スバル

レヴォーグは買って後悔・失敗する?煽られそうな欠点やデメリットを紹介

レヴォーグ
  • レヴォーグを購入しようか悩んでいる方
  • レヴォーグの後悔点を知りたい方
  • レヴォーグの欠点を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

スバルから展開されているレヴォーグは、ステーションワゴンタイプとして展開されています。

レヴォーグは、スポーティーな見た目であることで走行性に期待ができます。

頻繁にドライブをする方やレヴォーグの加速性に惚れ込んだ方が、購入している印象があります。

それらの良い点があることで、幅広い年代に人気があるのも事実です。

そんなレヴォーグですが、後悔する点はどこにあるのでしょうか。

満足する点が非常に多い印象がありますが、その反面後悔する部分もいくつかあるようです。

今回は、そんな気になる後悔点について紹介していきます。

これからレヴォーグの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

↓『新型フォレスターのサンルーフを紹介!デメリットや後悔した点は』についての記事はこちら↓

新型フォレスターのサンルーフを紹介!デメリットや後悔した点は 新型フォレスターの購入を検討している方 フォレスターのサンルーフが気になる方 サンルーフのデメリットを知りたい方...

故障の多さから見るレヴォーグの欠点・後悔しそうな点

まず初めに、故障の多さから見るレヴォーグの欠点・後悔点になります。

国産車の自動車メーカーの中で比較すると、スバルは比較的故障率が高いメーカーになります。

そのため、レヴォーグも絶対に故障しないという保証がありません。

主に、どのような部分が故障してしまうのでしょうか。

また、故障が多いことによってどのような影響があるのか紹介していきます。

  • 電動パーキングの故障が多い
  • 初期不良が発生しやすい
  • 電気系の不良が発生する可能性がある

電動パーキングの故障が多い

故障の多さから見る後悔点の1つ目は、電動パーキングの故障が多いという内容になります。

この内容は、レヴォーグだけに関わらずスバル車全般で多いようです。

口コミなどを見てみると、経年劣化が原因になっているものもあれば初期不良で発生しているものもあるようです。

納車されたばかりなのにも関わらず、故障してしまっては今後のカーライフがかなり不安になってしまいます。

納車してすぐに後悔してしまうと、車が嫌いになってしまう可能性も十分にあり得ます。

電動パーキングの部分は、レヴォーグに乗る上では十分に注意する必要がありそうです。

初期不良が発生しやすい

続いての内容は、初期不良が発生しやすいという内容になります。

レヴォーグを購入する際は、初期不良に十分注意するようにしましょう。

新車・中古車関係なく、どの車種でも初期不良が発生しやすいようです。

この初期不良には、上記の電動パーキングの故障も含まれます。

どの部分で故障するかは予測できませんが、初期不良が多いという情報を頭に入れとくだけでも全然違います。

納車後半年間は、レヴォーグに故障がないか念入りにチェックする必要があります。

もしも故障見つかった際は、すぐに修理してもらうようにしましょう。

電気系の不良が発生する可能性がある

続いての内容は、電気系の不良が発生する可能性があるという内容になります。

ツイッターの口コミでは、助手席の窓が全開にならないという故障になります。

他国産車の自動車メーカーでは考えられないような故障が、レヴォーグでは発生します。

輸入車であれば、パワーウィンドウの故障は珍しくありません。

しかし、国産車でパワーウィンドウの故障は非常に珍しい事例になります。

レヴォーグは、パワーウィンドウだけが故障しやすいというわけではありません。

他にも電気系の部分は、十分に注意する必要があります。

年式が古ければ古いほど発生する可能性があるので、頭に入れておくようにしましょう。

見た目から見るレヴォーグの欠点・後悔しそうな点

次に、見た目から見るレヴォーグの後悔点になります。

レヴォーグの見た目は、好き嫌いが分かれるデザイン性になっています。

それが影響していることで、購入後に後悔してしまう部分がいくつかあるようです。

  • フロントデザインで好みが分かれる
  • マイナスなイメージを持っている

フロントデザインで好みが分かれる

見た目での後悔点の1つ目は、フロントデザインで好みが分かれるという内容になります。

人によっては、レヴォーグのフロントデザインがダサいと感じるようです。

レヴォーグのフロントデザインは、他の車種にはないようなデザイン性になっています。

独自性を持ったデザインになっていますが、それが裏目に出てしまっているようです。

しかし、これは人によって異なります。

かっこいいと感じる方もいれば、ダサいと感じる方もいます。

初見でどう感じるかは、人によって異なるのでそんなに気にすることはないと考えます。

ただし、ダサいと思いながらも購入してしまうと、必ず後悔してしまうのでそれだけは避けるようにしましょう。

マイナスなイメージを持っている

マイナス

続いての内容は、マイナスなイメージを持っているという内容になります。

レヴォーグに対して、見た目からマイナスのイメージを持っている方が多数いるようです。

主に、以下のようなマイナスイメージがあるようです。

  • 煽られやすい車
  • 女子ウケが悪そう
  • 若い人しか似合わなそう

このようなイメージを持っているようです。

実際はそんなことはありません。

レヴォーグが煽られている場面に遭遇したこともありませんし、女子ウケが悪いというのも聞いたことがありません。

しかし、このようなマイナスイメージを持っていることで、購入に踏み込めないという方もいるようです。

燃費から見るレヴォーグの欠点・後悔しそうな点

続いて、燃費から見るレヴォーグの欠点・後悔点になります。

レヴォーグを購入する際は、燃費の面をしっかり確認するようにしましょう。

レヴォーグの燃費は、ステーションワゴンの中で比較するとかなり悪い燃費になっています。

そんな気になる燃費は、以下のようになります。

【レヴォーグの燃費】

  • 平均燃費⇨10.84km/L〜
  • 街乗り⇨9.8km/L〜10.9km/L
  • 高速道路⇨13km/L〜14km/L

レヴォーグの燃費は、上記のような数値になっています。

ステーションワゴンとしては燃費が悪い

上記の燃費の数値見ると、ステーションワゴンの中ではかなり悪い燃費になっています。

現代では、低燃費の車種がたくさん展開されているのにも関わらず、その中で10km/L前後はかなり気になる部分です。

同じステーションワゴンのライバル車の燃費は、以下のようになっています。

車種名 実燃費
スバル レヴォーグ 10.84km/L〜
マツダ MAZDA6 12.4km/L〜19.6km/L
ホンダ ジェイド 15.6km/L〜16.6km/L
トヨタ カローラツーリング 14.6km/L〜

ライバル車と比較しても、燃費が悪いということがよくわかります。

同じステーションワゴンでもこれだけの差があるので、ライバル車に大きく突き放されている印象があります。

そのため、燃費が良い車に乗りたいと考えている方がレヴォーグに乗ると後悔してしまう可能性があります。

燃費の面もしっかり確認した上で、購入を検討するようにしましょう。

価格から見るレヴォーグの欠点・後悔しそうな点

続いて、価格から見るレヴォーグの欠点・後悔点になります。

車を購入する上で、価格帯は誰もが確認する部分だと思います。

レヴォーグの気になる価格帯は、どのくらいになっているのでしょうか。

レヴォーグの価格帯は、以下のように展開されています。

グレード名 価格帯
GT 3,102,000円〜
GT EX
3,487,000円〜
GT-H
3,322,000円〜
GT-H EX
3,707,000円〜
STI Sport
3,707,000円〜
STI Sport EX
4,092,000円〜
STI Sport R
4,389,000円〜
STI Sport R EX
4,774,000円〜

価格帯を見る限りでは、購入しやすいとは言えない価格帯になっています。

こちらについてもステーションワゴンのライバル車と比較すると、高い価格設定になっています。

比較的高い価格帯になっている

レヴォーグは、展開されている価格帯を見る限り高い価格帯になっています。

高いのには理由がありますが、それらの内容を踏まえても少し高すぎる印象があります。

ここで、燃費の面と同じようにライバル車の価格帯を見ていきましょう。

車種名 価格帯
スバル レヴォーグ 3,102,000円〜
マツダ MAZDA6 2,893,000円〜
ホンダ ジェイド 2,443,100円〜
トヨタ カローラツーリング 2,013,000円〜

このような価格帯になっています。

標準グレードで比較をしていますが、数十万円もの差が開いていることがわかります。

ライバル車の方が安い上に、燃費も良いのでコスパが良いという結論になります。

維持費やお金の面を考えるのであれば、レヴォーグを購入してしまうと後悔してしまいます。

車の予算がどのくらいなのかを確認した上で、購入に踏み込むようにしましょう。

実用性から見るレヴォーグの欠点・後悔しそうな点

続いて、実用性から見るレヴォーグの欠点・後悔点になります。

レヴォーグの実用性の面で不満を感じる部分は、全部で2つあるようです。

  • ボディサイズが大きい
  • 車内が狭い

ボディサイズが大きい

実用性から見る後悔点の1つ目は、ボディサイズが大きいという内容になります。

レヴォーグは、ステーションワゴンにしてはボディサイズが大きいという印象があります。

そんな気になるレヴォーグのボディサイズは、以下のようになります。

【レヴォーグのボディサイズ】

全長 4,755 mm x 全幅 1,795 mm x 全高 1,500 mm

ボディサイズが大きいことによって、運転がしにくいという口コミが寄せられています。

また、小回りが効かないことで走行できる道も限られるようです。

SUVなどに比べれば走行しやすいですが、ステーションワゴンの中で比べると大きいサイズ感になっています。

ステーションワゴンは、年齢・性別関係なく幅広い方々に人気があります。

中には、運転が苦手な方でも乗ることになるので、慣れるのに時間がかかるようです。

購入する前に、どんな感覚なのか試乗して確かめるようにしましょう。

車内が狭い

後席

続いての内容は、車内が狭いという内容になります。

ボディサイズが大きいのにも関わらず、車内が狭いという特徴があります。

これは、トランクルームなどの空間が広いことで狭くなってしまっていると考えられます。

車内の中でも、特に後席に窮屈感を感じてしまいます。

小柄な方や子供が乗る分には問題ありませんが、大柄な男性が乗ると窮屈感を感じるようになります。

窮屈感を感じた状態で長距離走行してしまうと、乗り心地が悪くなる可能性もあります。

また、車内が狭いことによって車酔いなどもしてしまうので、注意する必要があります。

レヴォーグを買ってよかったという意見

次に、レヴォーグを買ってよかったという意見を紹介していきます。

上記の部分で後悔する部分を紹介してきましたが、全体を見ると圧倒的によかったと感じている方が多いです。

後悔している方はほんのわずかで、多数の方が購入して満足しているという口コミを寄せています。

どのような点で購入してよかったと感じているのでしょうか。

これから購入しようと考えている方は、良い点なども抑えておくようにしましょう。

  • 乗り心地がめちゃくちゃ滑らか
  • 運転が楽で安定感がある
  • トランクルームが広い
  • ファミリーカーとしても使用可能

乗り心地がめちゃくちゃ滑らか

レヴォーグを購入してよかった意見の1つ目は、乗り心地がめちゃくちゃ滑らかという内容になります。

レヴォーグの乗り心地は、非常に滑らかな乗り心地になっています。

これは、デビュー当時から乗り心地が良かったわけではありません。

試行錯誤を繰り返し、年々乗り心地が良くなっていった傾向にあります。

その乗り心地は、誰が乗っても満足できるくらいの乗り心地になっているので、後悔なく乗り続けることができます。

人によっては、癖になってしまう方もいるようです。

運転が楽で安定感がある

続いての購入して良かった意見は、運転が楽で安定感があるという内容になります。

レヴォーグは、乗り心地だけでなく走行性の安定感も非常に充実しています。

レヴォーグだけに関わらず、スバルの車は走行性に拘った車開発をしています。

安定性や安全性では、レベルの高い仕上がりになっています。

それが、レヴォーグでも採用されていることで満足できる安定性が実現できていると考えます。

運転が楽になることで、運転が楽しくなることにも繋がるので非常に魅力的な部分になります。

トランクルームが広い

続いての良かった点は、トランクルームが広いという内容になります。

レヴォーグは、何度も言うようにステーションワゴンタイプになっていることでトランクルームが非常に広くなっています。

そのため、実用性の面でも非常に高い仕上がりになっています。

この十分な積載量に惚れ込んで購入する方も多数いらっしゃいます。

買い物や荷物を乗せる際に荷物の量を気にすることがないので、心配することがありません。

この部分では、女性の方からの満足する意見として寄せられていました。

ファミリーカーとしても使用可能

続いての良かった点は、ファミリーカーとしても使用可能という内容になります。

レヴォーグは、ファミリーカーとしても使用することができます。

大柄な方が後席に乗ると窮屈感を感じますが、子供であれば十分な空間になります。

そのため、レヴォーグで長距離の旅行などにも出かけることができます。

ステーションワゴンでファミリーカーの代用になるのも、非常に魅力的になります。

家族持ちの方からすれば、購入する車の候補になる車の1つになるようです。

レヴォーグが向いている方

次に、レヴォーグに向いている方はどのような方なのかについて紹介していきます。

レヴォーグの購入で悩んでいる方は、この内容をチェックするようにしましょう。

1つでも当てはまる内容があれば、レヴォーグに向いている方ですので積極的に購入を検討するようにしましょう。

  • 走行性と実用性を求めている方
  • 幅広い場面で活躍する車に乗りたい方
  • スバルのデザイン性に惚れ込んでいる方

走行性と実用性を求めている方

まず1つ目の内容は、走行性と実用性を求めている方になります。

レヴォーグは試乗してみるとわかりますが、非常に走行性の良い車に仕上がっています。

その理由は、水平対向エンジンと四輪駆動であるという部分です。

水平対向エンジンであることで、低重心かつ振動が少ない走行性を発揮します。

低重心になることによって、空気抵抗などを減らすことが可能になっています。

最低限の空気抵抗になっているので、最大限の運動性能を発揮してくれます。

それに加えて四輪駆動になるので、2つが組み合わさった走行性はかなり満足できる仕上がりになっています。

また、ステーションワゴンとして展開されていることで、トランクルームなども十分な広さが確保されています。

買い物に行った際もたくさんの荷物を積載することができるので、実用性の面でもレベルの高い車になっています。

そのため、走行性と実用性を求めている方にとっては非常に満足できる車になっています。

幅広い場面で活躍する車に乗りたい方

続いての内容は、幅広い場面で活躍する車に乗りたい方になります。

レヴォーグは、上記でも紹介してしまうが幅広い場面で活躍する車になります。

走行性が満足できるのに加えて、室内の広い空間が備わっているのでかなり使い勝手の良い車になります。

主に、以下のような場面で活躍すると考えます。

  • 家族で頻繁に旅行に出かける
  • 買い物用の車として使用する
  • 通勤・通学用の車として使用する
  • 子育て中の方でも使用しやすい

このような場面でも十分に乗りやすい車になるので、活躍する場面がかなり多い車になります。

スバルのデザイン性に惚れ込んでいる方

惚れ込む

続いての内容は、スバルのデザイン性に惚れ込んでいる方になります。

スバルのデザインは、他の自動車メーカーと差別化されているデザイン性になっています。

そのため、スバルのデザインには好き・嫌いがあります。

しかし、スバルのデザインに一目惚れした方は、レヴォーグが非常にオススメです。

エクステリア全体の鋭く仕上がったデザイン性と性別関係なく誰にでも似合うデザインが、特徴的です。

レヴォーグのデザインに一目惚れした方は、購入後も絶対に後悔しないので安心して購入することができるでしょう。

レヴォーグが向いていない方

次に、レヴォーグに向いていない方を紹介していきます。

レヴォーグに向いていない方が購入してしまうと、後悔してしまう確率が非常に高くなります。

人によっては、半年以下で乗り換えてしまう可能性もあります。

そのため、しっかりこの部分はチェックするようにしましょう。

  • コスパの良い車に乗りたい方
  • 頻繁に大人数で旅行に出かける方

コスパの良い車に乗りたい方

レヴォーグが向いていない方の1つ目は、コスパの良い車に乗りたい方になります。

コスパの良い車に乗りたい方は、レヴォーグを購入しない方が良いと考えます。

レヴォーグは、購入価格が高い上に燃費も悪い車になります。

そのため、購入するにもお金がかかりますし、購入後も維持費が高くなります。

上記でも紹介しているように、ライバル車と比較してもかなりの差が広がっていることがわかります。

そのため、費用の面を気にしている方はレヴォーグを購入しない方が良いと考えます。

維持費が思った以上にかかってしまい、購入後すぐに手放してしまう可能性もあるので注意するようにしましょう。

頻繁に大人数で旅行に出かける方

続いての内容は、頻繁に大人数で旅行に出かける方になります。

頻繁に大人数で旅行に出かける方は、レヴォーグだと不便に感じるかもしれません。

懸念されている部分は、車内での窮屈感になります。

レヴォーグは、何度も言うように後席が狭いと感じる車になります。

子供や小柄な方であれば問題ありませんが、大柄な方が乗ると窮屈感を感じます。

特に、膝前や頭上の部分で窮屈感を感じるようです。

この状態で旅行に出かけると、移動中楽しめないという問題点が挙がってしまいます。

そのため、大人数で旅行に出かける方はミニバンのような広めの車をオススメします。

レヴォーグを購入してしまうと、行ける距離なども限定されてしまうので注意するようにしましょう。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす