スズキ

ソリオ・ルーミーの違いを比較!乗り心地や室内の快適さはどっちが良い?

  • ソリオとルーミーのどちらにしようか悩んでいる方
  • 2つの車種の違いを知りたい方
  • どっちが快適か知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

トヨタから展開されているルーミーとスズキから展開されているソリオ、どの部分に違いがあるのでしょうか。

ボディタイプ的には、非常に似ているコンパクトカー仕様になっています。

同じなのは、ボディタイプだけでありエクステリア・インテリアのデザイン性や座り心地、安全装備などに違いがあります。

どのような車が欲しいかによって、購入する車は変わってきます。

それぞれに特徴がありますので、人によっても満足度が大きく変わってきます。

今回は、これら2つの車種の違い点について紹介していきます。

これから紹介する特徴・違い点を認識した上で、どちらを購入するのか決めるようにしましょう。

ソリオとルーミーの基本情報

ルーミー
年式 2016年〜
車名 ルーミー
駆動方式 四輪駆動・前輪駆動
装着タイヤ 14・15インチ
排気量 996L
最高出力(エンジン)
kW(PS)/r.p.m.
51(69)/6,900
最大トルク(エンジン)
N・m(kgf・m)/r.p.m.
92(9.4)/4,400
色の種類 12色
全長 3,705mm
全幅 1,670mm
全高 1,735mm
車両重量 1,080kg
価格(税込) 1,556,000円〜
燃費 13.64km/L〜
ソリオ
年式 2004年〜
車名 ソリオ
駆動方式 四輪駆動・前輪駆動
装着タイヤ 14・15インチ
排気量 1,242L
最高出力(エンジン)
kW(PS)/r.p.m.
67kW/6,000rpm<91PS/6,000rpm>
最大トルク(エンジン)
N・m(kgf・m)/r.p.m.
118N・m/4,400rpm<12.0kg・m/4,400rpm>
色の種類 8色
全長  3,790mm
全幅 1,645mm
全高 1,745mm
車両重量 960kg
価格(税込) 1,582,000円〜
燃費 16.2km/L〜

ソリオとルーミーの燃費の違い

まず初めに、ソリオとルーミーの燃費の違いについて見ていきます。

それぞれの実燃費は、以下のようになっています。

  • ルーミー⇨13.64km/L
  • ソリオ⇨16.2 km/L

2車種の差を比較すると、2.56km/Lもの差があります。

燃費の面で比較すると、ソリオの方が維持費がかからないということがよくわかります。

2.56km/Lもの差があるので、これが積み重なると大きな差が発生してきます。

これら2つのコンパクトカーを選択する方は、できるだけ維持費をかけたくない方や燃費が良い車を選びたいという考えがあります。

維持費などを考えるとソリオを購入した方が、ガソリン代が安く乗り続けることができます。

ソリオとルーミーの乗り心地の違い

続いて、乗り心地の違いについて紹介していきます。

乗り心地は室内の空間の広さやシート素材なんかでもかなりの差が出てきます。

◉ルーミー◉ 

室内長

室内長:2,500mm
室内幅:1,420mm

◉ソリオ◉ 

室内

室内長:2,180mm
室内幅:1,735mm

これらの違いがあります。

室内長については、それぞれ上記に記載してような仕様になっています。

室内長が長いのはルーミーですが、室内幅が大きいのはソリオになります。

室内でゆったり過ごしたいという方は、室内幅が広いソリオにするべきです。

横幅が広いことによって、多数の人が乗っても窮屈感を感じることはありません。

ルーミーの後席に3人の大人が乗車すると、どうしても窮屈感を感じてしまいます。

長距離のドライブであれば、室内の狭さを実感してしまうでしょう。

ソリオとルーミーのサイズの違い

続いて、ソリオとルーミーのボディサイズの違いを見ていきましょう。

  • ルーミー⇨全長 3,700 mm x 全幅 1,670 mm x 全高 1,735 mm
  • ソリオ⇨全長 3,790 mm x 全幅 1,645 mm x 全高 1,745 mm

ボディサイズには、これらの差があります。

見た感じ大きく感じる車種は、ソリオになります。

大きく見える要因としては、全長にあります。

ルーミーよりも90mm大きいサイズになっているので、外から見た印象としては、大きく感じます。

しかし、全幅を見てみるとルーミーの方が35mm大きいデザインになっています。

数値で見ると大きな差があるように見えますが、実物を見てみると全幅についてはあまり差が感じません。

全幅が少し大きいからと言って、実用性に影響あるかと言われれば、全然ありません。

  • できるだけ大きな車に乗りたい
  • 少しでも多くの荷物を積みたい
  • 車内が広い空間であってほしい

このような考えがある方は、ソリオの方が満足度が高くなりそうです。

ソリオとルーミーの室内(内装)の違い

続いて室内の違いについて見ていきます。

前席と後席の2つの部分について見ていきましょう。

【前席】 

◉ルーミー◉

前席2

◉ソリオ◉

前席

【後席】 

◉ルーミー◉

 

前席・後席のそれぞれのデザインは、上記のようになります。

まずは、前席のデザインを比較していきましょう。

デザイン性の質の高さや高級感を感じるのは、圧倒的にルーミーのデザインになります。

この部分は、さすがトヨタと言ったところでしょう。

写真で比較してもわかりますが、現物を比較するとその差は歴然です。

運転席に乗り込んだ瞬間の室内の空間雰囲気が全然違うので、ルーミーの方は優越感も感じることができるでしょう。

一方ソリオは、スズキの軽自動車のデザインによく似ています。

スズキのデザイン性の特徴として、シンプルというのが昔からあります。

それが継承されていることで、ソリオもそのようなシンプルなデザインになっているようです。

質の高さを比べると、圧倒的にルーミーの方が満足度が高いでしょう。

◉ルーミー◉

ルーミー後席

◉ソリオ◉

ソリオ後席

続いて後席のデザインを比較していきましょう。

後席のデザインについては、あまり差を感じられません。

強いていうのであれば、アームレストの有無になります。

ルーミーの方は、中央にアームレストがありません。

それに対してソリオは、中央にアームレストがあります。

中央にアームレストがあることで、後席に乗っている時の満足度は非常に高いです。

しかし、もしも後席に3人乗ると考えた時にどうでしょうか。

席に仕切りができてしまうので、どうしても座り心地が悪くなってしまいます。

3人乗るのであれば、ルーミーの方が3人乗りやすいと感じます。

ただ先ほども触れましたが、これら2つの車種はコンパクトカーとして展開されています。

後席に3人乗るとなると、どうしても窮屈感を感じてしまうので、できれば2人の方がゆったり乗ることができるのでしょう。

ソリオとルーミーの外装の違い

続いて外装の違いについて見ていきます。

外装のデザインは全然違うデザインになっています。

車メーカーも違うことから、人によって好みが分かれる部分になります。

まず初めに、ルーミーの外装を見ていきましょう。

フロントからの印象としては、非常に存在感のあるデザインになっています。

全体的に四角いフロントになっていることで、ソリオにはない存在感が備わっています。

特徴的なのがヘッドライト部とメッキデザインになります。

ルーミーは他のコンパクトカーにはないかっこよさが備わっています。

ヘッドライト部・メッキ部分に力を入れることによって、他のコンパクトカーと差別化しているのがよくわかります。

続いて、ソリオの外装になります。

ソリオ

ルーミーのエクステリアデザインと比較すると、少し落ち着いたデザインになっています。

エクステリアのデザインに力を入れているというよりかは、実用性の部分に力を入れているように感じます。

かっこよさを求めるのであれば、ルーミーの方が満足度は高いと考えられます。

色(バリエーション)の違い

最後に、展開されているボディカラーの違いを見ていきましょう。

ルーミー⇨全12色

  • レーザーブルークリスタルシャイン
  • ターコイズブルーマイカメタリック
  • クールバイオレットクリスタルシャイン
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ファイアークォーツレッドメタリック
  • ブライトシルバーメタリック
  • ブリリアントカッパークリスタルマイカ
  • パールホワイトⅢ
  • ブラックマイカメタリック
  • ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック
  • ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ
  • ブラックマイカメタリック×ブリリアントカッパークリスタルマイカ

ソリオ⇨全8色

  • メロウディープレッドパール
  • フレイムオレンジパールメタリック
  • スピーディーブルーメタリック
  • ネオンブルーメタリック
  • クラッシーブラウンメタリック
  • スターシルバーメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • スーパーブラックパール

展開されているボディカラーには、4色の差があります。

全体を見るとルーミーの方が多く展開されています。

さらにルーミーには、ツートンカラーも展開されています。

ソリオにツートンカラーはないので、ここでしっかり差別化されています。

また、ルーミーのボディカラーは高級感さえも感じることができます。

たくさんのボディカラーがあることによって、他の方とボディカラー被りがあまりないので、気にすることなく乗ることができます。

それに対してソリオは、シンプルなボディカラーがラインナップされています。

王道のボディカラーが展開されているので、購入する際は迷うことがないでしょう。

車を購入する上で、悩む部分としてはボディカラーがあります。

ソリオだと種類が少ないことから、あまり悩むことがありません。

迷うことなくボディカラーを選択できるので、後悔することもないでしょう。

どうしてもボディカラーで悩んでしまう方は、種類が少ないソリオを選択するとスムーズに購入に踏み込めるはずです。

↓『ルーミーの人気色6選!ツートンカラーなど色選びのコツを紹介』についての記事はこちら↓

ルーミーの人気色6選!ツートンカラーなど色選びのコツを紹介 トヨタ ルーミーのボディカラーを悩んでいる方 ルーミーの購入を検討している方 汚れが目立ちにくいボディカラーを知...

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす