ポルシェ

リセールバリューが高い外車5選!値落ちしない車を紹介

  • リセールバリューが高い外車を購入したい方
  • 外車の購入を検討している方
  • 寝落ちがしない外車を購入したい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

車を購入する上で重要な部分になってくるのは、リセールバリューになります。

他にも、ユーザーの満足度や使い勝手、実用性などもありますが、購入後のことを考えるのであれば、リセールバリューも考える必要があります。

外車でも非常に人気な車種があります。

車種によっては、非常に人気であることでリセールバリュー70%越えの車種も存在します。

そのような車種を購入することによって、長い間乗っていても高い価格で売却することが可能になります。

皆さんの外車の印象としては、以下のようなことがあると思います。

  • 「外車だから国産車よりも維持費がかかる。」
  • 「国産車よりもリセールが悪そう…。」
  • 「外車はすぐに故障するから乗るのが億劫。」

このような印象があると思います。

もちろんその通りで、国産車と比較すると故障する頻度が多いと思います。

その都度修理する必要がありそうな車種もあるので、注意した方が良いでしょう。

しかし、よりリセールの良い車種を購入することによって、そのような費用も気にならなくなります。

最終的に売却する時に、高い価格で売却することができればプラマイゼロくらいの価格になるからです。

よりコスパ良く車に乗るのも非常に重要ばポイントになってくるので、これから外車を購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

リセールバリューが高い外車5選!

それでは早速リセールバリューが良い外車を5選紹介していきます。

  • JEEP ラングラー
  • メルセデスベンツ Gクラス
  • ポルシェ マカン
  • MINI クロスオーバー
  • プジョー 3008

JEEP ラングラー

車種名 JEEP
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,320mm x 全幅 1,895 mm x 全高 1,825mm
燃費 8.2km/L〜
新車価格 4,920,000円〜
5年落ちリセールバリュー 72%
  • どこでも走ることができる走破性
  • 山道などのアウトドアに優れた車種
  • アメ車ならではの存在感のあるエクステリア

特徴

こちらの車種の特徴は、アメ車ならではの走破性を兼ね備えていることです。

ラングラーは、悪路でも余裕で走行してしまいます。

元々山道のような場所を走行するために開発された車種でもあるので、日本でこの車に乗れば怖いもの無しです。

新車での価格

新車での価格は、4,920,000円〜になります。

グレードにもよりますが、最低グレードでもこのくらいの価格になってしまうので、少し高いイメージがあります。

しかし、外車の中では一番リセールが高いので、購入後のことを考えるのであれば非常に満足度が高い車種になります。

リセールバリュー・買取相場

リセールバリューは、車両の状態にもよりますが、約72%という結果が出ています。

会社でこの数値を叩き出しているので、非常に人気のある車種になります。

中古車市場でもラングラーを探している方が多くいるので、リセールが高い理由になっています。

向いている人

ラングラーの購入に向いている方は、アウトドアを頻繁に行く方になります。

上記でも説明したように、ラングラーは山道のような悪路を走行するために開発された車種になります。

それもアメリカの道路を想定されて作られているので、日本で走行する分には十分のスペックになります。

また、カスタムすることで自分に合ったデザインにすることも十分に可能なので、購入すれば絶対に満足する車種になります。

メルセデスベンツ Gクラス

車種名 メルセデスベンツ
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,660 mm x 全幅 1,930 mm x 全高 1,975 mm
燃費 7.9km/L〜
新車価格 12,560,000円〜
5年落ちリセールバリュー 60%
  • ベンツが展開する最高級SUV
  • どんな道でも乗り越えることが出来る4WD
  • ほとんど値落ちしないめちゃくちゃ人気がある車種

特徴

誰も知っての通り、メルセデスベンツで最高級SUVとして展開しているGクラスになります。

こちらもボディのデザインから、悪路を想定した車高の高いデザインになっています。

しかし、そんな山道のような悪路を走行するような車ではありません。

傷やボディが汚れてしまうと、非常に勿体無い高級車になります。

新車での価格

新車購入での価格は、12,560,000円〜になります。

最高級SUVということで、他の車種とは比べものにならないくらいの価格になっています。

ベンツの4WDでもあることから、故障しにくいという面で購入する方が多くいるようです。

リセールバリュー・買取相場

中古車市場でも4WDは非常に人気があります。

リセールバリューとしても約60%と、ベンツの中では一番高いリセール率になります。

乗り心地の追求と走破性を兼ね備えた車種であることから、中古車市場でも非常に人気のある車種です。

向いている人

こちらの車種は、購入できる方が限られてきます。

費用に余裕のある方や本当の車好きの方などが購入するような車種になるので、外車を維持できなそうな方は購入しない方が良さそうです。

しかし、購入後の満足度が考えられないくらい高いので、目標の車として目指すのもありだと思います。

ポルシェ マカン

車種名 マカン
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,685 mm x 全幅 1,925 mm x 全高 1,610 mm
燃費 7.69km/L〜
新車価格 7,370,000円〜
5年落ちリセールバリュー 58.7%
  • ポルシェで非常に人気があるコンパクトSUV
  • コマ割りが効く車種であり、街乗りでも運転して安い
  • ポルシェならではの特有なエクステリア

特徴

こちらの車種は、高級車としての印象が非常に高いマカンになります。

ポルシェで展開している一番小さいサイズのSUVになりますが、前席・後席の乗り心地が非常に良いです。

外車特有のボディに囲まれた内装は、居心地が良いためずっと室内にいたくなってしまいます。

国産車にはない、ポルシェならではのエクステリアのデザインになっているので、非常におしゃれな車種になっています。

新車での価格

新車での価格は、7,370,000円〜になっています。

一番小さいSUVではありますが、車両本体価格を見る限りでは非常に高額な車になっています。

「さすがポルシェ!!」と言わざるを得ないような価格になっていますね。

リセールバリュー・買取相場

こちらの車種のリセールバリューは、約58.7%になります。

その国でも、SUVタイプの車種は非常に人気があります。

故障のしにくさやデザインのかっこよさもありますが、一番は非常に乗りやすいという理由があります。

車高が高いため、女性の方でも簡単に運転できるのがSUVの特徴でもあるので、こちらのマカンは中古車市場でも非常に人気のある車種になります。

向いている人

こちらの車種に向いている方は、家族でよく旅行に行く方におすすめです。

一見SUVになるので、山道のような道路を走行するのかを思いがちですが、そんなことはありません。

マカンでは、4人家族であればファミリーカーとしても代用することが可能になるので、実用性が非常に高いです。

また、燃費についてもそんなに悪くないので、ほかの車種ほど維持費もかかることはないでしょう。

MINI クロスオーバー

車種名 MINI クロスオーバー
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長4,315mm×全幅1,820mm×全高1,595mm
燃費 15.4km/L〜
新車価格 3,950,000円〜
5年落ちリセールバリュー 58.2%
  • MINIが展開する車種で大型なクロスオーバー
  • イタリア車ならではの丈夫なボディが魅力的
  • 女性にも人気があるおしゃれなエクステリア・インテリア

特徴

こちらの車種は、非常におしゃれなデザイン性になっています。

男性にも女性にもウケが良いエクステリアとインテリアが特徴的です。

また、ボディ表面の頑丈さにも驚かされるので、幅広い年代に人気がある車種になります。

新車での価格

新車での価格は、3,950,000円〜になります。

上記で紹介した3台と比較すると、比較的購入しやすい価格になります。

その上、リセールが非常に良いので購入して乗る分には、満足度が高い車種になります。

リセールバリュー・買取相場

こちらの車種のリセールバリューは、58.2%になっています。

購入しやすい価格になっていながら、リセールも非常に良いのでコスパがかなり良い車になります。

また、エクステリア・インテリアのデザイン性も非常におしゃれに作られているので、誰でも購入しやすい車になります。

向いている人

外車ならではの特有な雰囲気を味わいたい方は、こちらの車種がおすすめです。

MINIの大きな特徴は、女性ウケする非常におしゃれなデザイン性にあります。

MINIに憧れる女性は、かなり増えており若い方でも購入する方が多くいます。

コンパクトかつおしゃれということで女性にとっては非常に嬉しいスペックが、たくさん詰まった車種に仕上がっているからです。

新車だけでなく、中古車でも探す方が多くいることからリセールが高くなっていると考えられます。

プジョー 3008

車種名 プジョー 3008
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,450 mm x 全幅 1,840 mm x 全高 1,630 mm
燃費 14.5km/L〜
新車価格 3,976,000円〜
5年落ちリセールバリュー 57.9%
  • 外車ならではのおしゃれさが詰まったSUV車
  • 外車でありながら、コスパが良い車種
  • 免許取り立ての方でも乗りやすいボディサイズ

特徴

フランスで展開されているプジョーのSUVタイプ 3008になります。

ドイツ車やアメ車とはまた違ったデザイン性になっているのが、フランス車の特徴でもあります。

また、燃費が非常に良いのもポイントの1つです。

外車は、維持費がかかる印象がありますが、プジョーはあまり維持費がかかりません。

コスパ良く車に乗ることが出来るので、非常に人気のある車メーカーにあります。

新車での価格

新車での価格は、3,976,000円〜になります。

他メーカーの外車SUVになるとこの価格では購入することができないので、非常にコスパが良い車種になります。

また、リセールも良いことから全体的に費用がかからない維持しやすい車になります。

リセールバリュー・買取相場

3008のリセールは、57.9%になります。

車両本体価格が安い上に、これだけ高いリセールになると乗りやすいSUVという印象があります。

おしゃれなフランス車は、中古車市場でもかなり人気があります。

SUVのボディタイプであることから、若い年代でも乗る方が多くいるので非常に乗りやすい外車になります。

向いている人

こちらの車種は、おしゃれなSUVに乗りたい若い方におすすめです。

車両本体価格を見て分かる通り、非常に購入しやすい価格になっています。

また、リセールも良いことから無駄な維持費がかかることなく余裕を持って乗ることができます。

外車に乗ることによって、外車の魅力を感じることが出来るので若い方にかなりおすすめする車種になります。

リセールバリューが高い外車をディーラーで購入した方が良い理由

リセールバリューが高い外車は、ディーラーで購入した方が絶対に良いです。

その理由は、2つあります。

  • 十分にメンテナンスされた車種に乗ることができる
  • 新しい車の情報を把握することができる

十分にメンテナンスされた車種に乗ることができる

まず一つ目の理由としては、十分にメンテナンスされた車種に乗ることが出来るからです。

ディーラーで取り扱っている車は、とにかく品質が非常に高いです。

新車は、問題ないですが中古車になると品質の良い・悪いで判断する必要があります。

いくらリセールの良い車を購入しても故障が多かったら、売却する際は安い価格になってしまいます。

一般駐車店での品質はいくら問題ないと言っても、ディーラーには劣ります。

故障して修理代がかなりかかってしまうのであれば、ディーラーで高品質の車種を購入した方がコスパ良く乗ることが出来るので、リセールが良い外車を購入する場合はディーラーで購入するようにしましょう。

新しい車の情報を把握することができる

ディーラーで購入すると、新しい車の情報を担当の方から聞き出すことができます。

ネットではまだ出回らないような情報まで聞くことが可能になります。

自分が乗っている車のマイナーチェンジやフルモデルチェンジの最新情報を聞き出すことによって、乗っている車の売却するタイミングを決めることができます。

新しいモデルがデビューされた後に売却してしまうと、リセールがガタ落ちします。

今回紹介したような車種でも、新しいモデルが発売されればリセールがガタ落ちしてしまいます。

リセールが高いうちに売却するのであれば、常に最新情報を把握しておく必要があります。

最新情報を把握することによって、リセールが高いうちに売却することが出来るので、リセールが高い車を購入する際は、ディーラーで購入するようにしましょう。

車の乗り換えを少しでも考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。