車のお役立ち情報

【口コミあり】プリクラッシュセーフティ故障事例とリセット方法・対処法を紹介

プリクラッシュセーフティ
  • プリクラッシュセーフティのエラーが表示された方
  • プリクラッシュセーフティのエラーの対処法を知りたい方
  • プリクラッシュセーフティがエラーになった時の影響を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

プリクラッシュセーフティとは、トヨタから展開されている安全機能になります。

◉プリクラッシュセーフティとは…◉
交差点で直進してくる対向車および右左折時に対向方向から横断してくる歩行者を検出し、ブレーキを作動してくれる機能。 衝突回避または被害軽減をサポートします。

プリクラッシュセーフティとは、最先端の技術を使用した安全装置になります。

昼間でも夜でもミリ波レーダーと単眼カメラを使用し、衝突回避または被害軽減をサポートを行ってくれる。

それにより、交通事故の防止や事故の程度を軽減してくれるといった効果があります。

そんなプリクラッシュセーフティですが、口コミなどを見ると故障を知らせるエラーメッセージが出ている様です。

過走行車に多いエラー表示ですが、発生した際はどういった対応を行えば良いのでしょうか。

走行不可の状態になるわけではありませんが、いざという時に作動しないとなると非常に危険です。

エラー表示が出た場合は、すぐに対処し通常の状態に戻すようにしましょう。

車種別|プリクラッシュセーフティの故障事例

まず初めに、プリクラッシュセーフティの故障事例を紹介します。

車種によって、エラー表示のされ方が異なります。

各車種で、どういった表示の仕方になっているのでしょうか。

  • プリウス
  • プラド
  • アクア
  • ハイエース
  • ハイラックス

プリウス

こちらはプリウスでのプリクラッシュセーフティ故障事例となります。

山道の走行中にエンジンチェックランプが点灯し、完全ストップした様です。

エンジンをかけ直したところとりあえず車は動いた様ですが、プリクラッシュセーフティのチェックランプが点灯した様です。

走行ができたためとりあえず一安心ですが、今後発生する可能性は十分にあり得ます。

タイミングによってランプが消えることもある様ですが、この様な状態の場合はすぐに点検してもらった方が良いと考えます。

プラド

こちらはプラドでの故障事例となります。

大雨の中高速道路を走行後に発生した故障事例となります。

雨が止んでからメーターを確認したところ、プリクラッシュセーフティの故障メッセージが表示された様です。

こちらに関してもエンジンの再始動でエラーメッセージは消えております。

このようにエンジンのかけ直しでもエラー表示を消すことも可能です。

しかし、また発生する可能性があるため、なるべく早めにディーラーで見てもらった方が安心かと思います。

アクア

続いては、アクアでの故障事例になります。

アクアでのプリクラッシュセーフティ故障事例も発生しております。

販売店にて点検してくださいとのメッセージが出たため、早急にディーラーにて点検を行った様です。

ハイエース

続いては、ハイエースでの故障事例になります。

ハイエースでもプリクラッシュセーフティが故障しております。

上記同様に、急いで販売にて点検が必要だと考えます。

ハイラックス

続いて、ハイラックスの故障事例になります。

納車1ヶ月なのにも関わらず、プリクラッシュセーフティの故障メッセージが出た様です。

納車されて間もないのにも関わらず発生しているため、中古車の場合は納車直後でも発生する可能性はあります。

納車直後だと、部品の交換などはないかと思いますが急いで点検した方が良いと考えます。

部品交換となると、修理費用も高くなってくるため注意が必要です。

プリクラッシュセーフティが故障すると何がいけないのか?

次に、プリクラッシュセーフティが故障することでの影響を紹介していきます。

プリクラッシュセーフティが故障すると、どういった部分に影響があるのでしょうか。

故障した際の影響範囲についても、しっかりチェックする様にしましょう。

  • ドライバーの危険検知が遅れる
  • 誤検知が発生する可能性がある

ドライバーの危険検知が遅れる

プリクラッシュセーフティが故障すると、ドライバーの危険検知が遅れるという影響があります。

プリクラッシュセーフティが作動するタイミングが遅れる、もしくは検知してくれないといった状態になります。

自分で気づければ問題ありませんが、運転手が全てに反応できるわけではありません。

急に人が飛び出てきた場合は、絶対に反応することができません。

故障した状態で走行していると、いざという時に発動しないため非常に危険な状態となります。

故障のメッセージが出てきた場合は、すぐに販売店で点検をする様にしましょう。

誤検知が発生する可能性がある

プリクラッシュセーフティが故障すると、誤検知が発生する可能性もあります。

何もないはずなのに自動ブレーキが発動してしまったり、通知オンがいきなり鳴ってしまうなんてことも発生します。

急停止等が発生すると、後続車に対して非常に危険です。

いざという時はしょうがないですが、何もない時に急停止すると玉突き事故になる可能性もあります。

誤検知は大きな事故を引き起こす可能性もありますので、エラー表示が出た際はすぐに点検する様にしましょう。

プリクラッシュセーフティが故障した時に取るべき対処法

続いて、プリクラッシュセーフティが故障した際の対処法を紹介していきます。

エラー表示が出た際は、すぐに対処しないといざという時に発動しないということになります。

下記の様に対処し、すぐにエラー表示を消す様にしましょう。

  • センサー部の汚れを除去する
  • システムをオフにしていないか確認する
  • エンジンをかけ直してみる
  • 販売店に修理を依頼する

センサー部の汚れを除去する

センサー汚れ

対処法として、1つ目はセンサー部の汚れを除去するという方法です。

プリクラッシュセーフティのセンサー部が汚れていると、エラー表示が出る可能性があります。

センサーは、障害物や車を検知するための重要な役割を果たしております。

精度が良すぎることで、汚れなどに対しても反応してしまう可能性が十分にあります。

そのため、エラーメッセージが出た際には一度センサー部の汚れを除去する様にしましょう。

この対処法は、一番手っ取り早くできるたい方法となります。

システムをオフにしていないか確認する

続いては、システムをオフにしていないか確認するという方法です。

プリクラッシュセーフティは、マニュアルでオフにすることも可能です。

マニュアルでの操作も可能のため、気づかないうちにオフになってしまっているという可能性もあります。

エンジン始動時に、オフ設定になっていないかを確認する様にしましょう。

エンジンをかけ直してみる

続いては、エンジンをかけ直してみるという内容になります。

こちらの方法は、口コミを見ても試している方が多くいらっしゃいました。

エンジンをかけ直したことで、エラー表示が解除されたという方もいらっしゃいます。

上記の方法を試してもエラー表示が消えない場合は、一度エンジンをかけ直す様にしましょう。

こちらの方法でもエラー表示が消えない場合は、おそらく故障が考えられます。

必要に応じて、部品の交換なども発生することがあります。

販売店にて点検して頂かないとエラー表示が消えないかと思いますので、すぐに対処する様にしましょう。

販売店に修理を依頼する

上記の方法でもエラー表示を解除できない場合は、販売店に修理を依頼する様にしましょう。

上記の方法を試しても解除できない場合は、システム自体の故障が考えられます。

部品の交換などを行わないと、直らない事象になるかと思われます。

部品交換などを行うと、数週間かかるのに加えて数万円から数十万円くらいの修理費用もかかってきます。

多くの修理期間と修理費用がかかってきますので、その点理解しておくようにしましょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
所有車:スズキ ハスラー・レクサス RX300・トヨタ アルファード レクサスの購入をきっかけにブログを開設。 車をお得に購入するコツや後悔しないための車の買い方などの情報を発信。 車の購入する上で、参考にして頂ければ幸いです。