車検

ホイールスペーサーをつけたままで車検に対応してくれる?はみ出ると通らない!

  • ホイールスペーサーの取り付けを検討している方
  • ホイールスペーサーをつけたまま車検を通したい方
  • ホイールスペーサーと車検の関係性を知りたい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

ホイールスペーサーは、車のタイヤ部分やホイール部分をドレスアップする上では重要な部品になります。

純正品を装着する分には問題ないですが、社外品を装着するとかなり足回りのバランスが悪くなってしまいます。

バランスを取るためにもホイールスペーサーを使用することで、かっこいいバランスにすることができます。

しかし、ホイールスペーサーには基準となる取り付け方法があります。

しっかり取り付けないと、車検にも影響する可能性があります。

今回は、ホイールスペーサーを取り付けることで車検にどのような影響を与えるのかを紹介していきます。

ホイールスペーサー(ワイドトレッドスペーサー)をつけたまま車検は通る?

結論どっちかかいて理由も複数かく。知恵袋で引用しても良い。

まず初めにホイールスペーサーを装着することによって、車検にどのような影響を与えるか紹介していきます。

結論として、ホイールスペーサーを装着しても車検には通ります。

車検が通る理由についていくつか紹介していきます。

  • 保安基準に適合しない
  • 装着してもタイヤがブレることはない
  • タイヤがフェンダーに収まっている

保安基準に適合しない

ホイールスペーサーを装着していても、保安基準に適合しないので車検を通すことができます。

ホイールスペーサーについて、保安基準には何も記載されていません。

カーショップによっては、保安基準に抵触する可能性があるなどと言ってくる店舗もありますが、そのような部分は一切ありません。

車が正常に動くように装着されていれば、問題ないので安心して大丈夫です。

装着してもタイヤがブレることはない

車検が通る理由の2つ目が、タイヤがブレていないという内容になります。

ホイールスペーサーを決まった手順で装着していれば、タイヤがブレることはありません。

そのため、走行時に影響がないと判断されるので安心して車検に通すことができます。

しかし、注意するポイントもあります。

それは、走行時にタイヤがブレてしまうことです。

タイヤがブレている状態で走行してしまうと、高い確率で車検には通らなくなります。

タイヤがブレているということは、ホイールスペーサーが合っていないか正常に装着できていない可能性があります。

そのような状態で走行してしまうと、走行中にタイヤが外れてしまうこともあります。

大事故になる可能性がめちゃくちゃ高いので、車検には絶対に通りません。

カーショップに頼んで装着して貰えば安心ですが、自分で装着する際は、走行中に問題がないことを確認してから車検に通すようにしましょう。

タイヤがブレていると、車検には絶対に通らない。
正しい手順で装着することと、正常にタイヤが動いているかを確認する。 

タイヤがフェンダーに収まっている

タイヤがフェンダーに収まっていることを確認するようにしましょう。

ホイールスペーサーが大きすぎて、タイヤがフェンダーからはみ出してしまっている場合があります。

そのような状態で車検を通してしまうと、車検NGになってしまいます。

タイヤがフェンダーからはみ出してしまうと、走行中の安全が保証できません。

どこかに引っかかってタイヤが横転してしまうこともあります。

そのような車を車検に通してしまうと、必ずNGになるので注意するようにしましょう。

タイヤがフェンダーに収まっていれば、車検は問題なく通るのでしっかり確認するようにしましょう。

ホイールスペーサーが車検に通らないケース

  • ディーラーに出した場合
  • タイヤがフェンダーからはみ出している
  • 走行時タイヤがブレている
  • 走行に影響している

ディーラーに出した場合

ディーラーに出した場合、車検NGになる可能性が非常に高いです。

ホイールスペーサーとは、取り付け方法さえ間違わなければ問題ない部品ですが、取り付けに誤りがあると大事故に繋がってしまいます。

タイヤ部分の部品になるので、走行不能の状態になってしまうからです。

そのため、安全面を考えてディーラーでは車検NGにする傾向があります。

もしも大事故になってしまった場合、ディーラー側では責任を取ることができません。

もしもの場合に備えてディーラーでは、ホイールスペーサーは外すように促すそうです。

どうしてもディーラー車検で行いたい場合は、車検時のみホイールスペーサーを外すようにしましょう。

車検後に装着することで、自分好みの車を維持することができます。

タイヤがフェンダーからはみ出している

タイヤがフェンダーからはみ出している場合は、車検でNGになります。

タイヤがフェンダーからはみ出している車の走行は非常に危険です。

未然に大事故を防ぐ面でも車検には通らないようになっています。

それでも自分が気に入ったホイールスペーサーを装着したい際は、フェンダー部分も合わせてカスタムする必要があります。

フェンダー部分も純正よりも出してあげることで、タイヤがフェンダー内に収まるようになります。

こちらの内容については、どこで車検を行ってもNGになるので注意しましょう。

走行時にタイヤがブレている

走行時にタイヤがブレている状態も非常に危険です。

そのうような場合も車検ではNGになります。

上記でも紹介していますが、タイヤがブレている状態は非常に危険です。

このような状態になっている原因は、ホイールスペーサーが正常に閉まってない場合があります。

自分で装着した際は、しっかり確認するようにしましょう。

組み付け状態もそうですが、実際に走行して確認することが大切です。

1人では確認できない部分もあるので、それは複数の方で確認することをお勧めします。

走行に影響している

走行時に以下のような状態が確認できた場合は、すぐに確認するようにしましょう。

  • 走行時に変な音がする
  • 走行するのに思うように操縦できない
  • 明らかに車全体のバランスがおかしい

ホイールスペーサーを装着した際の走行にこのような事象が起きる場合は絶対に車検NGになります。

車検の1番の目的は、車が安全な状態であるかどうかを確認することです。

ホイールスペーサーを装着したことで、上記のようなことが確認できた際は車検を通す前に確認するようにしましょう。

必ずホイールスペーサーの部分が原因になっています。

どこで車検を通そうとも必ず車検には通らないので、注意するようにしましょう。

車検が通るかをサイズ別ホイールスペーサー

ホイールスペーサーにも種類によって、サイズが違うものがあります。

主に以下のようなサイズホイールスペーサーがあります。

  • 2mm
  • 3mm
  • 5mm
  • 8mm
  • 10mm

主にこのようなサイズのホイールスペーサーがあります。

基本的には、どのホイールスペーサーを使用しても車検が通る可能性はあります。

そこで基準となってくるのが、タイヤがフェンダー内に収まっているということです。

その部分がかなり重要になってきます。

2mm〜5mmのホイールスペーサーであれば、そのまま装着してもタイヤはフェンダー内に収まるでしょう。

しかし、8mmや10mmになるとそのままの状態では非常に厳しくなってしまいます。

そのような部品を装着したい際は、フェンダー部分に工夫する必要があります。

少しフェンダー部分を出してあげることで、8mmや10mmのホイールスペーサーを装着したまま車検に通すことができます。

もしも、はみ出してしまっている際は、車検時にだけホイールスペーサーを外すようにしましょう。

おすすめの車検サービス

ホリデー車検 

  • 業界初の対話型の立会い車検を実施。
  • オーナーが不要だと思う部品交換や作業をカット。
  • 納得する明瞭会計を実現。
  • 業界1の低コスト。

【楽天車検】


  • ネット予約&車検実施で2,500ポイントがもらえる
  • 無料事前見積もりで費用がわかる。
  • 自宅近くのディーラーが探せる。
  • ガソリン割引などの特典あり。

EPARK車検

  • 全国1922店舗、掲載店舗数NO.1 (2016年2月5日現在)
  • 整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!クーポンなどの特典も満載!
  • 整備付き車検のみを提供、どの店舗も国家資格整備士常駐
ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。