トヨタ

20代若者がセダンに乗るのはダサい&キモい?言われている理由やセダンが似合う人を紹介!

  • セダンタイプの車にしようか悩んでいる方
  • セダン系の車に憧れている方
  • これから車の購入を検討している方 

今回は、このような方にとって記事になります。

車の初期時代を牽引してきたセダンタイプの車ですが、現代でも年齢層高めの方々にかなり人気があります。

乗っている方の印象としても若い方よりかは、年齢層が高めのおじいちゃん世代で乗っている方が多くいます。

そんなセダンタイプの車ですが、若い方が乗るとどのような印象になるでしょうか。

基本的に若い方が乗ると「チャラい人が乗っているイメージ…..」「似合ってなくてダサい。」といった意見が挙げられると思います。

なぜ同じ車種なのに、若い方が乗るとダサいという印象になってしまうのでしょうか。

今回の記事は、ダサいと言われる理由と若い方でも似合うセダンタイプの車種はどれなのかを紹介していきます。

これからセダンタイプの車を購入しようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

若者がセダンに乗るのはダサいと言われている理由

まず初めに若者がセダンに乗るとダサいと言われる理由について紹介していきます。

せっかく高いお金を出して購入した車をダサいと言われるのはかなりショックだと思いますので、購入する前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

  • 年齢層高めの老人が乗っているイメージがある
  • 車高を下げたヤンキーが乗っている印象がある
  • 荷物を乗せるスペースが少ない
  • 年式・装備が古い

1つずつ解説していきます。

年齢層高めの老人が乗っているイメージがある

年齢層高い車

セダンをダサいと感じる1番の要因は、年齢層高めの老人が乗っているイメージがかなり強いからです。

若い方々に聞くと大半以上の割合を占める理由になります。

どうしても昔からこのようなイメージがあるので、若い方が乗っても似合わくなってしまいます。

確かに年齢層高めの方々にかなり人気があるのが、セダンタイプの特徴です。

若い方は、SUVやミニバンといった大きめの実用性の高い車種に乗りがちです。

しかし、年齢を重ねると車の実用性よりもかっこよさや乗り心地に視点を向けます。

そのため、年齢層の高い方々は乗り心地を重視したセダンタイプに乗る割合が増えるわけです。

セダンタイプはイメージ通り、年齢層の高い方々が乗っているため、若い方が乗るとダサいという印象になってしまいます。

車高を下げたヤンキーが乗っている印象がある

セダンタイプに良い印象を持っている方々はあまりいません。

それは、車高を下げたヤンキーなどが乗っている印象があるからです。

若い方がセダンに乗っていても大半は、ヤンキーになっています。

大体は、車高を下げたりマフラーの交換、フルスモークなどいかにもヤンキー車という印象を与える車種になっています。

このような形の車は、女性ウケがかなり悪いです。

そのため、セダンに乗っている若い方々は、全員ヤンキーなのではないかという印象を持ってしまっています。

細かい部分まで拘った特徴的なカスタムであればかなりかっこいいですが、とにかく目立ちたいというだけのカスタムは、かなりダサく見えてしまいます。

荷物を乗せるスペースが少ない

セダンタイプの車は、荷物を乗せるスペースが少ないです。

若い方々には、車のエクステリアよりも実用性を優先する方が多くいます。

車のデザインがカッコよくて購入しても、実用性がなければダサいと言われることがあります。

セダンタイプの車は、SUVやミニバンと比べると実用性はかなり低いです。

そのため、SUVやミニバンを好む若い女性は非常に多くいます。

それに対してセダンタイプは、収納スペースがめちゃくちゃ少ないことからダサいと感じる方が多くいます。

また、細長いデザインなのがセダンタイプの特徴なので、そこに対しても好まない方が多くいます。

年式・装備が古い

古い車

若い方々が乗っているセダンタイプの車は、大半が年式・装備が古い車種になります。

若い方々は、古いくて安い車を購入して自分好みにカスタムする傾向があります。

そのため、カスタムしてカッコよくしても内装の装備や外装の色褪せなどがある状態になります。

もちろんカスタムするとかなりカッコよくなるのがセダンタイプの特徴でもあります。

しかし、そこにはあまり注目せず、乗り心地や装備などに注目する若い方が多くいるので、古いモデルの車はあまり人気がありません。

若くてもセダンが似合う人の特徴

次に若くてもセダン系が似合う方の特徴を紹介していきます。

年齢層高めの印象があるという理由がありますが、若い方でもセダンが似合う方がいます。

そのような方の特徴はどのようなことがあるのでしょうか。

  • 黒髪で落ち着いた雰囲気がある
  • 大人らしさがある
  • どんな状況になっても慌てない

1つずつ解説していきます。

黒髪で落ち着いた雰囲気がある

黒髪で落ち着いた雰囲気がある方であれば、セダンタイプがかなり似合います。

若い方でセダンタイプに乗っている方は、以下のようなこと考えている方になります。

  • 走行中に周りからの視線を感じたい
  • シンプルに目立ちたい
  • 外見だけでも強そうに見せたい

そのため、周りの方々からダサいと見られがちです。

それでは、せっかくのセダンタイプの車種が可哀想になってしまいます。

しかし、黒髪で落ち着いた雰囲気のある若い方が乗っていると、かなり似合います。

そのような方は、必ず運転も落ち着いた走行を心がけます。

目立ちたいという気持ちを一切感じさせない、落ち着いた雰囲気を感じることができるので、どんなセダンでもカッコよく感じること間違いなしです。

大人らしさがある

大人らしい車

大人らしい雰囲気がある方であれば、必ずセダン系の車は似合います。

上記の内容と少しかぶる部分がありますが、大人らしい雰囲気を持った方であれば問題ありません。

セダン系は、年齢層が高めの方々が良く似合うデザインになっています。

そのため、大人らしくない弱そうな方々が乗ってもあまり似合わなくなります。

ここでいう大人らしいということは、以下のような方のことを言います。

  • どんなことがあっても絶対に慌てない
  • 落ち着いて対応することができる
  • 運転の姿勢や走行がとにかく落ち着いている 

これらのことが挙げられます。

大人らしくなれることによって、セダンタイプの車種が似合うようになるので、周りから見てもカッコよく見られます。

代表的なセダン

続いて代表的なセダン系の車種を紹介していきます。

誰もが街中で一度は見たことあるような車種を紹介するので、これから購入を考えている方は参考にしてください。

  • トヨタ プリウスPHV
  • トヨタ カムリ
  • マツダ マツダ3

トヨタ プリウスPHV

トヨタ プリウスPHV
車種名 プリウスPHV
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,645 mm x 全幅 1,760 mm x 全高 1,470 mm
燃費 37.2km/L〜
新車価格 3,383,000円〜
5年落ちリセールバリュー 13%〜20%
  • 電気とガソリンを兼ね備えた実用性の高い車種
  • 遠出をするには費用があまりかからない車種
  • 維持費がかからない車種

特徴

代表的なセダンタイプの1つ目は、トヨタのプリウスPHVになります。

トヨタの中でも代表的な車種になります。

こちらの車種の特徴は、ガソリンと電気を兼ね備えているということです。

そのため、遠出する際も費用があまりかからずに楽しむことができます。

維持費があまりかからない、乗りやすい車種です。

しかし、収納スペースがかなり少ないので、購入する前にチェックする必要があります。

トヨタ カムリ

カムリ
車種名 カムリ
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,885-4,910 mm x 全幅 1,840 mm x 全高 1,445-1,455 mm
燃費 20.1km/L〜
新車価格 3,485,000円〜
5年落ちリセールバリュー 39.3%
  • トヨタが展開する高級感あふれたセダンタイプ
  • 燃費が非常に良い
  • トヨタの中ではコスパの良い車種

特徴

続いての車種が、トヨタのカムリになります。

こちらの車種は、代表的なクラウンに続くセダンタイプです。

上記の表を見てもわかるように、燃費がかなり良いので維持費があまりかかりません。

エクステリアの鋭い顔がかなり魅力的で、購入する方も多くいます。

クラウンよりも購入しやすい価格であるので、人気車種となっている車になります。

マツダ マツダ3

マツダ3
車種名 マツダ3
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長4460mm × 全幅1795mm × 全高1440mm
燃費 18.8km/L〜
新車価格 2,221,389円〜
3年落ちリセールバリュー 62%
  • エクステリアとインテリアの質がかなり高い車種
  • コスパがめちゃくちゃ良い
  • 高級感あふれるセダン系

特徴

続いての車種が、マツダ3になります。

こちらは、とにかくコスパが最強のセダン車種です。

内装・外装の品質がかなり高く、レクサスよりもレベルが高いのではないかという部分がたくさんあります。

それに加えて、車両本体価格がめちゃくちゃ安価なので、購入する方が続出しています。

マツダの高級感に虜になる方が、マツダ3を購入する傾向にあります。

ダサいと言われないセダン3つ

続いてダサいと言われないセダン系の車種を紹介します。

これから紹介する3つのセダンを購入すれば、絶対にダサいとは言われません。

ダサいと言われないセダン系の車種を購入したい方は、以下の3つのどれかを購入することをお勧めします。

  • トヨタ クラウン
  • レクサス ES300h
  • メルセデス・ベンツ Eクラス

トヨタ クラウン

クラウン
車種名 クラウン
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長4910mm × 全幅1800mm × 全高1455mm
燃費 4,899,000円〜
新車価格 17.8km/L〜
5年落ちリセールバリュー 55%
  • トヨタのトップクラスのセダンタイプ
  • 乗り心地最高の年齢層高めの方々に大人気
  • 昔から人気のあるモデル

特徴

ダサいと言われないセダンタイプの1つ目が、トヨタのクラウンになります。

こちらの車種は、昔から愛されている車種になります。

そのため、ダサいと言われることがはまずないでしょう。

しかし、これは現行型のクラウンになります。

何個も前のクラウンに乗っていると、ダサいと言われる確率が高くなるので注意する必要があります。

現行モデルのクラウンに乗っていれば、ダサいと言われることはなくなります。

現行モデルに乗っていれば、ダサいと言われることはなくなる。
しかし、古いモデルのクラウンに乗っていると、ダサいと言われる可能性はある。 

レクサス ES300h

ES300h
車種名 ES300h
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,975 mm x 全幅 1,865 mm x 全高 1,455 mm
燃費 20.6km/L〜
新車価格 5,990,000円〜
3年落ちリセールバリュー 66%
  • 国産車では高級セダンの位置付けになる車種
  • 燃費も良く、維持費があまりかからない
  • レクサスならではの高級感を兼ね備えている

特徴

続いての車種が、レクサスのES300hになります。

こちらの車種は、国産車のセダンの中でも高級セダンの部類に入る車種になります。

乗り心地、運転のしやすさ、インテリア・エクステリア全てにおいてトップクラスの仕上がりになっているので、満足度がめちゃくちゃ高いです。

また、周りから見ても高級感溢れる印象があるので、ダサいと言われることはまずないでしょう。

メルセデス・ベンツ Eクラス

Eクラス
車種名 Eクラス
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,845-4,990 mm x 全幅 1,850-1,905 mm x 全高 1,430-1,495 mm
燃費 8.0km/L〜
新車価格 7,690,000円〜
5年落ちリセールバリュー 37%
  • 誰もが憧れるメルセデス・ベンツのセダン系
  • 誰が乗ってもかっこいいと感じるセダンタイプ
  • 絶対にダサいと言われない車種

特徴

続いての車種が、メルセデス・ベンツのEクラスになります。

こちらの車種は、世界に代表するベンツのセダンタイプになります。

エクステリアの高級感が魅力的な車種ですが、ベンツの車種は誰もが憧れる車種になります。

そのため、ダサいという方は、まずいないでしょう。

運転していても、乗っていても楽しい車種がEクラスの特徴になります。

↓『メルセデス・ベンツAクラス・Eクラスの人気色を徹底紹介!!』についての記事はこちら↓

ベンツAクラス・Eクラスの人気色&不人気色12選!リセールバリューが高い色は? これからベンツの購入を検討している方 ベンツのボディカラーに悩んでいる方 A・Eクラスの人気色を知りたい方  ...

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。