レクサス

【現オーナーが語る】前期型レクサスNXを買って後悔したこと・欠点を紹介!

  • 前期型のNXを購入しようとしている方
  • 前期型のNXが気になっている方
  • どのモデルNXを購入しようか悩んでいる方

今回は、このような方にとっての記事になります。

レクサスから展開されているNXは、2014年にデビューしたSUVになります。

自分も数年前にレクサスの認定中古車で、前期型のレクサスNX300h”Version L”を購入しました。

今では、後期型・新型NXなどどんどん新しいモデルがデビューしている車になります。

デビューされてから数年経過している前期型のNXですが、現在も認定中古車などで販売されています。

今でもかなり人気のある車といった印象があります。

そんな自分も購入した前期型のNXですが、後悔点や不満点どこにあるのでしょうか。

今回は、前期型NXの後悔点について深掘りしていきます。

自分も数年前に購入し、長い期間乗っていることでオーナー視点からの内容も踏まえています。

現在、前期型のNXを検討している方や悩んでいる方は購入するための情報の1つとして持っておくようにしましょう。

↓『【画像あり】レクサスNXの車検(3年目)でかかった費用は186,914円!車検代の内訳・理由を紹介』についての記事はこちら↓

【画像あり】レクサスNXの車検(3年目)でかかった費用は186,914円!車検代の内訳・理由を紹介 レクサスNXの車検代が気になる方 NXの3年目の車検代が知りたい方 NXを所有している方 今回は、この...

外装から見る後悔したこと・欠点

まず初めに、外装から見る後悔して部分についてです。

前期型のレクサスNXを購入し、外装で後悔した部分はどの部分になるのでしょうか。

NXだけに関わらず、レクサス車の外装で後悔する方はかなり少ないです。

しかし、自分の場合は型落ちの前期型を購入したことでいくつか後悔点がありました。

  • フロントデザインの迫力の無さ
  • リアガラスがすく汚れる

フロントデザインの迫力の無さ

外装から見る後悔点の1つ目は、フロントデザインの迫力の無さになります。

前期型と後期型・新型NXとの大きな違いは、フロントデザインになります。

新型NX

後期型や新型NXなどは、非常に細かく網目状のようなデザイン性になっています。

レクサス特有のスピンドルグリルとも言います。

フロント

しかし、前期型のNXの場合は上記の写真のようなデザインになっています。

“F SPORT”であればスピンドルグリルになりますが、それ以外のグレードは全て上記のデザインになっています。

後期型・新型NXと前期型を比較すると、やはり迫力さに欠けてしまっています。

実際にすれ違った際もかなり実感する内容です。

個人的には、圧倒的な迫力があった方がかっこいいと感じるので、前期型のデザインだと後悔した部分になります。

NXの外装に圧倒的な迫力を求めている方は、後期型か新型NXにした方が良いと考えます。

リアガラスがすぐ汚れる

リアガラス

続いての内容は、リアガラスがすぐ汚れるという内容になります。

何度も洗車をしても、次の日には黄砂などがついている傾向にあります。

これは、SUVならではの悩む部分になります。

SUVのリアガラスは見てもらうと分かるように、斜めになっています。

斜めになっていることによって、ミニバンなどの垂直なリアガラスよりも黄砂や汚れが付きやすいデザインになっています。

そのため、外に放置してしまっているリアガラスには汚れが蓄積されてしまいます。

自分もNXを購入して、初めて気づいた部分になります。

何度洗車をしてもリアガラスだけはすぐに汚れてしまうので、維持する上ではかなり気になる部分になります。

内装から見る後悔したこと・欠点

次に、レクサスNXの内装から見る後悔点になります。

外装だけでなく、内装部分でも気になる点がいくつかあります。

NXを購入したことがある方しかわからない後悔点もいくつかあるので、紹介していきます。

これからNXを購入しようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

  • ナビの操作がしにくい
  • 後部座席は窮屈感を感じる
  • 本革シートのシワが目立つ
  • 座席シートの穴にゴミが入り込む

ナビの操作がしにくい

ナビ操作

内装から見る後悔点の1つ目は、ナビの操作がしにくいという内容になります。

レクサスNXのナビ操作は、タッチパネル式ではありません。

マウスパットが備わっており、そこでパソコンのように操作する方式になっています。

購入前はかなりかっこいいという印象がありましたが、実際に使用してみるとかなり使いづらいです。

初めて使用する方は、慣れるのに時間がかかります。

主に、以下のような部分で使いづらさを感じます。

  • 目的地の入力に時間がかかる
  • オーディオを変えるのに時間がかかる
  • 先の道を調べるのに時間がかかる

このような部分で使いづらさを感じてしまいます。

しかし、マウスパットでのメリットもあります。

  • ナビ画面が指紋で汚れない
  • 見た目はかなりかっこいい
  • 他の車と差別化されている

この点は、人によっても満足度が変わってきます。

現車を確認できる方は、購入前にどんな感じかをしっかりチェックするようにしましょう。

後部座席は窮屈感を感じる

続いての内容は、後部座席に窮屈感を感じるという内容になります。

NXの後部座席は、狭いという印象は特にありません。

窮屈

しかし、常に広い車に乗っている方にとっては窮屈感を感じる可能性があります。

また、大柄な男性が5名乗り込むのはほぼ不可能と言っていいでしょう。

後部座席に3名乗り込むのは、かなり窮屈感を感じてしまいます。

女性の方であればぎりぎり乗り込むことができますが、それでも窮屈感は感じます。

5名で長距離走行するのは、できるだけ避けた方が良いと考えます。

大人数を頻繁に乗せる方は、NXよりも後部座席が広いRXの方が満足度が高いと考えます。

本革シートのシワが目立つ

シワ

続いての内容は、本革シートのシワが目立つという内容になります。

長い期間乗っていると、本革シートのシワが目立ってきてしまいます。

自分のNXは、2014年式になりますが既に上記ほどのシワが付いてしまっています。

新品の状態と比較すると、かなりシワが目立ってしまっています。

本革シート仕様になっているグレードに乗る方は、座席シートのシワは覚悟した方が良いと考えます。

しかし、しっかり手入れすることでシワを防ぐこともできます。

できるだけ綺麗な状態で乗り続けたい方は、本革の手入れなどもするようにしましょう。

座席シートの穴にゴミが入り込む

続いての内容は、座席シートの穴にゴミが入り込むという内容になります。

NXの座席シートは、以下のように座席シートに穴が空いているデザインになっています。

座席

これは、シートクーラーの風の吹き込み口になっています。

しかし、このようなデザインになっていることで、穴にゴミが入り込んでしまいます。

ごみ

この点については、購入前は全然気づきませんでした。

乗り続けるにつれて入り込むゴミも増えていくので、かなり気になってしまいます。

ほとんど取り除くことができるゴミもありますが、中には取ることができないゴミもあります。

自分の場合も2つほど取り除けないゴミが入り込んでいます。

この点についても購入後必ず気になる部分になるので、購入前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

収納スペースから見る後悔したこと・欠点

続いての内容は、収納スペースから見る後悔した部分になります。

車にとって、収納スペースもかなり重要になります。

収納スペースが少ないと、車の実用性などにも関わってきます。

収納スペースから見る後悔点は、どのような内容があるのでしょうか。

  • ドリンクホルダーのペットボトルが取りにくい
  • 紙パックなどの飲み物が置けない
  • 4人乗るとバックなどの置き場がなくなる

ドリンクホルダーのペットボトルが取りにくい

取りにくい

収納スペースから見る後悔点の1つ目は、ドリンクホルダーのペットボトルが取りにくいという内容になります。

前期型のNXのドリンクホルダーは、前後に並んでいるデザインになります。

見た目はスタイリッシュになっていますが、実用性の面では不満があります。

1本しか置かない場合は、あまり不便さを感じません。

しかし、2本置いた時は前のペットボトル取りにくくなります。

後ろのペットボトルが邪魔してしまい、場合によってはこぼしてしまう可能性もあります。

これが、セブンコーヒーのような底が低くなってしまう飲み物は、さらに取りにくくなってしまいます。

この点についても、購入前にしっかりチェックするようにしましょう。

紙パックなどの飲み物が置けない

続いての内容は、紙パックなどの飲み物が置けないという内容になります。

こちらもドリンクホルダー関連の内容になります。

ドリンクホルダーが丸のデザインになっているので、四角の紙パックの飲み物は置くことができません。

小さいのであれば置けますが、不安定になってしまいます。

走行中にこぼれてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

ドリンクホルダーに関しては、多数の後悔点があるので注意が必要です。

4人乗るとバックなどの置き場がなくなる

続いての内容は、4人乗るとバックなどの置き場がなくなるという内容になります。

ミニバンやコンパクトカーなどであれば、人が乗り込んでも足元などに荷物を乗せることができます。

しかし、NXの場合は4人乗り込んでしまうとバックを置くスペースがなくなってしまいます。

人が多数乗り込むことによって、バックの置き場にも困ってしまいます。

こうなった場合は、トランクに荷物を積むしか方法がありません。

トランクに積むと、走行中に取りにくくなるというデメリットもあります。

この部分でも不便さを感じてしまいます。

運転しやすさから見る後悔したこと・欠点

次に、運転のしやすさから見る後悔した部分になります。

レクサスNXは一見運転しやすそうに見えますが、人によっては運転しにくく感じる場合があります。

SUVのボディタイプであることで、SUVならではの運転しにくさがあります。

一体どのような部分で後悔したのでしょうか。

レクサスNXの運転面で心配している方は、ぜひ参考にしてください。

  • フロントの長さに慣れる必要がある
  • 小回りが効かない

フロントの長さに慣れる必要がある

フロント

運転のしやすさから見る後悔点の1つ目は、フロントの長さに慣れる必要があるという内容になります。

NXは、フロント部分が少し長いデザイン性になっています。

運転席に乗ると、フロントの先端が見えなくなってしまいます。

そのため、感覚で運転する必要があります。

しかし、この感覚については慣れるしか方法がありません。

一般道を走行する分には問題ありませんが、狭い場所を運転する時は要注意です。

この部分には、慣れるしか方法がありません。

運転を重ね、まずはフロントの長さの感覚を掴むようにしましょう。

小回りが効かない

小回り

続いての内容は、小回りが効かないという内容になります。

NXを運転して初めて気づいた部分になります。

SUVタイプということもあり、小回りはあまり効きません。

自分の場合、NX購入前は軽自動車に乗っていたので、なおさら感じてしまいます。

NXの小回りが効かないという部分については、実際に運転しなければチェックすることができません。

自分の感覚的に、ミニバンよりも小回りが効かない印象があります。

どのくらいの小回りになるのかは、しっかりチェックするようにしましょう。

また、できるだけ小回りが効く車に乗りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

車種やボディタイプによっても、小回りの度合いは異なるので事前に確認するようにしましょう。

↓『最小回転半径ランキング18選!小回りが効くのはルノー トゥインゴ・ワーストはマイバッハ!』についての記事はこちら↓

最小回転半径
最小回転半径ランキング18選!小回りが効くのはルノー トゥインゴ・ワーストはマイバッハ! 小回りの効く車に乗りたい方 小回りの効く車を探している方 運転がしやすい車に乗りたい方 今回は、このよ...

【前期型】レクサスNXを良い点

上記の部分まで、前期型のレクサスNXの後悔点を紹介してきました。

しかし、前期型のNXは後悔する部分だけではありません。

もちろん良い点や満足度が非常に高い部分もいくつかあります。

レクサス前期型に乗っていると、下記のようなコメントが寄せられることがあります。

  • 「型落ちのNXはダサすぎる。」
  • 「前期型のNXは乗る価値がない。」
  • 「前期型のNXはデザインが安っぽい。」

確かに、後期型や新型NXの方がデザイン性や高級感が格段に上がっています。

しかし、前期型も良い点はたくさんあります。

内容によっては、後期型よりも勝っている部分もあります。

前期型だからこその内容もあるので、ぜひ参考にして下さい。

  • コスパ良く乗ることができる
  • 型落ちとは思わせない高級感あるデザイン性
  • 街乗りには最適なサイズ感
  • 存在感のあるアナログ時計

コスパ良く乗ることができる

前期型のレクサスNXの良い点となる1つ目は、コスパ良く乗ることができるという内容になります。

前期型のNXは、あまり費用をかけずに乗ることができます。

前期型のNXは、初めてデビューされたのが2014年になります。

今では、既に8年経過している車になります。

また、後期型と新型NXまで展開されているので、前期型のNXは以前よりも安い価格で購入できます。

現在のレクサス認定中古車を見ても、価格帯が298万円〜となっています。

新車で購入すると600万円は余裕で超えてくる車です。

前期型ではありますが、万円で乗ることができるのはかなり魅力的と感じます。

初めてレクサスに乗る方や新車を購入する勇気がない方は、まず認定中古車をチェックしても良いかなと思います。

↓『【レクサスCPO】レクサス認定中古車のメリット5選。購入価格通り中古車の高品質に大満足。』についての記事はこちら↓

【レクサスCPO】レクサス認定中古車のメリット5選。購入価格通り中古車の高品質に大満足。 これからレクサスの認定中古車を購入する方 レクサス認定中古車を購入しようか迷っている方 レクサス認定中古車のメリ...

型落ちとは思わせない高級感あるデザイン性

高級感

続いての内容は、型落ちとは思わせない高級感のあるデザイン性という内容になります。

レクサスNXは、型落ちとは思えないほどの高級感のあるデザインになっています。

これには、レクサスだからこその理由があります。

それは、ボディ表面の塗装に工夫があります。

レクサスのボディ表面の塗装は、下記のような工夫がされています。

一般的な車が3つの行程を行うのに対して、レクサスは5コート層になる。
【下地】【中塗り】【上塗り】はもちろん【クリアコート】【発色させる層】さらに中研ぎをする工程をいれていき鏡のような塗装状態。

そのため、型落ちでもそんなに古臭さを感じないデザインになっています。

前期型でも十分に高級感を味わうことができます。

この点については、レクサスならではの特徴になります。

街乗りには最適なサイズ感

サイズ

続いての内容は、街乗りには最適なサイズ感という内容になります。

前期型NXは、街乗りでも十分に運転しやすいサイズ感になっています。

そんな前期型NXのボディサイズは、下記のようになります。

【前期型 レクサスNXのボディサイズ】
全長4640mm×全幅1845mm×全高1645mm

街乗りするには、最適なボディサイズになります。

小さすぎず大きすぎないことで、誰でも運転しやすいサイズ感になっています。

日常的の乗る場合でも、快適に運転することができます。

フロントの長さなどには慣れる必要がありますが、慣れてしまえば問題ありません。

存在感のあるアナログ時計

アナログ

続いての内容は、存在感のあるアナログ時計という内容になります。

個人的には、内装のデザインの中で一番好みな部分になります。

前期型のレクサスNXには、ナビの下の部分にアナログ時計が備わっています。

内装デザインの中でも一際目立つ部位になっており、特に夜になるとかっこよさが増すデザインになります。

新型NXになると、このデザインは廃止になっています。

アナログ時計がなくなってしまうことで、悲しんでいる方も多くいます。

それほど愛されているデザイン性になるので、この部分は前期型最大の特徴になります。

この部分に惚れ込んで購入する方も多くいるようです。

 【前期型】レクサスNXに向いている人

次に、前期型のレクサスNXに向いている人を紹介していきます。

前期型のNXに向いている人は、どのような方になるのでしょうか。

この部分は、是非購入前にしっかり押さえておきたい部分になります。

向いている人に1つでも当てはまった方は、前期型のレクサスNXに向いています。

購入するための情報の1つとして、購入前にチェックしておくようにしましょう。

  • コスパ良くNXに乗りたい方
  • 前期型のデザインが好みな方
  • レクサス車種に乗ったことがない方

コスパ良くNXに乗りたい方

前期型のレクサスNXに向いている方の1つ目は、コスパ良くNXに乗りたい方になります。

上記の良い点でも触れていますが、コスパ良くNXに乗りたい方は前期型のNXが非常にオススメです。

オススメする理由は、以下のような内容があります。

  • 古臭さを感じない
  • 認定中古車で多くのラインナップがある
  • 誰でも気軽に購入できる価格帯

このような理由があります。

特に、購入しやすい価格帯になっているのは重要なポイントになります。

一番安くて298万円〜になっているので、非常に購入しやすい価格になっています。

気軽にNXに乗ることができるので、非常に魅力的です。

前期型のデザインが好みな方

続いての内容は、前期型のデザインが好みな方になります。

前期型のNXは、後期型・新型NXとは異なるデザイン性になっています。

型落ちでダサいと言う方もいますが、部位ごとに見ると前期型の方がかっこいい部分もいくつかあります。

上記の部分で触れているアナログ時計もかっこいい部分の1つです。

車のデザインの好みは、人によって異なります。

前期型がかっこいいと言う方もいれば、後期型や新型NXの方が良いという方もいます。

重要なのは、自分が満足する車を購入できるかどうかです。

この点をよく考えながら、NXの購入を検討するようにしましょう。

レクサス車種に乗ったことがない方

レクサス

続いての内容は、レクサス車種に乗ったことがない方になります。

レクサスに乗りたいという方は、たくさんいらっしゃるはずです。

しかし、あまり購入に至っていない方が多いのも事実です。

そのような方は、以下のような思考になっていることがあります。

  • 「レクサスを購入しても、自分に似合うはずがない。。。」
  • 「購入しても維持できるか不安。」
  • 「周りの視線が気になってしまう。」

しかし、このような方でも前期型のNXは購入することができます。

前期型のNXは、レクサスの入門車とも言われています。

今までレクサスに乗ったことがない方にとっては、かなり乗りやすい車になります。

自分もレクサスNXに乗ったことで、レクサスの魅力に惹かれていきました。

他のレクサス車も乗ってみたいという気持ちになってのも事実です。

このように前期型のNXに乗ることで、レクサスの魅力に見惚れてしまいます。

それほどNXは満足度が高い車になっています。

 【前期型】レクサスNXに向いていない人

続いて、前期型のレクサスNXに向いていない人を紹介していきます。

車には、それぞれに向き・不向きがあります。

それぞれの車にどんな特徴があるのかによって、乗る人の満足度も変わってきます。

前期型のレクサスNXにも、向いていない人がいます。

その車に向いていない人が購入してしまうと、必ず購入後に後悔してしまいます。

そうならないためにも、購入前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

  • 型落ちの車には乗りたくない方
  • 迫力のある車に乗りたい方

型落ちの車には乗りたくない方

型落ち

前期型のレクサスNXが向いていない方の1つ目は、型落ちの車には乗りたくない方です。

型落ちの車に乗りたくない方は、前期型のNXは避けるようにしましょう。

人によっては、絶対に新車で購入するといった方もいます。

そのような方が、認定中古車で購入してしまうと後悔が残ること間違いなしです。

人によっては、購入してすぐに飽きてしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、短期間で乗り換えざるを得なくなってしまいます。

せっかく車を購入するので、満足度が高い車を購入した方が良いと考えます。

そのため、型落ちの車に乗りたくない方は、前期型のNXは避けるようにしましょう。

迫力のある車に乗りたい方

続いての内容は、迫力のある車に乗りたい方になります。

迫力さの観点で見るのであれば、後期型や新型NXの方が圧倒的迫力があります。

そのため、迫力さに欠けている前期型はオススメできません。

この迫力さの差は、フロントデザインになります。

比較するとわかりますが、圧倒的に後期型・新型NXの方が迫力を感じます。

そのため、迫力さや存在感を優先する方は前期型ではなく後期型・新型NXを購入するようにしましょう。

しかし、それなりに価格帯も上がってくるので事前に確認が必要です。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす