レクサス

【レクサスの狙い】コンパクトSUVレクサスUXを開発した理由徹底解説!

  • レクサスのコンパクトSUV『UX』はなんで発売されたの?
  • レクサスUXにあまり魅力を感じない
  • レクサスの発売した狙いが知りたい

今回はこんな意見に答えていきます。

レクサスで発売され人気を誇っているコンパクトSUV『UX200/250h』ですが、2018年11月下旬に発売されてから約1年1ヶ月経過します。

こちらの車種は、「かなり運転しやすい」「購入しやすい価格」と良い口コミを聞く一方で「なぜ発売したのかわからない」「車内が狭くて窮屈」といった批判する口コミもよく聞きます。

そんな『レクサスUX』がどんな狙いをもって発売されたのか解説していきます。

UX200/250hを開発した狙い

  • 流行しているコンパクトSUV
  • 女性にも優しい車種開発
  • SUVでもお手頃な価格設定へ 

大きく分けて3つの狙いがあると考えられます。1つずつみていきましょう。

流行しているコンパクトSUV

現代の自動車界ではコンパクトSUVが大流行しています。

ユーザーからもかなり人気で、需要が非常に高まってきていますね。例を出すならば以下の車種が挙げられます。

◎人気コンパクトSUV◎

  • 1位 トヨタ CH-R
  • 2位 ホンダ ヴェゼル
  • 3位 日産 ジューク

これらの車は普段道路を走行している際も見る機会が多いのではないでしょうか。コンパクトSUVが人気の理由としては、「運転しやすい」「価格がお手頃」などユーザーのニーズに合わせて開発されているからです。

そんなコンパクトSUVの流行に乗る為にレクサスもコンパクトな『UX200/250h』を発売しました。

他社のコンパクトSUVと差別化する為にフロントをレクサスならではのスピンドルグリルにし、内装は高級感があるのはもちろん、一つ一つが丁寧に作られているデザインになっています。

コンパクトSUVを発売することで女性からの人気も増加したようです。 

女性にも優しい車種開発

エクステリア、インテリアを見ても女性に優しい車に仕上がっていますね。

UXが発売される前までは、レクサス車の一番小さいタイプのSUVは『NX300/300h』でした。

こちらのボディサイズは全長4,640mmx全幅1,845mmx全高1,645mmと女性が運転するには少し大きいサイズになってしまい、あまり購入する女性は少なかったとのことです。

そこでUX200/250hとNX300/300hを比較してみましょう。

ボディサイズ 全長 全幅 全高
UX200/250h 4,495mm 1,840mm 1,540mm
NX300/300h 4,640mm 1,845mm 1,645mm
できるだけかなりコンパクトにすることで女性にも親近感が湧き、購入する方が増えてきた傾向にあります。男性だけでなく、女性のユーザーを増やす狙いですね。

SUVでもお手頃な価格設定へ

レクサスの狙いは『車両価格が安くする』という点です。

上記で紹介した、トヨタやホンダ、日産のコンパクトSUVは300万円あれば余裕で購入できます。

「じゃあレクサスUXも同じくらいの価格?」と思う方もいると思いますがそれは違います。いくらお手頃にすると言ってもレクサスは国産高級ブランドの位置付けで販売しているので、他ディーラーの車と差別化する必要があります。しかし、少し価格が高いが、走行性やボディのコーティング、高級感は他のコンパクトSUVとは比べ物にならないくらいレベルが高い仕上がりになっています。

UX200/250hの価格は以下の通りです。

標準グレード 397.2万円〜
Version C 421.7万円〜
F SPORT 451.2万円〜
Version L 482.8万円〜

他のレクサス車と比べるとかなり安い価格設定になっていますね。

UX200/250hのネックな部分

  • 後部座席が窮屈
  • ラゲッジルームが狭い
  • シートの質感が残念

悪い部分があるからこそ辛口の口コミも寄せられるのですね。口コミからの意見と個人の意見を組み合わせた結果2つのネックな部分がありました。

1つずつ解説していきます。

後部座席が窮屈

非常に後部座席が狭いです。

成人の男性が乗車しても前席との距離は拳が一個分くらいしかスペースがないようです。スリムな女性が乗車する分には5人乗っても全然窮屈に感じませんが、体格が大きい男性が後部座席に乗る際は窮屈というのを頭に入れた上で乗車した方が良さそうです。

ラゲッジルームが狭い

ラゲッジルームがかなり狭いです。

リアゲートを開けたらびっくりしましたが、ラゲッジフロアが非常に高い作りになっています。ラゲッジ容量は220リッターです。ちなみに同じコンパクトSUVである『トヨタ CH-R』は318リッターとかなり差があることがわかります。ラゲッジルームの容量でみるならば『トヨタ CH-R』を購入した方がお得です。

ラゲッジフロアが高いことで開口部と同じ高さになっているので、荷物の出し入れはかなりしやすいので使い勝手は良いと思います。

シートの質感が残念

標準グレードだけに言えることですが、シートがかなり安っぽいデザインになっています。

レクサスの良さでもある高級感が失われている気がします。動画内にもありますが、座席のシートの質が『トヨタ カローラ』とほとんど一緒なのです。非常にがっかりですね。インテリアの高級感を味わいたいという方でしたら『Version Lグレード』を購入することをオススメします。『Version Lグレード』では座席シートが本革仕様になっているので非常に高級感を味わうことができます。

購入するなら認定中古車

  • 新車同様に高品質
  • 発売してから1年も経っていない
  • レクサスオーナーズカードが貰える

新車同様に高品質

レクサスの認定中古車は新車同様に高品質です。

中古のレクサス車を購入するなら認定中古車1択ですね。一般中古車販売店で購入してしまうと、必ず購入後すぐに故障します。レクサスは高級である以上、技術が高い整備士が点検を行わないとすぐに故障してしまいます。一般中古車販売店と比べてレクサスでは技術が非常に高い整備士が毎日欠かさず点検を行い、納車前にも数多くある点検項目を一つずつ丁寧に行っているので故障するリスクがかなり低いです。

↓レクサス認定中古車に関する記事はこちら↓

【レクサス乗りが語る】レクサス認定中古車『CPO』のお得感が半端ない!!みなさん。こんにちは。 今回は高級国産車『レクサス』が展開する 【レクサス認定中古車 CPO】 についての記事になりま...

発売してから1年しか経ってない

レクサスUX200/250hは発売されてからまだ1年1ヶ月しか経っていません。

1年しか経っていない車種が認定中古車として販売されているのであれば、きっと1万kmも走行していないような状態の車ばかりです。外装・内装も傷が一切ない綺麗時な状態で販売されているので、認定中古車で購入するなら今ですね。

レクサスオーナーズカードが貰える

レクサスオーナーズカードが貰えます。これが一番のメリットですね。

レクサスオーナーズカード思っていると以下のような3つの特典があります。

  • レクサス所有者にしか見れないレクサスオーナーズラウンジ
  • 日本全国のレクサス店に無料で駐車できる
  • 高性能な無料洗車サービス(販売店によって異なる)

こんな豪華な特典を受けることができます。全て無料というのが最大の魅力ですね。他のメーカーでは経験できないようなサービスがたくさん受けることができるので認定中古車はかなりお得です。

↓レクサスオーナーズカードに関する記事はこちら↓

【レクサスオーナーズカードのヤバすぎる特典】レクサスオーナーズカードを徹底調査! レクサスオーナーズカードって何? どうやってもらうことができるの? 所持したらどういった特典があるの?  ...

認定中古車のオススメ店舗

認定中古車は全国のレクサス店舗で販売していますが、大半の中古車は外に展示されており、少し品質が落ちてしまいます。

しかし、認定中古車専門の建物があり、室内に何台も展示している店舗が2店舗だけ存在します。外で展示しておくよりも品質が非常に良いので認定中古車を購入する際は、この2店舗で購入することをオススメします。

◎レクサス郡山◎

住所 〒963-8834 福島県郡山市図景一丁目1番1号
TEL 024-927-7177
定休日 毎週火曜日
営業時間 10:00〜18:30

↓ホームページはこちら↓
https://lexus.jp/lexus-dealer/dc/info/22653.html

◎レクサス豊中◎

住所 〒561-0854 大阪府豊中市稲津町2-4-3
TEL 06-6867-1388
定休日 毎週火曜日
営業時間 10:00~18:00

↓ホームページはこちら↓
https://lexus.jp/lexus-dealer/dc/info/25352

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。