スバル

インプレッサの人気色ランキングTOP4選!不人気色も紹介

  • インプレッサの購入を検討している方
  • インプレッサのボディカラーに悩んでいる方
  • インプレッサの人気色を知りたい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

インプレッサは、スバルの人気車種として展開されています。

ハッチバックモデルになっていることによって、走行性だけでなく、実用性についても非常に高いレベルになっています。

セダンタイプ以上に荷物が乗るため、買い物に行く機会が多いママさんなどにも人気があります。

それに加えて、もちろん走行性も非常に良いです。

そんな特徴のあるインプレッサですが、もちろん人気色・不人気色が存在します。

ボディカラーは、車のデザインによって似合うカラーと似合わないカラーがあります。

また、そのボディカラーによってリセールなんかも決まってきます。

同じ車種でも人気色かどうかによって、売却する際の価格なんかも変わってくるので注意する必要があります。

強いこだわりがない限りは、人気色を購入した方がお得に乗ることができます。

今回は、インプレッサの人気色と不人気色を紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

↓「スバル フォレスターの人気色・不人気色を徹底紹介!!」についての記事はこちら↓

新・旧スバルフォレスターの人気色6選!ダサい不人気色も紹介 フォレスターのボディカラーに悩んでいる方 フォレスターの不人気色を知りたい方 フォレスターの人気色を知りたい方 ...

インプレッサの基本情報

インプレッサ
年式 1992年〜
車名 インプレッサ
駆動方式 2WD/AWD(常時全輪駆動)
装着タイヤ 16インチ〜18インチ
排気量 1,995L〜
最高出力(エンジン)
kW(PS)/r.p.m.
113kW(154PS)/6000rpm
最大トルク(エンジン)
N・m(kgf・m)/r.p.m.
196N・m(20.0kgf・m)/ 4000rpm
最高出力(モーター)
kW(PS)
10kW (PS)
最大トルク(モーター)
N・m(kgf・m)
65N・m(kgf・m)
色の種類 10種類
全長 4,475mm
全幅 1,775mm
全高 1,480mm
車両重量 1,300kg
価格(税込) 2,002,000円〜
燃費 11.3km/L〜

インプレッサのグレード

インプレッサのグレードは、以下の6つから構成されています。

  • 最低限の装備が揃っているベースグレード 1.6i-L EyeSight
  • 装備が充実している1.6L仕様 1.6i-S EyeSight
  • 1.6L仕様以上に走行性が充実している 2.0i-L EyeSight
  • 燃費には期待できる 2.0e-L EyeSight
  • 上級グレードとして展開されている Advance
  • 走行性・実用性に優れた最上級グレード STI Sport 

最低限の装備が揃っているベースグレード 1.6i-L EyeSight

1.6i-L EyeSight

こちらのグレードは、最低限の装備が揃っているコスパが非常に良い1.6i-LEyeSightになります。

最低限の装備は以下のようになります。

  • 運転支援システム「アイサイト コアテクノロジー」 
  • 電動パーキングブレーキ
  • オートビークホールド
  • 抗アレルゲンフィルター付きエアコン
  • ダークメタリック塗装のホイール
  • マルチファンクションディスプレイ

全て標準装備でついている装備になります。

非常に豪華なラインナップになっています。

ベースグレードとは思えないくらいの装備が揃っているので、展開されているグレードの中では一番コスパの良いグレードになります。

特にスバルならではの「アイサイト コアテクノロジー」については人気のある運転支援システムになります。

これを体験したいがためにスバル車を購入する方がいるくらい、魅力的な装備になります。

装備が充実している1.6L仕様 1.6i-S EyeSight

1.6i-S EyeSight

続いてのグレードが、1.6i-S EyeSightになります。

こちらのグレードは、上記の1.6i-LEyeSightと差別化されたグレードになります。

1.6i-LEyeSightではオプション装備になっている以下のような装備が、標準装備として展開されています。

  • クリアビューパック
  • LEDヘッドランプ
  • キーレスアクセス
  • プッシュスタート 

特に魅力的なのが、LEDランプになります。

ライトがLEDになることによって、車全体の印象がガラッと変わります。

また、夜間などの運転の際も視界が良好になるため、安心して運転することができます。

ホイールについても17インチにアップするということで、さまざまな部分で差別化されています

価格帯は高くなりますが、上記のグレード以上に満足感を得ることができるグレードになります。

1.6L仕様以上に走行性が充実している 2.0i-L EyeSight

2.0i-L EyeSight

続いてのグレードが、2.0i-L EyeSightになります。

こちらのグレードの特徴は、2.0Lの直噴エンジンです。

標準装備については、「1.6i-L EyeSight」とあまり変わりがありません。

しかし、搭載されているエンジンが違うということで、走行性については非常に優れています。

運転モードについても以下の2つから選択することができます。

  • インテリジェントモード⇨燃費のことを考えた環境に優しい運転モード
  • スポーツモード⇨どんな道路でも爽快に走行することができる運転モード

あらゆる場面によって運転モードを変更することができるので、ドライブが楽しくなるグレードになります。

燃費には期待できる 2.0e-L EyeSight

2.0e-L EyeSight

続いてのグレードが、2.0e-L EyeSightになります。

こちらのグレードには、「e-BOXER」が搭載されています。

○e-BOXERとは….??○

走りの愉しさと運転のしやすさを誰もが実感できる、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた新開発のパワーユニット

このような装備が搭載されていることによって、各部の最適化と燃費の向上を実感できるようなグレードになっています。

また、走行性についても問題ありません。

アクセルをひと踏みした時から、スムーズに進んでいくのでストレスを感じることなく走行することができます。

維持費・走行面どちらの部分でもストレスを感じることなく、楽しむことができる車種になります。

上級グレードとして展開されている Advance

続いてのグレードが、Advanceになります。

こちらのグレードは、上級モデルとして展開されているグレードになります。

装備については、上記の2.0e-L EyeSightにクリアビューパックとLEDランプが追加されています。

また、エクステリアにも変化があります。

フロントフォグランプカバー

フロントフォグランプカバーの部分が、差別化されたデザインになっているので、エクステリアからもかっこよさを感じることができるグレードです。

走行性・実用性に優れた最上級グレード STI Sport

STI Sport

続いてのグレードが、STI Sportになります。

こちらのグレードは、最上級モデルになります。

全てのグレードを1つにまとめたようなグレードになっています。

このグレードは、スポーツモデルになっていることから、走行性に優れたグレードです。

また、ホイールにも特徴があります。

18インチのダークメタリック塗装のホイール

18インチのダークメタリック塗装のホイールになっているので、かなり迫力のあるインプレッサに仕上がります。

ホイールの大きさ・デザインが少し変わるだけで、車全体の印象が変わります。

あらゆる部分が、とにかくかっこいいデザインになっているため、購入する方が一番多いグレードになります。

インプレッサの人気色ランキングTOP4

続いてインプレッサの人気色について紹介していきます。

インプレッサの人気色は、全部で4色あります。

  • クリスタルブラック・シリカ
  • クリスタルホワイト・パール
  • ホライゾンブルー・パール
  • ダークブルー・パール

クリスタルブラック・シリカ

クリスタルブラック・シリカ

【選定理由】

  • リセールバリューが一番良いボディカラー
  • 無料で選択できるかつ高級感を感じる
  • ボディカラーの中で一番コスパの良いカラー

無料色⇨0円

インプレッサの一番人気は、クリスタルブラック・シリカになります。

クリスタルホワイトよりも人気があるため、かなりリセールバリューが高いと考えられます。

クリスタルホワイトよりも人気の理由は、無料で選択できるということです。

クリスタルホワイトだと、有料色として33,000円かかってしまいます。

しかし、クリスタルブラックは無料で選択できるので、非常にお得です。

それに加えてリセールも一番高いので、不満なく乗ることができます。

クリスタルホワイト・パール

クリスタルホワイト・パール

【選定理由】

  • 上記のブラック同様にリセールバリューに期待できるカラー
  • ホイールをブラックにすることで、バランスの取れたカッコ良さが生まれる
  • 有料色で33,000円かかってしまう

有料色⇨33,000円

続いての人気色が、クリスタルホワイト・パールになります。

安定のブラックとホワイトが上位を独占しています。

クリスタルホワイトは、有料色で33,000円かかってしまいますが、相応の高級感を兼ね備えています。

また、ホイールのデザインを黒ベースにすることによって、さらにカッコ良さが増すので満足感のあるカラーに仕上がっています。

ホライゾンブルー・パール

ホライゾンブルー・パール

【選定理由】

  • インプレッサのイメージカラーになっている
  • CMにも取り上げられているボディカラー
  • 明るめのブルーで周りに明るい印象を与える

料色⇨0円

続いての人気色が、ホライゾンブルー・パールになります。

こちらのボディカラーは、インプレッサのイメージカラーにもなっています。

CMなどでも取り上げられているので、認知度が非常に高いボディカラーになります。

CMなどの効果もあり、一目惚れしていまう方が多くいるようです。

現車は映像よりも魅力的な仕上がりになっており、即決する方も中にはいるようです。

ダークブルー・パール

ダークブルー・パール

【選定理由】

  • 深みのあるボディカラー
  • 高級感を感じるダークブルー
  • ボディのメンテナンスすることで、さらに艶感が増す

無料色⇨0円

続いての人気色が、ダークブルー・パールになります。

深みのあるブルーのデザインになっていることによって、高級感が備わったカラーになります。

深みのあることから、汚れや傷は目立ちやすいです。

しかし、しっかりボディのメンテナンスをすることによって、より一層艶感のある仕上がりになるので、かなりおすすめのボディカラーになります。

インプレッサの不人気色

続いてインプレッサの不人気色について紹介していきます。

以下のようなボディカラーを購入してしまうと、リセールバリューが悪くなる傾向があるので、注意する必要があります。

  • アイスシルバー・メタリック
  • マグネタイトグレー・メタリック
  • ピュアレッド

アイスシルバー・メタリック

アイスシルバー・メタリック

【選定理由】

  • シルバーでありながら、汚れや傷が目立ちやすい
  • 安っぽい印象を与えてしまう
  • 高級感もあまり感じることができない

無料色⇨0円

不人気色の1つ目が、アイスシルバー・メタリックになります。

インプレッサの雰囲気には少しに合わないボディカラーになっています。

あまり明るめのボディカラーは似合わないデザインです。

さらに、高級感も失われているように感じるため、インプレッサの良さをかき消してしまっています。

購入する方も少ないことから、リセールバリューが低い傾向にあります。

マグネタイトグレー・メタリック

マグネタイトグレー・メタリック

【選定理由】

  • ブラックにもある高級感が備わっている
  • クリスタルブラックに似ていることから、グレーを購入する方が少ない

無料色⇨0円

続いての不人気色が、マグネタイトグレー・メタリックになります。

暗めのボディカラーで、一見人気があるように見えがちですが、あまり人気がありません。

その理由は、グレー系の色の深さにあります。

インプレレッサのグレーは、少し暗めのグレーになっています。

そのため、人気色であるクリスタルブラックに似てしまっている部分があります。

似ていることから、グレー系を検討している方は、ほとんどがブラックに流れてしまうという傾向にあります。

ブラックの方がリセールバリューが高いので、グレーよりもお得に乗れる結果になります。

ピュアレッド

ピュアレッド

【選定理由】

  • 少し派手すぎる印象がある
  • どこ走行してても友人に気づかれてしまう
  • 街中走行だと一際目立ってしまう

無料色⇨0円

最後の不人気色が、ピュアレッドになります。

明るめのレッドで、魅力的なボディカラーになっていますが、少し目立ちすぎという問題があるようです。

街中走行をしていると、友人に気づかれることもあるため、それを避けるために選択しないという方が多いです。

一目見るだけで気づかれてしまうのは、恥ずかしいと感じる方もいるので注意する必要があります。

あまり悪目立ちしたくないという方は、ホワイトかブラックが安定のボディカラーになります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。