ダイハツ

テリオスキッドの欠点・後悔した点8選!取り柄は頑丈さのみ!?

テリオスキッド
  • テリオスキッドの購入を検討している方
  • テリオスキッドの欠点を知りたい方
  • テリオスキッドがどんな方に向いているのか知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

テリオスキッドとは、1998年から2012年にダイハツ販売されていた軽自動車になります。

テリオスキッドの耐久性は非常に素晴らしく、他軽自動車と比較しても群を抜いているスペックを持っております。

普段使いとしても不便さを感じず、それに加えて運転の楽しさも感じられるという魅力的な部分を多数持っている車種になります。

小回りが効くため街中の走行はもちろん可能で、ターボエンジンの爽快な走りから高速道路などでも安定した走行性を実現しています。

そんなテリオスキッドですが、後悔する点はどういった部分にあるのでしょうか。

正直なところ、他の軽自動車よりかは不満や欠点は少ない車種です。

それでも普段使いする時になる部分はいくつか出てきます。

そういった部分を購入前に知っておくことで、より充実したカーライフを過ごすことができます。

これからテリオスキッドの購入を検討している方は、是非参考にしてください。

運転性から見るテリオスキッドの欠点・後悔した点

運転性から見るテリオスキッドの欠点としては、下記のような内容があります。

  • 思ったより小回りが効かない
  • エンジン音が気になる

思ったより小回りが効かない

小回り

運転してみるとわかりますが、思った以上に小回りが効かない運転性能となっております。

軽自動車ということもあり、下記のようなイメージを持っている方が多いかと思います。

  • 「軽自動車だから小回りが効く。」
  • 「狭い場所でも難なく走行できそう。」
  • 「狭い駐車場でも簡単に駐車できそう。」

しかし、普通の軽自動車のようにはいきません。

もちろん普通車などと比べると小回りが効きますが、他の軽自動車よりは小回りが効きにくくなっております。

他の軽自動車の感覚で運転すると、運転しにくく感じます。

想像以上に小回りが効かないので、この点は購入前にしっかりチェックしておく必要があります。

エンジン音が気になる

次に気になる点としては、走行中のエンジン音が気になるという点になります。

これは軽自動車特有の欠点になるかと思いますが、テリオスキッドを運転しているとどうしても気になってしまいます。

昔の車ということもあり、現代の車以上に造りはチープになっております。

そのせいもあり、走行中はエンジン音が気になってしまいます。

しかし、軽自動車ということもあるのでこの点は諦めている方も多いかと思います。

静粛性といった部分では、期待しない方が後悔はないかと思います。

乗り心地から見るテリオスキッドの欠点・後悔した点

乗り心地から見るテリオスキッドの欠点は、下記の通りになります。

  • 突き上げが気になる
  • 乗り心地が悪くて車酔いする可能性あり

突き上げが気になる

乗り心地から見る後悔点として、1つ目は突き上げが気になるという内容になります。

前席・後席どちらも段差や砂利道を走行すると突き上げが気になってしまいます。

特に、後席の両側は特に感じやすいです。

タイヤの真上ということもあり直接的に突き上げを感じてしまいます。

このように振動や突き上げが頻繁に起こると、テリオスキッドに乗りたくないと感じる方もいらっしゃるかと思います。

運転していればあまり気になりませんが、助手席・後席に乗っているとどうしても気になってしまう点になります。

乗り心地が悪くて車酔いする可能性あり

上記のように乗り心地が悪く感じることで車酔いする可能性もあります。

砂利道や凹凸のある道路を走行すると、振動や突き上げが直接的に感じてきます。

それが何回も起こると、車酔いに繋がる可能性があります。

テリオスキッドは、軽自動車でありながらSUVのような走破性を持った車になります。

悪路での運転の楽しさなどはありますが、人を乗せた長距離走行などにはあまり向いていない車になります。

もちろん走行している際の安定性は、非常に高いです。

しかし、乗り心地といった面では非常に悪くなってしまっているので注意が必要です。

家族の車としては、あまり活躍しない車になっているかと考えます。

内装から見るテリオスキッドの欠点・後悔した点

内装から見るテリオスキッドの欠点は、下記のような内容があります。

  • 安っぽい内装デザイン
  • トランク・後席が狭すぎる
  • 収納スペースが少ない

安っぽい内装デザイン

安っぽい

内装の欠点として、1つ目は安っぽい内装デザインという内容になります。

軽自動車ということで走行性に力を入れた車になるので、内装デザインなどは非常にチープなデザインになっております。

一つ一つのデザインがプラスチック素材となっており、見た目から安っぽさが現れております。

一昔前の車ということもあり、この点は受け入れるしかない部分になるかと思います。

こういった安っぽい内装デザインは、居住性という点にも大きく響いてきます。

乗った時の満足度も低くなってしまうので、注意が必要です。

トランク・後席が狭すぎる

続いて気になる点は、トランク・後席が狭すぎるという点になります。

トランクと後席がかなり狭く、後席に関しては人が乗れるかどうかといったレベルになってきます。

大柄な男性などは、もしかすると乗れない可能性もあります。

普通の男性が乗っても膝前が拳0.5個分〜1個分、天井もギリギリになるかと思います。

また、トランクスペースを見てもまずキャリーケースなどを積むことはできません。

ちょっとした買い物の荷物や手荷物等あればギリギリ積載できるかなというレベルです。

それほど狭いデザイン性となっております。

スペースという部分は、満足度という点にも直接的に関わる部分です。

収納スペースが少ない

次に、収納スペースが少ないという点もテリオスキッドの大きな欠点になります。

収納スペースとして挙げられるのは、グローブボックスのみになります。

それ以外は、ドリンクホルダーなどしかないため十分に小物を入れることができません。

ドアポケットすらない設計となっております。

逆に捉えると、無駄になるような小物を一切積むことがなくなります。

結局小物を入れる場所があったとしても、車内に置きっぱなどになる可能性が十分に高いです。

そういった小物をそもそも置く場所がないため、車内に持ち込むということがなくなります。

整理整頓という観点で言えば、綺麗に見せることができるかと思います。

燃費・維持費から見るテリオスキッドの欠点・後悔した点

同じ車に乗り続けるためには、燃費や維持費といった部分も重要になってきます。

燃費や維持費の観点での欠点は、1つだけになります。

それは、燃費が普通車並みに悪いという点になります。

燃費が普通車並みに悪い

燃費・維持費面での欠点としては、燃費が普通車並みに悪いという内容になります。

昔の車ということもあり、軽自動車の中ではかなり燃費が悪い車となっております。

そんな気になる実燃費は、12.1kmとなっております。

これほど悪い燃費になっていますと、ガソリン代という部分にも大きく響いてきます。

比較的維持費がかからない軽自動車を購入したのに、燃費が悪いとなるとガソリン代がかかってしまいます。

維持費という点で後悔が残ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

維持費をあまりかけたくないという方であれば、燃費や故障のしやすさといった部分もチェックするようにしましょう。

テリオスキッドを買って失敗した人の口コミ

実際にテリオスキッドを購入して、後悔している方はどのような口コミを寄せているのでしょうか。

人によっては、気になる部分もありますので購入する上で参考にするようにしましょう。

  • 収納スペースが少なすぎる
  • 後席が狭すぎる
  • 普通車並みの実燃費

収納スペースが少なすぎる

買って後悔した内容として、1つ目は収納スペースが少なすぎるという内容になります。

欠点としても挙げていますが、やはりオーナーさんもこの点が気になっているようです。

こちらの方は、この欠点を改善しようと収納アイテムを購入しております。

こういったカーアイテムを使用することで、収納スペースを増やすという工夫もすることができます。

しかし、実際に乗られている方でも収納スペースの部分は気になってしまいます。

この点は、事前にチェックした上で工夫をする必要がありそうです。

後席が狭すぎる

続いての内容は、後席が狭すぎるという内容になります。

こちらも欠点として挙がっていましたが、男性が乗り込むとかなり後席が狭く感じます。

こちらの方が後席に乗り込んだところ、膝前スペースがほとんどない状態になっております。

このまま乗り続けるとなると、かなり窮屈感を感じ乗り心地が悪くなると考えます。

人によっては、車酔いしてしまう可能性があるので要注意です。

普通車並みの実燃費

続いての内容は、普通車並みの実燃費という内容になります。

こちらも上記の欠点で記載した内容になっております。

普通車並みの実燃費となっており、軽自動車としてはかなり悪い燃費となっております。

上記の方は、実燃費が10km/Lということで非常に低い数値となっております。

普通車としてみれば平均的ですが、あくまでテリオスキッドは軽自動車になります。

軽自動車としては、非常に低い実燃費となっていますので維持費の面で後悔する可能性があります。

燃費が悪いという点については、しっかり事前に押さえておく必要がありそうです。

テリオスキッドを買って良かったの口コミ

次に、テリオスキッドを購入して満足している口コミも紹介していきます。

他の軽自動車にはない魅力的な部分がたくさん詰まっている車になるので、満足している方も非常に多くいらっしゃいます。

  • マニュアル仕様の車の運転が楽しい
  • 車高が高くて運転しやすい
  • 雪道でも滑らずスイスイ進む

マニュアル仕様の車の運転が楽しい

テリオスキッドを購入して良かった口コミとして、1つ目はマニュアル仕様の車の運転が楽しいという内容になります。

テリオスキッドは、オートマとマニュアルの2種類の仕様から展開されております。

どちらも運転が楽しい車ではありますが、その中でも特にマニュアル仕様の運転が楽しいという口コミが寄せられております。

マニュアル仕様の運転は、一見難しそうに見えがちです。

しかし、それ以上に運転の楽しさや操作性の楽しさを実感することができます。

マニュアル車だからこそ感じられる部分がありますので、運転の楽しさを感じたい方にとっては最適な車になります。

車高が高くて運転しやすい

続いての口コミは、車庫が高くて運転しやすいという内容になります。

テリオスキッドは、軽自動車としては車高が高いSUVのようなモデルとなっております。

車高が高いのに伴い、運転席からの視線というのも自然と高くなっております。

運転席からの視線が高いことで、視界が広がり運転がしやすくなります。

ボディサイズがコンパクトなこともあり、死角も非常に少ないです。

運転が苦手な方でもすぐに運転に慣れることができるので、運転のしやすさとった部分ではオススメする車になります。

雪道でも滑らずスイスイ進む

続いての内容は、雪道でも滑らずスイスイ進むという内容になります。

テリオスキッドは、SUVモデルということもあり走破性に優れている車になります。

そうは性に優れていることで、雪道などの悪路での走行には強い仕様になっております。

冬タイヤを装着していても滑りがちな雪道をテリオスキッドはスイスイ進んでくれます。

そのため、雪が降りやすい地域では活躍する車となっております。

こういったスペックを持った車になりますので、セカンドカーとしても活躍する車になります。

テリオスキッドが向いている人

テリオスキッドが向いている方は、下記のような方々になります。

軽自動車に求めるスペックについて合致している方は、楽しいカーライフを過ごせること間違いなしです。

  • SUVのような走破性を求めている方
  • 大人数での乗車する機会がない方
  • 運転がしやすい車を探している方

SUVのような走破性を求めている方

悪路

テリオスキッドが向いている方の1つ目は、SUVのような走破性を求めている方になります。

テリオスキッドの走破性は、普通車のSUV並みの走破性となっております。

一般道の走行も魅力的ですが、それ以上に砂利道などの悪路での走破性は満足度が非常に高いです。

テリオスキッドは、よくスズキのジムニーと比較されるほどオフロード向きの車になっております。

ジムニーとテリオスキッドで好みが分かれ、それぞれのツーリングをする方もいらっしゃいます。

テリオスキッドは、街乗りというよりかは走破性を楽しむ車となっています。

この走破性を楽しみたい方にとっては、魅力的な車となっております。

大人数での乗車する機会がない方

続いての内容は、大人数での乗車する機会がない方です。

欠点にも挙げているように、テリオスキッドは後席が非常に狭いデザインになっております。

膝前空間が非常に狭く、誰が乗っても窮屈感を感じてしまいます。

そういった車になっているので、複数人乗れるような車ではありません。

軽自動車で4人乗ることが可能ですが、4人マックスで乗るとかなりの窮屈感を感じます。

乗り心地も良くないことから、大人数での乗車は避けるべき車になります。

運転がしやすい車を探している方

続いての内容は、運転がしやすい車を探している方になります。

テリオスキッドは、軽自動車の中でも車高が高い車になっております。

車高が高くなっていることで、運転席に乗った時の視点も高くなります。

それに加えてコンパクトなボディサイズとなっていることから、それほど死角もありません。

運転視点が高いのに加え、コンパクトなサイズになっていることで誰でも運転しやすい車になっております。

運転が苦手という方にとってもすぐに慣れることができるので、運転が楽しくなるような車になります。

テリオスキッドが向いていない人

テリオスキッドが向いていない方は、下記のような方々になります。

気になる部分が1つでもある場合は、他の軽自動車を購入した方が良いと考えます。

  • 良い乗り心地を求めている方
  • 街乗りだけでなく長距離走行もする方
  • 維持費が安い車を探している方

良い乗り心地を求めている方

テリオスキッドが向いていない方として、1つ目は良い乗り心地を求めている方になります。

テリオスキッド乗り心地は、他の軽自動車に比べてかなり悪いです。

段差時での突き上げや振動などが直接的に伝わることから、乗り心地はあまりよろしくありません。

そのため、乗り心地の良い車を探している方はテリオスキッドはオススメできません。

テリオスキッドは、あくまで走破性を追求した車となっております。

乗り心地についてはあまり考えられていないため、注意が必要です。

街乗りだけでなく長距離走行もする方

続いての内容は、街乗りだけでなく長距離走行もする方になります。

軽自動車は、基本的に街乗りに適した車になっております。

テリオスキッドもコンパクトなサイズ感から、街乗りに適した車になっております。

それに加えて、長距離走行もするという方もいらっしゃるかと思います。

軽自動車で長距離走行したいと考えている方は、テリオスキッドはあまりオススメできません。

車内が狭いデザインになっていることと乗り心地が良くないことで、長距離走行には適していない車になっています。

人によっては車酔いしてしまい、ドライブどころではなくなってしまう可能性もあります。

乗り心地の悪さと室内の狭さから、長距離走行にはあまり向いていない車になります。

維持費が安い車を探している方

続いての内容は、維持費が安い車を探している方になります。

テリオスキッドは、昔の車ということでガソリン代や修理費用などが多くかかってくる車になります。

軽自動車は維持費が安いというイメージがありますが、テリオスキッドは普通車並みに維持費がかかってきてしまいます。

特にガソリン代の部分では、普通車と同じくらいかかってきます。

それも燃費が平均10km/と軽自動車としては、かなり低い燃費になってしまっているからです。

維持費の部分では他の軽自動車以上にかかってきてしまうので、注意が必要です。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
所有車:スズキ ハスラー・レクサス RX300・トヨタ アルファード レクサスの購入をきっかけにブログを開設。 車をお得に購入するコツや後悔しないための車の買い方などの情報を発信。 車の購入する上で、参考にして頂ければ幸いです。