車用品

【失敗しない】車をマッドブラック塗装する方法は?メリット・デメリットを紹介!

  • 愛車にマッドブラックの塗装がしたい!
  • マッドブラックの塗装のやり方がわからない。
  • 失敗しないやり方を知りたい。

今回はこんな意見に答えていきます。

愛車のボディを塗装し、よりかっこいい車に仕上げたいですよね。しかし、どんな色に塗装すれば良いのか、どんな方法で塗装すれば良いのかわからない方が多いのではないでしょうか。

そんな方へオススメするのがマッドブラックです。

マッドブラックはどんな車種にも似合う色になっており、この色に塗装することで塗装前よりもかなりかっこいい車に仕上げることができます。

また、今回は絶対に失敗しない簡単な塗装方法についても詳しく解説するので、是非参考にしてください。

車のマッドブラックとは?

マッドブラックとは、最近一部の高級外車でも取り入れている大人気のカラーである。

マッドブラックは、ただの艶のある黒色ではありません。よく間違ったイメージをしてしまう方が多くいるので、マッドブラックの特徴はしっかり押さえておきましょう。

別名『艶消しボディ』とも呼ばれ、艶感のない黒色がマッドブラックです。艶がない分他の車両とは一味違い、とても存在感があり、どの車にも負けない迫力のあるカラーです。

通常の塗料とは違い、塗装面が凹凸になるのが特徴なので、その凹凸が光をいろんな方向に反射させ艶のない色を表現しています。また、ボディを触るとザラザラした表面状態になります。

塗装するメリット

メリットとしては一つです。それは、他車両と比べて異彩の雰囲気を醸し出し非常にかっこいい車に仕上がります。

艶感のない黒色に仕上がるので、重厚感と存在感が増し、どんな車でも高級車に生まれ変わることができます。特にスポーツカーをマッドブラックにするとかなりかっこいいです。

現在では、スポーツカーといえば、派手な色が主流となっていますが、そこをあえてマッドブラックにすることで、高級感がさらに増します。

塗装するデメリット

デメリットとしては2つあります。

  • 塗装面に汚れがつきやすい
  • 塗装後の手入れが大変

一つずつ詳しく説明していきます。

塗装面に汚れがつきやすい

凹凸した表面になるため、汚れがつきやすい表面状態になります。

凹凸した表面部分に汚れが入り込むようについてしまうため、汚れがつきやすいかつ落ちにくいと最悪な状態になります。

通常のボディ状態では気にしなかった黄砂や埃に関しても同様につきやすくなるので、非常に目立ってしまいます。

綺麗で重圧感があるかっこいいボディが台無しになってしまうので、普段から車の手入れをしっかりし、汚れがついた際はすぐに手洗いで落とすようにしましょう。しっかり手入れすることで今までよりも愛着の湧く1台になります。

塗装後の手入れが大変

2つ目は塗装後の手入れが非常に大変です。

マッドブラックに塗装したボディの洗車方法として洗車機に入れるのは絶対にNGです。また、塗装した上からワックスを塗るのもいけないので絶対に塗らないようにしてください。

洗車機での洗車はダメなので、そうなると洗車方法としては手洗いしかありません。

汚れが付着した際は、毎回大量の水で優しく手洗いするようになるので、かなり大変です。時間をかけ丁寧に手入れをしましょう。

簡単なマッドブラックの塗装方法!

本来自分でマッドブラックに塗装するとなるとかなりの種類の材料と高額の費用がかかります。そこで今回は、誰でもマッドブラックにできる方法について紹介していきます。

この記事通りに施工すれば満足するマッドブラック仕様に仕上げることができます。

カーラッピング塗装

1つ目に紹介するのが『カーラッピング塗装』です。

カーラッピングとは?
フィルムを車両全体に貼り、車体のデザインを変える方法。

マッドブラックのカラーをしたフィルムを車の全体に貼り付けることで、マッドブラック仕様にすることができます。ここ最近でカーラッピング塗装をする方が急増してきており、街中ではマッドブラックに限らず様々なカラーの車をよく見かけます。

また、ユーチューバーとして活躍している登録者数100万人超えの『ラファエルさん』もこのカーラッピングでマッドブラック仕様にしています。

ラファエルさんが所有しているイタリアの高級車『ランボルギーニ ウラカン』はもともとのカラーはオレンジ色でした。それをマッドブラックのカーラッピングをしたことで印象をガラリと変化させました。

↓大人気ユーチューバーラファエルさんの愛車についてはこちら↓

【金持ちユーチューバー】ラファエルさんの自慢できる愛車『ランボルギーニ ウラカン』みなさん。こんにちは。 今回は、小学生・中学生のなりたい職業ランキングで上位にランクインしている 【ユーチューバーであるラフ...

カーラッピング塗装のメリット

カーラッピングのメリットは、いつでも簡単にボディカラーを変えることができます。

スプレー塗装などと違い、カーラッピングはただボディの上からラッピングを貼り付けているだけなので、マッドブラックに飽きてしまった際、そのラッピングを剥がせば元のカラーに戻すことができます。

着せ替え感覚で楽しむことができるので、気軽にマッドブラック塗装を楽しむことができます。

また、走行中についてしまう飛び石などの傷に関してもフィルムがしっかりボディを覆っているのでボディ自体に傷がつくことがありません。カーラッピングはボディを保護する役割も果たします。

カーラッピング塗装のデメリット

カーラッピング塗装は、1台フルラッピングすることでかなり高額の料金がかかります。ラッピング専門店によって価格は異なりますが、車種別で表すと以下の料金はかかります。

軽自動車 230,000〜
コンパクトハッチバック 297,000〜
クーペ・セダン 343,000〜
ステーションワゴン 438,000〜
ミニバン・SUV 425,000〜

全て20万円以上する料金になってきます。これでは、フルラッピングするのには覚悟と勇気が必要になります。カーラッピングは、しっかり見積もりを取った上で検討したほうが良いです。

ラッピングスプレー

もう一つの方法はラッピングスプレーです。こちらの方法は近年でも話題になっている塗装方法です。上記のカーラッピング塗装に比べて費用がかからず、誰でも簡単にマッドブラック仕様に仕上げることができます。

マッドブラックに仕上げるために使用するスプレーがこちらの『AZ ラバーペイント マッドブラック』です。

楽天で詳細を見る

商品名 AZ ラバーペイント マッドブラック
カラー マッドブラック
内容量 400ml(車のタイヤホイール1本分)
価格 税込591円
口コミ・評価
商品リンク AZ ラバーペイント ZEQUE 油性 RP-1 マットブラック 400ml/ラバースプレー/ラバーフィルムスプレー/塗ってはがせる塗料/液体フィルムスプレー/スプレーフィルム

ラバーペイントの特徴

特徴は大きく分けて2つあります。

  • 安価で購入することができる。
  • カーラッピングと同じで剥がすことができる

詳しく解説していきます。

安価で購入することができる

こちらのラバースプレーは安い価格で購入することができます。1本あたりの価格が税込591円です。こちらは1本で車のホイール1本分なので、車のサイズにもよりますが、フルラッピングするとなると、かなりの本数が必要になります。

最低10本は購入するようにしましょう。10本購入しても約6,000円で購入することができるので、カーラッピングと比べるとかなりお得ですね。

楽天で詳細を見る

カーラッピングと同じで剥がすことができる

カーラッピングと同じで、マッドブラックに飽きてしまった際、すぐに剥がすことができます。

このラバースプレーは、液体ゴムで作られている塗装スプレーなので、非常に剥がしやすい素材になっています。車のボディだけでなく、ホイールにも使用することができるので、スペックが高いスプレーです。

ラバースプレーの塗装方法

  1. 塗装面を綺麗にする
  2. マスキングテープを貼る
  3. ラバーペイントを吹きかける
  4. 乾燥→塗装 を繰り返す
  5. マスキングテープを剥がす

この順序で作業を行っていきます。作業順序ごとに説明していきます。また、動画でも塗装方法を確認することができるので是非チェックしてください。

①塗装面を綺麗にする

まず始めに塗装面をしっかり洗車しましょう。塗装面の汚れや水分、油分をしっかり除去してください。この際、シリコンリムーバーを使用することで、より綺麗に仕上げることができます。

楽天で詳細を見る

②マスキングテープを貼る

次に塗装しない面にマスキングテープを貼ってください。特にガラス部分やライト部分には付着しないように丁寧にマイキングテープを貼ってください。

③ラバーペイントを吹きかける

続いてラバーペイントを吹きつけます。自分が塗装したい面にスプレーを吹きつけてください。塗装した後は、5〜10分間乾燥させてください。

④乾燥→塗装 を繰り返す

乾燥させた後にもう一度塗装を行ってください。この作業を繰り返し、膜を厚くしてください。何度も重ね塗りを行うことで発色が良くなり、剥がす際も綺麗に剥がすことができます。

⑤マスキングテープを剥がす

最後に事前に貼ったマスキングテープを剥がします。ここで注意してもらいたいポイントは、剥がす際、塗装した面も一緒に剥がさないようにしてください。塗装後約4時間乾燥させ、乾燥状態を確認してください。季節や気温によっては感想が足りない場合があるので状態をしっかり確認してください。

マッドブラックでよりかっこいい愛車へ

ボディをマッドブラックにするのは、魅力的なメリットもありますがそれに対してデメリットもあります。

塗装後にしっかり手入れができる方でしたら、マッドブラックにしても問題がありません。塗装後のメンテナンスをしっかりすることで、よりかっこいい重圧感のある車を維持することができます。

現在では、カーラッピングの他にもラバースプレーによる塗装もすることができるので、誰でも簡単に自分の車の色を変化させることができます。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。