スバル

インプレッサスポーツ「クォーツブルーパール」の良い評判・悪い評判を紹介

クォーツブルーパール
  • インプレッサのボディカラー選びで悩んでいる方
  • インプレッサのクォーツブルーパールが気になる方
  • クォーツブルーパールの特徴を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

スバルから展開されているインプレッサには、クォーツブルーパールというボディカラーが展開されています。

現行モデルでは存在しないボディカラーですが、先代モデルに存在するボディカラーになります。

街中を見かけてもあまり見る機会が少ないボディカラーではありますが、現車を見ると魅力的なデザインになっています。

インプレッサのデザインとのバンラスも取られており、スバルと言ったらクォーツブルーパールという印象も根付いております。

そんな先代モデルに存在するクォーツブルーパールですが、どのような特徴を持ったボディカラーになっているのでしょうか。

1つずつ特徴を整理していくと、良い点もあれば悪い点もあるボディカラーになります。

人によってその感じ方は変わりますので、購入するかどうかをしっかり判断する必要があります。

現在、中古車にてクォーツブルーパールのインプレッサを検討している方は、特徴をしっかり押さえた上で検討するようにしましょう。

インプレッサスポーツ「クォーツブルーパール」の良い特徴

まず初めに、クォーツブルーパールの良い特徴を紹介していきます。

独特なボディカラーになっていることで、他のボディカラーにはない特徴を持っています。

  • 悪目立ちしない落ち着いた色
  • 天候・光の加減によって見え方が変わる
  • 傷や汚れが目立ちにくい
  • インプレッサのイメージカラー

悪目立ちしない落ち着いた色

インプレッサのクォーツブルーパールの良い特徴として、1つ目は悪目立ちしない落ち着いた色という内容になります。

クォーツブルーパールは、写真で見ると明るい印象があります。

しかし、現車を確認してみるとそんなに明るい印象が一切ありません。

暗めのブルーがベースとなっており、どこを走行しても悪目立ちしない印象があります。

そのため、写真を見て派手と思った方でも現車を見れば考え方がすぐに変わるボディカラーになります。

また、落ち着いた印象があるため年齢層が高めの方々にも人気があるボディーカラーです。

大人らしさを出したい若者にとってもオススメするボディカラーになります。

天候・光の加減によって見え方が変わる

天気

続いての内容は、天候・光の加減によって見え方が変わるという内容になります。

クォーツブルーパールは、晴れている天気と曇っている天気も見え方が異なります。

また、1日の中でも昼間と夜で見え方が変わってくるボディカラーになります。

晴れている日は、太陽がボディに反射し明るめのブルーに見えます。

しかし、鮮やかなブルー系になりますので高級感溢れる印象があります。

その逆で、夜や曇っている場合は暗めのブルーに変化します。

人によっては、ブラックに見える場合もあるようです。

このように、環境の変化によってもボディカラーの見え方が異なります。

1日で何色も楽しむことができるので、所有していて飽きないボディカラーになります。

傷や汚れが目立ちにくい

続いての特徴は、傷や汚れが目立ちにくいという内容になります。

クォーツブルーパールは、傷や汚れが目立ちにくい特徴があります。

冒頭の部分でも記載していますが、こちらのボディカラーは鮮やかなブルー系がベースとなっています。

そのため、少しの汚れや傷ではあまり気にならない特徴があります。

傷や汚れが目立ちにくいことで、下記のような影響があります。

  • 洗車をする頻度が少なくなる
  • 長年乗っても古臭くならない
  • 常に綺麗な状態で走行できる

こういった影響があるということも、頭に入れておくようにしましょう。

インプレッサのイメージカラー

続いての内容は、インプレッサのイメージカラーという内容になります。

クォーツブルーパールは、インプレッサのイメージカラーとして販売されています。

インプレッサだけに関わらず、スバル車はブルー系のボディカラーがイメージカラーとして設定されている印象があります。

そういった印象が根付いているので、認知度も高いと予想します。

イメージカラーになっていることで、一目惚れした際は迷いなく購入できるかと思います。

インプレッサスポーツ「クォーツブルーパール」の悪い特徴

次に、クォーツブルーパールの悪い特徴を紹介していきます。

クォーツブルーパールの悪い特徴は、どういった内容があるのでしょうか。

こちらの内容を知っておかないと、購入後に後悔してしまう可能性があります。

  • 年齢層高めの印象がある
  • 塗装表面の劣化が目立つ

年齢層高めの印象がある

クォーツブルーパールの悪い点として、1つ目は年齢層高めの印象があるという内容になります。

実際に統計上そうなっているわけではありませんが、クォーツブルーパールの印象として年齢層が高い方が乗っているという印象が根付いていると考えます。

スバル車のクォーツブルーパールを街中で見かけると、高い確率で年齢層高めの方が運転しています。

日常からそのような印象があるため、どうしても根付いてしまうのかと思います。

かと言って、年齢層が高い方にしか似合わないというわけではありません。

若い方が乗ることで、大人っぽさも印象付けることができます。

より大人らしい車に乗りたい方は、クォーツブルーパールがオススメです。

塗装表面の劣化が目立つ

塗装

続いての内容は、塗装表現の劣化が目立つという内容になります。

傷や汚れは目立たないものの、塗装表面の劣化は進みますので注意が必要です。

2、3年での劣化はないかと思いますが、7〜10年乗り続けるとなると劣化が気になってくるかと思います。

塗装表面の劣化は、所有者の満足度の低下やリセールバリューの低下にも繋がってきます。

塗装表面が劣化しないためには、下記のような対策が必要になります。

  • 汚れ状態に関わらずボディのメンテナンスをする
  • コーティングでボディを保護する
  • カーポートや車庫など日が当たらない場所に駐車する

クォーツブルーパールは、塗装表面が劣化するとかなり目立ってしまいます。

なるべく綺麗な状態で乗るためにも、上記のような対策をするよう心がけましょう。

インプレッサスポーツ「クォーツブルーパール」についての良い口コミ・評判

続いて、インプレッサのクォーツブルーパールに対しての良い口コミを紹介していきます。

口コミを見る感じ、クォーツブルーパールのボディカラーに一目惚れして購入している方が多くいらっしゃいます。

  • 夜でも美しい色合い
  • 曇りの日でも鮮やかに見える
  • グレード・デザインに一番似合う

夜でも美しい色合い

クォーツブルーパールに対しての良い口コミとして、1つ目は夜でも美しい色合いという内容になります。

上記の特徴でも紹介していますが、昼間と夜では見え方が変わってくるボディカラーになります。

夜でも少しブルーかかったブラック系のボディカラーに見えますので、また違った雰囲気を味わうことができます。

昼見ても夜見てもどちらもカッコ良いというのは、クォーツブルーパールの最大の特徴かと考えます。

曇りの日でも鮮やかに見える

 

この投稿をInstagramで見る

 

パパ(@papa_kahoyuri)がシェアした投稿

続いての内容は、曇りの日でも鮮やかに見えるという内容になります。

上記の方は、曇りの日に写真を撮影しています。

太陽が出ている時の見え方と曇りの日の見え方では、また違った印象を受けます。

しかし、曇りの日でも鮮やかに見えるというのは変わりありません。

しっかり存在感を放っている中で、高級感もある印象を受けるような仕上がりになっています。

グレード・デザインに一番似合う

続いての内容は、グレード・デザインに一番似合うという内容になります。

インプレッサスポーツハイブリッドのモデルには、圧倒的にクォーツブルーパールが似合うという内容になります。

写真を見る限り、デザインによくマッチしたボディカラーになっています。

車全体のバランスが取れているため、満足するユーザーも多い印象があります。

インプレッサスポーツ「クォーツブルーパール」のリセールバリューについて

次に、クォーツブルパールのリセールバリューについて深掘りしていきます。

ボディカラーを選択するための1つの指標は、リセールバリューになります。

より高く売却したいと考えている方は、リセールバリューが高い人気色を購入する必要があります。

一体、インプレッサのクォーツブルーパールのリセールバリューは良いのでしょうか。

クォーツブルーパールのリセールバリューは低い

結論から記載すると、クォーツブルーパールのリセールバリューが低いです。

ボディカラー別のリセールバリューで、大きく関わってくるのは人気度になります。

人気色になればなるほど、中古車市場での需要も高いためリセールが高くなる傾向にあります。

そもそも、クォーツブルーパールの人気度はどこに位置しているのでしょうか。

インプレッサの人気色ランキングは、下記のようになります。

1位  クリスタルホワイト・パール
2位  クリスタルブラック・シリカ
3位  アイスシルバー・メタリック
4位 クォーツブルー・パール
5位  マグネタイトグレー・メタリック
6位 ダークブルー・パール
7位 ピュアレッド

クォーツブルーパールは、4位に位置しています。

人気色を見ると、やはりホワイト・ブラックが上位を占めています。

ホワイト・ブラックはリセールバリュが高いですが他のボディカラーは低いと考えて良いかと思います。

インプレッサを購入する際、リセールを気にする方はホワイト・ブラックを選択した方が良いかと思います。

インプレッサスポーツ「クォーツブルーパール」が似合う人

次に、インプレッサのクォーツブルーパールが似合う方を紹介していきます。

クォーツブルーパールを購入して、満足度高く乗れる方はどのような方になるのでしょうか。

下記に該当する方は、購入後も満足して乗れるかと思いますので前向きに検討するようにしましょう。

  • 手入れが楽なボディカラーに乗りたい方
  • 落ち着きのある車に乗りたい方
  • 見て楽しめる車に乗りたい方

手入れが楽なボディカラーに乗りたい方

クォーツブルーパールが似合う方として、1つ目は手入れが楽なボディカラーに乗りたい方になります。

クォーツブルーパールの特徴の1つとして、汚れや傷が目立たないという部分があります。

泥の汚れや少し線傷が入っても、遠くから見ればあまり目立ちません。

そのため、ブラックなどと比較するとそんなに手入れしなくても綺麗な状態を保つことができます。

特に、下記のような方にとっては魅力的なボディカラーになります。

  • 洗車をする習慣があまりない方
  • 車の手入れする時間がない方
  • あまり車の状態を気にしない方

主に、車の手入れをする時間がない方は検討してみてはいかがでしょうか。

40代・50代の年齢層の方

続いての内容は、40代・50代の年齢層の方になります。

主に、年齢層が高い方にはオススメするボディカラーになっています。

上記でも記載していますが、クォーツブルーパール自体年齢層が高いという印象が根付いております。

そのため、その印象通り年齢層が高い方には似合うボディカラーとなっています。

クォーツブルーパール自体、あまり目立たない色合いになりますので落ち着いた雰囲気で乗り回すことができます。

年齢層が高い方であれば、性別関係なく誰にでも似合うボディカラーになります。

見て楽しめる車に乗りたい方

続いての内容は、見て楽しめる車に乗りたい方になります。

クォーツブルーパールは、乗るだけでなく見ても楽しむことができるボディカラーになります。

主に、下記のような場面で楽しむことができます。

  • 晴れの日・曇りの日・雨の日のような天候の変化
  • 昼間と夜の光の当たり方

時間の変化や天候の変化によって、ボディの見え方がガラッと変わります。

1日でいろんな色合いを楽しめるのも、クォーツブルーパールの大きな魅力になります。

インプレッサスポーツ「クォーツブルーパール」が似合わない人

続いて、インプレッサのクォーツブルーパールが似合わない方を紹介していきます。

もちろん、こちらのボディカラーは誰にでもオススメできるわけではありません。

人によっては、購入後に後悔してしまう可能性があるので注意が必要です。

  • リセールバリューを気にする方
  • 20代・30代の若い世代の方

リセールバリューを気にする方

クォーツブルーパールが似合わない方として、1つ目はリセールバリューを気にする方になります。

ボディカラーを選択する上で、リセールバリューを気にする方は避けるべきボディカラーになります。

人気色ランキングが4位と不人気色にはなりませんが、ホワイト系・ブラック系と比較すると悪い結果になります。

需要を見ると、やはりホワイト系・ブラック系が多い印象が強いです。

リセールバリューが高いボディカラーを選択したい方は、ホワイト系・ブラック系を検討するようにしましょう。

20代・30代の若い世代の方

続いての内容は、20代・30代の若い世代の方になります。

20代・30代の若い方々にしては、落ち着きすぎの色合いになっています。

もちろん大人っぽさはありますが、若い方はもう少し派手な色合いに乗った方が良いかと個人的には考えます。

それこそ、ホワイト・ブラックはもちろんですが個性を出すのであればピュアレッドなどもありかと思います。

人によって好みは分かれますが、若い方々はボディカラーで個性を表現するのも1つの方法になるかと思います。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
所有車:スズキ ハスラー・レクサス RX300・トヨタ アルファード レクサスの購入をきっかけにブログを開設。 車をお得に購入するコツや後悔しないための車の買い方などの情報を発信。 車の購入する上で、参考にして頂ければ幸いです。