車検

カーセンサー保証の評判は良い?保証してくれる範囲や車種・注意点を紹介!

  • カーセンサー保証をうまく活用したい方
  • カーセンサー保証の詳細を知りたい方
  • カーセンサーで車を購入する方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

カーセンサーで車を購入すると、カーセンサー保証という内容のサービスがついてきます。

その内容というのは、故障した際に無料で修理してくれるという非常に嬉しいサービスになります。

車はいつどこで故障するかわかりません。

走行中に故障する可能性があれば、エンジン稼働に故障する場合もあります。

だからこそ故障した際にパニックにならないように、カーセンサー保証に入ることが重要になってきます。

入っていることによって、スムーズに修理してくれ自分の愛車に長く乗り続けることができます。

そんな嬉しいカーセンサー保証ですが、一体どのような保証なのでしょうか。

  • 「どこまで保証してくれるのかわからない。」
  • 「どこまでの車種が入会できるのかわからない。」
  • 「加入にどのくらいお金がかかるのかわからない。」

このような疑問を持っている方が多いと思います。

今回の記事を読むことで、カーセンサー保証の良い部分を知ることができるので、ぜひ参考にしてください。

カーセンサー保証の対応範囲

まず始めにカーセンサー保証の対応範囲について紹介していきます。

約350項目の部品を対応範囲としているので、かなり幅広い部分になります。

  • エンジン機構
  • 動力伝達機構
  • ステアリング機構
  • 乗員保護機構
  • ブレーキ機構 
  • エアコン機構
  • 電装装備品
  • 前後アクスル機構
  • ハイブリット機構
  • 電装先進機構

エンジン機構

当たり前の部分になりますが、エンジン機構が対応範囲内になっています。

エンジン部分は、一番故障しやすい場所といっても過言ではありません。

距離や乗り方によって、状態が変化してくるので確実に点検する必要があります。

故障する予兆がなく、突然故障する可能性もある場所にあるので、保証されていることで安心に乗ることができます。

動力伝達機構

続いての場所が、動力伝達機構です。

こちらの部分は、エンジンからタイヤに動力を伝えるための働きをしてくれます。

そのほかにもコーナリング時の左右輪の回転差を吸収し、スムーズに曲がるためのディファレンシャルも含まれています。

こちらの部分は、修理代がめちゃくちゃ高いです。

故障する確率が低いからこそ、修理代が高くなります。

そんな部分が、保証対象になっているので非常に安心です。

ステアリング機構

続いてステアリング機構になります。

ステアリングは、誰もが知っている通りハンドル部分です。

車にとってハンドルは非常に重要な部分になります。

走行中にハンドルが故障してしまうと、大事故になってしまう可能性もあります。

こちらの部分は、メンテナンスしておかないと安心に運転することができません。

乗員保護機構

次の部分が乗員保護機構です。

こちらは主に乗客の安全面を守る装置になります。

エアバックは、見た目非常に単純な装置に見えがちですが、実際はめちゃくちゃ複雑な作りになっています。

多数の部品が関連しているので、故障していると数十万円の修理代がかかってしまうこともあります。

ブレーキ機構

次の機構がブレーキ機構です。

こちらもエンジン同様に車の中で一番重要な部分になります。

走行中にブレーキが故障してしまうと、絶対に大事故になります。

しかも、こちらの部品がめちゃくちゃ高額になります。

ABS関連部品が故障してしまうと、多額の修理代になるので、注意する必要があります。

エアコン機構

次の部分がエアコン機構です。

エアコンは車内を快適にするためには必須の部分になります。

暑い時または寒い時にエアコンが使用できないとなると、悲惨なことになります。

また、ガラスの霜取りにも活用されているので安全面でも使用する用途があります。

故障した際は、すぐに修理することによってより快適に運転を楽しむことができます。

電装装飾品

続いての部分が電装装飾品になります。

こちらの電装装飾品は、以下のような部分が該当します。

  • ワイパー
  • ナビゲーション
  • パワーウィンドウ
  • ドアロック
  • オートスライドドア
  • サンルーフ
  • スマートキー
  • ドアミラー
  • ヘッドライト
  • ハザード

メインの部分はこれらの部品になります。

実際に洗い出してみると、多数の部分が抽出されます。

現代の車は、ほとんどの部分が電装装飾品で作られているので必須の部品になります。

電装になるので、頻繁に故障するのが特徴です。

そんな際に保証に入っていることによって、すぐに対応してもらえるので非常に便利です。

カーセンサー保証に対応する車種

続いてカーセンサー保証に対応する車種について紹介していきます。

結論から言うと、基本車であればどんな車種でも保証に入会することができます。

どの車種でも入会することができますが、車の状態によっては入会できない車もあるので、その条件について紹介していきます。

また、修復歴があっても加入できるということで、幅広い車種が加入することができる保証になります。

  • 国産車なら初度登録から13年未満、走行距離13万㎞以下 
  • 輸入車なら初度登録から13年未満、走行距離7万km以下

国産車なら初度登録から13年未満、走行距離13万㎞以下

国産車なら初年度登録から13年未満、走行距離13万km以下になります。

これを見ると、めちゃくちゃストライクゾーンが広く感じます。

他の一般中古車店の保証やディーラーでの保証になると、初年度登録から10以内、走行距離は10万km以下という内容がほとんどです。

そんな中で、このような幅広い車を保証しているので、めちゃくちゃ便利なサービスになります。

しかも、修復歴のある車でも入会することができるので、非常にお得な保証になります。

しかし、輸入車になるとまた違った条件になるので注意する必要があります。

輸入車なら初度登録から13年未満、走行距離7万km以下

輸入車は、初年度登録から13年未満、走行距離7万km以下になります。

国産車と比べると少しストライクゾーンが狭いです。

しかし、十分な条件になります。

輸入車は、国産車と比べて故障率が非常に高いです。

輸入車の修理をするとなると、海外から部品を取り寄せたり、特殊な修理方法になるので、かなり手間がかかります。

そのため、国産車よりも短い走行距離に設定されています。

カーセンサー保証の料金について

次に誰もが気になるカーセンサー保証の料金についてです。

こちらの料金については、しっかりチェックするようにしましょう。

気になる料金についてですが、対象の車が古ければ古いほど料金が高くなっていく傾向があります。

また、排気量によっても金額が異なります。

国産車、輸入車でも金額が分かれているため、自分の車種がどれに当てはまるのかチェックしましょう。

  • 古ければ古いほど金額が高くなる
  • 国産車より輸入車の方が高い
  • 排気量によっても金額が異なる 
  • 軽自動車
  • 国産車の2,000cc以下
  • 国産車の2,001cc以上
  • 輸入車の2,000cc以下
  • 輸入車の2,000cc以上 

軽自動車

国産車の2,000cc以下

国産車の2,001cc以上

輸入車の2,000cc以下

輸入車の2,001cc以上

カーセンサーアフター保証の評判って実際どう?

続いてカーセンサー保証の評判について紹介していきます。

現代では、こちらの保証を使用している方が多くいます。

良い評価をしている方もいれば、悪い口コミをしている方もいます。

よりリアルな評判を持ってくるために、Twitterから引用しています。

参考程度にしてください。

使えないと言われているが、そんなことはない

保証期間内何回でも保証してくれるので、めちゃくちゃおすすめ

カーセンサー保証があるならかなり安心!!

カーセンサー保証に入っておいて助かった

カーセンサー保証をうまく使う際のコツ・注意点

最後にカーセンサー保証をうまく使う際のコツを紹介していきます。

カーセンサー保証をうまく使用しないと、車の修理代ばかりに費用がかかってしまい、車が嫌いになってしまうこともあります。

車の修理代にあまりお金をかけないように、こちらの保証をうまく活用するようにしましょう。

  • 古い車ほど長い期間加入する
  • 輸入車は早めに加入する
  • 車の外観に左右されない 

1つずつ紹介していきます。

古い車ほど長い期間加入する

まず1つ目が、古い車ほど長い期間加入するようにしましょう。

古い車が好きな方はたくさんいます。

古い車に乗る上で、一番恐れることが故障です。

年式が古い車になると、とにかく故障しやすい車がほとんどです。

しかも、修理するとなると多額の修理代がかかってきてしまいます。

古い車は、故障が続く場合もあるので、そのような状態になってしまうと車が嫌いになってしまうということもあります。

そのようなことにはならないためにも、カーセンサー保証に加入しておく必要があります。

入っていることによって、普段から安心して楽しく乗ることができます。

上記でも説明しましたが、入会できる車の状態は条件があるので、自分の車が条件に合うのかを事前にチェックしておきましょう。

輸入車は早めに加入する

輸入車は早めに加入するようにしましょう。

輸入車は、とにかく故障が多い車です。

ディーラーで購入しないで、一般中古車で購入したのであれば尚更です。

輸入車の修理代は、国産車よりも高いです。

その理由は、海外から部品を取り寄せなければいけないという背景があるからです。

取り寄せる部分でかなりの工数がかかってしまうので、修理するのに費用がかかってしまいます。

かなりの修理代がかかってしまうので、カーセンサー保証に入ることをお勧めします。

それも輸入車に乗っている方は、早めに入ったほうがいつでも対応してくれるので、安心すること間違いなしです。

車の外観に左右されない

車の外観の状態に左右されてはいけません。

購入して直後、以下のように思う方が多くいるようです。

  • 「ボディの状態かなり綺麗だから、故障しない。」
  • 「傷も汚れもほとんどついてないから、保証なくてもまだまだ乗れる。」
  • 「新車同様のボディに満足している。」

このような車の外観に騙されてはいけません。

車の外観と内蔵されている部品は別になります。

いくら外観が綺麗でも、部品が劣化していれば故障する確率は非常に上がります。

中古車店で販売されている車は、このような車が非常に多いです。

外観だけ綺麗に見せておいて、内蔵されているに部品は一切交換していないという事例が当たり前のようにあります。

そのような車に騙されないように、内蔵されている車の部品の状態をしっかり確認しましょう。

確認した上で、カーセンサー保証に加入するかどうかを検討した方が、効率よくカーセンサーのサービスを活用することができます。

\40秒で登録/


※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料登録はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。