車のお役立ち情報

車のオイルランプが点いたり消えたりする原因はオイル残量が少ない可能性が高い!対策を紹介!

オイルランプ
  • 車のオイルランプが点灯している方
  • 車のオイルランプが点灯する原因を知りたい方
  • 車のオイルランプが点灯しないための対策を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

車のメーター内には、エンジンの油圧低下を知らせるオイルランプが存在します。

オイル系の部分で何かしらの不具合が発生すると点灯するランプとなります。

そんなオイルランプですが、点いたり消えたりする事象が発生することがあります。

エンジン始動後点灯していたものの、走行しているうちに消えているなんてことが発生します。

時間が経てば消えるため、そのままにしてしまう方も多くいらっしゃいます。

オイルランプの部分では、なぜこういった部分で発生しているのでしょうか。

今回は、オイルランプで発生するこのような事象について深掘りしていきます。

原因を紹介した後に、対処法なども紹介しますのでこのような事象が起きたことがある方はぜひ参考にしてください。

また、起きたことがない方でも今後発生する可能性があるため、事前に情報として理解しておくようにしましょう。

オイルランプが点いたり消えたりする原因

まず初めに、オイルランプが点いたり消えたりする原因を紹介していきます。

このような事象が発生した場合は、下記のようなことが考えられます。

  • アクセル・ブレーキを踏むことでのオイル揺れによる点滅
  • エンジンの回転が上がることによる点滅

アクセル・ブレーキを踏むことでのオイル揺れによる点滅

アクセルとブレーキ

オイルランプが点いたり消えたりする原因として、1つ目はアクセル・ブレーキを踏むことでのオイル揺れによる点滅という内容です。

エンジン始動時は点いていなかったのに、アクセル・ブレーキを踏んで走行した途端点滅し出したなんてことが発生します。

これは、走行することでのオイルの水面が揺れることで起きる点滅になります。

そもそも、オイルランプが点いたり消えたりする際はオイルの残量が少なくなってきている状態です。

そのため、少しでも水面が揺れるとオイルが片方に集まってしまいオイルが吸い上げられないという状況になります。

しかし、停車したり安定した走行を続けているとオイルランプが消えるためとりあえずは問題ありません。

ただし、オイル残量が少なくなってきていることには変わりありません。

このような状況になった場合は、すぐにでも下記で紹介する対応をするようにしましょう。

エンジンの回転が上がることによる点滅

続いては、エンジンの回転が上がることによる点滅になります。

エンジンオイルは、エンジンの回転数が上がった瞬間に大きのオイルが循環する仕組みになっております。

ただし、オイル残量がたくさんあってもオイルランプが点滅する可能性があります。

このような場合は、油圧経路に問題がある可能性があります。

油圧経路が詰まっている場合でも、このような事象が発生しますので注意が必要です。

このような故障という場合は、ディーラーやガソリンスタンドなどで点検してもらった方が確実です。

オイルランプが点滅した場合は、すぐにでも点検してもらうようにしましょう。

オイルランプが点いたり消えたりした際の対処法

次に、このような事象が発生した際の対処法を紹介していきます。

通常とは異なった状態になっているため、そのまま放置してしまう方もいらっしゃるかと思います。

しかし、すぐに対処しないといきなり車が動かなくなるなんてことにも繋がりかねません。

このような事象が発生した際は、すぐに対処するようにしましょう。

  • 停車した際にオイルランプが点くか確認
  • ディーラー・ガソリンスタンドでオイル交換を実施
  • 補充しても点いたり消えたりする場合は点検実施

停車した際にオイルランプが点くか確認

オイルランプが点いたり消えたりした際の対処法として、1つ目は停車した際にオイルランプが点くか確認するようにしましょう。

まずは、走行するのをやめて安全な場所に停車するようにしましょう。

点滅した状態で走行していると、走行中に車が止まる可能性があります。

車の停車だけで済めばまだ良いですが、車が炎上などした際は非常に危険です。

そのため、一度でも点滅が確認できたらすぐに停車してその状態でオイルランプ点くかを確認するようにしましょう

停車時に点いても消えても、異常な状態には変わりないためすぐに車を点検してもらうようにしましょう。

ディーラー・ガソリンスタンドでオイル交換を実施

ガソスタ

続いては、ディーラー・ガソリンスタンドでオイル交換を実施という内容になります。

上記でも記載していますが、オイルランプが点いたり消えたりした場合はすぐにでもオイル交換を実施するようにしましょう。

エンジン始動時は点いていたものの、時間が経つと消える場合もあります。

しかし、オイル残量が少ないことには変わりありません。

オイル残量が少ないということは、異常な状態になります。

そのため、すぐにでもディーラーやガソリンスタンドなどでオイル交換をしてもらうようにしましょう。

上記以外のカー用品店などでもオイル交換をすることができます。

補充しても点いたり消えたりする場合は点検実施

続いては、補充しても点いたり消えたりする場合は点検実施という内容です。

オイルを交換してもオイルランプが点いたり消えたり繰り返す場合は、どこかが故障している可能性があります。

オイルランプは、オイルが吸い上げられない際に点灯するランプになります。

そのため、オイルが少ない以外の要因も考えられます。

仮にオイルが吸い上げられないと状態の際は、非常に危険な状態です。

エンジンが焼き付く可能性もありますので、すぐにでも点検してみてもらうようにしましょう。

 オイルランプが点いたまま走った際の影響

そもそもオイルランプが点灯した場合、どのような影響があるのでしょうか。

そのまま放置しておくと、危険な状態になる可能性もありますので注意が必要です。

  • エンジンが焼き付いてしまう
  • 異音・ノッキングが発生する

エンジンが焼き付いてしまう

オイルランプが点いたまま走行すると、エンジンが焼き付いてしまいます。

オイルを吸い上げられない状態で走行していると、潤滑や冷却不足によりエンジンが焼き付いてしまいます。

エンジンが焼き付くと、下記のようなことが起こる可能性があります。

  • エンジンの焼き付き
  • エンジンの焼き付きによる車両火災
  • エンジン交換による高額な修理費用の発生

このような影響があります。

どれも非常に危険な事態になります。

また、エンジン丸々交換となりますので高額な修理費用も発生します。

そのため、オイルランプが点灯した際はすぐに車を見てもらうようにしましょう。

異音・ノッキングが発生する

続いては、異音・ノッキングが発生するという内容になります。

オイルランプが点灯した状態で走行していると、異音やノッキングが発生します。

ノッキングとは、下記のような内容になります。

◉ノッキングとは…??◉

エンジン内に本来とは異なるタイミングで混合気が発火し、エンジン内部の燃焼サイクルに異常が生じている場合に聞こえる音のこと。

ノッキングとは、上記のようなことを指します。

車を走行させていると、「カラカラ」や「カリカリ」といった異音が発生します。

このような異音が発生した場合は、ノッキングが発生している可能性が非常に高いです。

ノッキングが発生していると、エンジンオイルが漏れ出している可能性があります。

そうなると、エンジン故障に繋がるため注意が必要です。

オイルランプが点いたり消えたりしないための対策

次に、オイルランプが点灯しないための対策を紹介していきます。

しっかり車をメンテナンスしておけば、このような事象も発生することはありません。

走行中に止まってしまうなんてこともないので、安心して乗ることができます。

より安心・安全な状態で車に乗るために、下記のようなことを実施して未然防止するようにしましょう。

  • 定期的なメンテナンスの実施
  • エンジンオイルを半年毎に実施

定期的なメンテナンスの実施

オイルランプが点いたり消えたりしないための対策として、1つ目は定期的なメンテナンスの実施です。

常に、オイル残量のチェックや故障がないかとチェックする必要があります。

しかし、素人目では異常な状態なのかどうかは分かりません。

そのため、ディーラーなどの定期メンテナンスで見てもらう必要があります。

定期的に車の状態を見てもらえれば、まず異常な状態になることはありません。

仮に、オイル残量が少なくなってきた場合はすぐに交換してもらえます。

車を異常な状態にしないためには、有識者による定期メンテナンスが一番安全です。

エンジンオイルを半年毎に実施

オイル交換

続いては、エンジンオイルを半年毎に実施という内容です。

車を購入する場所によっては、定期的なメンテナンスが実施できないこともあります。

そのような方は、自分で管理する必要があります。

もちろん、エンジンルームの部品が正常な状態なのか確認することは正直難しいです。

しかし、オイル交換であれば管理することが可能です。

そのような方は、決まった周期でのオイル交換をしっかり管理するようにしましょう。

オイル交換の適した周期は、下記の通りになります。

  • 走行距離で見るのであれば3,000km~5,000kmで交換実施
  • 期間で見るのであれば3ヶ月~6ヶ月で交換実施

車の定期メンテナンスなどを実施できない方は、最低限オイル交換を実施するようにしましょう。

実際にオイルランプが点いたり消えたりした方の口コミ

最後に、このような事象を実際に経験した方の口コミを紹介していきます。

  • オイルランプが点滅している
  • 走行距離が短くても点いたり消えたりする
  • 点いたり消えたりしてるためすぐにオイル交換

オイルランプが点滅している

口コミの1つ目は、オイルランプが点滅しているという内容です。

こちらの動画を見て頂くと分かるように、オイルランプが点滅していることがよく分かります。

このような状態になった場合は、異常な状態です。

すぐにでも車の点検やオイル交換を実施するようにしましょう。

走行距離が短くても点いたり消えたりする

続いては、走行距離が短くても点いたり消えたりするという内容になります。

こちらの方は、オイル交換実施後2,500kmほどした走行していませんが既にオイルランプが点灯したようです。

走行距離で見るのであれば目安が3,000km~5,000kmですが、2,500kmほどでも点灯することがあるようです。

オイルランプの減り方は、車によっても異なります。

上記の走行距離があくまで目安になるため、点灯した際はすぐにオイル交換を実施するようにしましょう。

点いたり消えたりしてるためすぐにオイル交換

続いては、点いたり消えたりしているためすぐにオイル交換実施という口コミです。

こちらの方は、オイルランプが点いたり消えたりしていたためすぐにオイル交換を実施したようです。

車への影響が出る前にすぐに交換しているため、車への影響はないかと思います。

何度も記載していますが、オイルランプ点いたり消えたりする場合はすぐにでもオイル交換するようにしましょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
所有車:スズキ ハスラー・レクサス RX300・トヨタ アルファード レクサスの購入をきっかけにブログを開設。 車をお得に購入するコツや後悔しないための車の買い方などの情報を発信。 車の購入する上で、参考にして頂ければ幸いです。