくのは重要かもしれません。

それでもヴォクシーを買って良かったという意見・口コミ

次に、ヴォクシーを購入してよかった口コミについて紹介していきます。

上記の部分で後悔点を挙げましたが、新型ヴォクシーは非常に魅力的な車です。

実際に購入した方は、どのような部分に魅力を感じているのでしょうか。

その点についても、参考にするようにしましょう。

  • エクステリアデザインがカッコイイ
  • 長距離走行でも快適
  • 後席のオットマンに大満足

エクステリアデザインがカッコイイ

購入してよかったという口コミの1つ目は、エクステリアデザインがカッコいいという内容になります。

後悔点でエクステリアデザインがダサいという内容を挙げましたが、人によっては魅力的に感じる方も多くいらっしゃいます。

ヘッドライトが鋭い仕上がりになっており、他車種と差別化されたグリルが特徴的になっています。

また、テールランプも現代の車業界で主流の横一直線のデザインになっています。

他のミニバン車と差別化されていることで、魅力的に感じる方も多くいるようです。

他のミニバン車では見ないデザインという点では、カッコいいデザインに仕上がっている車種になっています。

長距離走行でも快適

続いての内容は、長距離走行でも快適という内容になります。

新型ヴォクシーは、長距離走行でも快適に運転することができます。

快適な部分に加えて、燃費面でも大満足な数値となっています。

上記の方は、実燃費が16.6km/Lとなっています。

ミニバンクラスのボディサイズで、これだけの実燃費であれば十分と感じます。

燃費が良いことによって、維持費もかからないという利点があります。

あまり車に費用をかけたくない方にとっても、魅力的に感じる車種となっています。

あまり費用がかからないことで、家族車としても維持しやすいと考えます。

後席のオットマンに大満足

続いての内容は、後席のオットマンに大満足という内容になります。

旧型ヴォクシーと新型ヴォクシーの大きな違いとして、2列目シートのオットマンの有無があります。

◉オットマンとは….??◉ 

車で使用するオットマンは、主に足を伸ばせる座席のことを指す。

オットマンが備わっていることで、下記のようなメリットがあります。

  • 足の疲労を軽減できる
  • 長距離走行で疲労が溜まらない
  • 足腰が楽な姿勢になる 

このようなメリットがあることで、オットマンがあるのとないとでは満足度が全然違います。

特に、ミニバン車は長距離走行する頻度がかなり多くなります。

その際に、オットマンを使用すれば疲労を溜めることなく乗ることができます。

大人から子供まで、乗った人全員が嬉しい装備になっています。

それでもヴォクシーが向いている・似合う人

続いて、ヴォクシーが向いている方を紹介していきます。

ヴォクシーに向いている方は、どのような方になるのでしょうか。

これから購入しようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

  • デザインを受け入れられる方
  • 後席の乗り心地を気にする方
  • 納車までの乗り継ぐ車がある方

デザインを受け入れられる方

デザイン

ヴォクシーが向いている方の1つ目は、デザインを受け入れられる方になります。

後悔点でも挙げているように、ヴォクシーは特徴的なデザイン性になっています。

特に、エクステリアでは好みが分かれることもあるでしょう。

そんなヴォクシーですが、エクステリアデザインを受け入れられる方であれば何の問題もありません。

初見で、下記のような印象を受けた方は問題ないと考えます。

  • 「他の車種と差別化されていてカッコいい!」 
  • 「フロントグリルがめちゃくちゃ好み!」
  • 「今どきのデザインが採用されていてカッコよく感じる。」

逆に、イマイチといったマイナスの印象を受けた方は要注意です。

そのような方は、購入後に後悔する可能性もあるのでしっかり考えた上で購入する必要があります。

後席の乗り心地を気にする方

続いての内容は、後席の乗り心地を気にする方になります。

後席の乗り心地を重視したい方であれば、ヴォクシーがオススメです。

砂利道での振動や段差での突き上げを後悔点に挙げましたが、普通に街乗りや長距離走行する分には、何の問題もありません。

段差や砂利道などは、そんなに多くある道路ではありません。

一般的に街乗りするのであれば、基本的にコンクリートのはずです。

コンクリートの上でを走行する上では、快適な走行をすることができます。

2、3列目の乗り心地についても満足できる仕上がりになっているので、後悔なく乗ることができると考えます。

納車までの乗り継ぐ車がある方

続いての内容は、納車までの乗り継ぐ車がある方になります。

ヴォクシーは、新型で展開されてから納期がかなり長くなっています。

人気度が高いというのももちろんですが、半導体不足も影響しています。

そのため、現在の納期でも最短で1年と言われています。

一般的に新車であれば、数ヶ月〜半年で来るイメージを持っている方が多いと思います。

しかし、現状は上記のような問題があり、1年以上待つという状況になっています。

そのため、その間を乗り継ぐ車が必要になります。

新型ヴォクシーを購入するとなると、そういった影響も出てきます。

乗り継ぐ車などもしっかり考えながら、新車を契約する必要があります。

ヴォクシーが向いていない人

次に、ヴォクシーが向いていない方を紹介していきます。

ヴォクシーが向いていない方は、下記に該当する方になります。

下記のような方がヴォクシーを購入してしまうと、後悔する可能性があります。

それを避けるためにも、購入前にしっかり情報を集めておくようにしましょう。

  • デザインが気に食わない方
  • 室内に高級感が欲しい方
  • 納車まで長期間待てない方

デザインが気に食わない方

ヴォクシーが向いていない方の1つ目は、デザインが気に食わないという内容になります。

デザインが気に食わない方は、ヴォクシーは購入しない方が良いと考えます。

周りと差別化されているデザインではありますが、一方で特徴的すぎるという声も挙がっています。

上記でも紹介している、フロントデザインとリア部分については特に意見が多いです。

この点について、マイナスの意見を持っている方は購入すべき車種ではないと考えます。

ヴォクシーと同じクラスの車種は、下記のようになります。

  • 日産 セレナ
  • トヨタ ノア
  • ホンダ ステップワゴン 

ヴォクシーが気に入らない方は、上記の車種を検討した方が良いと考えます。

同クラスのミニバン車になるので、比較するには最適な車種です。

また、それぞれに特徴があるのでその人に合ったミニバン車を購入するようにしましょう。

室内に高級感が欲しい方

高級感

続いての内容は、室内に高級感が欲しい方になります。

室内の高級感を求めているのであれば、ヴォクシーは避けた方が良いと考えます。

ヴォクシーは、快適性がかなりレベルの高い仕上がりになっていますが、高級感についてはあまり追求されていません。

実用性の高さを売りに販売しているミニバンクラスになるので、高級感の部分について不満を感じる方もいると考えます。

ミニバン車に高級感を求めているのであれば、下記の車種がオススメです。

  • トヨタ アルファード
  • トヨタ ヴェルファイア
  • メルセデス・ベンツ Vクラス

これらの車種は、実用性に加えて高級感も備わった車種になります。

しかし、価格帯が高い車種ばかりになるので、事前に検討した上で購入するようにしましょう。

納車まで長期間待てない方

続いての内容は、納車まで長期間待てない方になります。

上記でも紹介していますが、ヴォクシーは納車までの期間がかなり長いです。

すぐに車が欲しい方にとっては、不向きの車になります。

ヴォクシーは、最低でも数十ヶ月〜1年弱は待つような車種になります。

その点を理解した上で、見積もりなどを取りに行くようにしましょう。

また、すぐに車が欲しいという方は認定中古車を視野に入れた方が良いと考えます。

在庫は限られているものの、気に入った車種があればすぐに納車することができます。

すぐに車が欲しいという方にとっては、認定中古車の方が向いていると考えます。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
過去車:レクサスNX300h⇨アルファード30系⇨レクサスRX300 所有車:スズキ ハスラー 納車待ち:新型ヴェルファイア8月納車予定 レクサスの購入をきっかけにブログを開設。 車をお得に購入するコツや後悔しないための車の買い方などの情報を発信。 車の購入する上で、参考にして頂ければ幸いです。