車用品

【愛車を大事にするなら読むべき】洗車機と手洗い洗車どちらがオススメ?

  • 洗車機と手洗い洗車どちらが良いかわからない
  • 洗車機は本当に傷がつくの?
  • 手洗い洗車のやり方がわからない 

今回はこんな質問に答えていきます。

私も全然クルマに興味がなかった時期に同じ質問を持っていました。

周りから言われるのは、「洗車機で洗うと傷がつくからやめた方がいい。」「手洗い洗車は面倒くさいから洗車機が良いよ。」といった方々が大勢おり、どちらを信じれば良いのか分からない状態でした。

こんな経験をされている方は自分以外にもたくさんいると思いますので、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

洗車機と手洗い洗車

すでに知っている方も多いとは思いますが、おさらいとして『洗車機と手洗い洗車』について説明していきます。

【洗車機】
自動車の洗浄を自動的に行う機械である。主にガソリンスタンドや自動車ディーラー、コイン洗車場などに設置されている。回転式ブラシや水を吹きかけるためのノズル、水滴を飛ばすためのノズルなどが備わっている。

【手洗い洗車】
カーシャンプーを含んだスポンジを使用し、車全体を手作業で洗うことである。泡を洗い流した後、拭きあげるまで全て手作業で行う。

洗車機のメリット・デメリット

洗車機を使用するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

早速みていきましょう。

メリット

  • かなり早い時間で終わる
  • 手洗い洗車に比べて圧倒的に労力が少ない

かなり早い時間で終わる

洗車機を利用している大半の方は『すぐに終わるから』が理由で利用しているのではないでしょうか。洗車機は自動で洗車してくれるのでただ乗ってるだけでかなり便利ですよね。

手洗い洗車に比べて圧倒的に労力が少ない

洗車機は圧倒的に手洗い洗車に比べて労力が少ないです。

手洗い洗車になるとスポンジでの汚れ落としから泡の落とし作業、拭き上げまで全て自分でやらなければいけません。

しかし、洗車機は洗車が完了したら最後に拭き上げをするだけでなのでかなり楽に洗車をすることができます。

デメリット

  • 傷がついてしまうことがある
  • 傷だけでなく壊れる可能性もある
  • 凹凸部分の細かい汚れが取れない
  • 手洗い洗車に比べると費用がかかる

傷がついてしまうことがある

こちらは洗車機に通す方全員が悩んでいる部分なのではないでしょうか。

洗車機を通すとたまに傷がつくことがあります。

洗車機を通すと傷がついてしまう噂はホントです。洗車機で使用しているブラシは専用のものを使用しているので、少しだけ硬い素材になっているようです。

しかし、現代の洗車機は進化し続けているため、昔ほど明らかな傷がつくことはほぼありません。

傷だけでなく壊れる可能性もある

なんと洗車機に通してパーツが壊れてしまった事例もあるそうです。

可能性なので必ずというわけではありませんが、洗車が終わった後にどこかのパーツが壊れてしまったらかなりショックを受けます。

ちょっと洗車機に通すのは控えた方が良いのかもしれません。

凹凸部分の細かい汚れが取れない

洗車機では凹凸のある細かい部分の汚れを落とすことができません。

こちらの動画をご覧ください。

洗車後の状態を見てもらうとわかります。
現代の洗車機レベルが上がってきているのは確かだが、まだ細かい部分まで汚れを落とすことは難しいようです。

手洗い洗車に比べると費用がかかる

洗車機は費用も発生します。

現在の洗車機ではスペックが語り高めな洗車機が登場し続けているので、それなりに金額も上がってきています。

オプションが高い洗車だと必ず1,000円以上するので金額の面でいえば、手洗い洗車の方がオススメです。

手洗い洗車のメリット・デメリット

メリット

  • 費用がほとんどかからない
  • 自分の気に入ったカーシャンプーを使用することができる
  • 細かい部分まで洗車することができる
  • 愛着が湧く

費用がほとんどかからない

本来かかるはずの洗車代がかかりません。

最初に用具を揃えるのには少し費用はかかりますが、1度揃えてしまえば費用がかからないようになります。洗車をする度に費用がかかってしまう洗車機と比べると手洗い洗車はかなりコスパが良いですね。

自分の気に入ったカーシャンプーを使用することができる

手洗い洗車なので自分が気に入ったものを使用することができます。

現在では手洗い洗車のカーシャンプーにまで拘っている方がたくさんおり、その使用するシャンプーによっても出来上がり方が変わってくるようです。

カーシャンプーだけでなく、洗車後のガラスコーティング剤も自分の好みで使用することができるので自分の納得のいく愛車に仕上げることができます。

↓オススメガラスコーティング剤はこちら↓

本格派車ガラスコーティング剤

細かい部分まで洗車することができる

もちろん手洗いなので、凹凸のある細かい部分まで洗車することができます。

上記にも記載したように、洗車機では細かい部分まで洗車することができません。

それに対して手洗い洗車は窪んでいる部分や凹凸部分、細かい部分まで徹底的に汚れを落としことができるので、洗車後はかなり納得のいくクルマに仕上がっています。

愛着が湧く

なんといってもこのメリットが一番重要です。

自動洗車機に頼らず、手洗い洗車をすることでさらに愛着が湧きます。
車は乗るためだけではなく、しっかりメンテナンスもしてあげないと長く乗り続けることは不可能です。内部のメンテナンスだけでなくボディのメンテナンスも自分の手で行うことで自分の車が今以上に好きになること間違いなしです。

また、手洗い洗車をすると走行時についてしまった傷や汚れにも気付くとこができるので、普段気にならない部分までみることができます。

デメリット

  • かなり労力がかかる
  • 洗う手順を間違えると逆効果になってしまう

かなり労力がかかる

手洗い洗車のデメリットとして、凄く時間がかかります。

洗車機ならば10分〜15分で終わるところ手洗い洗車だと1時間以上かかってしまうケースがあります。時間の部分を比較してしまうと大きな差が開いてしまいますよね。

洗う手順を間違えてしまうと逆効果になってしまう

手洗い洗車はある程度の知識がないと逆効果になってしまいます。

洗う手順、使用する用具、洗い方などを間違ってしまうと汚れが取れなかったり、傷がついてしまったりと車を痛めつけてしまう結果になるのでしっかり洗い方を理解した上で手洗い洗車を行った方が良いです。

手洗い洗車の効果的なやり方をまとめた記事がありますのでそちらを参考にしてください。

↓手洗い洗車の効果的なやり方はこちら↓

【すぐに実践できる洗車術】愛車をピカピカにして自慢のクルマへ 洗車ってどこから洗えば良いかわからない 手洗いはきれいになるけどかなり大変 水アカや虫の死骸などの効果的な洗い方...

自分の性格に合った洗車方法を選ぼう

【洗車機がオススメな方】

  • あまりクルマには興味がない方
  • 時間と労力を減らしたい方
  • 細かい汚れがあまり気にならない方

【手洗い洗車がオススメな方】

  • 細かい汚れまで落としたい方
  • 洗車機に払うお金が勿体無いと思う方
  • 自慢の愛車に仕上げたい方

自分の性格に合わせて洗車方法は決めていきましょう。

クルマに興味があり、細かい部分まで自分で綺麗にしたいという方は手洗い洗車がオススメです。
洗車に使う労力や時間が勿体無いと思う方ならば洗車機ですね。

また、交互に洗車を行うでも大丈夫です。
洗車機だけでは、フロントの段差部分や溝になっている部分など細かい汚れが取れない傾向があります。そこで手洗い洗車を挟むことで常に綺麗な状態を保つことが可能です。

自分がどちらのタイプに属するかしっかり考えた上で洗車方法を選んだ方が良いです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、『洗車機と手洗い洗車どちらが良いか』についての記事でした。

それぞれにメリット・デメリットが存在し、人によってどちらが良いのかは変わってきますね。自分の車を大事にする方は絶対に手洗い洗車ですね。

現代では洗車だけではなく、自分でガラスコーティングすることも可能です。
ガラスコーティング剤を購入し、手順に沿ってガラスに塗るだけで洗車前とは違う輝きを放ちます。

自分に合った洗車方法でこれからも車を綺麗にしていきましょう。



ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。