車検

スピンターンノブのバネを外して車検に通る?基準やNG例を紹介!

  • スピンターンノブのバネを外すと車検が通るかどうか知りたい方
  • スピンターンノブの交換を検討している方
  • スピンターンノブを交換した時の車検の基準を知りたい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

スピンターンノブを交換する方は多くいます。

スピンターンノブを交換することによって、運転の性能が良くなりなすし、内装の雰囲気も良くなります。

しかし、交換するのは良いですが、果たして車検は通るのでしょうか。

内装・外装を自分が満足のいく状態にしても車検に通らなければ意味がありません。

内装の部品を交換するということは、車検時にも響いてくること間違いなしです。

車を満足の状態にしても。車検が通らなければ長い間乗ることはできないので、注意する必要があります。

今回は、スピンターンノブを交換した際の車検が通るのかどうかを紹介していきます。

今回の記事を見ることによって、交換した際の車検時の対応を知ることができます。

これからスピンターンノブのバネの交換を検討している方は参考にしてください。

スピンターンノブのバネを外して車検に通る?

まず初めに、スピンターンノブのバネを外すと車検に通るのでしょうか?

結論は車検には通ります。

スピンターンノブを外したとしても、サイドブレーキの役割をしっかり果たしていれば必ず車検には通ります。

しかし、これは車検を依頼する相手の業者にもよります。

どこで車検をすれば通るのか、逆にどこで車検したらNGになってしまうのかなどを以下の見出しで紹介していきます。

また、スピンターンノブのバネを交換する際に、車検には通らなそうだからバネを残す方がいるようです。

これも車検を通すには非常に重要な部分になりますが、バネを外しても車検に通る場合があります。

もちろん不安があればそれでも良いのですが、そうすると魅力が半減してしまいます。

スピンターンノブの交換はバネを外すからこそ魅力を感じます。

バネを外しても基準となる水準を満たしていれば、車検は必ず通るので安心してください。

その基準となる部分が以下の通りになります。

車検に通る基準

次に車検に通る基準を紹介していきます。

スピンターンノブの車検の基準は以下のようになります。

  • サイドブレーキの効きが緩くなっていない
  • サイドブレーキが片利きになっていない 
  • サイドブレーキが役割を果たしている
  • サイドブレーキが引かれた状態を維持できている

このような状態であれば、車検に通すことができます。

スピンターンノブのバネを交換しても、サイドブレーキとしての役割が果たせれば車検には通るようになっています。

そのため、バネを外してもサイドブレーキに問題がなければ大丈夫なのです。

車検の点検方法としては、ローラーの上にサイドブレーキが引かれた状態の車を置き、ローラーを回して車が動かないかどうかを見るようです。

そのような点検の際に、サイドブレーキとしての役割が果たせれば車検には通ります。

しかし、少しでも異常が見られる場合は、車検には通らないので注意する必要があります。

そのような異常の際は、バネを装着すれば元に戻る可能性があるので、車検に通す際は一応バネも持っていった方が良さそうです。

車検に通らないNG例・基準

続いて、スピンターンノブのバネを交換した際の車検には通らないNG例を紹介していきます。

交換した際のNG例は以下のようなことが挙げられます。

  • サイドブレーキが勝手に解除される
  • サイドブレーキの役割を果たしていない
  • サイドブレーキの利きが悪くなっている

1つずつ紹介していきます。

サイドブレーキが勝手に解除される

サイドブレーキが勝手に解除されるような状況になっている車は、必ず車検NGになります。

上記でも紹介したように、スピンターンノブを外したとしてもサイドブレーキがしっかりとした役割をが果たしていれば問題ありません。

しかし、サイドブレーキを引いても自動的に解除されてしまうような状態の車は必ずNGになります。

サイドブレーキが勝手に解除されてしまうと、非常に危険な車両になってしまうので車検に通ることはありません。

車検を通す前に、勝手にサイドブレーキが解除されないかどうかを事前にチェックしておくようにしましょう。

少しの期間を見るだけでは、サイドブレーキの確らしさを得られることができないので、1週間以上は確認するようにしましょう。

サイドブレーキの役割を果たしていない

サイドブレーキの役割を果たしていない車両は車検NGになります。

上記でも少し話しましたが、サイドブレーキは車には必須の機能になります。

サイドブレーキを引かないと、車が勝手に動き出してしまう時もあります。

そうなった場合、大きな事故が発生してしまうこともあるのでそれは絶対に避けなければいけません。

そのため、サイドブレーキの役割をちゃんと果たしているかどうかは重要になってきます。

何度もサイドブレーキを引いてみて、しっかり役割を果たしているかどうかをチェックするようにしましょう。

サイドブレーキの利きが悪くなっている

スピンターンノブを交換したことによって、サイドブレーキの利きが悪くなってしまっているのも車検ではNGになります。

サイドブレーキの利きを確かめる方法としては、サイドブレーキが引かれた対象の車両をローラーの上に置き、動かします。

それでも車が動かなければサイドブレーキがしっかり利いているという結果になります。

しかし、ここで少しでも動いてしまうと車検には通らなくなってしまいます。

一般道でサイドブレーキを引いて、少しでも動いてしまうと非常に危険な状態になります。

その危険性を少しでも軽減するように、このような車両は車検NGにしてしまう傾向があります。

スピンターンノブのバネを外した際のディーラーの反応

スピンターンノブのバネを外した際のディーラーの反応はどのような反応になるのでしょうか。

スピンターンノブのバネを外した車両はディーラーでは基本的には通らない

ディーラーにスピンターンノブのバネを外した車を車検に持って行くと、担当の方は驚くと思います。

その理由は、スピンターンノブのバネを外した車両はディーラーでは基本的には通らないようになっているからです。

上記で紹介した車検の基準というのは、陸運局という国の車検場で車検を行った際の基準を言っています。

ディーラーで車検を行うと、NGになる確率が非常に高いので注意する必要があります。

それでは、ディーラーで車検NGになった際どのような対応をすれば良いのでしょうか。

そのような場合は、以下のような対応をするようにしましょう。

  • 車両を純正に戻す
  • オートバックスのようなカーショップに依頼する
  • ネットでの出張車検に切り替える

このような対応をするようになります。

ネットの車検に切り替える【車検代が安い】

特に一番おすすめなのが、3つ目のネットでの車検に切り替えるという内容です。

こちらの車検は、ディーラーよりも安いかつスピンターンノブのバネを外した車両でも車検が必ず通ります。

ディーラーほど車検が厳しくはないので、自分の満足のいく状態で車検を通すことができます。

また、ディーラーよりも車検代が比較的安いというのもあります。

初心者の方でもたったの数分で車検を依頼することが出来るので、非常に便利です。

車検代が安く、スピンターンノブを外した車両でも車検に通るのでディーラーよりもネットでの車検で行った方が、スムーズになること間違いなしです。

そんなおすすめするネット車検は、以下の内容になります。

おすすめの車検サービス

ホリデー車検 

  • 業界初の対話型の立会い車検を実施。
  • オーナーが不要だと思う部品交換や作業をカット。
  • 納得する明瞭会計を実現。
  • 業界1の低コスト。

【楽天車検】


  • ネット予約&車検実施で2,500ポイントがもらえる
  • 無料事前見積もりで費用がわかる。
  • 自宅近くのディーラーが探せる。
  • ガソリン割引などの特典あり。

EPARK車検

  • 全国1922店舗、掲載店舗数NO.1 (2016年2月5日現在)
  • 整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!クーポンなどの特典も満載!
  • 整備付き車検のみを提供、どの店舗も国家資格整備士常駐
ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。